もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフ雑学「コンドル」とは?接待にも役立つ豆知識

2019/04/12|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの打数には鳥の名称がついていますので、「コンドル」を説明することで何故鳥の名称がつけられているのか、理解もできて楽しい雰囲気でゴルフをラウンドできるといいです。めったに達成できない記録なので、知ると勉強にもなります。

鳥の「コンドル」に例えられている奇跡の打数

ゴルフコースはホールごとに、パー数として打数が設定されています。例えばパー5と言えば、5打でカップインするホールという意味になります。ですが実際規定の打数で、ゴルフボールをカップインできればいいですが、なかなか難しくオーバーすることが多いです。殆どのゴルフコースが、18ホールかハーフの9ホールになっています。

「コンドル」とは18ホールのゴルフコースにおいて、4打少なくカップインする、奇跡の打数の名称です。例えばパー5のホールにおいて、1打でグリーンに乗せた後、カップインすると「コンドル」になります。誰にでも出せるプレイではなく、偶然の奇跡と言っていいでしょう。達成した人は過去に4人のみです。

ちなみに鳥のコンドル(ハゲタカ)は、南アメリカ大陸アンデス山脈に生息している大型の鳥で、羽を広げると約3mにもなり、上昇気流に乗って飛びますので、大きく飛んでいったゴルフボールを、鳥のコンドルの飛ぶ姿になぞらえたことが、名称の由来になっています。

設定されている打数より1打少ないスコアは、「バーディ」になり2打少ないと「イーグル」、3打少ないと「アルバトロス(アホウドリ)」と言われています。全部のマイナススコアが鳥の名称になっていますが、これは1903年A・H・スミスというゴルフ選手が、「flew like a bird」(鳥のように飛びました)と言ったことによります。

最初の1打で500ヤードぐらいの、ショットをする必要がありますので、記録を出すのは難しいですが、パー6かパー7のホールもありますので、何回かチャレンジすれば、「コンドル」を達成する人は、今後も現れるかもしれません。「コンドル」は他の呼ばれ方として、「ダブルアルバトロス」や「トリプルイーグル」と、言われることもあります。

歴史に名を残した「コンドル」を達成したゴルファー

1962年に誰よりも最初に、「コンドル」を達成したゴルファーは、アメリカアーカンソー州のLarry Bruceで、480ヤードある5番ホールの、右ドッグレッグで記録を達成しました。1995年にはイギリスShaun Lynchが、496ヤードある17番ホールの、馬の馬蹄の形をしているドッグレッグで記録を出しました。

2002年にはアメリカコロラド州のMike Creanが、517ヤードある9番ホールの、ストレートコースでコンドルの記録と、世界最長のホールインワン記録を達成しました。標高1600mの高地デンバーゴルフコースは、空気が薄いため飛距離が大きく伸びるプレイも、少なくない事で有名な地になっています。2007年にはオーストラリアニューサウスウェールズ州のJack Bartlettが、467ヤードある17番ホールで、16歳世界最年少で記録を達成しています。

まとめ

最初の1打だけで500ヤードの飛距離がある、ショットと聞くだけで本当にすごいと驚きます。接待ゴルフの際の話題として、お客様に知ってもらう豆知識として、面白い雑学になるでしょう。500ヤードショットに、チャレンジしてみるのもおススメです。マイナスの打数に鳥の名前が付いていることから、上昇気流に乗せてゴルフをショットすれば、飛距離が伸びるのだと勉強になります。向かい風よりは追い風に乗せて、ゴルフボールをショットしてみるといいかもしれません。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

TVでも良く出てくる難解な用語を解説!

TVでも良く出てくる難解な用語を解説!

テレビのゴルフ中継を見ていると、時々難しい専門用語が出てくることがあります。良くわからなくてもなんとなく見ていることはできますが、理解できればもっと楽しいかもしれません。ルール上の用語だったり、独特の …

2020/01/14|ゴルフウィズ編集部

少し油断した間にゴルフウェアに色移りが!?色移りの対処方法

少し油断した間にゴルフウェアに色移りが!?色移りの対処方法

普段は気をつけていても、ゴルフのラウンド中はなにかと忙しいものですし、色々と頭で考えていることもあるので、つい注意が行き届かなくなってしまうこともあります。特にゴルフウェアの色移りまでは油断してしまう …

2018/08/29|ゴルフウィズ編集部

ティーアップの高さはどれぐらいがベスト?

ティーアップの高さはどれぐらいがベスト?

ドライバーショットでは、地面に直接ゴルフボールを置いて、ショットしてもいいですし、ティーアップしてショットしてもいいですが、高さをどれぐらいにすれば、飛距離が出るショットになるのでしょうか?疑問を解説 …

2019/05/16|ゴルフウィズ編集部

イップスって何?

イップスって何?

イップスという言葉を聞いたことがおありでしょうか?今では広くスポーツ全般に使われていますが、元々発祥はゴルフであったと言われています。 筆者自身もイップスにかかった経験があり、筆者の友人もイップスにか …

2020/03/26|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのスイングで意識するポイントは?

ゴルフのスイングで意識するポイントは?

ゴルフでスイングを上手に行うことは良いスコアを出すには重要な点です。上手にスイングができれば、ゴルフボールにミートさせやすくなり、ショットが安定するようになります。ショットが安定すれば、狙った場所や方 …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

汚れたゴルフシューズのお手入れ方法

汚れたゴルフシューズのお手入れ方法

ゴルフシューズと一言で言っても、素材が様々ありますので、素材によってお手入れ方法が違います。自分が使用しているゴルフシューズの素材を確認して、最適なお手入れ方法により、いつでも新品に近い状態にできると …

2019/06/26|ゴルフウィズ編集部

子供にゴルフをやらせたい!習わせるメリットとデメリットは

子供にゴルフをやらせたい!習わせるメリットとデメリットは

子供にゴルフをやらせたい! そう思ってもゴルフは他のスポーツや習い事と違って敷居が高そうですよね! お金持ちが習うイメージがあったり、実際ゴルフ場に行くのも気軽にはいけないことからそのように思ってしま …

2020/01/09|ゴルフウィズ編集部

雨の日のプレイはどうしたら?

雨の日のプレイはどうしたら?

楽しみにしていたゴルフが雨。憂鬱ですね。雨の日のラウンドを快適に!といった記事もみかけますが、それは無理ですね。どう頑張っても晴れの日にはかないません。 しかし、少しでも助けになるように気を付けていた …

2019/09/05|ゴルフウィズ編集部

入っている方がいいの?ゴルフ保険を解説

入っている方がいいの?ゴルフ保険を解説

技術的に問題無く、周囲にもよく気を使う人であっても、他人を怪我させたり、施設を破損してしまう場合があります。トラブルにスームーズに対応するためには、ゴルフ保険に入る方法も、1つの手段として考えてみてい …

2018/08/22|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでショートホールを回る際気をつけるべきことは?

ゴルフでショートホールを回る際気をつけるべきことは?

ゴルフコースを回ると必ずショートホールに出くわします。大きさは長くても200ヤードほどのコースです。1打目からグリーンオンが狙いやすく、チャンスが生まれやすいコースでもあるので、慎重にプレイしたいです …

2017/09/02|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ