もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

すっかり日本ツアーでもおなじみ!元世界女王シン・ジエ選手

2018/06/08|ゴルフウィズ編集部

シン・ジエ選手は韓国のプロゴルファーで現在日本の女子プロゴルフツアーで活躍する選手です。
2000年代後半から日米韓の3カ国を股にかけて活躍し、全米で賞金女王を獲得、世界ランク1位にもなったワールドクラスのトップ選手です。
2014年以降は日本ツアーに専念し常に上位にランクインしていますから、彼女の姿はすっかりおなじみですね。
では世界のトップ、シン・ジエ選手をご紹介しましょう。

シン・ジエ選手はどんな人?

1988年生まれ、牧師さんのお父さんとお母さん、弟さん妹さんのご家族でした。
小学5年生でゴルフを始めすぐに活躍をしますが、中学3年生の時に自分をゴルフ練習に送った帰りに、交通事故でお母さんが亡くなるという悲しい出来事を経験します。

その後もアマチュアで活躍し2005年にプロ転向、韓国ツアーで優勝を重ね2007年からはアメリカツアーに参戦しています。
2008年からは日本ツアーにも参戦していますから、日本での試合キャリアは10年と結構ベテランですね。
この年はヨコハマタイヤPRGRレディスカップで日本初優勝、海外メジャー大会の全英リコー女子オープン、そしてミズノクラシックでも優勝と日米両国で活躍をし、世界トップレベルの選手へと駆け上がっていきます。

翌2009年はアメリカツアーで3勝を挙げついに全米女子の賞金女王に輝き、2010年5月には世界ランキング1位も記録しました。
2018年5月時点で日本ツアー16勝、アメリカツアー10勝を誇る、紛れもない世界トップレベルの女子選手と言えます。

韓国選手旋風の先駆け

ちょうどシン選手が日本ツアーに参加した2008年以降から、多くの韓国女子プロ選手が来日して活躍するようになっています。
キャンディスマイルのニックネームで人気の2015年、2016年の賞金女王イ・ボミ選手、2010、2011、2014年の3度賞金女王に輝いているアン・ソンジュ選手、2005年から参戦し2012年賞金女王のベテラン、ジョン・ミジョン選手、昨年2017年の賞金ランキング2位のイ・ミニョン選手、同4位のキム・ハヌル選手などなど。
韓国のトップ選手が日本ツアーに参加する理由には、賞金の額が韓国の数倍とプロとして魅力がある上に、生活習慣が比較的似ており母国へ帰りやすいといった活躍しやすい環境が大きいようです。
そしてもちろんシン選手の活躍が大きな影響を与えた事は間違いありません。

そのシン選手は2014年からアメリカツアーから一旦身を引き日本ツアーに専念しています。
その理由をまずアメリカでは移動距離が非常に長く体力的にきついこと、そして日本では韓国人に対しても優しく接してくれることを上げています。
世界最高峰であるアメリカツアーでトップになるには相当な苦労があるようですね。
日本にはシン選手のファンは多くファンクラブもあります。
そういった異国の選手も応援する日本の雰囲気が、厳しい努力を重ねて世界トップに立ったシン選手の心身には丁度よいようです。

シン選手が世界で戦う武器はパター

シン彼女は身長が156センチと小柄なので、飛距離がそれほど飛ぶタイプではありません(それでも正確性は高く2017年フェアウェイキープ率3位)。
そのシン選手が世界と戦ってきた武器は何と言ってもツアー平均パット数1位を誇るパターで彼女の生命線と言って良いでしょう。

パッティングスタイルは比較的ボールの近くに立ち体を起こし気味にして打ちます。
これは男子のタイガーウッズ選手なども同様なのですが、手首や腕が体と一体的になりやすく余計な動きが抑えられるので、距離がバラつかないというメリットがあります。
また体を被せ気味に打つスタイルより高めの位置からグリーンを見るので、ボールの軌道=ラインを読みやすいと感じる方も多いようです。
パットが苦手で特に距離感が合わないという方は試してみるといいかもしれませんね。

まとめ

シン・ジエ選手は今ではすっかり日本ツアーの常連になりましたが、淡々と冷静にプレーする姿と合間に見せる愛嬌たっぷりの笑顔のギャップが人気の秘密のようですね。
また自然災害の被災地や児童施設へ度々寄付をするなど、後輩の韓国人選手のお手本になるような人間性も高い選手です。
ぜひ一度パットに代表される世界トップレベルの正確なショットをご覧になって下さい。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

【海外男子】プレジデンツカップ初日 米国歴代大統領の前で米国リード

【海外男子】プレジデンツカップ初日 米国歴代大統領の前で米国リード

世界対米国のゴルフ対抗戦、プレジデンツカップが自由の女神を望むニューヨーク近郊のリバティーナショナルGCで開催された。 トランプ大統領こそ姿を見せなかったが、歴代大統領のビル・クリントン、ジョージ・ブ …

2017/09/29|ゴルフウィズ編集部

ドライバー飛距離No.1!指原似の飛ばし屋!葭葉ルミ選手

ドライバー飛距離No.1!指原似の飛ばし屋!葭葉ルミ選手

葭葉ルミ選手は2017年の国内女子プロ選手のドライバー平均飛距離ランキング1位に輝いたプロゴルファーです。 その飛距離は男子並みで彼女の大きな武器になっていますが、一体どんなドライバーを使っているのか …

2018/05/18|ゴルフウィズ編集部

ANAオープン初日トップは手嶋多一 池田勇太は5打差18位

ANAオープン初日トップは手嶋多一 池田勇太は5打差18位

札幌の地で数々の名勝負を生んできた伝統の大会、第45回ANAオープンゴルフトーナメントが9月14日に札幌ゴルフ俱楽部 輪厚コースで開幕した。 初日、8バーディー1ボギーの7アンダーで単独トップに立った …

2017/09/14|ゴルフウィズ編集部

【米国男子】最終戦 松山英樹の年間王者なるか

【米国男子】最終戦 松山英樹の年間王者なるか

米国男子2016 – 17シーズンの最終戦、ツアーチャンピオンシップがいよいよ現地21日にジョージア州のイーストレイクゴルフクラブで開幕する。 この試合は30選手のみで争われる厳しい大会。 …

2017/09/20|ゴルフウィズ編集部

プレジデンツカップの米国残り2名はミケルソンとホフマンに

プレジデンツカップの米国残り2名はミケルソンとホフマンに

9月28日に開幕する米国と世界(欧州を除く)の対抗戦、プレジデンツ・カップ。今年の代表選手24人 がすべて決定した。 まずは9月4日付の世界ランクで、それぞれ上位10人ずつが自動的に決定。松山英樹は世 …

2017/09/11|ゴルフウィズ編集部

第50回日本女子プロゴルフ選手権は李知姫(イ・チヒ)が優勝

第50回日本女子プロゴルフ選手権は李知姫(イ・チヒ)が優勝

国内女子メジャーの今季2戦目、日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯は、日本ツアー参戦18年目のベテラン、李知姫(イ・チヒ)が制した。 岩手県で25年ぶり開催の地、安比高原ゴルフクラブは朝から濃霧と雷雨が …

2017/09/10|ゴルフウィズ編集部

【国内女子】最終日まで混戦!日本女子プロを制したのは?

【国内女子】最終日まで混戦!日本女子プロを制したのは?

9月7日に始まった第50回「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」(賞金総額2億円、優勝賞金3,600万円)は9月10日に最終日を迎えた。三日目を終わった時点で、李知姫は通算3アンダーで首位タ …

2017/09/11|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ 好きなら知っていたい歴史的名選手達

ゴルフ 好きなら知っていたい歴史的名選手達

どんなスポーツでも、歴史的に名前の残る選手というのがいます。それはゴルフも然りです。ページの制限があるのであまり大勢を載せることはできませんが、そんな名選手、名プレイヤーのうち何人かをピックアップして …

2020/06/18|ゴルフウィズ編集部

2020年東京オリンピック「ゴルフ競技情報」

2020年東京オリンピック「ゴルフ競技情報」

2020年は東京でオリンピックが開催されますので、ゴルフ競技を見ることができるのは、なかなか無い希少なチャンスです。観戦に良い場所はすぐ取得されて、席が埋まってしまうことも予測されるため、こまめな情報 …

2018/10/16|ゴルフウィズ編集部

【国内女子】最年少でツアー初優勝!18才の畑岡菜紗ってどんな子?

【国内女子】最年少でツアー初優勝!18才の畑岡菜紗ってどんな子?

大型新人、畑岡奈紗はミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで早速見せてくれた。宮城県の利府ゴルフクラブで開催されたこの大会で、二位と4打差の13アンダーでツアー2勝目を決めた。畑岡は18歳と254日。プ …

2017/09/26|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ