もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

スイングのトップの位置はどのくらいで肩はどこまで回すのか

2020/07/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのスイングでは「トップでしっかり肩を回せ」と言われますが、どこまで回せばよいのでしょうか。
深ければ深いほど飛びそうですがオーバースイングにもなりそうです。

それぞれに合うトップの位置がありそうですね!
そこで正しい位置はどれくらいなのか見ていきます。

自分に合うトップの位置をみつける

ゴルフのスイングでは肩を出来るだけ回せと言われますね。

【ゴルフは肩がすべて?】
上手なゴルファーは、スイングの際トップでしっかりと肩を回しているように見えますよね。
しっかり肩を回すと何がよいのでしょうか。

ゴルフのスイングで肩をしっかりと回せると、トップで深いねん転が作れます。
切り返しでもリズムが早くなってしまうことがなく、インパクトできるので遠くまで飛ばせるのです。

もし回転が浅いと手打ちになることが多いので、軌道が安定しづらくなります。
そしてミスショットの確率が高くなるのです。
ゴルフのスイングで上半身と下半身のねん転差が大きいと、飛ばすパワーが安定してより出るということです。

ただ上手な方のトップの位置が他の人にとってもふさわしいトップの位置というわけではないので、自分に合うところを見つけるのがポイントになります。

【左肩がこれ以上回らないところ】
簡単に言うと、肩の正しい位置というのは、その人にとってテークバックで左肩がこれ以上回らないというところです。

アマチュアでは体が硬い場合が多いのでトップが浅くなりがちです。
多くの人は深いトップを作ろうと意識しすぎて、右の肩甲骨を後ろにスライドさせて、深いトップを作ろうとします。
これではトップ位置でシャフトがクロスして正しい軌道でスイングするのが難しくなります。

正しいトップを作る確認として簡単なのが、お盆を持つように両手でクラブを持ちそのままの高さで上体を右に90度回転させてみることです。
その位置で両手を上に上げてグリップを握ると正しいトップが完成します。

ボールをじーっと見てしまうと前傾が崩れるので何となく見ている感じにしましょう。
最初は目を閉じてやるのもオススメです。

最大限よい位置をつくるために

これ以上回らない位置がわかっても、すぐには上手に回せないかもしれません。
色々な方法を試してみましょう。

【スタンスを狭くする】
ゴルフではスタンスを広くとるとパワーをためやすく、ボールを遠くに飛ばせます。
しかし体が硬い人や体力がない人はそう簡単に回せないかもしれません。
その上無理すると怪我をしてしまいます。

そこでスタンスを気持ち狭くしてみると、体が回りやすくなります。
もしこすり球が出てきたらねん転が浅い証拠なので、スタンスを少し狭くしてみてください。
インパクトが厚くなるのが実感できますよ。

【無理にあごの下に入れない】
ゴルフで上体を回す時、無理やり左肩をあごの下に入れようとすると、顔が動いたり前傾の角度が変わって、ミスショットの原因を作ってしまいます。
なんとしてもあごの下に入れなければ、と思わず自然に回すことを優先してみてくださいね。

【トップポジションで一旦停止してみる】
トップポジションで一旦止める動きをしてみると、慣性で肩が回り上体がねじれます。
トップで止めても慣性が働いて動いている体は急には止まれないので、タメができるのです。

自分のトップはこれくらい、と十分に回転していない状態で打ちにいくと、リズムは崩れてしまい、体重移動も上手くいっていないのでミスショットが出ます。

肩をしっかりと回せれば、手打ちを防止できる上にトップも決まるので、スイングのリズムが生まれます。

まとめ

ゴルフは止まっているボールを打つので、それなりのパワーが必要になりますね。
トップの位置を深く回して下半身との捻転差を大きく作れればこんなによいことはありません。

自分のできる範囲以上に回しても逆効果になってしまうので、自分に合ったトップの位置をみつけるとともに、動けるような体作りをしておくことも大事です。
自分のペースで最大限のスイングができるよう、取り組んでみてくださいね。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

忙しい女性に最適!アーリーバードを利用してみて

忙しい女性に最適!アーリーバードを利用してみて

仕事や家事で忙しい女性でも、ゴルフを趣味としている人はたくさんいます。 しかし、家事や子育てでなかなか時間が作れないという人もいますよね。 そんな時には、早朝にゴルフができる“アーリーバード“がおすす …

2018/01/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフってどこの国発祥?ゴルフの歴史に迫る

ゴルフってどこの国発祥?ゴルフの歴史に迫る

ゴルフは昔、スポーツではなくゲームとして多くの人たちが楽しんでいました。 スポーツというのは競技志向で、ゲームというのは本当に娯楽みたいなイメージです。 今でもゴルフはスポーツであり娯楽かもしれません …

2017/02/07|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで痛めやすいのは

ゴルフで痛めやすいのは

ゴルフはスポーツの中では激しい動きなどがなく身体への負担が低いものではあります。しかし、それでも常に一定の場所に負荷がかかりますので油断をしていると身体を痛めてしまいます。初心者の方ですと筋肉痛などに …

2020/06/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフボールが林に入ってしまった時の注意点とは?

ゴルフボールが林に入ってしまった時の注意点とは?

ゴルフをしていると、ゴルフボールが林に入ってしまうがよくあります。林の中はフェアウェイやラフとは違い、悪条件のオンパレードです。整っていない地面はもちろん、根っこが飛び出していたりしており、厄介です。 …

2017/09/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場にやさしいプレーヤーになろう!紳士淑女に必要な配慮とは?

ゴルフ場にやさしいプレーヤーになろう!紳士淑女に必要な配慮とは?

私たちゴルファーにとって、無くてはならないゴルフ場。 しかし、ゴルファーの中には“お客様は神様です”神話をいつまでも引きずっている人も少なくありません。 ゴルフ場あってこそのゴルファーということを、忘 …

2017/12/31|ゴルフウィズ編集部

ゴルフクラブの種類と呼び方についてあらためて見てみよう!

ゴルフクラブの種類と呼び方についてあらためて見てみよう!

ゴルフコースでは14本までゴルフクラブを持ち運ぶことができます。 クラブの1本1本は顔も長さも様々ですね。 その中で、例えば1番長いものは1番ウッドで「ドライバー」と呼び、他にもそれぞれ違った呼び名が …

2020/10/02|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ中のスマホのマナーはどうすればいいの

ゴルフ中のスマホのマナーはどうすればいいの

ゴルフ中スマホはどうしていますか?スマホに関するマナーもゴルフにはあります。ゴルフはスポーツの中でも特にマナーについて重んじるスポーツです。そのため、スマホのマナーに関しても、しっかり守っていく必要が …

2017/09/19|ゴルフウィズ編集部

スコアが変わる!ゴルフ場のパター練習で確認することはこれ

スコアが変わる!ゴルフ場のパター練習で確認することはこれ

ゴルフ場にはパターの練習グリーンがあります。 そこでは上手な人ほどスタート前に練習をしているのではないでしょうか。 彼らは練習グリーンで本番のコースのコンディションを確認するために打っています。 その …

2020/11/04|ゴルフウィズ編集部

持っていますか?グリーンフォーク

持っていますか?グリーンフォーク

2020年の調べによるとゴルフをプレーする若い人が増えているそうです。先細りが心配されていたゴルフ業界にとってはとっても明るいニュースです。 プレー料金の値下げや一人予約、予約サイトによるビジターだけ …

2020/11/19|ゴルフウィズ編集部

<房総カントリークラブ>雄大な自然に抱かれる!PGAツアーも!

<房総カントリークラブ>雄大な自然に抱かれる!PGAツアーも!

房総半島は千葉県にあり、東京湾と太平洋に囲まれています。房総カントリークラブは、海から少し入ったところで、近くをいすみ鉄道が走っています。この辺りは、年間を通じて温暖で、春が来るのも関東で一番早いエリ …

2018/01/25|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ