もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

パターのL字って難しい!?特徴がわかると打ってみたくなる!

2019/10/01|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのパターといえば、マレット型やピン型を思い浮かべることが多いのではないでしょうか。
オススメのパターなどで、この二つの型はよく紹介されていますね。

一方L字のパターは、どちらかというと一般的ではなく、上級者が使用するイメージが強いですよね。
ところがマレット型やピン型と相性が良い方がいるように、L字のパターがしっくりくる方もいるのです。

そこで、このパターの特徴と打ち方、相性の良いゴルファーについても考えます。

難しくて人気があまりないL字パター?その特徴って

パターで人気があるのはマレット型やピン型ですね。
それぞれにわかりやすい特徴がありますね!

マレット型だったらまっすぐ打ち出しやすいので、パターの重さで距離感を出したいゴルファーに合っています。
一方ピン型は自分の感覚でボールを転がすことができるので、感覚を養いたいゴルファーにぴったりです。

そしてL字の場合、見かける機会がわりと少ないので特徴がわかりにくいかもしれません。
そのメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

【メリット】
難しくて敬遠されるパターのL字は、シャフトがヘッドのヒール側にささっているので見た目はアイアンのようですね。
その形状から、フェースを大きく開閉する打ち方がとてもやりやすくなっています。

バックスイングではフェースが開いて、フォロースイングでフェースが閉じます。
ピン型もそうなのですが、L字はもっと大きく操作ができます。

プロや上級者にとっては、思った通りに打てるL字の操作のしやすさは助けになります。
そうなるとネオマレットやマレットは、はっきり言って使いづらく感じてしまうのです。

【デメリット】
操作がとてもしやすいのがL字のパターの良い面ですね!
しかし自由にボールの方向性を出すというのは、使いこなすまでは大変、という特徴でもあります。

うまく扱うには繊細なタッチが求められるので、緊張や微妙な感覚のズレで失敗してしまうかもしれません。
調子が悪い時には他のパターより結果が出ない、というリスクが伴うことになります。

また操作性が良すぎることは、パターにまだ慣れていない初心者にはやはり難しいですね。
ネック側にスウィートスポットがあることを難しく感じてしまうかもしれません。

L字パターがぴったりなゴルファーと特徴をいかした打ち方

それでは、初心者には難しいとされるL字パターは、どのようなゴルファーに合うのでしょうか。

・ パターでもアイアンの様に打ちたい
・ アイアンやドライバーでドローボールを打つ特徴がある
・ アイアンを上手く扱えてアプローチショットが得意である
・ マレット型のストレートの軌道をやりにくいと感じる

操作性が良いのでこのようなゴルファーに合っています。
初心者でも、アイアンと同じ感覚で打てるなら打ちやすそう!と選びたくなりますね。
ですが、芯を外した場合にはっきり失敗が現われてしまうので、やはり初心者にはオススメできませんね。

そして、まっすぐ引いて出す打ち方のマレット型のパターがやりづらいと感じていて、操作ができるピン型よりもっと操作をしたいゴルファーにはぴったりなのです。

その打ち方は、L字の操作性の良さをいかすために、積極的にフェースの開閉を使います。
イントゥインの軌道のストロークをしながら、タッチのタイミングを逃さないようにします。
またこの時に脇をしめるかどうか迷いますが、L字の場合は脇をしめた方が打ちやすいです。
そうすると体との一体感が生まれて、イントゥインの軌道がよりやりやすくなります!

まとめ

上級者向けだからと、つい候補から外したくなるL字のパター。
よく調べるとその特徴や魅力がたくさんあるのに気づいて、打ってみたくなりますよね!

最近のモデルは、昔に比べると優しく打ちやすくなっています。
L字と優しいマレットが合わさったパターも、最近よく見かけます。
いいとこ取りの最新モデルで、新たなパッティングに気づくかもしれませんね!
ゴルフショップなどで見かけたら、是非手にとって試してみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

自宅で上達。パター練習法

自宅で上達。パター練習法

ゴルフのパーは72。コースにより少し変わりますが基本的には72でコースは設計されています。この72という数字、半分はショットの数、残りの半分はパッティングの数だというのはご存知でしたでしょうか?それく …

2019/10/09|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったスタイルで。パッティングスタイルあれこれ

自分に合ったスタイルで。パッティングスタイルあれこれ

パッティングは感覚が大事 パッティングというものは、極論してしまえばどう打とうが、どんなパターを使おうが入れば良いわけです。 とりあえず空振りしたり、大曲りしたりする可能性がないパッティングは、自分の …

2019/07/22|ゴルフウィズ編集部

パターの選び方はどうしたよいの?レディースの場合はこれ!

パターの選び方はどうしたよいの?レディースの場合はこれ!

キーワード:パター、選び方 大カテゴリ:ゴルフクラブ・用品 中カテゴリ:パター レディースのパターの選び方はどのようにしたら良いのでしょう。 アイアンやウッドはレディースのセットなどで購入しますよね! …

2019/07/02|ゴルフウィズ編集部

ついにオデッセイも製造に踏み切った赤パターの秘密とは?

ついにオデッセイも製造に踏み切った赤パターの秘密とは?

最近流行のパターといえばテーラーメイドから発売されているスパイダーツアーパターです。 流行り始めたきっかけは当時世界ランキング1位のジェイソンデイ選手が使用していたことから徐々にツアー内で使用選手が増 …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

やさしいパターのマレット型!基本の打ち方をおさえよう!

やさしいパターのマレット型!基本の打ち方をおさえよう!

ゴルファーにおすすめのパターは、まっすぐ引いてまっすぐ出す打ち方のマレット型です。 これはパターの基本を身につけるのに役立ちます! マレット型のパターに合う打ち方をすると、その特性を惜しみなく活かせま …

2019/08/07|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで約1mのパットの成功率を上げる練習法とは?

ゴルフで約1mのパットの成功率を上げる練習法とは?

パットをする上で一番緊張する距離が約1mです。カップから離れているわけではないのですが、近いわけでもなく非常に微妙な距離です。なので、力加減も難しく、外せないという緊張感も相まって、外しやすいです。 …

2017/09/05|ゴルフウィズ編集部

初心者におすすめのパター!「テーラーメイド MANTA GHOST 」

初心者におすすめのパター!「テーラーメイド MANTA GHOST 」

繊細なタッチが要求されるパターには、さまざまな形をしたクラブがあります。それぞれには違った特徴があり、初心者の方が選ぶには最低限の知識をもっておくことが必要です。 この記事では、大きく3つの形に分けら …

2017/12/12|ゴルフウィズ編集部

パターの距離感をマスターしよう

パターの距離感をマスターしよう

2オンに成功したと喜んでいてもグリーンのふちに乗ってしまい、相当なロングパットが残ってしまい、3.4パットしてしまうなんてこともあると思います。 3.4パットしてしまうには様々な原因が考えられますが、 …

2017/09/23|ゴルフウィズ編集部

パターに強くなる!2017年おすすめのパター3選

パターに強くなる!2017年おすすめのパター3選

自分に合うパターがいまいち分からず、どれを選べばいいのか迷ってはいないでしょうか。パターにはいろいろなヘッドの形があり、それぞれには違った特徴があります。以下ではヘッドの形ごとに有している特徴と、それ …

2017/12/13|ゴルフウィズ編集部

パターのネックの種類はいろいろ!自分に合ったものを使おう

パターのネックの種類はいろいろ!自分に合ったものを使おう

パターを選ぶ時、真っ先にその顔であるヘッドに目がいきますよね。 ヘッドを見て、好きなタイプを見つけるのはそう難しいことではないでしょう。 ヘッドを見ると、だいたいボールを打つ時のイメージもわきます。 …

2019/08/26|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ