もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

持っていますか?グリーンフォーク

2020/11/19|ゴルフウィズ編集部

2020年の調べによるとゴルフをプレーする若い人が増えているそうです。先細りが心配されていたゴルフ業界にとってはとっても明るいニュースです。
プレー料金の値下げや一人予約、予約サイトによるビジターだけのラウンドの解放など多くの理由があるでしょうが、セルフプレーの導入も大きな理由のひとつではなかったでしょうか。しかし、一方でマナーの極端な低下を懸念する声があがっていて問題にもなっています。中でもグリーンの芝を大切にするのは重要なマナーです。グリーンについたボールマークを直すグリーンフォークはゴルファーなら必ず持っていたいもの。今回はそんなグリーンフォークについてのお話です。

グリーンフォークとは

そもそもグリーンフォークとはどんなものでしょうか。グリーンを狙ってボールがグリーンにキャリーすると、その勢いでグリーンに穴が開くことがあります。アプローチではあまりそういうことはありませんが、高い球でボールが落ちるとその勢いとバックスピンの関係でグリーンの芝がえぐれてしまいます。
えぐれた部分をそのままにしておくと芝生が枯れてしまいますので、その部分をなるべく早く修復してあげる必要があり、その時に使うのがグリーンフォークです。
テレビでプロのトーナメントを見ているとグリーンに上がった時に片方の手でグリーンになにかを刺しているシーンが出てきますが、あれがまさにグリーンフォークでグリーンを修復しているところです。
プロの場合目土はだいたいキャディがやっていますがグリーンの修復は自分でやることがほとんどで必ずグリーンフォークを持っています。

グリーンの修復は重要なマナー

フェアウェイの目土とグリーンの修復はプレーヤーがするべき重要なマナーです。正直目土はセルフプレーではやっていない人も多いようです。芝生が枯れてしまいゴルフ場が荒れてしまいますが、グリーンが荒れるよりはまだましでしょう(目土をしなくて良いという意味ではありません)グリーンはグリーンキーパーという職種の人が毎日毎日手入れをして私たちが気持ちよくプレーできるように整備をしてくれています。しかし、昼間プレーしている人がいるところを修復して回ることなどできません。その日にプレーする後続組のためにも、またグリーンの芝を美しい緑に保つためにもプレーする人はグリーンを必ず修復するようにしなくてはなりません。グリーンにボールマークがつくのは比較的グリーンがやわらかい時が多いのですが、えぐれてから時間がたつほどえぐれた部分の周辺が硬くなってしまって修復が利かなくなってしまいます。そのためグリーンにあがったらプレーヤーがすぐに修復することが重要なのです。

グリーンフォークの使い方

使い方ですが、間違っている人も少なくありません。ここで正しい使い方を覚えてしまいましょう。

1、ボールが落ちて開いてしまった穴の淵に斜めにグリーンフォークを刺します。
2、持ち手のほうを穴のほうに倒します。斜めに刺したグリーンフォークをまっすぐに立てるようなイメージです。
3、これを大体穴の周辺4か所でおこないます。
4、最後にパターの底で寄せた芝生を上から叩いて馴らします。

まれにまっすぐにグリーンフォークを刺して斜めに倒している人を見かけますがこれだと芝生の根が切れてしまい芝生が枯れてしまいます。必ず斜めに刺してまっすぐにたてるようにしてください。

まとめ

ゴルフをやる人が増えてきたのは素晴らしいことです。時代錯誤の服装マナーなどおかしなものは個人的にはゆるめるべきだと考えています。せっかくのゴルフですから小うるさいことをいわず楽しめばそれで良いという考え方も、ある意味正解でしょう。
しかし、みんなで使うコースやグリーンをみんなで大切にするということは時代に関係なく心がける必要があることではないでしょうか。
自分たちもきれいなグリーンでプレーしたいはず。ボコボコでボールが跳ねてしまうようなグリーンが好きだという人はいないでしょう。みんながゴルフ場を大切にすることでいつでも気持ちよくプレーできるようになります。
これを機会にグリーンフォークを持っていない方はぜひ入手してください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフのスイングを変えるたった1分のストレッチはブリッジ

ゴルフのスイングを変えるたった1分のストレッチはブリッジ

ゴルフのスイングの安定に取り入れたい体幹トレーニング。 鍛える方法は色々ありますが「ブリッジ体操」によるストレッチも有効です! 子供の頃に簡単にできたブリッジ。 今はできる気がしないかもしれませんね。 …

2020/12/01|ゴルフウィズ編集部

良いコースはどう判断?設計面から見た評価されるゴルフコース

良いコースはどう判断?設計面から見た評価されるゴルフコース

良いゴルフコースと言われ、「日本のベスト100コース」など評価される基準はどこにあるのでしょうか。 全体的に見れば、アクセスや食事、クラブハウスの設備なども気になるところですが、ここでは設計面にこだわ …

2021/11/01|ゴルフウィズ編集部

コースデビュー!はじめてガイド

コースデビュー!はじめてガイド

最近はゴルフがブームになってきており、ゴルフをはじめる人が増えているそうです。ゴルフの場合ほかのレジャーと違って、いきなりコースに行くことはできません。ある程度練習を積んで、少し打てるようになってはじ …

2021/06/17|ゴルフウィズ編集部

2019年に変更になったゴルフ新ルールとは?

2019年に変更になったゴルフ新ルールとは?

ゴルフボールの救済措置の内容が、ゴルファーに優しい内容にルール変更されたり、プレイに関しては競技時間が、短縮できる内容に変更されています。又、コースの各名称についても、変更になっている箇所があり、早め …

2019/04/19|ゴルフウィズ編集部

女性もゴルフウェア は襟付きが必須?マナーに抵触しないためには

女性もゴルフウェア は襟付きが必須?マナーに抵触しないためには

最近ではゴルフを楽しむ女性も増えて来て、ゴル女なんて言葉も出て来ています。そして、女性向けのゴルフウェアもどんどん増えて来ています。ゴルフでは服装のマナーも重視されているスポーツだけに、服装のマナーも …

2018/06/13|ゴルフウィズ編集部

<若洲ゴルフリンクス>東京都内で爽やかな海風は貴重です!

<若洲ゴルフリンクス>東京都内で爽やかな海風は貴重です!

「若洲ゴルフリンクス」の名前を聞いたことがありますか?東京でオリンピックが開催されることになり、ゴルフも新たな競技種目となっていることから、開催候補地として名前が挙がりました。なぜなら、ここはパブリッ …

2018/01/19|ゴルフウィズ編集部

プレーが遅い初心者ゴルファーへの適切なアドバイスを考える

プレーが遅い初心者ゴルファーへの適切なアドバイスを考える

ゴルフをある程度経験すると、先輩として初心者の人とラウンドすることがあると思います。 初心者だとプレーが遅いのは当然のことですが、それについてどうアドバイスするかも迷うところ。 自分のプレーに影響を与 …

2022/05/26|ゴルフウィズ編集部

スイングの捻りでウエストのくびれをGET!健康的に飛距離もUP

スイングの捻りでウエストのくびれをGET!健康的に飛距離もUP

軸捻転を使ってくびれをGET! “正しいゴルフスイング”と言っても、情報は多くどんなスイングをすれば良いのかと迷うこともありますよね。 ウエストシェイプに効果のあるゴルフスイングの筆頭は、“軸捻転を使 …

2017/12/23|ゴルフウィズ編集部

海外では当たり前?エンターテイメント型ゴルフ練習場

海外では当たり前?エンターテイメント型ゴルフ練習場

「TOP GOLF」という名前のゴルフエンターテイメント企業をご存じでしょうか? 2016年にアメリカツアーとの提携が発表され、アメリカ国内で21箇所展開する、エンターテイメント型ゴルフ練習場です。 …

2018/01/03|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの飛距離アップのためにプロテインを取り入れてみる

ゴルフの飛距離アップのためにプロテインを取り入れてみる

肉体改造に一役買う「プロテイン」。 その市場は現在高齢者からジュニア層まで拡がっています。 アマチュアゴルファーにとっても飛距離アップ、ダイエット、疲労回復の効果があり、摂ることで多くのメリットが生ま …

2020/10/22|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ