もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

女子プロの間でブーム!テーラーメイド「トラスパター」とは

2021/02/15|ゴルフウィズ編集部

女子ゴルフツアー界でブームを起こしたテーラーメイドの「トラスパター」。
2020年の日本女子プロゴルフ選手権で、永峰咲希プロが優勝した時に使用したパターです。
これはネックの形が三角形で、橋にみられる構造を応用しています。
今や最前線を走るトラスパターに迫ってみます!

女子ツアー界に起きたトラス現象

永峰プロが日本女子プロゴルフ選手権で優勝したことをきっかけに、プロでも入手困難になるほど人気が出たテーラーメイド「トラス」シリーズのパター。
パターの形状が新たな時代に突入しました。

【トラスパターとは】
ネックの形状が三角形のトラスパター。
これは橋の耐久性を高めるための構造を応用したものです。

三角形が組み合わされた橋を見たことがあるかもしれませんね。
この構造にすると荷重や衝撃がかかっても、三角形のそれぞれの軸に圧力が分散されるために耐久性があがります。

その構造をパターのネックホーゼルの部分に取り入れることで、ストローク中のねじれを抑制し、かつミスヒット時の安定感を生み出しました。
見た目はシャープなブレード型で、ネオマレット型のような寛容さを持ち合わせている新たなパターが出来上がりました。

【女子プロ界のトラス現象】
女子プロ界で瞬く間に拡がったトラスパター現象のタイムラインは次の通りです。

・ 2020年9月永峰咲希プロがトラス使用者初の優勝を勝ち取る
・ 第二波は塩谷育代プロなどベテランプロのクチコミによるもの
・ 第三波は2020年10月稲見萌寧プロがスタンレーレディスで優勝した時

以上のような流れで、トラスパターが引っ張りだこになったということです。

トラスパター誕生のきっかけ

女子ツアーで人気となったトラスパターですが、元々はテーラーメイド社がダスティン・ジョンソンのために作ったものでした。

【直進性の高いピン型を求めて】
ダスティンが求めていたのは、アドレス時の構えやすさや見た目のスッキリしたクラシックなブレード型です。
以前はスパイダーブレードなどを使用していました。
ところが実際に結果を残したパターは、マレット型のスパイダーだったということです。
高い感性モーメントで直進性が高くミスヒットに強いタイプのパターです。

そこでブレードとマレット、この2つを結合したパターが誕生しました。
ブレードタイプのスッキリした見た目と、マレット型の特徴である高い慣性モーメントを実現したのがトラスパターです。
操作もできてミスにも強いのが最大の魅力です。

【パター形状の変遷はグリーンの速さが影響】
ここで人気パターの変遷を見てみましょう。

・ 1960年代はL字
・ 1970年代後半はピン型
・ 1990年代後半はマレット型
・ 現在はトラスパターが登場

L字が主流の頃はグリーンのスピードが遅く、ロフトを立てて打つのが主流でした。
その後グリーンが早くなりピン型で開閉を抑えたり、マレット型で慣性に頼るようになりました。

現在は高速グリーンに加えて複雑傾斜もあり、同時に2つに対処できるパターが必要となりました。
そこでトラスパターの登場ということですね。

【人気とはいえ万能ではない】
トラスパターは大人気ですが、誰にでも必ず合うというわけではないです。
次のようなミスが多くみられる方は要注意です。

・ 右へ押し出すミス
・ ショートのミス

右に押し出しやすい人は、自分で捕まえに行かないといけないので、慣性モーメントの高いものだと開いて当たりやすいです。
またヘッドが前後に広くて重いパターほど球が伸びやすいため、ショートが多い人はトラスのようなブレード型よりマレット型の方が合うのです。

まとめ

トラスパターはネック部分の三角形の間を埋めることで適合パターとなり、他のパターの仲間入りをしました。
現在の複雑なグリーンに対応できる、最前線のパターです。

もともとはメーカーのテーラーメイドがダスティン・ジョンソンのために開発したものですが、日本の女子ツアーで大人気となりました。
魅力は十分ありますが、誰にでも合うということではないので、使用する場合は試してみるのがよさそうですね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

池があるときの考え方について

池があるときの考え方について

池が好きな方というのはあまりいないでしょう。同じハザードでもバンカーであればコツをつかんでいる方はラフよりマシだという方もいるでしょうが、池は入れたら終わり。 ペナルティーになる上、ボールも無くなりま …

2021/02/18|ゴルフウィズ編集部

カラーのゴルフボールを使う3つのメリットとは?

カラーのゴルフボールを使う3つのメリットとは?

ゴルフボールにはさまざまな種類があります。その中でも一際目立つのはカラーのゴルフボールです。ピンク系から黄色など、明るい色が主なカラーの種類となっています。 私自身も、ゴルフコースを回る際は、カラーの …

2017/08/24|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者必見!特徴で見るドライバーの選び方は?

ゴルフ初心者必見!特徴で見るドライバーの選び方は?

ドライバーとひとえに言ってもさまざまな種類があります。それぞれにドライバーに特徴があり、何を買えばいいのか悩んでしまいます。 ただ、より自分に合ったドライバーを見つけられるというメリットもあります。そ …

2017/09/14|ゴルフウィズ編集部

ラインの読み方総まとめ

ラインの読み方総まとめ

パットを打つ際、ラインを読まずに打つ方はいないと思います。誰しもラインを読むのですが、ラインの読み方は人それぞれです。 ここでは様々なラインの読み方を羅列していきます。   まずは山がどこに …

2017/09/29|ゴルフウィズ編集部

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

風が強い日。ボールは風次第になってしまう方は少なからずいると思います。自分が立っている場所の風は読むことができますが、上空の風を読むのは至難の技。 風が読めないのであれば、風に負けない球を打てれば問題 …

2017/10/19|ゴルフウィズ編集部

自分のにあったクラブを選んでみよう。パター編

自分のにあったクラブを選んでみよう。パター編

現在様々な形状のヘッドが販売されているパター。いろんな種類があるということは選択肢が増えるということなのでいいことしかないように思えるかもしれませんが、購入する際、なかなか踏み切れないことがあるかと思 …

2017/10/10|ゴルフウィズ編集部

ティーアップで球筋が変わる。最適なティーアップを探そう

ティーアップで球筋が変わる。最適なティーアップを探そう

ティーイングエリアでショットするときは、ティーアップをすることができます。 心理的にもすごく楽になるティーアップですが、ティーの高さはどのように決めているでしょうか? ティーの高さというのは意外と重要 …

2020/08/21|ゴルフウィズ編集部

もうバンカーは怖くない!おすすめレディースサンドウェッジ3選

もうバンカーは怖くない!おすすめレディースサンドウェッジ3選

みなさんはバンカーは得意でしょうか? バンカーから出すにはある程度テクニックが必要なので、経験がまだ浅いと苦手だという方も多いでしょう。 そこでバンカーからの脱出専用のウェッジを試したらいかがでしょう …

2018/05/17|ゴルフウィズ編集部

ウェッジ選びのポイント!リカバリー率を上げるウェッジの選び方

ウェッジ選びのポイント!リカバリー率を上げるウェッジの選び方

バンカーやラフからのリカバリーがうまくいくかどうかは、ウェッジによるところが大きいといえます。「ダフってしまう」「飛距離が出ない」といった悩みは、スイングではなくウェッジに原因があるかもしれません。こ …

2017/12/05|ゴルフウィズ編集部

今までのアイアンの常識を覆すワンレングスアイアンとは?

今までのアイアンの常識を覆すワンレングスアイアンとは?

タイトルでもある「ワンレングスアイアン」(もしくはシングルレングスアイアン)こういった言葉を皆さんは聞いたことがあるでしょうか。現在密かに話題になっているアイアンです。まだまだプロで使用している選手は …

2017/10/31|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ