もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ドライバーのリシャフトをしてみたいけど自分で出来るの!?

2019/11/05|ゴルフウィズ編集部

ゴルファーの中には、ドライバーでもっと真っ直ぐ、そして飛距離を出すためにリシャフトを検討する方もいるでしょう。

工賃が高いのもあって、自分でリシャフトが出来るならば、やってみたいですよね。
そこで、気軽に取り組めるのか、また新しく買い換えてしまった方が得なのかも考えてみます。

ドライバーのリシャフトに挑戦

リシャフトが有効と思えたなら、リスクも考えた上で検討しましょう。

【思い切ってリシャフトする前に分析を】
まず、自分のスイングをあらためて分析することが必要です。
ヘッドスピードやミート率、切り返しのタイミングなどを把握して自分に合うシャフトを選びます。
シャフトは重量、硬さ、キックポイント、トルクなどが選べますね。

【リシャフトより新調するのもオススメ】
信頼できる工房が見つかったなら依頼するのが安心ですが、工賃が当然かかります。
自分で行うとしても、工具などを揃える出費もあります。
また気に入ったシャフトが見つかっても、ヘッドとの相性は実際ボールを打つまでわかりません。

そこで、思い切って新しいドライバーを購入してしまうのも手です。
リシャフトより安く済む場合もあるので、検討してみてください。

もしリシャフトを行う場合は、二種類ある形を知っておきます。
手持ちのドライバーで確認してみてください。

【シャフトとヘッドの固定型】
ホーゼル部に接着剤でシャフトとヘッドが固定されているものです。
固定されてしまっているので、リシャフトには技術と多くの道具が必要です。
専門知識のないゴルファーにとってはリスク大です。

【ネジで固定のスリーブタイプ】
シャフトとヘッドがネジで固定されてるだけなので、作業自体は簡単です。
しかし残念なのは、メーカーやモデルによって形状が違う場合があることです。
各メーカーでスリーブが統一、もしくは互換性があれば助かりますね。

ドライバーのリシャフトに挑戦

ここでリシャフト方法をご紹介していきます。

【道具を揃えてリシャフトに挑戦】
リシャフトの道具に決まりはありませんが、作業に必要なものを揃えます。

・ クラブ長さと重さを計測する、はかりやバランス計
・ シャフトを抜く際に必要な、ヒートガンなどの工具やシャフト抜き工具
・ 接着剤のかすを掃除するために、電動ドリル
・ シャフト内部の掃除用に、細いドリル
・ 接着剤、新しいソケット
・ バランスが変わるので新しいグリップ

【接着剤固定型のリシャフトの手順】
接着剤固定型のドライバーのリシャフトの手順です。

・ シャフトとヘッドを覆うソケットを切り離す。
・ ヒートガンなどでドライバーを加熱して接着剤を溶かす
・ 古いシャフトを少しずつ引き抜き、ヘッドのホーゼルを清掃
・ ヘッド側に接着剤を投入する
・ フェースの向きを合わせソケットを取り付け、新たなシャフトを装着
・ バランスの兼ね合いでグリップの重さも決める

どの作業も細心の注意が必要です。
シャフトがカーボンだと、その素材から、より神経を遣うことになります。
また、これを簡単と思われる方もいますがおすすめはできません。

【スリーブタイプのリシャフト】
一方スリーブタイプのリシャフトの手順です。

・ ドライバーを地面と垂直にし、シャフトを抜くために真上からヘッドのネジを緩める
・ シャフトが抜けたら同じくドライバーと地面を垂直にし、新たにスリーブ付のシャフトをセットする
・ カチッと音が鳴るまでネジを回す

接着式と比べてとても簡単ですね。
しかしネジの締め付けがしっかり出来ていないとクラブが破損したり、ヘッド抜けを起こすこともあるので確実に行うのが大事です。

まとめ

ドライバーの性能はメーカーによる差は少なくなっています。
そうなるとシャフトは個性を出すのに一役買ってくれるので、期待をしてしまいますね。

ただし接着式固定のリシャフトには手を出さない方が無難のようです。
スリーブ式で自分でやるにしても工房に依頼するにしても、リスクはあります。
よく考えて行いたいですね。
しかしリシャフトの手応えがあれば、クラブに対する愛情も一層沸くでしょう。
スコアアップにも役立ちそうです。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

冬はゴルフ上達に最適の季節?!

冬はゴルフ上達に最適の季節?!

冬は気温が低く芝生も薄くなっています。空気密度も高くボールが飛ばないためゴルフをするには冬は少し難しいコンディション。 しかし冬はゴルフ上達には最適な季節ともいえます。冬をどう過ごすかで来春からのスコ …

2021/01/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場の芝にも種類があります。芝の種類を知ろう

ゴルフ場の芝にも種類があります。芝の種類を知ろう

トップシーズンのゴルフ場に行くと、その緑の美しさに思わず息をのむことがあります。この自然の中を1日歩けるだけでも来たかいがあったと感じるほどですが、そのゴルフ場の芝生にはいくつか種類がありいろいろな工 …

2020/01/24|ゴルフウィズ編集部

自宅でもゴルフスイング練習!それなら短尺クラブが便利!

自宅でもゴルフスイング練習!それなら短尺クラブが便利!

ゴルフを始めたばかりで自宅でもゴルフの練習がしたい。 パターはマットなど使用してすぐにできそうですが、アイアンを振り回すのはちょっと・・・。 そのように考えたなら、スイングの矯正ができて室内でスイング …

2019/12/20|ゴルフウィズ編集部

まるで別天地!リゾート感溢れる関東のゴルフ場

まるで別天地!リゾート感溢れる関東のゴルフ場

ゴルフの魅力はたくさんありますが、広大な緑に囲まれた自然の中で1日が過ごせるのもその魅力のひとつでしょう。そんな中でも特にラグジュアリー感を強く演出したリゾートタイプのゴルフ場はまさに別天地!今回はそ …

2019/12/12|ゴルフウィズ編集部

冬のゴルフは難しい?

冬のゴルフは難しい?

雪でクローズなどにならなければゴルフは1年を通して楽しめるスポーツです。ですが、冬場のゴルフは難しいという話を聞いたことはありませんか? そう冬場のゴルフは実際に難しいのです。では、なにが難しいのでし …

2019/12/25|ゴルフウィズ編集部

花粉の季節のゴルフ場はなかなかツライ!マスクはOK?他の対策は?

花粉の季節のゴルフ場はなかなかツライ!マスクはOK?他の対策は?

ゴルフがプレイしやすいシーズンに近づくと、同時にやって来るのが花粉の季節です。 花粉症と全く縁がない人もいれば、とてもツライ思いをしてしまう人もいますが、特にゴルフ場はスギやヒノキが植えられていること …

2019/03/06|ゴルフウィズ編集部

こんな女子とのラウンドは嫌!男子は意外とよく見ているのです

こんな女子とのラウンドは嫌!男子は意外とよく見ているのです

年々増加している、女子ゴルファー。 女子プロゴルフの影響もあり、オシャレで上手な女性がどんどん増えてきています。 しかし、あまり歓迎できない女子ゴルファーもいるようです。 男子が思う、嫌な女子ゴルファ …

2017/12/29|ゴルフウィズ編集部

プレー直後のケアが分かれ道!?ニットのゴルフウェアのケア方法!

プレー直後のケアが分かれ道!?ニットのゴルフウェアのケア方法!

屋外で行うスポーツだからこそ、防寒のために暖かい服装をするのは、とっても重要です。冬の定番であるニットは、セーターであったりカーディガンだったり、または帽子だったりと幅広くアイテムとして使われています …

2018/12/10|ゴルフウィズ編集部

ショットの精度を上げるため風向きを読む方法

ショットの精度を上げるため風向きを読む方法

風を読むことができれば、風を活かしてショットすることで、スコアアップすることもできます。風がある日は苦手だったのに、逆に得意になるかもしれません。風を読むコツを掴んで、正確なクラブの番手選びが重要です …

2019/05/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフクラブの綺麗をキープ!簡単お手入れと保管する場所は

ゴルフクラブの綺麗をキープ!簡単お手入れと保管する場所は

ゴルフに限らず、一流のプレーヤーは道具をとても大事にしています! 彼らは、道具を大切に扱うことがプレーに役立つことがわかっているからですね。 ゴルフクラブであれば、その寿命を延ばし性能を最大限に発揮さ …

2019/11/18|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ