もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

パターのL字って難しい!?特徴がわかると打ってみたくなる!

2019/10/01|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのパターといえば、マレット型やピン型を思い浮かべることが多いのではないでしょうか。
オススメのパターなどで、この二つの型はよく紹介されていますね。

一方L字のパターは、どちらかというと一般的ではなく、上級者が使用するイメージが強いですよね。
ところがマレット型やピン型と相性が良い方がいるように、L字のパターがしっくりくる方もいるのです。

そこで、このパターの特徴と打ち方、相性の良いゴルファーについても考えます。

難しくて人気があまりないL字パター?その特徴って

パターで人気があるのはマレット型やピン型ですね。
それぞれにわかりやすい特徴がありますね!

マレット型だったらまっすぐ打ち出しやすいので、パターの重さで距離感を出したいゴルファーに合っています。
一方ピン型は自分の感覚でボールを転がすことができるので、感覚を養いたいゴルファーにぴったりです。

そしてL字の場合、見かける機会がわりと少ないので特徴がわかりにくいかもしれません。
そのメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

【メリット】
難しくて敬遠されるパターのL字は、シャフトがヘッドのヒール側にささっているので見た目はアイアンのようですね。
その形状から、フェースを大きく開閉する打ち方がとてもやりやすくなっています。

バックスイングではフェースが開いて、フォロースイングでフェースが閉じます。
ピン型もそうなのですが、L字はもっと大きく操作ができます。

プロや上級者にとっては、思った通りに打てるL字の操作のしやすさは助けになります。
そうなるとネオマレットやマレットは、はっきり言って使いづらく感じてしまうのです。

【デメリット】
操作がとてもしやすいのがL字のパターの良い面ですね!
しかし自由にボールの方向性を出すというのは、使いこなすまでは大変、という特徴でもあります。

うまく扱うには繊細なタッチが求められるので、緊張や微妙な感覚のズレで失敗してしまうかもしれません。
調子が悪い時には他のパターより結果が出ない、というリスクが伴うことになります。

また操作性が良すぎることは、パターにまだ慣れていない初心者にはやはり難しいですね。
ネック側にスウィートスポットがあることを難しく感じてしまうかもしれません。

L字パターがぴったりなゴルファーと特徴をいかした打ち方

それでは、初心者には難しいとされるL字パターは、どのようなゴルファーに合うのでしょうか。

・ パターでもアイアンの様に打ちたい
・ アイアンやドライバーでドローボールを打つ特徴がある
・ アイアンを上手く扱えてアプローチショットが得意である
・ マレット型のストレートの軌道をやりにくいと感じる

操作性が良いのでこのようなゴルファーに合っています。
初心者でも、アイアンと同じ感覚で打てるなら打ちやすそう!と選びたくなりますね。
ですが、芯を外した場合にはっきり失敗が現われてしまうので、やはり初心者にはオススメできませんね。

そして、まっすぐ引いて出す打ち方のマレット型のパターがやりづらいと感じていて、操作ができるピン型よりもっと操作をしたいゴルファーにはぴったりなのです。

その打ち方は、L字の操作性の良さをいかすために、積極的にフェースの開閉を使います。
イントゥインの軌道のストロークをしながら、タッチのタイミングを逃さないようにします。
またこの時に脇をしめるかどうか迷いますが、L字の場合は脇をしめた方が打ちやすいです。
そうすると体との一体感が生まれて、イントゥインの軌道がよりやりやすくなります!

まとめ

上級者向けだからと、つい候補から外したくなるL字のパター。
よく調べるとその特徴や魅力がたくさんあるのに気づいて、打ってみたくなりますよね!

最近のモデルは、昔に比べると優しく打ちやすくなっています。
L字と優しいマレットが合わさったパターも、最近よく見かけます。
いいとこ取りの最新モデルで、新たなパッティングに気づくかもしれませんね!
ゴルフショップなどで見かけたら、是非手にとって試してみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

パターと重さのお話

パターと重さのお話

ゴルフクラブは進化の速度が速く、特にドライバーとパターの進化速度の速さは目を見張るものがあります。特に「速く振る」必要のないパターは形状の自由度とあいまって以前は想像もできなかったようなパターが次々と …

2020/09/17|ゴルフウィズ編集部

自宅で上達。パター練習法

自宅で上達。パター練習法

ゴルフのパーは72。コースにより少し変わりますが基本的には72でコースは設計されています。この72という数字、半分はショットの数、残りの半分はパッティングの数だというのはご存知でしたでしょうか?それく …

2019/10/09|ゴルフウィズ編集部

パターの名手ジョーダンスピースの秘密とは?

パターの名手ジョーダンスピースの秘密とは?

皆さんはパターの名手と聞いてどの選手を思い浮かべるでしょうか。ルークドナルド?フィルミケルソン?タイガーウッズ? プロはみんなうまいという意見は最もですが、その中でもひときわうまいプロがいることも確か …

2017/02/23|ゴルフウィズ編集部

自分に合うレディースパターを選ぶポイント

自分に合うレディースパターを選ぶポイント

パッティングは人それぞれ、癖がありフックしたりスライスして、思うようにコントロールするのが、難しい場面もあります。なので、自分の癖を軌道修正してくれる、パターを探してきてパターに助けてもらいましょう。 …

2018/10/19|ゴルフウィズ編集部

パターのグリップにもこだわりを持とう

パターのグリップにもこだわりを持とう

グリーン上のラインや距離感がわかっていても、そのとおりにパッティングできなければホールインできません。いかにイメージどおりに打てるのかがパッティングのポイントになります。 パッティングの余計な1打が積 …

2017/11/25|ゴルフウィズ編集部

新しいパターの定番となった「ツノ型」はどのようなもの?

新しいパターの定番となった「ツノ型」はどのようなもの?

つては奇抜なイメージだったパターの「ツノ型」も、今では多くのメーカーが最新モデルの形状として採用しています。 どうしてここまでツノ型が定番化できたのか。 それは、パターに必要なあらゆる要素がツノ型には …

2021/12/30|ゴルフウィズ編集部

新作も古株もツアーを席巻中のオデッセイのパターは常に進化中

新作も古株もツアーを席巻中のオデッセイのパターは常に進化中

世界のゴルフツアーでナンバー1の使用率を誇るオデッセイのパター。 現在ブレード型からネオ・マレット型まで多種多様な形と異なるフィーリングを備えたものが登場しています。 オデッセイのパターが注目されてか …

2022/05/23|ゴルフウィズ編集部

家ではラグマットを利用してパターの距離感を磨く練習をしよう

家ではラグマットを利用してパターの距離感を磨く練習をしよう

自宅でのパター練習では専用のマットを使用することが多いでしょう。 その際に、そのパターマットの他にラグマットや絨毯があれば練習の効果は倍増します! 自宅に敷いてあるマットでどれくらい転がるか分かれば、 …

2022/02/03|ゴルフウィズ編集部

パターのネックの種類はいろいろ!自分に合ったものを使おう

パターのネックの種類はいろいろ!自分に合ったものを使おう

パターを選ぶ時、真っ先にその顔であるヘッドに目がいきますよね。 ヘッドを見て、好きなタイプを見つけるのはそう難しいことではないでしょう。 ヘッドを見ると、だいたいボールを打つ時のイメージもわきます。 …

2019/08/26|ゴルフウィズ編集部

パター選びでフェースのインサートの有無はどちらがよいか

パター選びでフェースのインサートの有無はどちらがよいか

パター選びでは、まずヘッドの形状やネックの形を決めることが多いでしょう。 次にフェースに「インサート」があるかないかを検討することになります。 インサートがあるかないかの一番の違いは打感ですが、どちら …

2020/05/21|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ