もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

自分に合ったパターでスコアを上げる

2017/10/09|ゴルフウィズ編集部

10091

ゴルフで一番神経を使うのがパターの瞬間です。繊細な力加減が要求され、かなりの集中力を使うことになります。さらに、少しのミスがスコアに大きく影響してくることもあります。

もしも、力加減が上手くできず強すぎてしまったら、カップを通り越してグリーンを出てしまうこともあります。ショットした際に少しでも打点がズレてしまえば、狙っていた方向とは全然違う方向へ転がってしまうことも。このように、少しのミスがチャンスをピンチに変えてしまいます。

高度の技術を求められるからこそ、パターは自分に合ったものを使用するのがオススメです。今回はヘッドから見るパターの選び方を説明していきます。

 

パターにはさまざまな違いがある!

パターのヘッド部分にはさまざまな種類が存在しています。そして、それぞれのヘッドの違いにより、パターの際の利点なども異なります。

・ヘッドの形で選ぶ
・ヘッドの重さで選ぶ
・ヘッドの大きさで選ぶ

の3つの違いを理解して、パターを使いましょう。

 

パターのヘッドの形で選ぶ

パターのヘッドには、

・ピン型
・マレット型

の2種類があります。ピン型はヘッドの部分が細いパターのことを指します。ピン型の特徴は操作性の高さです。面長なので、重心距離が低く、ストロークがぶれてしまったとしても、修正してくれます。

そのためパターが安定しやすいのが特徴です。しかし、欠点としてはミスをしやすいという点です。パターの面に垂直にゴルフボールを当てることが可能になるのですが、力加減が難しく打っても距離が足りないなどのミスに繋がりやすいのが気になります。

マレット型の特徴は重心が深い点です。重心が深いことで直線的なイメージでストロークすることが可能になります。さらに、左右にぶれづらいので面の中心でパターすることができます。

マレット型はピン型よりも重い場合が多いです。そのため、ヘッドの重さを利用してパターに勢いを乗せるように打つのが、一般的になっています。ピン型と同様に力を入れて打ってしまうと勢いが強すぎてしまい、ミスに繋がりやすいので注意しましょう。

 

パターのヘッドの重さで選ぶ

パターのヘッドは重いものの方が、初心者には最適です。ヘッドの重さが軽いものだと、自分の力を乗せて打つことになります。力が入り過ぎると勢いが強すぎてしまうので、繊細な力加減を必要とします。プレッシャーのかかる場面では、緊張から力加減がブレやすくなるためミスが生まれやすいです。

上級者なら慣れがあるので、緊張も少ないのですが、初心者は緊張を感じやすくなります。重いパターだと、力はあまり必要としないので、勢いの調節も比較的簡単に行えます。なので、パターは重いものを選びましょう。

 

パターのヘッドの大きさで選ぶ

パターのヘッドが大きいほど、ストロークが直線的になりやすく、打ったゴルフボールがまっすぐ進んで行きやすくなります。なので、初心者ならパターは ヘッドの大きなものを選びましょう。

逆にヘッドが小さいパターだと、ストロークが左右にブレやすく、ボールを真っ直ぐ打ち出すのは難しくなります。そのため、ヘッドの小さいパターは上級者向きといえるでしょう。

 

自分に合ったパターでスコアをあげよう

以上がヘッドで見る自分に合ったパターの選び方です。ゴルフ中のパターはもっとも神経を使います。なので、練習での力が出しきれないことはよくあります。少しでもいつも通りにパターをするには、自分にあったパターを使うことが大事です。

初心者の方を今回紹介したこと参考にして、実際に店舗へ行って素振りしてみるなど、自分に合ったパターを選びましょう。自分に合ったものが見つかれば、たとえ緊張状態でパターをすることになったとしても、コントロールにブレが少なくなり、スコアアップにも繋がりますよ。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

飛距離が伸びるアイアン!「ヤマハ inpres UD+2」

飛距離が伸びるアイアン!「ヤマハ inpres UD+2」

アプローチのイメージが強いアイアンですが、ロングホールの2打目やショートホールのティーショットなど、アイアンで飛距離を出したい場面は多くあります。ところが、「ドライバーやウッドでは飛距離が出過ぎてしま …

2017/12/04|ゴルフウィズ編集部

グリーン周りのアプローチどうしてる?

グリーン周りのアプローチどうしてる?

今回のお題はグリーン周りでのアプローチ。冬場、夏場。気の抜ける季節はありません。冬場は芝が短く、枯れているところもあり、ダフリやトップを誘発してきます。 また、夏場は夏場で芝が一本一本強く、抵抗が強く …

2017/08/26|ゴルフウィズ編集部

ゴルフは飛ばないとスコアにならないのか

ゴルフは飛ばないとスコアにならないのか

ゴルファーなら誰しも少しでも遠くに飛ばしたいと思うもの。これは初心者からプロまで変わることはありません。特に日本のゴルファーは飛ばしに対する欲求が強いようで、ドライバーやボールの宣伝文句は「飛びます」 …

2021/06/03|ゴルフウィズ編集部

とにかくまっすぐドライバーで飛ばしてフェアウェイキープ!

とにかくまっすぐドライバーで飛ばしてフェアウェイキープ!

「ゴルフは飛ばし合いではない」とわかっていても、ドライバーを手にするとつい飛距離が気になりますよね。 しかしスコアを求めるなら、ボールをまっすぐ曲げないことが重要になってきます。 ドライバーでまっすぐ …

2020/11/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ中に無理な体勢でショットを打つ際意識することは?

ゴルフ中に無理な体勢でショットを打つ際意識することは?

ゴルフをしていると、山肌に近いラフでショットを打つことが多くあります。山肌に近いということで傾斜も相当あり、かなり打ちづらいです。しかし、OBではないので、打たなければいけません。その際、無理な体勢や …

2017/09/18|ゴルフウィズ編集部

便利なはずのユーティリティが上手く打てない場合の対策は?

便利なはずのユーティリティが上手く打てない場合の対策は?

ゴルファーにとって使いやすくて応用範囲も広い「ユーティリティ」。 ところが便利で万能なはずのクラブなのになぜか上手く打てないという悩みも出てきますね! ユーティリティはフェアウェイウッドとアイアンの中 …

2020/05/14|ゴルフウィズ編集部

フェアウェイウッドのダフリとトップを改善しよう

フェアウェイウッドのダフリとトップを改善しよう

ゴルフコースは、パー3、パー4、パー5があります。もちろん、クラブはどの場面でも使用することができます。その中でもフェアウェイウッドを使う場面は、距離が少し長めのパー3のティーショット、パー4のティー …

2018/01/17|ゴルフウィズ編集部

スライサーにおすすめのドライバー!「ヤマハ inpres UD+2」

スライサーにおすすめのドライバー!「ヤマハ inpres UD+2」

ドライバ―ショットがスライスしてしまう悩みは、多くの方が抱えている悩みの1つです。スイングの練習をすることでスライスを抑えたショットが打てるようになりますが、仕事をしている方にとっては練習時間を確保す …

2017/12/15|ゴルフウィズ編集部

パターと重さのお話

パターと重さのお話

ゴルフクラブは進化の速度が速く、特にドライバーとパターの進化速度の速さは目を見張るものがあります。特に「速く振る」必要のないパターは形状の自由度とあいまって以前は想像もできなかったようなパターが次々と …

2020/09/17|ゴルフウィズ編集部

パターのラインを読むには初心者のうちにコツを知るとラク!

パターのラインを読むには初心者のうちにコツを知るとラク!

ゴルフはパターのラインをどう読むかでスコアが大きく違ってきます。 ただ何となく打ってしまうと、3パットや4パットもありますよね! 初心者のうちにラインの読み方のコツを知っておくと100切り目前で足踏み …

2020/04/02|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ