もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

「スピードゴルフ」はゴルフなの!?ルールの違いが知りたい

2019/10/02|ゴルフウィズ編集部

耳にしたことはあるけど、詳しくはわからない「スピードゴルフ」。
その誕生は1970年代終わりですが、認知されてきたのは2000年代になってからです。
フィットネスや健康促進の効果もあるということで、近年注目されています。

1打と1分が同じ価値で18ホールのスコアとプレー時間の合計で競うもの。
じっくり考えてプレーしないスピードゴルフ?普通のゴルフとどう違うのかご紹介します。

スピードゴルフとはどんなものか

ゴルフパフォーマンスの向上にもつながり、何よりも楽しめるスピードゴルフ!
その競技はどのようなものでしょうか。

【競い方】
スピードゴルフスコアは、ラウンドのスコアとかかった時間の合計で、SGSと呼ばれます。
例えば18ホールでスコアが85でタイムが65分だとすると、合計で145がスピードゴルフスコア、SGSとなります。

【歴史・記録】
競技として誕生したのは1979年と言われています。
本格的に知られるようになったのは2000年に入ってからで、アメリカを中心に多くの大会が開催されました。

2012年オレゴン州で開催されたバンドン・デューンズGRは初の世界選手権でした。
世界記録は2005年アメリカのファー・スミスが出した、スコア「65」、タイム44分06秒の合計109.06です。

【主な規則】
・ クラブの本数は最大で7本利用することができる
・ 持ち運ぶ際は手持ちで、バッグ以外の車輪や電動などの道具は禁止
・ 金属スパイクの使用は禁止
・ ボールがフラッグに当たってもペナルティーは無し。
・ プレー遅滞を防ぐため、ロストボール、OB、プレー不可能なライでプレー再開の手段を選ぶ

このように速くプレーできるための規則が整えられているようです。

【スコアの管理】
・ トータルスコアはラウンド終了後にストローク数とタイムを足す
・ ラウンドタイムは1ホール目のティーショットと同時にスタート
・ 最終ホールのカップの底にボールが落ちたところでタイムアップ

また、スピードゴルフでグリーン上は走るのかと疑問に思ってしまいますが、そこは歩いてプレーします。

スピードゴルフのプレースタイル

スピードゴルフでは、プレー時間は速い人では50分を切るそうですね。
初心者や走るのが速くないゴルファーでも90分もあれば完走できます。
1打と1分が同じなので、普段のゴルフとは気をつけることが違ってきます。

【プレー以外のことに1分以上かけるのは損】
ボールを探すのに1分以上かけると、それだけでスコア1がついてしまいます。
バンカーに入れてしまうと、ショットの後に砂をならす時間と体力が必要でダメージを受けてしまいます。

プレー中、どの選手も距離は目で確認して、パットのラインも直感で決めてしまい素振りもしません。
とにかく時間をかけないことに徹することになります。

【普通とはリズムが違うこれがゴルフの原点?】
ゴルフでは、ラウンド中も入念に準備をして、ここに打つと決めてからアドレスをしっかりとるのが普通のやり方ですよね。
しかし、考える時間やあらゆる儀式がゴルフを複雑にしています。

例えばハーフを回ってご飯を食べたり、時間をかけてパットのラインを読んだり。
そのパターでも考えすぎて緊張し、3パットすることもあるでしょう。
そんなラウンドする上での贅肉をそぎ落としてみると、パッと見て決断しすぐに打つことが、シンプルなゴルフの原点と気づくかもしれません。

そして、スピードゴルフは走ることでとても疲れてしまうので、いちいちくよくよと悩んでる暇がないので、メンタル面に良いかもしれませんね!

まとめ

18ホールのスコアとプレー時間の合計で競うスピードゴルフ。
普段のゴルフを見慣れた私たちには衝撃的てすよね。
しかしその魅力はたくさんあります!

ゴルフの予定を立てると、だいたい1日がかりになってしまいますよね。
ところがこのスピードゴルフなら午前中にサクッと回れてしまうので、1日が有意義に過ごせます。
挑戦してみる価値がありそうです!

目下のところの問題は、スピードゴルフに対応しているゴルフ場が少ないことです。
早朝や薄暮プレーができるようになると競技人口も増えそうですね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

2019年からゴルフの2度打ちと自打球が無罰に!知らなきゃ損する新ルール

2019年からゴルフの2度打ちと自打球が無罰に!知らなきゃ損する新ルール

2018年まで適用されていた旧ルールでは、2度打ちと自打球は偶然であっても、有無を言わさずに1打のペナルティが課されていました。もし「納得いかないゴルフルールランキング」や「理不尽なゴルフルールランキ …

2019/07/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースをラウンドする際のポイント

ゴルフコースをラウンドする際のポイント

プレイ中の最悪な状況でも、対応方法が分かっていれば、冷静に判断してこの後のラウンドに、悪い影響を与えずにゴルフを楽しめます。わざとしたわけでは無いので、最初の状態にリセットすればよく、スコアを落とさず …

2018/10/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフに行く時に、家からゴルフウェアを着て行っていいのか?

ゴルフに行く時に、家からゴルフウェアを着て行っていいのか?

ラウンドは基本的に朝が早いので、最近では少しでも時間短縮するためにゴルフウェアを家から着て出るゴルファーも少なくありません。 クラブハウスに入る時の服装など、細かいマナーが特徴であるゴルフ。 今回は、 …

2018/06/28|ゴルフウィズ編集部

2打罰でバンカーの外に! 2019年のゴルフ新ルールを上手く活用しよう

2打罰でバンカーの外に! 2019年のゴルフ新ルールを上手く活用しよう

バンカーショットが苦手なゴルファーにとっては、自分のボールがバンカーに入っているのを見るとなんとも憂鬱な気持ちになっちゃいますよね。「はぁ…うまく出せるかなぁ…」といったショットに対する不安だけでなく …

2019/07/08|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場にやさしいプレーヤーになろう!紳士淑女に必要な配慮とは?

ゴルフ場にやさしいプレーヤーになろう!紳士淑女に必要な配慮とは?

私たちゴルファーにとって、無くてはならないゴルフ場。 しかし、ゴルファーの中には“お客様は神様です”神話をいつまでも引きずっている人も少なくありません。 ゴルフ場あってこそのゴルファーということを、忘 …

2017/12/31|ゴルフウィズ編集部

初心者ゴルファーがコースでスイングより気をつけることは

初心者ゴルファーがコースでスイングより気をつけることは

練習して準備してきたゴルフの初心者が、いよいよコースに出るという時は、中上級者の方と一緒にプレーすることが多いでしょう。 初めてのラウンドでスコアが気になるところですが、初心者が中上級者と同伴の時、ス …

2019/11/27|ゴルフウィズ編集部

初心者が知っておきたいゴルフ場での基本マナー

初心者が知っておきたいゴルフ場での基本マナー

ゴルフはマナーが非常に重視されるスポーツです。 それはゴルフ発祥からの歴史的な背景によるところかもしれませんし、ひとつのコースを大勢で共有してプレイするという理由によるものかもしれません。 いずれにせ …

2019/06/19|ゴルフウィズ編集部

ゴルフウェアのNGって結局何?マナーやドレスコードをまとめます!

ゴルフウェアのNGって結局何?マナーやドレスコードをまとめます!

ゴルフウェアには様々な決まりがあります。「ちょっと面倒…」「オシャレができない!」とも言われていますが、最近ではいずれも決まりが緩くなりつつあります。 とは言ってもNGをおかしてしまうと「クラブハウス …

2019/06/17|ゴルフウィズ編集部

何となくやっていない?今のドロップのルールを再確認しよう

何となくやっていない?今のドロップのルールを再確認しよう

2019年のゴルフルール改訂で、救済の処置方法の「ドロップ」のやり方が変わりましたね。 しかし、まだ慣れていなくてなんとなくやっていたり、混乱も生じているかもしれません。 ドロップのやり方は、当たり前 …

2020/01/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフボールをドロップする際の守るべきルールは?

ゴルフボールをドロップする際の守るべきルールは?

カート道にゴルフボールが入ってしまう、ゴルフボールの目の前に障害物があるなどの理由で救済措置を行うことができます。救済する時は、ルールに従って、適切にゴルフボールをドロップしなければいけません。 もし …

2017/09/11|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ