もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

わかりにくいルールの用語を解説

2020/06/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフは審判がいませんので、自分で自分に裁定を下さなくてはなりません。そこでルールを理解しようと思っても、この用語がなかなか手ごわいもので難解なものも多くあります。さらにルール改正があったため従来と用語が大きく変わったものもあり余計にわかりにくくなっています。今回はそんな用語をいくつかピックアップしてご説明したいと思います。

場所に関係する用語

ルール用語にはいろいろなものがありますが、すべての基本になるのが「場所」に関する用語です。たとえばグリーンという言葉はみなさんご存知でしょうし、どんな場所なのかはすぐにわかると思います。ではそれ以外はどうでしょうか?特に2019年のルール変更で大幅に名称が変更になっていますので、以前のルールの名称で覚えていた方も今一度確認してみてください。
さて、コースはアウトオブバウンズつまりOB区域を除けば全部で5つのエリアに区分けされます。

・ティーイングエリア(ティーグランド)
・バンカー
・ペナルティエリア(ウォーターハザード)
・パッティンググリーン
・ジェネラルエリア(スルーザグリーーン)

の5つでカッコ内は旧ルールでの呼称です。ペナルティエリアは以前の呼称のウォーターハザードほうがイメージしやすかったでしょう。池や小川などですね。ウォーターハザードと呼んでいた時にはさらにウォーターハザードとラテラルウォーターハザードという分け方をしていましたが、現在はレッドペナルティエリアとイエローペナルティエリアに分けられ、それぞろ赤杭(赤線)、黄杭(黄線)で示されています。レッドかイエローかで救済方法を違いますので注意が必要です。
またもうひとつやっかいな用語が「救済エリア」という用語です。ローカルルールで定められた前進4打のティーのことではなく、ペナルティエリアにボールが入った時やカートやマンホールなどにボールが止まった時に救済を受ける際にドロップする範囲のことを指します。以前のルールとは場所の解釈が少し違いますので、注意が必要です。

その他の用語

・ルースインペディメント
舌を噛みそうな用語ですが使うことが非常に多い用語でもあります。そして本当に内容がわかりにくいものです。細かい点を全部解説すると長くなりますが、簡単な考え方としては
1、自然のものであって
2、地面に埋まっていたり生長してないもの(つまり落っこちてるものです)
一応細かく霜はどうなんだとか氷はどうなんだとかあるのですが、競技に出る方でなければ特に必要ないでしょうし、いざとなればルールブックを見れば良いと思います。
新ルールで一番わかりやすくなってのは、ルースインペディメントの処置についてですべての場所で取り除いて良くなりました。

・マーカー
グリーンでボールを拾うときにマークするものではありません。競技をやっていなくてもたまに本格的なコンペなんかでは聞くことがありますが、自分のスコアをつけてくれる同伴競技者のことです。AさんはBさんのマーカーであれば通常BさんはAさんのマーカーになります。正式な競技のスコアカードは実は自分のスコアではなくマークする相手のスコアを書くようになっています。(もちろん自分のスコアを書く欄はありますが)よくプロがホールアウトしたあとスコア提出場所で読み合わせしてるシーンなんかが映りますが、マーカーさんが記載した自分のスコアを読み合わせで確認してるのです。そのほか救済でボールを拾ったりするときにルール違反ではないことを確認してもらうためにマーカーを呼んで確認してもらいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ちょっとわかりにくいことが多いですね。ただ2019年のルール改正で以前に比べれば相当にルールもわかりやすくなっているので、用語だけはとりあえず覚えてしまいましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフという趣味から始まる出会い!ゴルコンって知ってる?

ゴルフという趣味から始まる出会い!ゴルコンって知ってる?

出会いの場は、趣味を通じても得ることが出来ます。 ゴルコンは、ゴルフとうい共通する趣味から、会話するきっかけも掴みやすいイベントです。 今回は、大人の出会いにおすすめのゴルコンについてご紹介します。 …

2017/12/26|ゴルフウィズ編集部

危険が多いゴルフ場のピンチを回避するための基礎知識はこれ

危険が多いゴルフ場のピンチを回避するための基礎知識はこれ

楽しいはずなのに、思いのほか危険なことが潜んでいるゴルフ場。 ゴルフは自然の中でプレーするので色々なことがあって、ときには人工物が凶器になることもありますよね。 もしもの時のために対処法を覚えておくと …

2020/06/19|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのスコアアップに必須!上手なスコアカードの書き方は

ゴルフのスコアアップに必須!上手なスコアカードの書き方は

PHOTO:アスリスタゴルフ 近頃はゴルフのスコアカードもスマホで管理できたりしますね! ラウンドしながら入力したり、家に帰ってからスコアの統計をとったり。 それでも紙のスコアカードを多くの方が活用し …

2020/08/14|ゴルフウィズ編集部

練習場で上達したと思ってもスコアが少しも良くならないのはなぜ?

練習場で上達したと思ってもスコアが少しも良くならないのはなぜ?

最近練習場で絶好調!修正ポイントもうまく修正できているからきっとベストスコアが出るぞ!と勢い込んでコースに出たら結果は散々。できていたはずのことがほとんどできず、むしろスコアが悪くなってしまったなんて …

2020/09/23|ゴルフウィズ編集部

スコアにこだわり過ぎないでゴルフを楽しもう

スコアにこだわり過ぎないでゴルフを楽しもう

最近は若い人でゴルフを始める方も増え、ブームの兆しが見えていますね。 動画サイトなどでもゴルフに関連する動画が多数あがっていますが、そのほとんどが技術的な解説動画です。 確かにゴルフは初心者には難しく …

2021/08/30|ゴルフウィズ編集部

ティーアップの高さはどれぐらいがベスト?

ティーアップの高さはどれぐらいがベスト?

ドライバーショットでは、地面に直接ゴルフボールを置いて、ショットしてもいいですし、ティーアップしてショットしてもいいですが、高さをどれぐらいにすれば、飛距離が出るショットになるのでしょうか?疑問を解説 …

2019/05/16|ゴルフウィズ編集部

池ポチャにならない越えるための練習方法

池ポチャにならない越えるための練習方法

何故池を越えられないのか原因としては、池の大きさがどれぐらいか分からず、越えるために何ヤードのショットを打てばいいか、正確に判断できないことによります。池幅の距離を掴んで、越えられるショットを練習して …

2019/04/04|ゴルフウィズ編集部

まずは練習場へ行ってゴルフを体験しよう!

まずは練習場へ行ってゴルフを体験しよう!

ゴルフをやってみたい、でもお金がかかりそうだし何をすれば良いのかわからないという方多いのではないでしょうか。練習場も上手な人ばかりで敷居が高いというイメージかもしれませんがそんな事はありません。 練習 …

2017/11/30|ゴルフウィズ編集部

海外では当たり前?エンターテイメント型ゴルフ練習場

海外では当たり前?エンターテイメント型ゴルフ練習場

「TOP GOLF」という名前のゴルフエンターテイメント企業をご存じでしょうか? 2016年にアメリカツアーとの提携が発表され、アメリカ国内で21箇所展開する、エンターテイメント型ゴルフ練習場です。 …

2018/01/03|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの初心者必見!ボールをとにかくまっすぐ飛ばすコツ!

ゴルフの初心者必見!ボールをとにかくまっすぐ飛ばすコツ!

ゴルフでボールがまっすぐ飛ばない! 初心者の多くの方が悩むのではないのでしょうか。 ゴルフを始めたばかりでは、狙った方向へ行かずただ曲がる、というのではなくとんでもない方向にボールが飛んでしまったりす …

2020/08/19|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ