もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

世界におけるゴルフの歴史を知ろう

2018/12/06|ゴルフウィズ編集部

最初は遊びで始めたゴルフが、本格的なスポーツとして発展してきた歴史は、勉強すると面白い印象を受け、考え深いものがあります。子供の頃誰でも行うような遊びが、高額賞金をかけた競技に発展した、ゴルフの歴史を紐解きます。

ゴルフがスポーツとして発展していったのはスコットランド

自然の中に作られている、野うさぎの巣穴に、小石を入れて遊んでいたのが、ゴルフの発祥と言われています。ゴルフがスポーツとして、本格的に発展していったのは1457年頃で、貴族達がゴルフに夢中になっているので、弓道の練習がおろそかになると、ゴルフ禁止令を出したほど、ゴルフがスポーツとして定着していきました。

1750年頃には、スコットランドの首都「エジンバラ」と、ゴルフ発祥の地と言われている「セント・アンドルーズ」に、ゴルフクラブが設立されました。又、イギリスの植民地が拡大していったため、いろんな国にスコットランド人が移住して、ゴルフが盛んに行われるようになっていきました。1860年になりますと、世界初のゴルフ選手権大会「全英オープン」が開催されました。

ゴルフはスコットランド人だけのスポーツで、他の国の参加者はまだありませんでした。1880年代になりますと、ゴルフが爆発的な大ブームになり、ゴルフ場の建設が増えていき、イギリスとイギリス以外の国でも、ゴルフ競技がブームになっていきました。

1890年代には、アメリカでもゴルフがブームになり、ゴルフスポーツとして定着していきました。現在ではゴルフ場が1番多いのは、アメリカ合衆国で約15,000ほどゴルフコースがあります。Golfという名称の発祥は、スコットランドの方言「gowf(打つ)」が元になっていると言われています。

スコットランド人より伝わって拡大したアメリカゴルフ

アメリカに伝わったゴルフは、アメリカ人にも人気があるスポーツとして発展。1888年にはスコットランドより、クラブやゴルフボールを輸入して、セントアンドリュースGCのメンバーが、4ホールのゴルフコースでプレイしました。

アメリカでゴルフを1番始めにプレイしたのは、アーノルド・パーマーです。1894年には、全米ゴルフ協会が発足しました。1895年になると、「全米オープン」が開催され、アメリカ合衆国においても、ゴルフが爆発的なブームになっていきました。

全米ゴルフ協会のメンバーでもある、チャールズ・マクドナルドはスコットランドに留学し、本場のしっかり設計されているゴルフコースを勉強し、シカゴゴルフクラブのコースを設計しました。アメリカにも本格的なゴルフコースが、いくつも誕生しました。アメリカのゴルフコースは、綺麗な造形的美しさも、特徴になっています。

20世紀に入って、ボビー・ジョーンズやジャック・ニクラウスなどの、ゴルフ選手の活躍により、アメリカゴルフ界は大きく発展していきました。大活躍するスーパースター級の、ゴルフ選手の登場で、アメリカでは現在もゴルフは人気があるスポーツになっています。現在も強い選手を、生み出し続けている大人気のスポーツとして、定着しています。

「全米オープン」は、世界最高額のゴルフトーナメントとして、現在も開催されています。アメリカのゴルフコースは、ニュージャージー州にある「パインバレーゴルフクラブ」や、カリフォルニア州にある「サイプレスポイントクラブ」など、ランキングトップのゴルフコースが充実しています。

まとめ

ゴルフを世界中に広めていったのはスコットランド人で、イギリスの最北端にあるスコットランドがゴルフ発祥の歴史がある国です。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフ旅行でリフレッシュ!楽しさ2倍です!

ゴルフ旅行でリフレッシュ!楽しさ2倍です!

ゴルフといえばいつもより早起きになるのが普通ですね。ラウンドのスタート30分前には到着していなければなりませんし、その前に練習場で練習もしたい。パターでグリーンの感覚を確認しておくのは大切です。 ゴル …

2018/01/15|ゴルフウィズ編集部

高カロリー消費でゴルフ打ちっぱなしダイエット

高カロリー消費でゴルフ打ちっぱなしダイエット

ゴルフはラウンドしなくても、打ちっぱなし練習だけを、趣味として楽しむのもいいスポーツです。健康維持をしながら、ダイエットにもなるので、体調を悪くする痩せ方にならなくて良いです。筋肉で引き締まった、美し …

2018/09/06|ゴルフウィズ編集部

長時間のゴルフラウンドでも冷えない!足元あったか対策3選

長時間のゴルフラウンドでも冷えない!足元あったか対策3選

夏には暑さへの対策が必要になり、やっと過ぎたと思えば次には冬の対策が必要となってきますね。 ある種、寒い方が自分の弱点がわかるということもありますが、練習ではなくラウンドでプレーする時には、ゴルフ仲間 …

2018/12/07|ゴルフウィズ編集部

ホールインワン保険は入っておくべき?

ホールインワン保険は入っておくべき?

ゴルフを一緒に楽しむ人が多いのであれば、ホールインワン保険が出る確率も低くないので、入っておくのもいいかもしれません。仲間にセミプロに近い上手な人がいれば、ホールインワンプレイが出る可能性もあります。 …

2019/02/04|ゴルフウィズ編集部

よく分からない「ゴルフ場利用税」を解説

よく分からない「ゴルフ場利用税」を解説

「ゴルフ場利用税」は基本的に、ゴルフ場を使用する人は支払う必要はありますが、非課税対象の方もいますし、課税されても軽減してもらえる都道府県もあります。課税される人と課税されない人と、違いは何か覚えてお …

2019/01/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでショートホールを回る際気をつけるべきことは?

ゴルフでショートホールを回る際気をつけるべきことは?

ゴルフコースを回ると必ずショートホールに出くわします。大きさは長くても200ヤードほどのコースです。1打目からグリーンオンが狙いやすく、チャンスが生まれやすいコースでもあるので、慎重にプレイしたいです …

2017/09/02|ゴルフウィズ編集部

ゴルフという趣味から始まる出会い!ゴルコンって知ってる?

ゴルフという趣味から始まる出会い!ゴルコンって知ってる?

出会いの場は、趣味を通じても得ることが出来ます。 ゴルコンは、ゴルフとうい共通する趣味から、会話するきっかけも掴みやすいイベントです。 今回は、大人の出会いにおすすめのゴルコンについてご紹介します。 …

2017/12/26|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ仲間や恋人へのバレンタインにゴルフウェア!おすすめアイテム!

ゴルフ仲間や恋人へのバレンタインにゴルフウェア!おすすめアイテム!

バレンタイン前後のラウンドでは、いつも一緒にゴルフをしている仲間内や、ゴルフ好きの恋人にゴルフ関連のプレゼントを贈ることもありますね。 ゴルフボール型チョコなどの、ユーモアあるアイテムもありますが、ゴ …

2019/02/01|ゴルフウィズ編集部

夏の強い紫外線を防ぐUVカットアイテム

夏の強い紫外線を防ぐUVカットアイテム

紫外線の影響があると目が悪くなりますし、皮膚が日焼けにより皮膚病になるかもしれません。UVカットアイテムを使用すれば、熱中症や脱水症状を、軽減するにも役立ちます。UVカットアイテムで、上手く防ぎます。 …

2018/07/06|ゴルフウィズ編集部

ママがゴルフを子供の習い事にする際のポイント

ママがゴルフを子供の習い事にする際のポイント

子供用のゴルフ用品がありますので、必要最低限のものだけ購入して、自宅の子供部屋などを、練習するスペースに変えていきましょう。子供が本当に続けたい場合は、本気度を見てゴルフスクールで習わせるか、後で判断 …

2018/09/11|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ