もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

初心者必見!ゴルフバッグの選ぶ際のポイントは?

2017/10/14|ゴルフウィズ編集部

10141

ゴルフバッグにはさまざまな種類があります。それぞれの種類にメリットがあり、何を選べばいいのか迷ってしまいます。初心者でまだゴルフコースを回ったことがないのなら、何を基準に選ぶのが一番いいのかさっぱりではないでしょうか。今回はゴルフバックの選ぶポイントを説明します。

 

ゴルフバックを選ぶポイントは?

ゴルフバックはゴルフをする上で必需品です。しかし、種類が多く何を基準に選べばいいのかわかりませんよね。ゴルフバック選びによってその後のゴルフコースがラクなることもあるので、ここは妥協できません。ゴルフバックを選ぶポイントは、

・ゴルフバックのスタイル
・ゴルフバックの収納数
・ゴルフバックの重量

の3つです。詳細を説明していきます。

 

まずはスタンド型かカート型か

ゴルフバックは大きく分けて2つに分類することができます。それは、

・スタンド型
・カート型

の2つです。スタンド型は、ゴルフバックにスタンドがついており、ゴルフバックを置く時に地面に立て掛けることができます。さらに、スタンド型を歩いて運ぶことを前提に作られているので、カート型に比べると小型で軽量です。ただ、その分収納が小さいなどのデメリットもあります。

カート型のゴルフバックは、スタンド型とは違いスタンドがついておらず、基本的にカートに乗せて使用します。担いで歩く必要がないので、スタンド型と比べると大きく重量もそれなりにあります。歩いて運ぶのには不向きですが、その分収納も大きく荷物を詰めるのに事欠きません。

ゴルフのプレイではカートを使うので、カート型のゴルフバックを選ぶのがオススメです。ただ、軽量も重視したい場合はスタンド型でもカートに乗せることができるので、スタンド型のゴルフバックを選ぶのもアリです。

 

ゴルフバックの収納数は多いほうがオススメ

収納は多いものを選びましょう。収納が多ければ、ボールなどをたくさん持ち運ぶことができます。初心者の場合、ミスショットが多くなってしまいOBなどでゴルフボールをロストすることが多くなりがちです。持っているゴルフボールの量が少なければ、ゴルフコースを回っている途中で、球切れになってしまうこともありえます。

さらに、収納が多くなれば傘を持ち運べるスペースができるなど、もしもの事態でも問題なく対応ができるようになります。なので、収納の数は多いに越したことはありません。さらに、収納はなるべく大きいものを選ぶのもオススメです。収納が大きければ、荷物の出し入れがしやすくなるからです。

 

ゴルフバックの重量は軽ければ軽いほどいい

ゴルフバックはものによって重量は変わってきます。ゴルフバックの重さ自体は3〜5kg程度なのですが、そこからクラブを入れていけばプラス7kgほど加算されてしまいます。そして、この他にも水分や軽食、ゴルフボールも詰めていくので総重量は10kg以上になることがほとんどです。

たとえゴルフバックをカートに乗せて持ち運んだとしても、場所によっては担いで歩かなければいけない場面も出てきます。その時不意に10kg以上もあるゴルフバックを担いでしまえば、筋を痛めるなど問題が起こるかも知れません。せめてゴルフバックは軽量のものを選んだほうが体に負担がかからずに済みます。

 

自分に合ったゴルフバックを見つけよう

以上がゴルフバックを選ぶポイントです。ゴルフバックとひとえに言ってもさまざまな違いがあります。ゴルフバックはゴルフには必ず必要なアイテムです。さらに、安い買い物ではないので、慎重に選んでいきたいですよね。どんなゴルフバックを買おうか悩んでいるのなら、今回説明してきたことを参考に自分に合ったゴルフバックを選びましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

フルスイングのフォームはチェックするのに・・・

フルスイングのフォームはチェックするのに・・・

止まっているボールをうまく打つにはスイングのフォームが重要なのは皆さん認識されているでしょう。動画サイトを見ればありとあらゆるフォームの解説動画がアップされ、Webではポイントごとの分解写真つきレッス …

2021/08/09|ゴルフウィズ編集部

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

ゴルフのスイングは下半身主導、体の回転がポイントになります。腕だけでコントロールしようとするとトップやダフリ、シャンクやスライスなどのミスショットにつながる可能性が高まります。 しかし下半身主導を意識 …

2017/11/18|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのレディースティーを使いこなそう!

ゴルフのレディースティーを使いこなそう!

ホールの芝の長さは、いつも同じではありません。整備はされていますが、天然の植物なので天候の影響で、すぐ生えたり成長します。芝の長さの影響を受けないように、レディースティーで、ボールを打ちやすくしましょ …

2018/07/23|ゴルフウィズ編集部

ゴルフウェアのレディースの着こなしはパターンを知れば安心

ゴルフウェアのレディースの着こなしはパターンを知れば安心

 PHOTO:アスリスタゴルフ ゴルフウェアはファッション性の高いものがたくさん発売されていますよね。 選択肢がたくさんあると選ぶのが楽しい反面、迷ってしまって実際のゴルフの準備がおろそかになることも …

2020/10/14|ゴルフウィズ編集部

no image

ダウンベストはゴルフで着る?着ない?選び方からご紹介します!

秋が深まって来て、寒さが目立ってくると防寒対策が急務になってきます。体を動かしている間は良いですが、待っている時間もあるのがゴルフです。その間に体がすっかり冷えてしまうと、体の動きが悪くなってしまいま …

2018/10/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフは飛んだ方が良いのか?

ゴルフは飛んだ方が良いのか?

少しでもボールを遠くに飛ばしたい。ゴルファーなら例外なく誰しもが思うことでしょう。自分より飛ぶ人を見てうらやましく思ったことの無い人はいないのではないかと思います。しかし飛べば良い、というものでもない …

2020/01/23|ゴルフウィズ編集部

取引先の方や会社の上司とのコンペ。ウェアはどうするべき?

取引先の方や会社の上司とのコンペ。ウェアはどうするべき?

取引先の方や会社の上司とのゴルフは、普段見られない一面が知れたりしてとっても素敵ですが、そういった場で粗相があってしまっては相手のお顔に泥を塗ってしまうかも知れません。 そんな時に気になるのは第一印象 …

2018/03/23|ゴルフウィズ編集部

夏だからこそ暑さ対策をしっかりしたい女性ウェアの選び方

夏だからこそ暑さ対策をしっかりしたい女性ウェアの選び方

夏の燦々と輝く太陽の下でのゴルフは、冬ともまた違う良さがあります。朝の芝生や空気感にも夏独特の良さがあります。 ですが、日本の夏は湿気が多いのでしっかりと対策をしないと熱中症や日焼けなども心配です。水 …

2018/04/05|ゴルフウィズ編集部

ライが悪い時のアプローチについて

ライが悪い時のアプローチについて

スコアを作る上でもっとも重要といっても過言ではないのがアプローチです。通常のショットでもゴルフ場では練習場と違って斜面やラフなど難しいシチュエーションに遭遇することが少なくありませんが、特にグリーンを …

2021/07/15|ゴルフウィズ編集部

クラブハウスに出入りする時のジャケット、何月まで?

クラブハウスに出入りする時のジャケット、何月まで?

ゴルフウェアも同じくですが、クラブハウスに出入りをする時の服装も、ラフな感じで行ってしまうと白い目で見られてしまう事もあるかもしれません。名門と言われるクラブハウスほど、女性であってもジャケットが望ま …

2018/05/31|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ