もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

正しいハンドファーストを身につけてアイアンでもうダフらない

2021/09/30|ゴルフウィズ編集部

秋から冬にかけてのゴルフコース。
芝がどんどん薄くなっていくのが気になります。
そうなると怖いのが、アイアンでダフリが出てミスショットを連発してしまうこと。
これを解消するために、アイアンのヘッドの入りが安定する、正しいハンドファーストを身につけましょう!

正しいハンドファーストの意識

ハンドファーストときくと、手元が先行すること、というイメージがありますね。
ただ手元だけを意識して、思い込みで間違ったハンドファーストをしている場合もあります。

【正しいハンドファーストだと】
正しいハンドファーストができていると、次のようなことが実感できます。

・ ヘッドと手元の関係が変わらずクリーンヒットできる
・ フェースの向きをスクエアに保ったまま真っすぐボールを打ち出せてヘッドが走る
・ 体の回転でボールを押せて前傾キープでヘッドの入りが一定となる

正しいハンドファーストができているイメージを、例えるなら、足元にフラフープを意識してその縁に沿って手元が動く感じです。
これができると、フェースの開閉が少なく軸がブレずにインパクトできて、しっかり飛距離が出ます。

【間違ったハンドファーストだと】
一方、間違ったハンドファーストをしていると、手元を先行させようと意識するあまりトップからインパクトにかけて手元が体から離れてしまいます。

・ 目標方向に手元が先行するとフェースが開いて当たるのでダフる
・ 前傾が崩れていてそのまま打つと右プッシュになる
・ 体や手元を止めてフェースをむりやり返すとひっかけが出る

一見ダイナミックな形をしているのですが、ミスになりやすい危険な打ち方です。

【アイアンでダフリを防ぐ方法】
アイアンでダフリを防ぐには、手元の先行だけに意識を向けるのではなく、軌道を意識してみましょう。

正しいハンドファーストを感じられる、自分が丸いフラフープに入ったことをイメージして、その円をなぞるように手元を動かし、インパクトでは手元をインに抜きます。
ハンドファーストに対する意識改革をすることが、ダフリをなくす第一歩ですね。

正しいハンドファーストを身につける

正しいハンドファーストを身につけるには、手元がどの段階でもっとも低くなるかを考えることが大切です。
手元が左腰の前で最下点を迎えるよう、緩やかな軌道を意識しましょう。
丸いフラフープに入ったことをイメージするのを前提として、簡単にできるオススメのドリルがありますのでご紹介します。

【両脇にタオルを挟む】
ハンドファーストの手元の動きを覚えるには、前傾姿勢をとらずに直立した姿勢での素振りがオススメです。
効果がある簡単な方法が、両脇にタオルを挟んで直立素振りをすること。
両脇にタオルを挟んで、体の回転を使って振っていきましょう。

トップで手元は肩の高さ、フォローで手元が左腰前にくるように、体の回転で振ってみてください。
上体とクラブが一体となって動く感覚がわかります。

【左腰ヨコに左手をセットしてパチン】
正しいハンドファーストを身につける仕上げにはグリップエンドを意識すること。
左腰のヨコにボールがあることをイメージして、そのボールにグリップエンドを下から上に突き上げるように動かします。

簡単にできるのが、左腰ヨコに左手をセットしてパチン!とたたくこと。
左腰ヨコに左手をかざして、そこに右手をパチンと合わせる練習法です。
簡単なようですが、下半身から上体にかけてしっかり回さないと右手が届きません。
繰り返し行ってみてください。

まとめ

アイアンのダフリをなくすには、ハンドファーストを意識することです。
ただハンドファーストのイメージが、とにかく手元が先行すること、と考えるとうまくいかない場合があります。

ヘッドと手元の関係が変わらないよう、体の周りにフラフープを意識すること。
左腰のヨコにボールがあるイメージを持って、グリップエンドをぶつけるように振ること。
これらによってアイアンのタテ距離が整って、グッとピンに絡む確率が高まります。
ぜひ試してみてください!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

女子でも飛ばせる!ドラコンプロの飛距離の出し方を参考に!

女子でも飛ばせる!ドラコンプロの飛距離の出し方を参考に!

レディースゴルファーがもっとドライバーで飛ばしたいなら、ドラコンプロの飛ばし方を参考にしてみましょう。 彼女達は並外れた体格でもないのに驚くような飛距離を出します。 力がない、体格に恵まれていないと諦 …

2021/02/01|ゴルフウィズ編集部

一途な人ほどバンカーが苦手!?うまく切り抜ける方法はこれ

一途な人ほどバンカーが苦手!?うまく切り抜ける方法はこれ

ゴルフのバンカーショットのミスで、今までのリズムを崩してしまうことがあります。 よいスコアを出したいと思う一途な人ほどその傾向が多いのではないでしょうか。 ゴルファーにとって大きな課題となるバンカーシ …

2021/08/12|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで一打の集中力を高めるには視線を一転集中させること

ゴルフで一打の集中力を高めるには視線を一転集中させること

一打一打の高い集中力が求められるゴルフ。 移動や待つ時間は多く、実際ボールを打つ時間はわずかとなると、プレッシャーもかかりますよね。 その場面ではプレーの技術も大切ですが、どう集中するかのメンタルにも …

2021/11/08|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで100を切りたかったらスコアを伸ばすより叩かないこと

ゴルフで100を切りたかったらスコアを伸ばすより叩かないこと

ゴルフで100切りを目指して飛距離アップの練習をする。 その後実際コースに出ると、飛距離は伸びたのにスコアがついてこないということがあります。 そのような場合、スコアを伸ばす努力にエネルギーを費やすよ …

2021/09/09|ゴルフウィズ編集部

絶対入れたいパター!真っ直ぐ強めではなくて斜めに狙おう!

絶対入れたいパター!真っ直ぐ強めではなくて斜めに狙おう!

ゴルフで絶対入れたいパター。 パッティングは真っ直ぐ強めのタッチが鉄則のようですが、50㎝を越える距離なら真っ直ぐ強めに打つのは意外と外れやすいです。 絶対入れたいパットはカップの正面ではなく斜めに狙 …

2020/12/22|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースに持っていくカートバッグの中には何を入れる?

ゴルフコースに持っていくカートバッグの中には何を入れる?

ゴルフで便利なカートバッグ。ラウンドバッグとも呼ばれていますね。 ゴルフバッグとは別に、ゴルフコースで必要なものを入れるわけですが、プレーに必要な最低限のもの以外にも入れたいものが色々ありますよね。 …

2021/11/11|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでメンタルテクニックが必要なのはその競技性から!

ゴルフでメンタルテクニックが必要なのはその競技性から!

ゴルフはメンタルのスポーツとよく言われますね。 待ち時間が多くを占める、ゴルフならではの競技性がメンタルテクニックを求めています。 やることがないと人は余計なことを考えてしまいネガティブになることも。 …

2020/12/16|ゴルフウィズ編集部

ティグラウンドから見えないドッグレッグホールはこう攻める

ティグラウンドから見えないドッグレッグホールはこう攻める

ゴルフでやっかいなホールのひとつがドッグレッグホールですね! 正確なショットが求められるのはもちろん、攻め方がスコアのカギになります。 最短距離で攻めるのか、思い切って刻むのか。 大きな失敗を避けるた …

2021/01/08|ゴルフウィズ編集部

プロも実践!ゴルフボールにラインを入れてみよう

プロも実践!ゴルフボールにラインを入れてみよう

ここ数年、プロの試合を見ているとラインの入ったボールを使っている選手が急激に増えてきていることに気が付いている方も多いのではないでしょうか?ボールのブランドによっては最初からラインが入っているデザイン …

2020/10/05|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったキャディバッグの選び方

自分に合ったキャディバッグの選び方

ゴルフのギアの中で、スコアになんの影響も及ぼさない、ショットに影響がなにもない唯一のものと言って良いのがキャディバックです。 ゴルフギアというよりも、むしろウェアに近い選び方ができるものですので、初心 …

2020/08/27|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ