もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ドライバーのリシャフトをしてみたいけど自分で出来るの!?

2019/11/05|ゴルフウィズ編集部

ゴルファーの中には、ドライバーでもっと真っ直ぐ、そして飛距離を出すためにリシャフトを検討する方もいるでしょう。

工賃が高いのもあって、自分でリシャフトが出来るならば、やってみたいですよね。
そこで、気軽に取り組めるのか、また新しく買い換えてしまった方が得なのかも考えてみます。

ドライバーのリシャフトに挑戦

リシャフトが有効と思えたなら、リスクも考えた上で検討しましょう。

【思い切ってリシャフトする前に分析を】
まず、自分のスイングをあらためて分析することが必要です。
ヘッドスピードやミート率、切り返しのタイミングなどを把握して自分に合うシャフトを選びます。
シャフトは重量、硬さ、キックポイント、トルクなどが選べますね。

【リシャフトより新調するのもオススメ】
信頼できる工房が見つかったなら依頼するのが安心ですが、工賃が当然かかります。
自分で行うとしても、工具などを揃える出費もあります。
また気に入ったシャフトが見つかっても、ヘッドとの相性は実際ボールを打つまでわかりません。

そこで、思い切って新しいドライバーを購入してしまうのも手です。
リシャフトより安く済む場合もあるので、検討してみてください。

もしリシャフトを行う場合は、二種類ある形を知っておきます。
手持ちのドライバーで確認してみてください。

【シャフトとヘッドの固定型】
ホーゼル部に接着剤でシャフトとヘッドが固定されているものです。
固定されてしまっているので、リシャフトには技術と多くの道具が必要です。
専門知識のないゴルファーにとってはリスク大です。

【ネジで固定のスリーブタイプ】
シャフトとヘッドがネジで固定されてるだけなので、作業自体は簡単です。
しかし残念なのは、メーカーやモデルによって形状が違う場合があることです。
各メーカーでスリーブが統一、もしくは互換性があれば助かりますね。

ドライバーのリシャフトに挑戦

ここでリシャフト方法をご紹介していきます。

【道具を揃えてリシャフトに挑戦】
リシャフトの道具に決まりはありませんが、作業に必要なものを揃えます。

・ クラブ長さと重さを計測する、はかりやバランス計
・ シャフトを抜く際に必要な、ヒートガンなどの工具やシャフト抜き工具
・ 接着剤のかすを掃除するために、電動ドリル
・ シャフト内部の掃除用に、細いドリル
・ 接着剤、新しいソケット
・ バランスが変わるので新しいグリップ

【接着剤固定型のリシャフトの手順】
接着剤固定型のドライバーのリシャフトの手順です。

・ シャフトとヘッドを覆うソケットを切り離す。
・ ヒートガンなどでドライバーを加熱して接着剤を溶かす
・ 古いシャフトを少しずつ引き抜き、ヘッドのホーゼルを清掃
・ ヘッド側に接着剤を投入する
・ フェースの向きを合わせソケットを取り付け、新たなシャフトを装着
・ バランスの兼ね合いでグリップの重さも決める

どの作業も細心の注意が必要です。
シャフトがカーボンだと、その素材から、より神経を遣うことになります。
また、これを簡単と思われる方もいますがおすすめはできません。

【スリーブタイプのリシャフト】
一方スリーブタイプのリシャフトの手順です。

・ ドライバーを地面と垂直にし、シャフトを抜くために真上からヘッドのネジを緩める
・ シャフトが抜けたら同じくドライバーと地面を垂直にし、新たにスリーブ付のシャフトをセットする
・ カチッと音が鳴るまでネジを回す

接着式と比べてとても簡単ですね。
しかしネジの締め付けがしっかり出来ていないとクラブが破損したり、ヘッド抜けを起こすこともあるので確実に行うのが大事です。

まとめ

ドライバーの性能はメーカーによる差は少なくなっています。
そうなるとシャフトは個性を出すのに一役買ってくれるので、期待をしてしまいますね。

ただし接着式固定のリシャフトには手を出さない方が無難のようです。
スリーブ式で自分でやるにしても工房に依頼するにしても、リスクはあります。
よく考えて行いたいですね。
しかしリシャフトの手応えがあれば、クラブに対する愛情も一層沸くでしょう。
スコアアップにも役立ちそうです。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

長時間のゴルフラウンドでも冷えない!足元あったか対策3選

長時間のゴルフラウンドでも冷えない!足元あったか対策3選

夏には暑さへの対策が必要になり、やっと過ぎたと思えば次には冬の対策が必要となってきますね。 ある種、寒い方が自分の弱点がわかるということもありますが、練習ではなくラウンドでプレーする時には、ゴルフ仲間 …

2018/12/07|ゴルフウィズ編集部

ゴルフクラブお手入れの仕方

ゴルフクラブお手入れの仕方

お手入れ用品はお金もかからないので、打ちっぱなしの練習をした後や、ラウンドした後すぐ綺麗にすることを、習慣づけて行います。日付が経過しますと、汚れが落ちなくなるかもしれません。早めのお手入れを心掛けま …

2018/11/30|ゴルフウィズ編集部

プレー直後のケアが分かれ道!?ニットのゴルフウェアのケア方法!

プレー直後のケアが分かれ道!?ニットのゴルフウェアのケア方法!

屋外で行うスポーツだからこそ、防寒のために暖かい服装をするのは、とっても重要です。冬の定番であるニットは、セーターであったりカーディガンだったり、または帽子だったりと幅広くアイテムとして使われています …

2018/12/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースにいる昆虫と対策グッズ

ゴルフコースにいる昆虫と対策グッズ

ゴルフコースは自然の中でスポーツするのが、気分がリフレッシュできていいですが、春から秋までの季節は昆虫が活発になる時期で、刺されたりしますとプレイに集中できません。対策をして虫刺されを防ぐといいでしょ …

2019/06/25|ゴルフウィズ編集部

夏物をしまう前にちょっと待って!秋にあると便利なウェアアイテムとは

夏物をしまう前にちょっと待って!秋にあると便利なウェアアイテムとは

半袖では肌寒く感じる日が多くなってきて、ゴルフウェアも衣替えをしようとされている方も多いかと思います。普段着の衣替えの目安として最低気温20度が平均くらいになった頃が良いとも言われています。 スポーツ …

2018/10/04|ゴルフウィズ編集部

こんなゴルフが良いな♪女子がときめくゴルフデート

こんなゴルフが良いな♪女子がときめくゴルフデート

ゴルフは、力や身長の差があるため断然男性が有利なスポーツです。 そのため、女性をレクチャーできるゴルフは男性の良い面を一気に見せられるデートになります。 今回は女性の目線から、女子がときめくゴルフデー …

2017/12/24|ゴルフウィズ編集部

腰を痛めるスイングを知り予防対策

腰を痛めるスイングを知り予防対策

腰痛を経験した人に聞いてみれば分かりますが、腰を痛めますと本当につらいです。人間の身体は腰が丈夫でないと、思うように動くことができないと実感します。そのため、腰を痛める前に防ぐことが大切になってきます …

2019/05/07|ゴルフウィズ編集部

少し油断した間にゴルフウェアに色移りが!?色移りの対処方法

少し油断した間にゴルフウェアに色移りが!?色移りの対処方法

普段は気をつけていても、ゴルフのラウンド中はなにかと忙しいものですし、色々と頭で考えていることもあるので、つい注意が行き届かなくなってしまうこともあります。特にゴルフウェアの色移りまでは油断してしまう …

2018/08/29|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの可愛いレディースアイテム

ゴルフの可愛いレディースアイテム

女性は可愛いグッズがあれば、癒されたり和んだり、リラックスできるので、いつでも側につけておきたい商品です。ゴルフは緊張する場面も多々ありますので、可愛いゴルフ小物で、緊張感が緩和される効果も期待できま …

2018/10/15|ゴルフウィズ編集部

ゴルフに必要な筋肉をつけるための食べ物

ゴルフに必要な筋肉をつけるための食べ物

筋肉を付けるための「鶏のささみ肉」ですが、高タンパクな食材ということが、筋肉にいい理由です。あっさりしている味なので、味付けを一工夫する必要はありますが、ゴルフに必要な筋トレ合わせて行い、パワーアップ …

2018/09/19|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ