もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ティグラウンドから見えないドッグレッグホールはこう攻める

2021/01/08|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでやっかいなホールのひとつがドッグレッグホールですね!
正確なショットが求められるのはもちろん、攻め方がスコアのカギになります。

最短距離で攻めるのか、思い切って刻むのか。
大きな失敗を避けるためにできることを、左右のドッグレッグホール別に解説します。

安全に右を狙いたい左ドッグレッグ

左ドッグレッグホールで一番避けたいのは左への引っかけです。
ボールに当てようとして体が止まると、手打ちになって引っかけやすくなります。

【意図的に振り遅れる】
左ドッグレッグの攻め方は、少し遠回りをしてでも広い右サイドを狙います。
そのためには、やや右に逃げるような球を打ちたいところ。

上手くボールを逃がすコツは意図的に振り遅れることです。
振り遅れることで出球を右にすることができます。
ポイントは切り返しからダウンスイングで、背中をターゲット方向に横に動かすことです。

気を付けるのは、右に打とうとして体を開いてしまうと大スライスでOBが出てしまうこと。
だから体は開かず、背中を横に移動することで腕が下りるタイミングを遅くします。
これだとパワーも逃げずに、右方向に強い球が打てます。

【狙い方のコツ】
ドッグレッグだからとボールを曲げるのではなく、ストレートに近い弾道で右方向に打ち出しましょう。
アドレス前にシャフトを目標に向けるとラインをイメージしやすくなります。

【スイングのコツ】
スイングのコツは、テークバックで上半身の捻転をしっかり行うことです。
左肩をアゴの下に入れることを意識すると胸を回しやすくなります。
上半身の捻転が浅いと、ダウンスイングで手から下ろしやすくなって、引っ掛けの要因になります。

ダウンスイングで背中をターゲット方向に動かすときの注意点は、頭が突っ込まないようにすることです。
頭はやや右に残すつもりでダウンスイングをします。
頭が突っ込むと体と腕の動きがバラバラになって、手先で当てることに。

2打目が狙いやすい左を攻める右ドッグレッグ

2打目のために、つかまったボールを打つのが理想の右ドッグレッグホール。
体全体を目標方向に向ける意識が必要です。

【体全体でつかまえる】
右ドッグレッグで避けたいのは、右へのスライスです。
そのためにはしっかりつかまった球を打ち分けますが、その時手先でつかまえようとするのは危険です。
球をしっかりつかまえるには、インパクトからフォローにかけて体を回すことです。

意識する箇所はおへそでもお腹全体でも自分が意識しやすい部分。
フォロー側でしっかりからだが回っていれば、スイング軌道がインサイド・イン軌道になってつかまったボールが打ちやすくなります。
体が回らないとアウトサイド・イン軌道になってボールがつかまりません。

このとき手首をガチガチに固めすぎないことも球をつかまえるためのポイントです。
狙い方としてはフェアウェイのセンターから左サイド。
センターを狙って少しつかまりすぎても左ラフで止まるような攻め方をするのがオススメです。

【アドレスのコツ】
いつもよりもボール2個分くらい左にティアップするとつかまったボールが打ちやすいです。
アドレスで肩と腕の力を抜いて上半身リラックスの状態で構えます。
上半身に力が入ると手首も硬くなって手打ちになりやすいです。

【スイングのコツ】
スイングで体を回すときは、手首を柔らかく使うことで、体と手首の動きがシンクロしてタイミングが合わせやすいです。
手首を固めるとヘッドが動きにくくなってしまいます。

【ショット前のひと工夫】
ショット前、足踏みをして始動すると、意識が下半身に行くので上半身の力みが取れます。
その際は右、左、右など自分の中で法則を決めましょう。
また決まった回数のワッグルを入れることも効果的です。

まとめ

苦手意識のあるドッグレッグホールも、左右の攻略の仕方を知っておくと気持ちに余裕が出ます。

左ドッグレッグは、左に絶対にいかないように安全に右を狙いましょう。
右ドッグレッグは、2打目が狙いやすい左を攻めましょう。
ホールのスタート前に攻略ルートを描いておけば大叩きを回避できますね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

海外でで流行っている「ディケードゴルフ」とはどんなもの?

海外でで流行っている「ディケードゴルフ」とはどんなもの?

日本では耳馴染みのない「ディケードゴルフ」。 米ツアーで流行中の理論で、スコット・フォーセットという人が考え出したものです。 ディケードとは「10年」という意味ですが、その言葉にはゴルフのスコアをアッ …

2020/07/10|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったキャディバッグの選び方

自分に合ったキャディバッグの選び方

ゴルフのギアの中で、スコアになんの影響も及ぼさない、ショットに影響がなにもない唯一のものと言って良いのがキャディバックです。 ゴルフギアというよりも、むしろウェアに近い選び方ができるものですので、初心 …

2020/08/27|ゴルフウィズ編集部

女子ゴルファーは便利なアームカバーをもっと活用してみよう

女子ゴルファーは便利なアームカバーをもっと活用してみよう

日差しが強い5月頃から夏頃、ゴルフをするには紫外線対策が必須ですね。 ゴルフウェアでUVカット機能があるものを選ぶのが基本ですが、腕を守りながらコーディネートに影響しないアームカバーも使い勝手がよくオ …

2021/06/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフボールの色は季節で変えると良い?カラーボールの数々

ゴルフボールの色は季節で変えると良い?カラーボールの数々

一般的なゴルフボールの色というと、真っ先に思い浮かぶのが「白」。 実際使用するのも白が多いのではないでしょうか。 その他にボールにはイエローやレッドなど、様々なカラーボールが見られますね。 意外にゴル …

2021/01/26|ゴルフウィズ編集部

絶対入れたいパター!真っ直ぐ強めではなくて斜めに狙おう!

絶対入れたいパター!真っ直ぐ強めではなくて斜めに狙おう!

ゴルフで絶対入れたいパター。 パッティングは真っ直ぐ強めのタッチが鉄則のようですが、50㎝を越える距離なら真っ直ぐ強めに打つのは意外と外れやすいです。 絶対入れたいパットはカップの正面ではなく斜めに狙 …

2020/12/22|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでメンタルテクニックが必要なのはその競技性から!

ゴルフでメンタルテクニックが必要なのはその競技性から!

ゴルフはメンタルのスポーツとよく言われますね。 待ち時間が多くを占める、ゴルフならではの競技性がメンタルテクニックを求めています。 やることがないと人は余計なことを考えてしまいネガティブになることも。 …

2020/12/16|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのアプローチの微妙な距離!打ち分けで意識することは

ゴルフのアプローチの微妙な距離!打ち分けで意識することは

ゴルフのアプローチで、微妙な距離の打ち分けはどのようにしたらよいでしょうか。 ついスイングを緩めてしまう30~80ヤード。 そういった距離でも上手にコントロールしたいですよね! ポイントはショットのス …

2020/07/13|ゴルフウィズ編集部

女子でも飛ばせる!ドラコンプロの飛距離の出し方を参考に!

女子でも飛ばせる!ドラコンプロの飛距離の出し方を参考に!

レディースゴルファーがもっとドライバーで飛ばしたいなら、ドラコンプロの飛ばし方を参考にしてみましょう。 彼女達は並外れた体格でもないのに驚くような飛距離を出します。 力がない、体格に恵まれていないと諦 …

2021/02/01|ゴルフウィズ編集部

ティーショットで使うティーの長さの使い分けはこうしよう!

ティーショットで使うティーの長さの使い分けはこうしよう!

いつもより飛距離が出るといいな!ティーショットで誰もが思うことですよね。 ゴルフではティーの使い分けとティーアップの仕方を見直すだけで、飛距離アップがのぞめます。 打つ前の準備を少し変えてみるだけでそ …

2021/04/12|ゴルフウィズ編集部

セルフプレーに便利!サブバッグ

セルフプレーに便利!サブバッグ

最近のゴルフといえば、もっぱらセルフプレーが主体です。料金はキャディさんつきにくらべかなり抑えられますし、カートにはいろいろな情報が表示され便利になってきています。一方プレイに関わることは全部自分でや …

2020/08/20|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ