もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

キャビティアイアンは飛距離よりやさしさを追求していた!?

2020/06/24|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの現在のアイアンの主流とも言える「キャビティバック」。
外観はバックフェースが削られていているものですが、対するマッスルバックアイアンも人気は上昇中です。

どちらにも魅力があるので、選ぶとなると悩んでしまいますよね!
そこであらためてキャビティバックに注目してそのよさを見ていきます。

現在の主流のキャビティバック

アイアンはキャビティバックが主流なので、購入するとなるとまず候補に入れたくなりますね。

【キャビティバックの特徴】
バックフェースを削って、その分の重量を外周に配分しています。
これが芯を外したときのヘッドのブレを抑えて、ミスをしたときの曲がりの幅や飛距離のロスを少なくしてくれています。
その削りが深いほど補正する力が大きくなります。
その一方で、操作性は低くなります。

最新のキャビティバックは、幅広く選べますね。
操作性をマッスルバックに近付けたもの、ミスの補正力や飛距離を追求したタイプなど。
「ポケットキャビティ」は、より機能優先で、さらにミスへの強さや飛距離性能を追求したタイプということになります。

【どのタイプのアイアンを選ぶか】
フィーリングはもちろんですが、操作性で選ぶならマッスルバック、操作性よりもクラブの能力に頼りたいと考えるならポケットキャビティがオススメです。
両立したいなら、その間を取っているキャビティバックですね。
何を重視するのかによってタイプを選ぶとよいでしょう。

キャビティバックの中で性能を比べるなら、ソールの厚さに注目してみてください。
ソール幅が薄ければ操作性を重視していて、反対にソール幅が厚めだとミスに強いモデルと言えます。
キャビティとポケットキャビティは見た目が似ていているので違いがわかりにくですが、ソール後方が文字通りポケットのようにくり抜かれているのがポケットタイプです。

飛距離狙いではない元祖キャビティの心

キャビティバックアイアンはどのように誕生してどう引き継がれているのでしょうか。

【優しいキャビティバックの原点】
キャビティバックアイアンの原点は、ディスタンス系ではなくて「ミスに対して優しい」アイアンから始まっています。
立役者は優しいパターで知られるピンのカーステン・ソルハイム氏です。
1960年代にミスに優しいパターに続いてアイアン作りにも着手しました。

バックフェースに細長いへこみをつけたのがキャビティバックアイアンの原型です。
そのへこみを大きくしてヒールとトウに重さが二分されるようなアイアンデザインを突き詰めました。
それが82年に登場したEYE2というモデルです。

最近のクラブと比べるとバックスピンが大きくかかって飛距離がでないことがわかります。
その優しさの指標である慣性モーメントがとても大きかったことから、彼が何を求めていたかがわかりますね。
飛ぶアイアンを作ったのではなく、芯を外しても上手に刻むことができる物理を作り出しました。

【その系譜はピンからゼクシオへ】
キャビティバックを世に知らしめたのはピンですが、その後キャロウェイがさらに周辺重量配分を推し進めました。
ネックをカットしてその分の重量をヘッドの周辺にちりばめています。

そして軽比重のチタンフェースを採用して周辺重量配分の極限を見つめたのはダンロップのゼクシオです。
ゼクシオは優しさを追求していて、飛び系アイアンではないと言われています。
ゴルフがより楽しくなるように、とのことでしょうか。
もちろん特徴のある他のブランドから選ぶ余地はあるので、あとは何を選ぶかは私たち次第ですね。

まとめ

キャビティバックアイアンの原点は100ヤードを120ヤードにするのではなく、100ヤードは100ヤードのままで優しく、というカーステンソルハイムの願いから始まっています。
そしてその優しさは現在のアイアンにも受け継がれているようですね。

マッスルバックアイアンも新しくなっているので選ぶ余地はあります。
どちらのよい面を活かすかは、選ぶ自分次第ということです。
ご紹介したことをクラブ選びの参考にしてみてくださいね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

パッティングで昔も今も小声でつぶやく「チャーシューメン」

パッティングで昔も今も小声でつぶやく「チャーシューメン」

ゴルフのパットで大事な要素はいくつかありますが、まず気を付けたいのが「テンポ」。 アイアンやドライバーのショットに比べると、大きな動きではないので意外と難しいかもしれませんね。 安定したストロークはど …

2022/03/07|ゴルフウィズ編集部

朝からゴルフで大叩き!投げやりにならないで工夫してみよう

朝からゴルフで大叩き!投げやりにならないで工夫してみよう

ゴルフで朝一番から大叩き。まだ体が目覚めていなかったりなんとなく打ってしまったり、その理由は様々です。 「もう今日はスコアなんていいや」と思ってしまうこともありそうですね。 しかしそこで諦めるのは早い …

2020/11/12|ゴルフウィズ編集部

最近のものは使える!無縁と思えたマッスルバックアイアン

最近のものは使える!無縁と思えたマッスルバックアイアン

トッププロが操るアイアンの「マッスルバック」。 狙い通りに操作してボールをピタリと止めるのを見ると、いつか使ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。 キャビティバックアイアンと比べて難しいイメー …

2020/06/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースに持っていくカートバッグの中には何を入れる?

ゴルフコースに持っていくカートバッグの中には何を入れる?

ゴルフで便利なカートバッグ。ラウンドバッグとも呼ばれていますね。 ゴルフバッグとは別に、ゴルフコースで必要なものを入れるわけですが、プレーに必要な最低限のもの以外にも入れたいものが色々ありますよね。 …

2021/11/11|ゴルフウィズ編集部

気になるドライバーのフェースの傷消しのやり方はこうする!

気になるドライバーのフェースの傷消しのやり方はこうする!

ドライバーのフェースに傷が付くと、手元から遠くてもやっぱり気になりますよね! その傷は家にあるもので消せるかもしれません。 そしてもし仕上がりが気になるようだったら、新品同様にするために工具や研磨剤を …

2020/08/24|ゴルフウィズ編集部

今では希少な存在。マッスルバックアイアンは難しくない?

今では希少な存在。マッスルバックアイアンは難しくない?

多くの人が憧れるマッスルバックアイアン。バックに入れた時の眺めももちろんのことながら芯で打ったときの打感は病みつきになる魅力的なアイアン。ですが…代償として難易度が高く、扱えるプレイヤーが少ないという …

2017/11/06|ゴルフウィズ編集部

どうしても引っ掛けてしまうアイアンショットの原因と対策

どうしても引っ掛けてしまうアイアンショットの原因と対策

ゴルフのアイアンショットで多くの方が経験する「引っ掛け」。 それはインパクトの時にフェース面が左を向いていることで起きてしまいます。 その上直そうと苦戦して、グリップやアドレスがおかしくなることも! …

2020/03/02|ゴルフウィズ編集部

詰めでミスするショートアイアンの改善

詰めでミスするショートアイアンの改善

ショートアイアンでのショットは、勝負を狙ってスイングしなければいけない、大事な1打になってきます。スコアをアップするために、詰めのショットとも言えますが、ミスしないように気をつけなければいけません。 …

2019/05/31|ゴルフウィズ編集部

軟鉄鍛造アイアンってどんなアイアン?

軟鉄鍛造アイアンってどんなアイアン?

プロや上級者が好むアイアンとして人気が高い「軟鉄鍛造アイアン」。 使ったことのない方でも、その名称は聞いたことがあるのではないでしょうか。 ではその軟鉄鍛造アイアンというのはどんなアイアンなのでしょう …

2021/01/06|ゴルフウィズ編集部

素朴な疑問を解決!2番ウッドや1番アイアンがない理由はこれ

素朴な疑問を解決!2番ウッドや1番アイアンがない理由はこれ

ゴルフクラブで、その存在がなくても違和感がない2番ウッドや1番アイアン。 ないのが普通なので普段は気になりませんが、もともとはあったはずと思うと、なぜないのか気になりますよね。 そこでなぜ今は2番ウッ …

2022/12/22|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ