もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフ初心者がぜったいに知っておくべきスイングの基本を紹介!

2017/09/13|ゴルフウィズ編集部

09131

ゴルフ初心者の方にスイングの基本について紹介します。
コースデビューする前に、まずは自宅や練習場でしっかりと基本スイングを身につけ、楽しいゴルフライフを送りましょう。そのためには、クラブの握り方から、構え方も大切です。しっかりと順をおってお伝えします。

 

クラブの握り方

クラブの握り方のことをグリップと言います。グリップはスイングを力強くする上で大切な要素なのでしっかりと基本を押えましょう。さらに、グリップでボールが真っ直ぐ飛んだり、曲がったりするので本当に大切です。

まずゴルフ初心者は、力が入りやすい基本グリップから身につけましょう。グリップの種類ではストロンググリップあるいはフックグリップと呼ばれます。他のグリップでもそうですが、正しくグリップするにはクラブのボールが当たる部分フェイスがボールの正面に来なければなりません。そして、クラブの地面と接する部分であるソールが地面と正対するような位置でクラブのゴム部分を握ります。

クラブを握る際は左手から握ります。親指はクラブのゴム部分に立てて、握りこぶしの山が3つ見える程度に握ります。ちなみに握りこぶしの山のことをゴルフ用語ではナックルと言います。そして、親指と人差し指の間にVの字ができますが、Vの字が右肩を向くようにしましょう。

次は右手ですが、右手も様々な握り方があります。ゴルフ初心者はオーソドックスなオーバーラッピングをおすすめします。オーバーラッピングは左手の人差し指と中指の間に右手の小指をあてがいます。そして、右手の親指と人差し指の間にできるVの字も右肩の方向を指すようにします。そしてクラブを握る強さですが、クラブが落ちないギリギリの力で、リラックスして握ることが大切です。

 

構え方

クラブの構え方のことをアドレスと言います。今度はアドレスの仕方をお伝えします。

ゴルフ初心者はグリップ同様、正しい方法を覚えて、変な癖がつかないようにしたいです。アドレスで最初に考えるのは、スタンスと呼ばれる足の位置。この足の位置が間違っていると正しくボールがクラブのフェイスに当たらないのできちんと覚えましょう。

足は肩幅程度に開きます。そして、左足からクラブのヘッド1つ分ほど内側の位置の延長線上にボールを置きます。ボールを飛ばしたい方向に垂直にクラブを構えます。そして、背筋をピンと伸ばし、腰から前傾姿勢を取ります。背筋は伸ばしても体に力が入らないように注意してください。膝は軽く曲げてリラックスした状態を保ちます。クラブのグリップの位置は握りこぶし1個程度体から離すとスイングしやすいです。

 

スイング

グリップの基本とアドレスの基本ができたら、いよいよクラブを振るスイングです。スイングはゴルフ初心者だけでなく、プロゴルファーでも悩み苦しむ点ですので、ゴルフ初心者は基本をしっかりと身につけましょう。

まずスイングは主に4つの段階に分けることができます。テークバックと呼ばれるクラブを振り上げる動作、そこからクラブを振り下ろすダウンスイング、クラブのヘッドとボールが当たる瞬間のインパクト、ボールが当たった後クラブを振りぬくフォロースルーです。テークバックで大切なのは手首を柔らかく使うことです。手首を柔らかくすることで、肘が曲がらずスイングが安定するのです。テークバックの際は、重心は右足に8割、左足に2割くらいのイメージになります。

そして、クラブを一番高く振り上げた状態をトップオブスイングと言いますが、ここで力を貯めて、ダウンスイングにつなげます。トップオブスイングを高い位置にするには、肩甲骨を柔らかく使うのがポイント。トップオブスイングの位置で正面から肩甲骨が見えるようにしたいので、それができないなら普段からストレッチをして柔らかくなるようにしたいです。そして、一気にクラブを振り下ろしてダウンスイングします。

しかし、腕の力でスイングするとバランスを崩しやすいので、体の体重移動や連動性を意識して、なるべくリラックスして行ないましょう。イメージは腕の力で飛ばすイメージではなく、正しいスイングでクラブのヘッドの重さを利用した遠心力で飛ばすイメージです。そして、インパクトは意識するとスイングが乱れるので、そのままフォロースルーに入ります。フォロースルーは可能な限り長くとり、フィニッシュの形へ。スイングした後、左脇と左肘が両方とも90度の角度を作ることができればスイングは安定していきます。あとゴルフ初心者の方はインパクトまでボールから目を離さないようにしないと空振りもあるので、覚えておきましょう。

 

最後に

ゴルフ初心者の方へ、ゴルフの基本スイングについてお伝えしました。ゴルフ初心者の方は基本を身につければ、伸びしろが大きく、メキメキ上達していきます。しかし、間違った癖がついてしまうと、あとあと修正に苦労し、ゴルフは楽しくなくなります。ご紹介した基本をしっかりと押え、楽しいゴルフライフを送りましょう!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

汗ばむ季節に向けてゴルフプレイの脱水症対策

汗ばむ季節に向けてゴルフプレイの脱水症対策

暑くなりますと脱水症で、突然倒れてしまう人もいます。誰でも自分が倒れるなんて思っていませんが、ゴルフコースは交通不便な自然の中に作られていると、救急車もすぐ到着しません。自分で行う脱水症対策が必要です …

2019/03/05|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのレディースティーを使いこなそう!

ゴルフのレディースティーを使いこなそう!

ホールの芝の長さは、いつも同じではありません。整備はされていますが、天然の植物なので天候の影響で、すぐ生えたり成長します。芝の長さの影響を受けないように、レディースティーで、ボールを打ちやすくしましょ …

2018/07/23|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースを歩いて回るメリット・デメリットとは?

ゴルフコースを歩いて回るメリット・デメリットとは?

ゴルフコースを回る際、カートを使うことがほとんどです。もちろん、カートでも十分ゴルフは楽しめるのですが、たまには歩いて回るのもオススメです。私自身、カートを使用したこともあるのですが、歩いてゴルフコー …

2017/10/23|ゴルフウィズ編集部

中古ゴルフクラブを高価買取してもらうポイント

中古ゴルフクラブを高価買取してもらうポイント

中古のゴルフクラブは、ポイントを押さえ売りに行けば、高価査定で買い取ってもらえます。売ったお金を基にして、新しいゴルフクラブや他のゴルフ用品など購入できます。趣味でゴルフをしている人が多いため、買取も …

2018/08/10|ゴルフウィズ編集部

ビジターゴルファーの自分に合ったゴルフ場選び

ビジターゴルファーの自分に合ったゴルフ場選び

最近はメンバーコースを持たないゴルファーが多く、ビジターとしてゴルフ場を利用している人が多数。 一昔前はメンバー同伴でなければラウンド出来なかったゴルフ場も、近頃はビジターのみの受入もしてくれる場所が …

2017/09/24|ゴルフウィズ編集部

雨の中でゴルフコースを回る際に準備すべきアイテムは?

雨の中でゴルフコースを回る際に準備すべきアイテムは?

実はゴルフはタフなスポーツです。雨天でも行うことがあります。私自身、ゴルフコースを回っている時に、ゲリラ豪雨とは行かないですが、かなりの量の雨が降り出した時も、待機のアナウンスはなく、ゴルフを続けまし …

2017/10/02|ゴルフウィズ編集部

ゴルフレッスンアプリを利用して楽しく上達

ゴルフレッスンアプリを利用して楽しく上達

ご紹介のゴルフレッスンアプリは、基本的に無料で利用することができます。ダウンロードすればすぐ使用できますので、気軽にゴルフ上達に役立てることが可能です。自分では気づくことができなかった、スィングのフォ …

2018/09/05|ゴルフウィズ編集部

ゴルフは脳を活性化できる最適なスポーツ

ゴルフは脳を活性化できる最適なスポーツ

脳とは言ってもいろんな部位に分かれていますが、特に前頭連合野を鍛えることが、脳を活性化させるポイントです。ゴルフも上手くなり、頭も良くなりますので、役立つスポーツの種類と言えますし、いつでも実践できま …

2019/05/15|ゴルフウィズ編集部

意外と簡単に始められる!?ゴルフを始めたいあなたへ。

意外と簡単に始められる!?ゴルフを始めたいあなたへ。

鋭く振り抜かれたクラブが風を切る音、空を切り裂くように飛んでいくボール、そして、プレイヤーの真剣な表情。ゴルフは見ているだけでかっこいいスポーツです。 しかし、敷居が高いと感じてしまって、なかなか始め …

2017/11/29|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場のグルメ事情とは?食事が人気のコースをご紹介!(関東編)

ゴルフ場のグルメ事情とは?食事が人気のコースをご紹介!(関東編)

ゴルフ場の食事は、スキー場と並んで高くてイマイチと思っている人はいませんか?! 実は今、食事に力を入れているゴルフ場が増えてきているんです! 美味しい食事と楽しいゴルフ、両方を楽しめるゴルフ場をご紹介 …

2017/12/27|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ