もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ドライバーはハーフスイングでの練習で飛距離をグンと伸ばす

2020/03/17|ゴルフウィズ編集部

ドライバーでなかなか飛距離が出なくてコントロールが決まらない。
いつもショットが不安定で、ボールの行方が予測できない。
そのような時は、フルスイングよりもハーフスイングで練習してみましょう!

ドライバーをハーフスイングで練習すると、速いヘッドスピードと、正確なインパクトを感じられます。
その効果と練習方法をご紹介します。

ドライバーの練習でハーフスイングが有効な理由

ドライバーでは、フルスイングの方がハーフスイングよりもちろん飛びます。
それは、振り幅が大きいフルスイングの方がヘッドスピードが速くてインパクトの衝撃力が大きいからですね
そこでなぜハーフスイングでの練習が有効なのでしょうか。

【フェースの芯でボールを捉えられる】
速いヘッドスピードでボールに強い衝撃を与えられるのは、インパクトでフェースの芯でボールを捉えられた時です。
ところが長いクラブのドライバーとなると、フルショットをしてもフェースで確実に芯を捉えるのが難しくて、失敗した場合には距離が出なくなります。

特に現在のドライバーは、上手く当たった場合にトランポリンのような効果でとてもボールが飛ぶようになっているので、確実にミートすることが必要になります。

フルスイングで練習をするとスイングスピードを上げることがメインになって、インパクトを確実にするのには相当な練習をしなければなりませんね。
なので、ハーフスイングで確実にミートすることを覚えた方が結果的に飛距離アップにつながるのです!

【ハーフスイングはどのようなもの】
フルスイングをしないハーフスイングがどのような形なのか、練習をする前に確認しておきましょう。

フルスイングの過程にハーフスイングがあることを念頭にいれておいてください。
時計の文字盤を縦に置いて0時をフルスイングとして、その半分の3時をハーフスイングとします。
実際は左肩を回して左腕をまっすぐに伸ばし、肩とグリップが一直線になった形がハーフスイングです。

ハーフスイングでテークバックすると両手首の形は変化して、トップでは左手のコックがかたまり右手首はヒンジが作られます。
ハーフスイングの練習でもトップの位置を意識しましょう。

ハーフスイングでのドライバーの練習

ハーフスイングの形がわかったら、ポイントを意識して練習開始です。

【インパクト時のフェース面を確認】
まずドライバーでハーフスイングをしてみて、ボールがどこに飛ぶのかを確認しましょう。
そこで思った通りのボールなら問題はありませんが、そうではない場合があります。

ボールはインパクトの時にフェース面が向いている方向に飛ぶので、まずはハーフショットでしっかりとインパクトが出来るように練習しましょう。

【フェース面を変えずに身体の回転で】
フェース面が安定してスクエアな状態でインパクトできれば、ボールの方向性が安定して飛距離も出ます。
ただハーフスイングの練習の時に手打ちで当てにいかないように、気をつけてください。
スイングの幅が小さくなると捻転が浅くなって手打ちになることがあります。

テークバックで右腰と右肩を意識すれば捻転は浅くなりません。
ショットの時のイメージは、胸を回すようにしてショットを放つようにしてみましょう。
そうするとフェースがぶれにくくなって、ミスショットの心配が減ります。

そしてハーフショットでボールを捉えられて真っ直ぐ飛ぶようになったら、フェース面の向きが変わらないように気をつけてスイングを大きくしていきましょう!

まとめ

ドライバーの飛距離に悩んだら、ハーフショットの練習で球を捕まえる感覚を養いましょう。
練習を重ねると、その感覚はハーフショットだけでなくて、フルショットでのコントロールでも再現できるようになります。

無理にフェース面を返したり、腕や手首を返さなくても球がつかまることができると安定したショットが生まれます。
確実なコントロールショットを身につけて飛距離アップに役立ててくださいね!
うまくいけばスコアアップも間違いなしです。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

実体験に基づくイップスのお話

実体験に基づくイップスのお話

イップスというのをご存じでしょうか? ある動作をしようとしたときに身体が固まってしまって動かなくなる現象です。今ではいろいろなスポーツや、楽器の演奏などについても使われますが、もともとはゴルフについて …

2021/02/11|ゴルフウィズ編集部

飛ぶことは重要なのか

飛ぶことは重要なのか

メーカーのホームページでドライバーを探してみると、必ずどこのメーカーも「飛ぶ」と書いてあります。その信憑性はともかくとして、飛ぶことは魅力です。誰でも今よりも飛ばしたいと思うでしょう。 しかし一方で飛 …

2020/08/03|ゴルフウィズ編集部

ボールが上がりにくい女性必見!高弾道レディースドライバー3選

ボールが上がりにくい女性必見!高弾道レディースドライバー3選

レディースゴルファーの皆さんの中には、低い弾道になってしまい距離も出ないという方は多いのではないでしょうか。 ドライバーである程度飛ばないと2打目が距離が残って大変ですし、何しろ気持ちよくないですよね …

2018/06/21|ゴルフウィズ編集部

緊張感MAX!朝イチのティーショットを無難にこなそう

緊張感MAX!朝イチのティーショットを無難にこなそう

ゴルフの中でもっとも難しいショットのひとつ、と言われているのが朝イチのティーショットです。ただでさえ緊張するティーショットなのにコンペなどでギャラリーがいたりするとドキドキもMAXです。 残念ながら緊 …

2019/12/24|ゴルフウィズ編集部

アマチュアにうれしい、捕まるブリジストン ツアーB JGA ドライバー

アマチュアにうれしい、捕まるブリジストン ツアーB JGA ドライバー

引用元http://lesson.golfdigest.co.jp/gear/newreport/article.aspx/70267/1/?car=top_nw_t10 「捕まり系の大本命」ブリジス …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのミスショットを少なくするポイント

ゴルフのミスショットを少なくするポイント

自分のスィングの癖に気付くことができれば、ゴルフボールが曲がらないショットに、改善していくことができます。誰にでも簡単にできる方法をご紹介していますので、素振りだけでも家で手軽に練習することができます …

2019/03/25|ゴルフウィズ編集部

ドライバーを曲げずに飛ばすにはスタンスを狭くしてみよう!

ドライバーを曲げずに飛ばすにはスタンスを狭くしてみよう!

ドライバーのアドレスでスタンスを狭くすると、曲がらずに遠くへ飛ばせます。 曲げずに飛ばすには広い方がよさそうですが、必ずしもそうではないのです。 プロゴルファーなどで広いスタンスで飛ばすのを目にします …

2020/06/08|ゴルフウィズ編集部

目指せ!最短コースデビュー!ビギナーはドライバーから始めよう!

目指せ!最短コースデビュー!ビギナーはドライバーから始めよう!

とにかく早くコースに出ればゴルフの楽しさを感じられる! これからゴルフを始めようと考えている人は、レッスンに通ったり、近くの練習場に行ったり、知人に教えてもらったりと様々な選択肢が用意されています。オ …

2017/08/25|ゴルフウィズ編集部

レディースのドライバーは長めと短めではどちらがおすすめ?

レディースのドライバーは長めと短めではどちらがおすすめ?

レディスのドライバーの長さはどれくらいが良いのでしょうか。 レディス用のクラブは、軽い、シャフトが柔らかい、グリップが細いなどが特徴ですね。 その中でシャフトの長さが選べます。 単純に身長によって長い …

2019/08/09|ゴルフウィズ編集部

ドライバーで女性は飛ばないのが当たり前?それでも飛ばそう

ドライバーで女性は飛ばないのが当たり前?それでも飛ばそう

ゴルフで一番飛ばすドライバー。 女性は男性のようには飛ばないのでしょうか。 「飛ばないからレディースティーがある!」確かにそうですが、女性だって飛ばしたいですよね。 気持ちよく飛ばしてゴルフを楽しみた …

2019/07/29|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ