もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

キャビティアイアンは飛距離よりやさしさを追求していた!?

2020/06/24|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの現在のアイアンの主流とも言える「キャビティバック」。
外観はバックフェースが削られていているものですが、対するマッスルバックアイアンも人気は上昇中です。

どちらにも魅力があるので、選ぶとなると悩んでしまいますよね!
そこであらためてキャビティバックに注目してそのよさを見ていきます。

現在の主流のキャビティバック

アイアンはキャビティバックが主流なので、購入するとなるとまず候補に入れたくなりますね。

【キャビティバックの特徴】
バックフェースを削って、その分の重量を外周に配分しています。
これが芯を外したときのヘッドのブレを抑えて、ミスをしたときの曲がりの幅や飛距離のロスを少なくしてくれています。
その削りが深いほど補正する力が大きくなります。
その一方で、操作性は低くなります。

最新のキャビティバックは、幅広く選べますね。
操作性をマッスルバックに近付けたもの、ミスの補正力や飛距離を追求したタイプなど。
「ポケットキャビティ」は、より機能優先で、さらにミスへの強さや飛距離性能を追求したタイプということになります。

【どのタイプのアイアンを選ぶか】
フィーリングはもちろんですが、操作性で選ぶならマッスルバック、操作性よりもクラブの能力に頼りたいと考えるならポケットキャビティがオススメです。
両立したいなら、その間を取っているキャビティバックですね。
何を重視するのかによってタイプを選ぶとよいでしょう。

キャビティバックの中で性能を比べるなら、ソールの厚さに注目してみてください。
ソール幅が薄ければ操作性を重視していて、反対にソール幅が厚めだとミスに強いモデルと言えます。
キャビティとポケットキャビティは見た目が似ていているので違いがわかりにくですが、ソール後方が文字通りポケットのようにくり抜かれているのがポケットタイプです。

飛距離狙いではない元祖キャビティの心

キャビティバックアイアンはどのように誕生してどう引き継がれているのでしょうか。

【優しいキャビティバックの原点】
キャビティバックアイアンの原点は、ディスタンス系ではなくて「ミスに対して優しい」アイアンから始まっています。
立役者は優しいパターで知られるピンのカーステン・ソルハイム氏です。
1960年代にミスに優しいパターに続いてアイアン作りにも着手しました。

バックフェースに細長いへこみをつけたのがキャビティバックアイアンの原型です。
そのへこみを大きくしてヒールとトウに重さが二分されるようなアイアンデザインを突き詰めました。
それが82年に登場したEYE2というモデルです。

最近のクラブと比べるとバックスピンが大きくかかって飛距離がでないことがわかります。
その優しさの指標である慣性モーメントがとても大きかったことから、彼が何を求めていたかがわかりますね。
飛ぶアイアンを作ったのではなく、芯を外しても上手に刻むことができる物理を作り出しました。

【その系譜はピンからゼクシオへ】
キャビティバックを世に知らしめたのはピンですが、その後キャロウェイがさらに周辺重量配分を推し進めました。
ネックをカットしてその分の重量をヘッドの周辺にちりばめています。

そして軽比重のチタンフェースを採用して周辺重量配分の極限を見つめたのはダンロップのゼクシオです。
ゼクシオは優しさを追求していて、飛び系アイアンではないと言われています。
ゴルフがより楽しくなるように、とのことでしょうか。
もちろん特徴のある他のブランドから選ぶ余地はあるので、あとは何を選ぶかは私たち次第ですね。

まとめ

キャビティバックアイアンの原点は100ヤードを120ヤードにするのではなく、100ヤードは100ヤードのままで優しく、というカーステンソルハイムの願いから始まっています。
そしてその優しさは現在のアイアンにも受け継がれているようですね。

マッスルバックアイアンも新しくなっているので選ぶ余地はあります。
どちらのよい面を活かすかは、選ぶ自分次第ということです。
ご紹介したことをクラブ選びの参考にしてみてくださいね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

アイアンでドローボールは良さそうだけど本当はどうなの?

アイアンでドローボールは良さそうだけど本当はどうなの?

ドローボールときくと、イメージするのは「飛ばし屋」かもしれません。 ゴルフを始めると、そのドローボールに憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。 しかし実際は、飛びすぎてボールが止まらない、フックが出 …

2019/11/15|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのコースでミスショット!イライラはこうして抑えよう

ゴルフのコースでミスショット!イライラはこうして抑えよう

ゴルフのコースでラウンド中イライラを引きずることはありませんか? せっかく練習して準備しても、ミスショットから出た怒りの感情でラウンドが楽しめなくなるのは残念ですね! そのイライラは、たった90秒感情 …

2020/06/02|ゴルフウィズ編集部

飛距離が伸びるアイアン!「ヤマハ inpres UD+2」

飛距離が伸びるアイアン!「ヤマハ inpres UD+2」

アプローチのイメージが強いアイアンですが、ロングホールの2打目やショートホールのティーショットなど、アイアンで飛距離を出したい場面は多くあります。ところが、「ドライバーやウッドでは飛距離が出過ぎてしま …

2017/12/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでのサンドウェッジの使い道を紹介

ゴルフでのサンドウェッジの使い道を紹介

  ゴルフしていく上で使用頻度がドライバーやパターと同等に高いサンドウェッジ。ゴルフには欠かせない存在となっています。さまざまな使い道があり、チャンスを舞い込むために利用したり、ピンチを脱す …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

ダウンブローの勘違い

ダウンブローの勘違い

アイアンショットではダウンブローに打ちなさい、といわれます。しかしなかなか難しいものです。技術的に難しいという面もありますが、ちょっとした勘違いで余計に難しくしてしまっているかもしれません。 今回は、 …

2020/04/08|ゴルフウィズ編集部

アイアンのミスを減らす!ミスに強いおすすめのアイアン3選

アイアンのミスを減らす!ミスに強いおすすめのアイアン3選

ゴルフコースで使用する機会の多いアイアンは、スコアに大きな影響を与えるクラブです。ミスに強いアイアンを使用することは、スコアを縮めることにも繋がりますし、何より思い通りのショットが打てることはゴルフを …

2017/12/02|ゴルフウィズ編集部

今では希少な存在。マッスルバックアイアンは難しくない?

今では希少な存在。マッスルバックアイアンは難しくない?

多くの人が憧れるマッスルバックアイアン。バックに入れた時の眺めももちろんのことながら芯で打ったときの打感は病みつきになる魅力的なアイアン。ですが…代償として難易度が高く、扱えるプレイヤーが少ないという …

2017/11/06|ゴルフウィズ編集部

これであなたもバックスピンをかけることができる

これであなたもバックスピンをかけることができる

プロゴルファーのプレーをテレビで観戦していると、グリーン上で球がピタリと止まったり、ピン目指してバックスピンがかかって球が戻ってきたりするシーンを見かけて驚きます。 トッププロになるとこのスピン量を自 …

2017/11/21|ゴルフウィズ編集部

アイアンの弾道が高すぎて飛ばない!その原因と対処法は?

アイアンの弾道が高すぎて飛ばない!その原因と対処法は?

アイアンでナイスショット! ところが弾道が高すぎるのか、思ったほど距離が出ないことがあります。 高さが出るのは良いことですが、それによって明らかに距離が出ないことも。 アイアンの弾道が高すぎてしまう原 …

2019/10/16|ゴルフウィズ編集部

気になるドライバーのフェースの傷消しのやり方はこうする!

気になるドライバーのフェースの傷消しのやり方はこうする!

ドライバーのフェースに傷が付くと、手元から遠くてもやっぱり気になりますよね! その傷は家にあるもので消せるかもしれません。 そしてもし仕上がりが気になるようだったら、新品同様にするために工具や研磨剤を …

2020/04/16|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ