もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

バーディーゴルフでスコアアップ!

2019/05/29|ゴルフウィズ編集部

バーディーを取るために、必須で大事なゴルフプレイは、パッティングになってきます。簡単のように見えて実際やってみると、意外に難しく何回も転がしてしまい、カップインせずスコアを落とす、悪い原因になっています。

パッティングは1打で決める練習に励む

ゴルフは経験を積んである程度ベテランになってきますと、ドライバーやアイアンなどのスイングに慣れてきて、飛距離が出るショットも習得できてきます。気を付けていても、ゴルフボールがバンカーや池に向かってしまう場合もありますが、慎重にゴルフをプレイしていけば、よほどの酷いミスは少なくなってきます。

「私は、バーディーゴルファーになりたい!」と目標に定めたら、大切になってきますのは、パッティングを1打で決められるかです。グリーンまで少ないショットで、いい感じにグリーンまで運んできても、パッティングで何回も転がしてしまっては、たとえ良い成績でラウンドしていても、スコアがあっという間に悪くなってしまいます。

今までの努力は何だったのかと、ゴルフの試合を投げてしまうでしょう。そこでやはり重要になってくるのが、パターの回数を少なくすることです。バーディーゴルファーになるためには、基本的にゴルフボールを、1打で沈めなければいけません。ですが、最初からは難しいので、「1打は無理かもしれないけど、最初は2打を目標にしよう。」など、自分の技術力の出来る範囲で、少ない数のパット数を設定して下さい。

2打で確実に決められる回数が増えてきたら、1打でカップインする回数も増えてきます。1打でのカップインは、パッティングの感覚を忘れないで、自分の技術としてしっかり定着させます。偶然ではまたバーディーが遠のきますので、きちんと自分のものにすることが、ポイントになってきます。そのため、パッティングの練習は重要です。

パターのラインを引いて練習

パッティングは自宅で手軽に練習できますので、ほぼ毎日数十分でもいいので、練習するのがおススメです。市販のパターマットなどもありますし、ホームセンターなどで人工芝を購入してきて、自分で練習スペースを作成してもいいでしょう。練習の際にパッティングを上達するコツとしては、ガイドラインを引いて練習することです。

パターマットにはラインが引いてある商品もありますが、たいていラインは1本のみになっています。これでも練習は充分出来ますが、おススメの方法として、ラインを2本引いて線と線の間に、パターをスイングさせてパッティングする方法です。この練習方法であれば、パターのブレが少なくなり、直線に打ち出すことができ、パッティングの技術も向上します。

しかしグリーン上には、ラインなどは描かれていません。ですが芝目がありますので、パターの両端の芝を見て、これを2ラインとして見てみます。カップまで芝目を繋げてみて、どちらの方向に転がせばいいか判断します。1ラインで考えますと、芝目の読みが難しかったと思われますが、パターの両端を2ラインで挟んで、間にパターを通す感じでパッティングすれば、以前より芝目も読めるようになってきます。パッティング練習場などで、感覚が掴めるまで何回でも練習しましょう。

まとめ

バーディーゴルファーになるには、とにかくドライバーで飛距離を稼ぐのがポイントだと、思っていたかもしれませんが、ある程度飛ばしたら、それ以上は限界があります。パッティングを1打で決められますと、確実にバーディーゴルファーに近づきます。ゴルフボールを1回で沈めるためには、パターの練習をいつも行うことです。自分の部屋でもパターマットなど設置すれば、手軽に練習できます。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフ仲間や恋人へのバレンタインにゴルフウェア!おすすめアイテム!

ゴルフ仲間や恋人へのバレンタインにゴルフウェア!おすすめアイテム!

バレンタイン前後のラウンドでは、いつも一緒にゴルフをしている仲間内や、ゴルフ好きの恋人にゴルフ関連のプレゼントを贈ることもありますね。 ゴルフボール型チョコなどの、ユーモアあるアイテムもありますが、ゴ …

2019/02/01|ゴルフウィズ編集部

ゴルフレッスンアプリを利用して楽しく上達

ゴルフレッスンアプリを利用して楽しく上達

ご紹介のゴルフレッスンアプリは、基本的に無料で利用することができます。ダウンロードすればすぐ使用できますので、気軽にゴルフ上達に役立てることが可能です。自分では気づくことができなかった、スィングのフォ …

2018/09/05|ゴルフウィズ編集部

ゴルフは脳を活性化できる最適なスポーツ

ゴルフは脳を活性化できる最適なスポーツ

脳とは言ってもいろんな部位に分かれていますが、特に前頭連合野を鍛えることが、脳を活性化させるポイントです。ゴルフも上手くなり、頭も良くなりますので、役立つスポーツの種類と言えますし、いつでも実践できま …

2019/05/15|ゴルフウィズ編集部

ティーアップの高さはどれぐらいがベスト?

ティーアップの高さはどれぐらいがベスト?

ドライバーショットでは、地面に直接ゴルフボールを置いて、ショットしてもいいですし、ティーアップしてショットしてもいいですが、高さをどれぐらいにすれば、飛距離が出るショットになるのでしょうか?疑問を解説 …

2019/05/16|ゴルフウィズ編集部

ゴルフという趣味から始まる出会い!ゴルコンって知ってる?

ゴルフという趣味から始まる出会い!ゴルコンって知ってる?

出会いの場は、趣味を通じても得ることが出来ます。 ゴルコンは、ゴルフとうい共通する趣味から、会話するきっかけも掴みやすいイベントです。 今回は、大人の出会いにおすすめのゴルコンについてご紹介します。 …

2017/12/26|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ用品レンタルサービスを賢く利用する方法

ゴルフ用品レンタルサービスを賢く利用する方法

ゴルフ用品を全部揃えるためには、数万円は費用としてかかるため、レンタルサービスを利用して、低コスパでゴルフを楽しむ方法はおススメです。ベテランの方でも、新しいクラブを試しに使った後、購入するなどしても …

2018/08/28|ゴルフウィズ編集部

ママがゴルフを子供の習い事にする際のポイント

ママがゴルフを子供の習い事にする際のポイント

子供用のゴルフ用品がありますので、必要最低限のものだけ購入して、自宅の子供部屋などを、練習するスペースに変えていきましょう。子供が本当に続けたい場合は、本気度を見てゴルフスクールで習わせるか、後で判断 …

2018/09/11|ゴルフウィズ編集部

池ポチャにならない越えるための練習方法

池ポチャにならない越えるための練習方法

何故池を越えられないのか原因としては、池の大きさがどれぐらいか分からず、越えるために何ヤードのショットを打てばいいか、正確に判断できないことによります。池幅の距離を掴んで、越えられるショットを練習して …

2019/04/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ旅行でリフレッシュ!楽しさ2倍です!

ゴルフ旅行でリフレッシュ!楽しさ2倍です!

ゴルフといえばいつもより早起きになるのが普通ですね。ラウンドのスタート30分前には到着していなければなりませんし、その前に練習場で練習もしたい。パターでグリーンの感覚を確認しておくのは大切です。 ゴル …

2018/01/15|ゴルフウィズ編集部

高カロリー消費でゴルフ打ちっぱなしダイエット

高カロリー消費でゴルフ打ちっぱなしダイエット

ゴルフはラウンドしなくても、打ちっぱなし練習だけを、趣味として楽しむのもいいスポーツです。健康維持をしながら、ダイエットにもなるので、体調を悪くする痩せ方にならなくて良いです。筋肉で引き締まった、美し …

2018/09/06|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ