もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

絶対入れたいパター!真っ直ぐ強めではなくて斜めに狙おう!

2020/12/22|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで絶対入れたいパター。
パッティングは真っ直ぐ強めのタッチが鉄則のようですが、50㎝を越える距離なら真っ直ぐ強めに打つのは意外と外れやすいです。

絶対入れたいパットはカップの正面ではなく斜めに狙ってみましょう。
そこでパターで確実に決める方法をご紹介します。

絶対入れたいパターはライン取りから

パッティングでカップのど真ん中を狙うとします。
そこで強めに打ったとしても、打ち出し直後こそ真っ直ぐ転がりますが、減速した時にラインから外れていきます。

【カップのハイサイドに向けて斜めに】
ライン取りを決める際よくあるのが、ボール側からだけ見て決めること。
それではカップ付近の傾斜がよく分からず「真っ直ぐ強めでよい」となりやすいです。
ライン取りはカップ側から見ることが大切です。

ボールは止まり際が一番傾斜の影響を受けて曲がるので、カップ付近の傾斜を見てハイサイド(高い方)とローサイド(低い方)を見極めましょう。

パットはこのハイサイドに向かって斜めのラインで狙うことが基本。
曲がっていきながら、どこから入るかカップインの入り口を決めることが大切なのです。

【プロラインとアマライン】
パッティングにはプロラインとアマラインという言葉がありますね。
プロラインはハイサイドに対して斜めに狙うことで、オーバーにカップ上を確実に通るラインになります。

一方アマラインはカップに届く前に曲がってしまいます。
カップに触れることすらないので、入る可能性はゼロです。
まずは傾斜に沿って斜めに狙う、プロラインのライン取りを身につけましょう。

斜めに狙う時は、実物のカップではなく仮想カップをハイサイド側にズラしてイメージします。

絶対入れたいパターの打ち方と練習法

ライン取りを決めたら次は打ち方です。

【ストローク幅ではなくスピードで調整】
パッティングにはタップ式とストローク式がありますが、2メートル前後の距離はタップ式のほうが距離感を合わせやすいです。
ストローク式はバックスイングの大きさとスピードの2つの要素で距離を調整するので、実は難易度が高いのです。
ストロークもヘッドを大きく動かすことになるので、体が流れやすくなってしまいます。

タップ式のメリットは振り幅が小さくなることと、ボールに向かうパターのスピードだけで距離感を調整できることです。
バックスイングの大きさは、ヘッドが右足前にくるくらいでOK。
この振り幅でも最大5メートルまでは打てますし、振り幅が小さいので体の軸がズレません。

それと注意するのが、フェースを意識しすぎないこと。
芯に当てようとすると、ボールに対して鋭角にヘッドを入れようとしがちでミスを招きます。
フェースの芯ではなく、ヘッドの重心を意識して打つと転がりも良くなります。

【マイゾーンで止める練習】
斜めのライン取りを覚えてタップ打ちをマスターしたら、次は距離感です。
入れごろ外しごろの距離といわれる2メートルくらいの距離感を掴むには、狙ったところにボールを止められる「マイゾーン」を作る練習がオススメです。

練習の仕方は、最初は2メートルの距離に対して40センチ幅の四角いゾーンを作ったら、3球打って全部をゾーンの中に止める。
次に20センチの幅まで狭くして、同じように3球ともゾーンの中に止めます。

距離感を掴むにはカップインをさせるのではなく、狙ったゾーンに止められる距離感が重要。
3球連続で止められれば、完璧な距離感が身につきます。

まとめ

真っ直ぐ強めに狙うと入れ頃のパーパットは外れやすいです。
確実に決めるには斜めに狙うこと。
ライン取りはボール側から見るだけでなくカップ側から見ることが大切です。

打ち方はバックスイングの振り幅は右足の前までに押さえて、スピード感で調整します。
バックスイングが大きいと体が流れてしまうので気をつけましょう。

コースの練習グリーンでは、端から端まで最大限に長い距離を打つ練習をしておきましょう。
グリーンのスピードやその日の自分の傾斜の見え方や距離感がつかめます。
パターを極めてスコアアップに繋げましょう!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ティーショットで使うティーの長さの使い分けはこうしよう!

ティーショットで使うティーの長さの使い分けはこうしよう!

いつもより飛距離が出るといいな!ティーショットで誰もが思うことですよね。 ゴルフではティーの使い分けとティーアップの仕方を見直すだけで、飛距離アップがのぞめます。 打つ前の準備を少し変えてみるだけでそ …

2021/04/12|ゴルフウィズ編集部

インテンショナルフックを打ってみてゴルフの幅を広げよう!

インテンショナルフックを打ってみてゴルフの幅を広げよう!

ゴルフのショットを意図的にフックさせる「インテンショナルフック」。 これが打てるようになるとプレーの幅が広がります。 今までボールを曲げて目標を狙うということをしていなかったとしても、コツがわかると打 …

2020/07/31|ゴルフウィズ編集部

ゴルフボールの色は季節で変えると良い?カラーボールの数々

ゴルフボールの色は季節で変えると良い?カラーボールの数々

一般的なゴルフボールの色というと、真っ先に思い浮かぶのが「白」。 実際使用するのも白が多いのではないでしょうか。 その他にボールにはイエローやレッドなど、様々なカラーボールが見られますね。 意外にゴル …

2021/01/26|ゴルフウィズ編集部

気になるドライバーのフェースの傷消しのやり方はこうする!

気になるドライバーのフェースの傷消しのやり方はこうする!

ドライバーのフェースに傷が付くと、手元から遠くてもやっぱり気になりますよね! その傷は家にあるもので消せるかもしれません。 そしてもし仕上がりが気になるようだったら、新品同様にするために工具や研磨剤を …

2020/08/24|ゴルフウィズ編集部

都心部で車が無い方必見!バスツアーでゴルフに行ってみた

都心部で車が無い方必見!バスツアーでゴルフに行ってみた

ゴルフに行くときに車が無いのはなにかと不便です。仲間同士のラウンドであれば誰かが車を出してくれることもあると思いますが、最近流行りの一人予約でゴルフに行こうとするとちょっと困ってしまいます。 電車でゴ …

2020/08/12|ゴルフウィズ編集部

注目の国内メーカー!ダンロップのゼクシオとスリクソン

注目の国内メーカー!ダンロップのゼクシオとスリクソン

海外ブランド3強が勢いづいているゴルフクラブ界。 その中で国内メーカーでは「ダンロップ」が奮闘しています。 テーラーメイド、ピン、キャロウェイに次ぐイメージのダンロップですが「ゼクシオ」や「スリクソン …

2021/03/29|ゴルフウィズ編集部

正しいハンドファーストを身につけてアイアンでもうダフらない

正しいハンドファーストを身につけてアイアンでもうダフらない

秋から冬にかけてのゴルフコース。 芝がどんどん薄くなっていくのが気になります。 そうなると怖いのが、アイアンでダフリが出てミスショットを連発してしまうこと。 これを解消するために、アイアンのヘッドの入 …

2021/09/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのアプローチの微妙な距離!打ち分けで意識することは

ゴルフのアプローチの微妙な距離!打ち分けで意識することは

ゴルフのアプローチで、微妙な距離の打ち分けはどのようにしたらよいでしょうか。 ついスイングを緩めてしまう30~80ヤード。 そういった距離でも上手にコントロールしたいですよね! ポイントはショットのス …

2020/07/13|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったスタンス幅にするとゴルフのスイングが変わる!

自分に合ったスタンス幅にするとゴルフのスイングが変わる!

以前より少しスタンス幅が狭くなった渋野日向子プロ。 アマチュアでもスタンス幅を変えることが有効になるのでしょうか。 自分に合ったスタンス幅を見つけられればスイングも変わります。スタンスとスイングにはど …

2020/10/16|ゴルフウィズ編集部

セルフプレーに便利!サブバッグ

セルフプレーに便利!サブバッグ

最近のゴルフといえば、もっぱらセルフプレーが主体です。料金はキャディさんつきにくらべかなり抑えられますし、カートにはいろいろな情報が表示され便利になってきています。一方プレイに関わることは全部自分でや …

2020/08/20|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ