もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

風の日のゴルフ はどうプレーする?

2020/06/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフは自然の中でおこなうスポーツですから天候の影響は非常に大きいものになります。中でも雨はいろいろと注意が多いのですがスコアということだけを考えればむしろ風のほうが注意点が多いと言っても良いでしょう。今回は風の中でのゴルフについて考えます。

風の影響は思っているよりも強い

ゴルフのボールというのは思っているよりも強く風の影響を受けるものです。ゴルフボールが200ヤードも300ヤードも飛ぶのはボールのスピンにより発生した揚力などの影響が大きいのです。
たとえばディンプルが全然ないボールだとドロップしてしまって飛距離は全然でません。それだけ空気の流れをどう使うかが考えられているということは風の影響もそれだけ強いということになります。
人が心地よいと感じるくらいの風でもボールには確実に影響を与えます。

風の調べ方

風がどの方向にどれくらいの強さで吹いているのかがわからないと対策が立てられません。もちろん完全に風を読むことなどできませんし、プロゴルファーやプロキャディでなければ
本当に難しいのですがいくつか方法があります。

・芝を飛ばす
初心者の方でもみなさんやっていますね。飛ばすときは必ず自分が風上に立ちましょう。たまに風下にたって、飛ばした芝を全身で受け止めているかたも見かけます。だいたい肩の高さで芝を落として2m前後飛ぶようなら確実に影響はあるでしょう。

・ピンフラッグを見る
ショートホールやセカンドショット、サードショットでピンフラッグが見える時にはピンフラッグの旗の揺れ方や方向を見ましょう。ゴルフは自然の地形の中でおこなわれますので芝を飛ばした自分が立っている所とグリーンで風向きや強さが異なることもあります。
またボールの落ち際は特に風の影響を強く受けますのでフラッグは必ず確認してください。

・林などの木の枝の揺れ方を見る
ゴルフ場には多かれ少なかれ木がありますので、枝の揺れ方を見て風の判断材料にしましょう。

アゲンストのとき

アゲンストの時は飛距離だけでなく曲がりも大きくなります。バックスピンもサイドスピンも助長されるので、本来はあまり高い球は打ちたくありません。しかし、上級者でない限り低いコントロールされた球など打てませんので、基本的には安全最優先の攻め方をしましょう。特にリキむとスピン量が増えるので曲がりも大きくなります。
ドライバーでティーアップを低くするといった記事も見かけますが止めましょう。特別な練習を積んでいない限りテンプラや大スライスになります。

フォローのとき

ティーショットは安心して振ってください。フォローだから高い球のほうが飛距離が出る、みたいなことは考えなくて大丈夫です。
問題はグリーンを狙うときです。フォローのときは風にのって距離が出てしまうのはもちろんですがグリーンでも止まりにくくなります。アプローチやバンカーショットにも影響は出ますのでフォローでグリーンを狙うときはランを計算して手前手前と攻めるようにしましょう。

横風のとき

横風に対してはたとえば風に乗せるとか風に逆らって球を落とすとか上級者ですといろいろなテクニックもありますが初級者はフェアウェイに残すことが大切です。
たとえばスライサーですと左からの横風に乗ってしまうと予想外に右に行きます。普段よりも曲がり幅を大きく見るようにしましょう。

まとめ

風はゴルフにつきものですが世界のトッププロでも風の読みには苦労するくらい難しいものです。最終的には慣れ、経験の蓄積が大切ですので結果がどうあろうが普段から風を読むクセはつけておきましょう。その習慣が将来財産になってくることと思います。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

スコアアップが目指せるゴルフグッズの選び方

スコアアップが目指せるゴルフグッズの選び方

ゴルフを上達させるためには、打ちっぱなし練習場などで練習することになりますが、練習の状態が良くないと上手になりません。スコアアップできる練習をするためには、ゴルフグリップ選びにこだわり、しっかりクラブ …

2018/07/04|ゴルフウィズ編集部

初心者が飛距離を出せるゴルフボールの選び方

初心者が飛距離を出せるゴルフボールの選び方

ゴルフボールの選び方次第で、ビギナープレイヤーの方も、飛距離を出せます。ゴルフボールのタイプは2種類あり、「ディスタンス系」と「スピン系」になります。初心者の方の場合、どちらのゴルフボールを選べばいい …

2018/06/20|ゴルフウィズ編集部

横から見ると浮いている!?ゴルフで前傾角度はなぜ崩れるのか

横から見ると浮いている!?ゴルフで前傾角度はなぜ崩れるのか

ルフのスイングで、横から見られて「前傾起きてるよ」といつも指摘される。 頑張っているのに、いつのまにか上体が浮いて崩れているという方が多くいるのではないでしょうか。 ミスにも繋がる上体の前傾角度の崩れ …

2022/01/13|ゴルフウィズ編集部

日本のゴルフクラブ発祥の地ってどこ?

日本のゴルフクラブ発祥の地ってどこ?

突然ですが日本でのゴルフクラブ発祥の地、というのがどこかご存じでしょうか?はじめて日本でアイアンクラブを作ったのはちょっと意外な土地。その後も地場産業のひとつとして発展し日本のゴルフクラブの歴史に名前 …

2020/12/23|ゴルフウィズ編集部

バンカーショットを上達させるためには

バンカーショットを上達させるためには

ゴルフのラウンドをすると、つま先上がりの傾斜だったり、左足下がりの傾斜だったり、なかなか平らな地面でショットをさせてもらえません。その中でも練習場と大きく異なるのが「バンカーショット」です。 ゴルフの …

2017/11/20|ゴルフウィズ編集部

スライスについて考えてみよう

スライスについて考えてみよう

初心者、初級者の多くの方が悩んでいるスライス。レッスン書などを読んでああでもない、こうでもないとスイングをいじっているうちに五里霧中に。そんな方も多いのではないでしょうか。今回は根本的なスライスの正体 …

2019/07/24|ゴルフウィズ編集部

ゴルフも注目!東京オリンピックの会場と代表選考の概要は?

ゴルフも注目!東京オリンピックの会場と代表選考の概要は?

いよいよやってくる2020年東京オリンピック。 前回のリオオリンピックで復活したゴルフにも期待が高まっていますね。 2020年度のJOC強化指定選手も発表され、オリンピックについても誰に可能性があるの …

2020/03/10|ゴルフウィズ編集部

使いやすいキャディバックとは?

使いやすいキャディバックとは?

ゴルフをはじめてクラブの本数が増えると必ず必要になるのがキャディバックです。キャディバックはゴルフクラブメーカー以外からも発売されており非常に沢山の種類が売られています。タイプもいろいろありますが、使 …

2020/12/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースで打ちにくい4大斜面を攻略するアイアンのコツ

ゴルフコースで打ちにくい4大斜面を攻略するアイアンのコツ

ゴルフ場の斜面は構えにくくて、打ちにくい。 また傾斜の種類によってもいろんな打ち方が必要になるので、ラウンド中に混乱してしまう人も。 平らな練習場と勝手が違うので戸惑うのは当然かもしれませんね。 そこ …

2021/12/27|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ中に無理な体勢でショットを打つ際意識することは?

ゴルフ中に無理な体勢でショットを打つ際意識することは?

ゴルフをしていると、山肌に近いラフでショットを打つことが多くあります。山肌に近いということで傾斜も相当あり、かなり打ちづらいです。しかし、OBではないので、打たなければいけません。その際、無理な体勢や …

2017/09/18|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ