もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフで100を切りたかったらスコアを伸ばすより叩かないこと

2021/09/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで100切りを目指して飛距離アップの練習をする。
その後実際コースに出ると、飛距離は伸びたのにスコアがついてこないということがあります。
そのような場合、スコアを伸ばす努力にエネルギーを費やすより、叩かないことを心がける方が上手くいくことも。
そこでその方法をご紹介していきます。

100切りには急がば回れに徹する

100切りのためにたくさん練習したのにスコアがついてこない場合は、少し考えを変えて、叩かないゴルフを目指してみましょう。

【大叩きをしない】
100切りを目指すなら、まずトリプルを叩かないよう気をつけてみましょう。
それは簡単では?と思うかもしれませんね。
私たちだったらボギーオン、すなわちミドルホールなら3オンを目標にします。
そこから3パットだとダブルボギー、気を抜くとトリプルボギーということになります。
うっかり出てしまうこのトリプルを叩かないようにします。

例えばラウンド中、ボールが林やバンカーに入ったりした時、頭の中では「まだボギーが取れる」と思ってしまっています。
つまりティショットを打つ時点ではパーを取る気満々。
そしてピンに近いすき間を打ち抜こうとするから、木に当たってとんでもない方向にボールが向かってしまいます。
そしてあれよあれよとトリプルに。

すき間を打ち抜くショットは上級者のプレーです。
100切りを目指すなら、林やバンカーではボールを横に出すだけでスコアはまとまります。

【8歩以内は2パットで】
最近のゴルフ場のグリーンは大きくて、誰でも3パットする可能性があります。
そこで何が何でも2パットで収めようとしないで、2パットで収める距離を決めて実行すること。
例えば補足で8歩くらいの距離はなんとしても2パットで切り抜ける。
自分の中で可能な2パットの距離を決めれば、おのずとスコアメイクができます。

他にもある100切りのコツ

100切りを目指すために大叩きをしないコツは他にもあります。

【OBを出さない】
いくら前進4打ティがあっても、OBになるのは嫌ですよね。
例えば両サイドがOBなら、どちらかは広くなっているので安全そうな方へ打ちましょう。
もし左右同じ距離でOB杭が迫っていたら、なるべく上り斜面を狙うこと。
山側に打てば万が一OBになってもボールが転がり出る可能性があるということです。
そうなると逆に谷や崖になっている方へは絶対打ってはいけませんね。

【どう見ても狭いコース】
ティーショットの際、OBが左右迫っていて狭すぎると感じるホールがあります。
そういうコースははっきり言って時代遅れ?かもしれません。
最近は白杭に緑色を加えたまだら模様にして、選択制1ペナにしているコースも見受けられます。
そこはノーペナで打つのも可能ということです。

最近のコースの多くはビジター向けに改善されていて易しくなっています。
なのでOB杭を多く設置している、昔のセッティングのホールに出会ったら「古い」ということで、攻略しようと躍起になる必要はなく、気楽にいきましょう!

【調子が悪いときは】
平均スコア80の人でも100を叩くことはあります。
なので100切りを目指す人なら、いつも100を切るのではなく、3回に1回100切りできればOKなのです。
叩きだしてしまったら「今日は切れない日だからスコアは気にしない」と割り切ってニコニコと楽しみながらプレーすることも必要です。
そこで楽しんでプレーできる自分を褒めることも大事です。

ゴルフは叩くことより結果ストレスを抱えることが問題なのです。
だから叩いても平気な自分を作ることが安定したスコアを作るきっかけにもなります。
長い目でみればゴルフを長く楽しめて、スコアもついてきますね。

まとめ

ゴルフで100切りを目指すなら、テクニックを磨くより、大叩きをしないゴルフを目指すのも一つの方法です。

・ 林やバンカーに入れたときは横に出すだけ
・ 8歩以内だけは頑張って2パット
・ OBを出さないように打つ方向を考える
・ 狭すぎるホールは気にしない
・ 調子の悪いときはニコニコやりすごす

ついつい出てくる欲をそぎ落とした、叩かない穏やかなゴルフもまたいいものですね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

インテンショナルフックを打ってみてゴルフの幅を広げよう!

インテンショナルフックを打ってみてゴルフの幅を広げよう!

ゴルフのショットを意図的にフックさせる「インテンショナルフック」。 これが打てるようになるとプレーの幅が広がります。 今までボールを曲げて目標を狙うということをしていなかったとしても、コツがわかると打 …

2020/07/31|ゴルフウィズ編集部

ゴルフはボールで変わる!弱点カバーのエースボールの選び方

ゴルフはボールで変わる!弱点カバーのエースボールの選び方

ゴルフで弾道を変えたいと思った時。 クラブを変えるよりボールを変えた方が即効性があります。 ゴルフボールには様々な要素があるので、選びきれない部分もありますね。ボールを選ぶには、今の弱点を知って何を第 …

2020/12/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのショートパットでよくあるイップスはどう克服する?

ゴルフのショートパットでよくあるイップスはどう克服する?

ゴルフのショートパットなどで起きやすい「イップス」。 初心者よりも中級者以上で見られることが多いと言われます。 プレッシャーで手が動かないと感じたなら、早めに対処してなるべくイップスになるのを防ぎたい …

2020/06/26|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで一打の集中力を高めるには視線を一転集中させること

ゴルフで一打の集中力を高めるには視線を一転集中させること

一打一打の高い集中力が求められるゴルフ。 移動や待つ時間は多く、実際ボールを打つ時間はわずかとなると、プレッシャーもかかりますよね。 その場面ではプレーの技術も大切ですが、どう集中するかのメンタルにも …

2021/11/08|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったスタンス幅にするとゴルフのスイングが変わる!

自分に合ったスタンス幅にするとゴルフのスイングが変わる!

以前より少しスタンス幅が狭くなった渋野日向子プロ。 アマチュアでもスタンス幅を変えることが有効になるのでしょうか。 自分に合ったスタンス幅を見つけられればスイングも変わります。スタンスとスイングにはど …

2020/10/16|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのコースでミスショット!イライラはこうして抑えよう

ゴルフのコースでミスショット!イライラはこうして抑えよう

ゴルフのコースでラウンド中イライラを引きずることはありませんか? せっかく練習して準備しても、ミスショットから出た怒りの感情でラウンドが楽しめなくなるのは残念ですね! そのイライラは、たった90秒感情 …

2020/06/02|ゴルフウィズ編集部

体のパフォーマンスを上げる基礎となる呼吸でゴルフを変えよう

体のパフォーマンスを上げる基礎となる呼吸でゴルフを変えよう

プレーの最中に緊張する場面が多いゴルフでは、メンタルがどのような状態かによって結果も変わってきます。 体のパフォーマンスを上げる基礎となる正しい呼吸が身に着いたなら、重心が安定してメンタルも安定します …

2021/11/22|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースに持っていくカートバッグの中には何を入れる?

ゴルフコースに持っていくカートバッグの中には何を入れる?

ゴルフで便利なカートバッグ。ラウンドバッグとも呼ばれていますね。 ゴルフバッグとは別に、ゴルフコースで必要なものを入れるわけですが、プレーに必要な最低限のもの以外にも入れたいものが色々ありますよね。 …

2021/11/11|ゴルフウィズ編集部

女子ゴルファーは便利なアームカバーをもっと活用してみよう

女子ゴルファーは便利なアームカバーをもっと活用してみよう

日差しが強い5月頃から夏頃、ゴルフをするには紫外線対策が必須ですね。 ゴルフウェアでUVカット機能があるものを選ぶのが基本ですが、腕を守りながらコーディネートに影響しないアームカバーも使い勝手がよくオ …

2021/06/28|ゴルフウィズ編集部

ティグラウンドから見えないドッグレッグホールはこう攻める

ティグラウンドから見えないドッグレッグホールはこう攻める

ゴルフでやっかいなホールのひとつがドッグレッグホールですね! 正確なショットが求められるのはもちろん、攻め方がスコアのカギになります。 最短距離で攻めるのか、思い切って刻むのか。 大きな失敗を避けるた …

2021/01/08|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ