もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

一途な人ほどバンカーが苦手!?うまく切り抜ける方法はこれ

2021/08/12|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのバンカーショットのミスで、今までのリズムを崩してしまうことがあります。
よいスコアを出したいと思う一途な人ほどその傾向が多いのではないでしょうか。
ゴルファーにとって大きな課題となるバンカーショット。
そこで上手く切り抜ける二つの心がけをご紹介します。

バンカーに入ったらボギーを取ろう

ゴルフでは、プレーを楽しむ一方でバンカーショットのミスをきっかけにリズムを崩す人も多いです。
そこでの打ち方にもコツがあるのですが、なにしろ「取り返さなきゃ」というプレッシャーを感じて上手くいかなくなってしまいます。

【バンカーでリズムを崩す人】
バンカーショットのミスをきっかけにリズムを崩す人というのは、ラウンド頻度が月に1回くらいだったり、スコアが90くらいで回る人に多いのではないでしょうか。
上級者や頻繁にプレーする人でも、かつてそのような経験があったかもしれませんね。
これは技術を身につけて克服するのも大切ですが、心がけでも克服できます。

【パーを取ろうと欲張らない】
セカンドがバンカーに入ったら、まず一つはパーを諦めることです。
アベレージゴルファーが「ボギーでもいいや」と目標を切り替えるのは教科書通り。
「いつもそうしていますよ」そう思われるかもしれませんね。

ところが90前後で回る人の心の中では「ピンに寄せればパーが取れる」という計算がまだ働いているものです。
欲張っている自覚がなくても、ピンに寄せようと力むことになってしまいます。
それで結果的にダブルボギーやトリプルボギーになってしまうのです。

【必ずボギーを取る】
そこで「ボギーでもいいや」ではなく「必ずボギーを取る」という考えを持つ。
その前提として、パーはきっぱり諦めると意識することが大切です。
そうすればピンに無理に寄せる必要がなくなります。
2パット圏内つまりグリーンに乗ればいいので、ハードルはかなり下がって落ち着いてクリアできますね。

バンカーでミスをしたらすぐ打ち方を変える

バンカーに入った時に、パーを取らない、ボギーを取ろうという心構えの他にも有効な方法があります。

【すぐ打ち方を変える】
もう一つのバンカーショット対策は、1回打ってダメだったらすぐ打ち方を変えること。
バンカーからは1打で2パット圏内に乗せればひとまず合格です。
それを達成できなかった場合は、次のバンカーショットが重要です。

例えば「ホームラン」になって反対のバンカーに入ったり、「ザックリ」をしてボールが同じバンカーに戻ってきた時。
二度目も自分の打ち方にこだわる一途な人ほど深みにはまってしまいます。
最初に失敗したのと同じ打ち方をする限り、何度打っても同じ打球が出てしまいますね。

【二種類のバンカーショットを使い分ける】
そこでは常に二種類のバンカーショットを打ち分けることが有効になります。
ひとつの打ち方さえマスターしていないのに打ち分けなんて?と思うかもしれませんね。
それは心配ご無用です。
90前後で回る人だったら、少なくともクロスバンカーとガードバンカーの打ち分けはしているはずです。
それくらい大まかに自分の中で打ち方を二種類に分けてしまうのです。

・ 距離を出す打ち方
・ 距離を出さない打ち方

だったり、

・ 柔らかい砂質の打ち方
・ 硬い砂質の打ち方

のような自分なりの分け方をしてみましょう。
たった二種類でも、違う打ち方を持つことでプレーの幅が広がって心の余裕が生まれます。
二つの引き出しを活用することで、1度バンカーショットでミスしても落ち着いてリズムを持ち直すことができます。

まとめ

ゴルフのバンカーショットでは、その後スコアを取り戻そうと躍起になることが多いです。
自分ではそのつもりがなくても、知らず知らずピンに寄せようと欲張ってしまうことも。

そこでパーは諦めてもダブルボギーはとらない「ボギーを取りに行く」気持ちで臨みましょう。
そしてショットは自分の中で二つの打ち方を持っておくと、プレーに余裕が生まれます。
その都度ショットの目的意識をはっきり感じながら、レベルアップに役立ててみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

朝からゴルフで大叩き!投げやりにならないで工夫してみよう

朝からゴルフで大叩き!投げやりにならないで工夫してみよう

ゴルフで朝一番から大叩き。まだ体が目覚めていなかったりなんとなく打ってしまったり、その理由は様々です。 「もう今日はスコアなんていいや」と思ってしまうこともありそうですね。 しかしそこで諦めるのは早い …

2020/11/12|ゴルフウィズ編集部

アプローチの打ち方を「効き目」で変えてみるとダフらない!

アプローチの打ち方を「効き目」で変えてみるとダフらない!

ゴルフのラウンド中、アプローチでどうもダフってばかり。 そのような経験がある方は効き目によるアプローチの打ち方を考えてみましょう。 効き目が右か左かでボールの見え方が違うので、打ち方も変えてみましょう …

2021/08/23|ゴルフウィズ編集部

ゴルフボールの色は季節で変えると良い?カラーボールの数々

ゴルフボールの色は季節で変えると良い?カラーボールの数々

一般的なゴルフボールの色というと、真っ先に思い浮かぶのが「白」。 実際使用するのも白が多いのではないでしょうか。 その他にボールにはイエローやレッドなど、様々なカラーボールが見られますね。 意外にゴル …

2021/01/26|ゴルフウィズ編集部

ティーショットで使うティーの長さの使い分けはこうしよう!

ティーショットで使うティーの長さの使い分けはこうしよう!

いつもより飛距離が出るといいな!ティーショットで誰もが思うことですよね。 ゴルフではティーの使い分けとティーアップの仕方を見直すだけで、飛距離アップがのぞめます。 打つ前の準備を少し変えてみるだけでそ …

2021/04/12|ゴルフウィズ編集部

久しぶりのゴルフのラウンド!ブランクを埋める方法はこれだ

久しぶりのゴルフのラウンド!ブランクを埋める方法はこれだ

久しぶりのゴルフとなると、楽しみな反面思うようにプレーができない心配もあります。 そしてメンタル面でのプレッシャーを感じることもありますね。 大事なことは、ブランクがあっても焦らないことです。そこで久 …

2020/12/03|ゴルフウィズ編集部

ボールもカラフルに。色やデザインで選んでも楽しいゴルフボール

ボールもカラフルに。色やデザインで選んでも楽しいゴルフボール

ゴルフは自分が使うボールを自由に選べるスポーツですが、いざ選ぼうとするといろいろあって迷ってしまいます。メーカーのホームページを見てもコアが何層でカバーはアイオノマーで、初速がスピンがといった説明がた …

2020/08/04|ゴルフウィズ編集部

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

ゴルフで意外と難しいのがフェアウェイウッドではないでしょうか。 ドライバーショットと違って芝の上から直接打つことが多いので、ダフってしまいミスショットなんてことも。 正しいスイングのコツをつかみながら …

2020/04/22|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのアプローチの微妙な距離!打ち分けで意識することは

ゴルフのアプローチの微妙な距離!打ち分けで意識することは

ゴルフのアプローチで、微妙な距離の打ち分けはどのようにしたらよいでしょうか。 ついスイングを緩めてしまう30~80ヤード。 そういった距離でも上手にコントロールしたいですよね! ポイントはショットのス …

2020/07/13|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでメンタルテクニックが必要なのはその競技性から!

ゴルフでメンタルテクニックが必要なのはその競技性から!

ゴルフはメンタルのスポーツとよく言われますね。 待ち時間が多くを占める、ゴルフならではの競技性がメンタルテクニックを求めています。 やることがないと人は余計なことを考えてしまいネガティブになることも。 …

2020/12/16|ゴルフウィズ編集部

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

ゴルフで意外と難しいのがフェアウェイウッドではないでしょうか。 ドライバーショットと違って芝の上から直接打つことが多いので、ダフってしまいミスショットなんてことも。 正しいスイングのコツをつかみながら …

2020/09/01|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ