もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

今大流行、IOMICって?

2020/06/09|ゴルフウィズ編集部

ひと昔前はゴルフクラブのグリップといえば黒が定番でした。最近とてもカラフルなグリップをみかけるようになりました。その多くはIOMICというグリップです。
ゴルフクラブのグリップのシェアはゴルフプライド社が圧倒的でツアープロの使用率も抜群です。
しかし松山英樹プロはじめ最近はIOMICのグリップを使用するプロも増えています。またカラフルから色合いからか女子プロでは多くの選手が使用しているのを見かけます。
しかし色がかわいいだけではプロが使うわけはありません。今回はこのIOMICについてご紹介や選ぶときのポイントについてご紹介してまいります。

豊富なカラーが人気

最近特に女子プロのグリップがカラフルになっています。赤、オレンジ、ピンク、白など色とりどりな上にいろいろなデザインが施されたものもあります。
IOMICが2004年に発売したカラーグリップは今ではIOMICの代名詞になっていますが、IOMICによると、単にファッション性を追求したものではないとのことです。
人間は反射的に黒い色のものや黒に近い色のものは強く握るという性質化があるそうです。そのためIOMICのグリップは比較的暖色系のカラーを採用し、柔らかく握るということを視覚的にサポートするという機能をもたせました。
そのことがどれくらい効果があるのかはともかくとして、やっぱりグリップの色が選べるのは楽しいものです。
好きな色で14本統一するのもありですし、ウッドとアイアン、パターで色を分けるのも楽しいでしょう。パッとみてロフトの区別がつきにくいウェッジのグリップをロフトで色分けするのも便利です。
色柄の選択肢は非常に豊富なので好きな色がきっと探せると思います。

手に吸い付くような感触が人気

IOMICのグリップは手に吸い付くような感触も特長です。
ゴムとは違ったすこしねっとりしたような感触で、軽く握っても滑る感じがほとんどありません。特にグローブをしている左手はグリップとの一体感がとても強く、さらに水濡れにも強いので雨の日のゴルフでは一段と効果を発揮してくれるでしょう。

IOMICグリップの選び方

はじめてIOMICのグリップを選ぶ方は、種類の多さとゴルフプライドとの表記の違いにとまどってしまうかもしれません。
工房などでリグリップするのであれば問題はないのですがネットなどで注文して自分でグリップ交換する場合はどれを買ってよいのかわからないかもしれません。
IOMICのホームページなどに選び方は出ていますが、少しわかりにくい面もありますので簡単にご説明します。
まず、太さですが通常のもので良いのであれば1.8を選べば良いと思います。2.3ですとゴルフプライドなどに比べると若干太く感じる可能性があります。差し込んでみてもしも細いと感じたら交換液が乾く前ならグリップを抜くことができますので、すぐに抜いて下巻きテープを増やせば解決します。
58とか60といったサイズについてはIOMICにも表記がありますので、これはゴルフプライドと同じサイズを選びましょう。
スチールシャフトのアイアンなどはこれだけで充分ですが、問題はメーカーオリジナルグリップからドライバーのグリップなどを交換する場合です。
特に軽量タイプのドライバーは、グリップも軽量のものが入っているケースが多く、この場合同じ重さのグリップを選ばないとスイングバランスが変わってしまいます。
IOMICにもLIGHT、SUPERLIGHTなど軽量のラインアップがありますが、必ずしも重量が同じとは限りませんので、メーカーオリジナルからの変更の場合は必ず事前にスペック表でグリップのスペックを確認するようにしてください。

まとめ

たとえ機能的なメリットはあまり感じなかったとしても、グリップの色を選べるというだけで交換がすごく楽しくなります。
欠点としては、人気のStickyなどはすこし耐久性に難があることとロゴの白のペイントの色入れが弱くすぐに色が抜けてしまうことですが大きな問題ではないでしょう。
グリップの色が変わるだけでクラブの印象派ガラリと変わります。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

初心者におすすめのパター!「テーラーメイド MANTA GHOST 」

初心者におすすめのパター!「テーラーメイド MANTA GHOST 」

繊細なタッチが要求されるパターには、さまざまな形をしたクラブがあります。それぞれには違った特徴があり、初心者の方が選ぶには最低限の知識をもっておくことが必要です。 この記事では、大きく3つの形に分けら …

2017/12/12|ゴルフウィズ編集部

【初心者必見】コースを回るのに最低限必要な4本のゴルフクラブとは?

【初心者必見】コースを回るのに最低限必要な4本のゴルフクラブとは?

ゴルフクラブの種類は多いです。初心者だと何を使えばいいのかわからず悩んでしまいますよね。だからといって全部使おうとすれば、使い方を覚えなくてはならず、全部使えるように夏までにかなりの時間がかかってしま …

2017/02/17|ゴルフウィズ編集部

インサイドから振る、が上手くいかない時は

インサイドから振る、が上手くいかない時は

ゴルフをはじめてなんとかボールに当たるようになってくると、今度はスライスに悩まされます。どんなレッスン書をみても人に教わっても、必ずアウトサイドインのスイングを直しなさいとアドバイスされますね。では頑 …

2020/03/09|ゴルフウィズ編集部

ラウンド中に当たらなくなったら

ラウンド中に当たらなくなったら

練習場では当たっていたのになぜ。ゴルフ場に来て、そう思ったことの無いゴルファーはいないと思います。また、ラウンド中に突然全然当たらなくなってしまったりするともう途中で放り出して帰りたくなります。 これ …

2019/10/24|ゴルフウィズ編集部

スコアアップにパットの上達は不可欠!やればやるほど自信になる練習方法

スコアアップにパットの上達は不可欠!やればやるほど自信になる練習方法

「ドライバーイズショウ パットイズマネー」という言葉を知っていますか?南アフリカ出身のゴルファーで全英オープン4回優勝のボビー・ロックの名言として知られています。 意味はそのままで、「ドライバーショッ …

2017/11/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのレディースティーを使いこなそう!

ゴルフのレディースティーを使いこなそう!

ホールの芝の長さは、いつも同じではありません。整備はされていますが、天然の植物なので天候の影響で、すぐ生えたり成長します。芝の長さの影響を受けないように、レディースティーで、ボールを打ちやすくしましょ …

2018/07/23|ゴルフウィズ編集部

高弾道を実現するドライバー!「ダンロップ XXIO9」

高弾道を実現するドライバー!「ダンロップ XXIO9」

ドライバ―ショットの飛距離に悩んではいないでしょうか。「ドライバーが飛ばないから、後に続くプレーがきつい」「2打目を最初に打つのはいつも自分だ」などなど、ドライバ―の飛距離が出ないことで抱えているその …

2017/12/14|ゴルフウィズ編集部

はじめ良ければすべて良し?バックスイングの始め方

はじめ良ければすべて良し?バックスイングの始め方

ゴルフのスイング理論というものはいろいろなものがありますね。日本人は理論好きなのか切り返しのタイミングやインパクトの形までかくあるべきといったお話がネット上にも溢れています。 ただどちらかというと切り …

2019/12/26|ゴルフウィズ編集部

自分のにあったクラブを選んでみよう。パター編

自分のにあったクラブを選んでみよう。パター編

現在様々な形状のヘッドが販売されているパター。いろんな種類があるということは選択肢が増えるということなのでいいことしかないように思えるかもしれませんが、購入する際、なかなか踏み切れないことがあるかと思 …

2017/10/10|ゴルフウィズ編集部

意外と大事。ゴルフグローブ

意外と大事。ゴルフグローブ

言うまでもなく、プレイヤーとゴルフクラブの接点はグリップ。そのグリップを握る手にはめるグローブは、大切な役割を果たしています。今回はゴルフグローブの特徴や選び方についてお話してみます。 ゴルフグローブ …

2020/03/31|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ