もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

便利なはずのユーティリティが上手く打てない場合の対策は?

2020/09/03|ゴルフウィズ編集部

ゴルファーにとって使いやすくて応用範囲も広い「ユーティリティ」。
ところが便利で万能なはずのクラブなのになぜか上手く打てないという悩みも出てきますね!

ユーティリティはフェアウェイウッドとアイアンの中間のクラブです。
アイアンと同じような打ち方で問題ないようですが、イメージが固まらないことがありますね。
その解決方法を考えて得意なクラブにしていきましょう!

なぜか上手く打てないユーティリティ

初心者にも助けになる便利なユーティリティですが上手く打てなくて逆に苦手クラブとなってしまうことがあります。
その原因を見ていきます。

【イメージが固まらない】
応用範囲の広い便利なユーティリティ。
フェアウェイウッドとアイアンの中間のクラブということで、どちらのスイングのイメージも持ってしまって、スイングイメージが固まらないということがあります。
そこでミスを起こすことから苦手意識を持ってしまう人が多いようです。

苦手意識を持たないためには、フェアウェイウッドかアイアンで得意な方のスイングイメージを持つとよいでしょう。
フェアウェイウッドが得意なら、コントロールしやすいショートウッドをイメージします。
アイアンが得意なら、緩やかなダウンブローを意識すれば、スイングリズムがつかめます。

【ドライバーのように打ってしまう】
ウッドのようなユーティリティは多く見られますよね。
そうなるとウッド系が苦手な人にとってはこの型は苦手なイメージを持つかもしれません。

ユーティリティは基本的に地面から打つクラブです。
そのためスイートスポットはドライバーのようにフェースの真ん中からやや上ではなく、アイアンのように真ん中より下にあります。
アイアンのように緩やかなダウンブローで最下点手前でインパクトを迎えるよう打ってみてください。

そしてボールの位置もドライバーを基準に右側にずらすのではなく、ミドルアイアンをイメージしてそれと同じかボール半個ほど左に置いてアドレスをとってみてください。
自分のボールの位置を再確認してみましょう。

【シャフトが合わない】
飛距離や高さがロフト通りに出ない場合、原因はシャフトにあるかもしれません。
もしかしたらフェアウェイウッドやユーティリティはなんとなく選んでいることがあるかもしれません。

ドライバーやアイアンが先調子なのに、ユーティリティだけ中調子とか、他のクラブはしっかり目なのに、ユーティリティはやわらか目という場合も。
バランスが悪く思い通りのショットが出ないのかもしれませんね。

基本的にアイアン寄りのスペックが合うという方が多いですね。
アイアンと同じシャフトでもフレックスをひとつ柔らかめにするなど工夫が必要です。
そうすると長くても楽に振れてボールも上がりやすくなります。
このようにスイング以外の原因もあるので一度確認してみてください。

ユーティリティのメリットを知って積極的に使おう

ユーティリティは万能クラブなので、その良さを知るともっと使いたくなります!
あらためて使うメリットとデメリットを見てみます。

【メリット】
・ ミスショットの許容範囲が大きい
・ ロングアイアンに比べて、ボールを上げやすい
・ ヘッドスピードが遅くても使える

ミスをしてもある程度狙い通りの飛距離が出せるので、ロングアイアンでミスをしたときの大幅に飛距離がショートしてしまうことと比べると断然お得な感じがします。

【デメリット】
・ ボールが沈んでいるライでは使いづらい
・ 操作性がロングアイアンに比べて落ちる

万能とはいえ状況によってはやはり使えない場面はありますが、ミドルアイアンやショートアイアンでカバーができるので大きなダメージにはなりませんね。

まとめ

ユーティリティはプロゴルファーでも多用する万能なクラブです!
上手く使えるようになればスコアアップに確実に繋がりますね。

なぜこのクラブを使うのかメリットとデメリットをおさえて、打つイメージを固めましょう。
そして再度チャレンジしてみてくださいね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

自分に合ったスタンス幅にするとゴルフのスイングが変わる!

自分に合ったスタンス幅にするとゴルフのスイングが変わる!

以前より少しスタンス幅が狭くなった渋野日向子プロ。 アマチュアでもスタンス幅を変えることが有効になるのでしょうか。 自分に合ったスタンス幅を見つけられればスイングも変わります。スタンスとスイングにはど …

2020/10/16|ゴルフウィズ編集部

とにかくダフらない!アプローチに特化したチッパーという選択

とにかくダフらない!アプローチに特化したチッパーという選択

ゴルフのアプローチのミスを劇的に減らしてくれる「チッパー」。 アイアンとパターを足したような作りをしたこのクラブは、とにかくダフらないのが特徴。 アプローチに自信がない人や初心者の方にはこのチッパーと …

2022/03/31|ゴルフウィズ編集部

都心部で車が無い方必見!バスツアーでゴルフに行ってみた

都心部で車が無い方必見!バスツアーでゴルフに行ってみた

ゴルフに行くときに車が無いのはなにかと不便です。仲間同士のラウンドであれば誰かが車を出してくれることもあると思いますが、最近流行りの一人予約でゴルフに行こうとするとちょっと困ってしまいます。 電車でゴ …

2020/08/12|ゴルフウィズ編集部

押さえておきたい!ゴルフで2mのパットの成功率を上げる方法

押さえておきたい!ゴルフで2mのパットの成功率を上げる方法

ゴルフで2mのパットは入るようで入らない難しい距離ですよね。 プロだったら2mへパーオンしてバーディ。 アマチュアだったら寄せて2m以内にオンしてこれを決めればパーという場面が多いです。 この距離を攻 …

2021/11/18|ゴルフウィズ編集部

パンツでもストイックに見られないゴルフのコーデが知りたい

パンツでもストイックに見られないゴルフのコーデが知りたい

レディースのゴルフウェアで、ミニスカートはちょっと避けたい派。 ならばパンツが無難ですが、それだとコーデによってはストイックすぎて近寄りがたい感じに見られるかもしれません。 ストイックすぎない、パンツ …

2022/06/23|ゴルフウィズ編集部

ウェッジでスピンをかけたいならフェースの溝に注目しよう

ウェッジでスピンをかけたいならフェースの溝に注目しよう

ゴルフクラブに見られるフェース面の溝(スコアライン)。 ドライバーでは消えつつある中で、ウェッジのフェース面はスコアライン+ミーリング仕上げがほぼ標準仕様となっています。 溝で性能の違いが出るのか出な …

2021/11/25|ゴルフウィズ編集部

少ない練習量と分かりやすい練習方法でゴルフを上達させよう!

少ない練習量と分かりやすい練習方法でゴルフを上達させよう!

ゴルフの上達に近道はなく、とにかく練習を重ねるしかない。 ところが実際、練習をしなければゴルフは上手くなりませんが、練習したからといって上達するとも限らないですね。 そこで少し立ち止まって、少ない練習 …

2021/07/08|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでよく耳にするシャフトのモーダス3シリーズって何?

ゴルフでよく耳にするシャフトのモーダス3シリーズって何?

アイアン用スチールシャフトのモーダス3。 その高い支持率から、ゴルファーなら耳にしたことがあるのではないでしょうか。 ダイナミックゴールドとNSプロ950GHのシャフトの間に入ったのが「NSプロモーダ …

2020/10/07|ゴルフウィズ編集部

ゴルフウェアやグッズは自宅できちんとクリーニングしよう

ゴルフウェアやグッズは自宅できちんとクリーニングしよう

ゴルフは意外と汗を多くかき、ウェアも汚れるスポーツ。 家に着いたらすぐ洗いたいところですが、そこでただ洗濯機を回すだけでは汚れがなんとなく残っているような気もします。 毎回自宅でクリーニングをしっかり …

2022/01/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで一打の集中力を高めるには視線を一転集中させること

ゴルフで一打の集中力を高めるには視線を一転集中させること

一打一打の高い集中力が求められるゴルフ。 移動や待つ時間は多く、実際ボールを打つ時間はわずかとなると、プレッシャーもかかりますよね。 その場面ではプレーの技術も大切ですが、どう集中するかのメンタルにも …

2021/11/08|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ