もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

冬でも快適ゴルフでスコアを伸ばす!ウェアの選び方とコーデ術

2022/01/06|ゴルフウィズ編集部

飛距離が出にくい冬のゴルフ。
寒いから体が動かなくて仕方がない、そう思うかもしれませんが、飛ばない理由がわかれば対策もできてスコアアップも可能です。
その対策とスイングを妨げない動きやすいウェアやコーデも併せてご紹介していきます。
参考にしてみてください!

冬のゴルフが飛ばない理由

寒いだけでなくボールが飛ばずスコアも期待外れなことが多い冬のゴルフ。
冬はただ着込むという対策ではなく、なぜスコアが伸びないのかを抑えておきましょう。

【冬に飛ばない理由】

・厚着をしてスイングがしづらい
・寒くて体が動かない
・ボールへの空気抵抗が大きい

冬のウェアは寒さ対策で厚手のものを選びがち。
その一方、動きやすいからと薄手のものを選ぶと今度は寒くて体が動きませんよね。
また気温が低くなると空気の密度が大きくなることもポイント。
ボールが受ける空気抵抗が強くなって、飛距離に影響が出てしまうのです。
その上、ゴム製であるボールは冷えると反発力が下がってしまうので飛距離が落ちます。

そこで冬はボールを温めておくのがコツです。
行きの車中で温めたり、ラウンド中カイロをポケットに入れて手と一緒にボールを温めることがオススメです。

【冬のゴルフの魅力もある】
デメリットばかり目についてしまう冬のゴルフは、実は魅力もあるのです。

・芝が短いのでボールが見つけやすい
・ボールが転がりやすいので戦略次第でスコアアップが狙える
・ゴルフ場の価格が下がり混雑も少なく気軽にプレーができる

実は真夏より快適でスコアアップも狙えるのが冬のゴルフ。
ショットに関してはおさえ目にして転がすことを優先しましょう。
グリーンは凍っていることもあるので、特にグリーン周りは「手前から」「転がす」ことを意識しましょう。

冬のゴルフのウェア選びとコーデ

きちんと準備すればスコアアップも狙える冬のゴルフ。
快適にプレーできるウェアのポイントを抑えましょう。

【厚着はNG】
冬のゴルフの厚着は厳禁です。
朝は冷え込みますが、プレー中は意外と暑くなることも。
防寒をしつつ動きやすいかどうかがポイントになります。

【着ぶくれはNG】
厚着は避ける、とはいえ防寒は必要。
高い保温機能や透湿性があるウェアなら、動きやすさで満足できます。

例えば太陽光の熱エネルギーと遠赤外線の相乗効果によって高い保温性を発揮する素材。
撥水や防風の機能がついているもの。
そして脇から腕にかけて伸縮素材が使用されていれば快適なスイングができます。

【体を冷やさない】
真冬のラウンドの強い味方はやっぱりダウン。
軽量で体をしっかり温めてくれるダウンは頼りになりますね。
近頃は薄さと軽さを追求したアイテムが登場しています。

・胸元部分のみにダウンを使用
・半袖に切り替えできるもの
・ベストになるもの

軽量を目指すためにジップではなくボタンを使用していたり、ベストや半袖に切り替えられるものがあります。
ネックが高いものだったらネックウォーマ要らずですね。
女子のコーデだったら、ダウンに合うのはミニスカート。
真冬だったら裏起毛スパッツ+レッグウォーマーは欠かせません。
レッグウォーマーは中綿タイプを着用してしっかり保温しましょう。

【下半身の冷え対策】
寒さ対策の中でもおろそかになりがちなのが下半身の防寒。
足元からくる冷え対策をしているかどうかで差が出ますね。

そこでオススメなのが寒さと風を遮断してくれる裏起毛素材のアイテム。
裏起毛のパンツや、スカートに合わせる裏起毛のレギンス。
ゴルフ用だったら、動きやすく軽さも抜群です。

トップスはタートルとニットの組み合わせが見た目も暖かい感じですね。
ボトムスは保温力と快適な着心地をもったパンツで。
トップスのニットは敢えて明るい色を取り入れて抜け感もプラスすればオシャレ上級者に。

まとめ

冬のゴルフのラウンドのメリットやウェアについてご紹介しました。
冬は体が動きづらいたけでなく、ボールが飛びづらいという面があります。
しかし対策さえとればスコアアップは狙えるということです。
1年継続してラウンドすることで上達が目指せますね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフ女子必読!4~5月は紫外線対策を忘れがち…対策して楽しむ!

ゴルフ女子必読!4~5月は紫外線対策を忘れがち…対策して楽しむ!

4月ごろのゴルフは気候も良く、新緑が気持ち良いですし、絶好のゴルフ日和が続きます。そんなゴルフシーズンでもある4〜5月ですが、紫外線がグッと強くなるのはご存知でしょうか? せっかくの楽しいゴルフですが …

2019/04/15|ゴルフウィズ編集部

秋に履きたいスカート!寒さ対策とマナーを守って楽しむための方法!

秋に履きたいスカート!寒さ対策とマナーを守って楽しむための方法!

ちょうど秋の季節は、ゴルフ場でのスカートを履きやすい季節となります。夏の紫外線の影響も気にせずに良いですし、真冬の寒さまでは行かない気候だからこそ、スカートを履きやすくなります。 そんなゴルフウェアと …

2018/11/20|ゴルフウィズ編集部

普段着をゴルフウェアとして使う!?着回しの利くアイテムご紹介

普段着をゴルフウェアとして使う!?着回しの利くアイテムご紹介

ゴルフウェアのみとして使うアイテムは、どうしても何回も回数を着られずに、何となく着なくなってしまったり、古くなってしまったりして少し勿体無いです。ですが、普段着をゴルフウェアとしても使うことができたら …

2018/09/04|ゴルフウィズ編集部

レディースのゴルフウェアに思い切って柄物を投入してみよう

レディースのゴルフウェアに思い切って柄物を投入してみよう

ゴルフウェアはどれも同じようなものと思っていませんか? いろいろ選べるレディースウェアですがつい同じようなコーデになりがちですね。 新しい着こなしをしたい!そう思えたなら、柄アイテムをプラスしてみまし …

2020/04/09|ゴルフウィズ編集部

秋の始めは足元から!ゴルフシューズの選び方と日々のお手入れ方法

秋の始めは足元から!ゴルフシューズの選び方と日々のお手入れ方法

秋になると夏の暑さが和らいで、過ごしやすくゴルフを楽しみやすい季節になります。この季節にたくさん練習しておいて、周りをびっくりさせてしまうのも良いですね。おしゃれの面でも、秋になると変化をつけたくなっ …

2018/10/01|ゴルフウィズ編集部

春到来!おしゃれな挑戦してみたいゴルフウェアのアイテムは

春到来!おしゃれな挑戦してみたいゴルフウェアのアイテムは

ゴルフがより楽しくなる春到来! ウェアも冬の防寒がメインのものから、おしゃれでプレーしやすい春のものへ。 ゴルフウェアの中には「これは自分にはちょっと・・・」というアイテムもありますが、季節の変わり目 …

2020/03/13|ゴルフウィズ編集部

冬のゴルフの着こなしで3つの首を意識すると暖かさが全然違う

冬のゴルフの着こなしで3つの首を意識すると暖かさが全然違う

半端なく寒い冬のゴルフ場。 寒さ対策で効果的なのは、首、手首、足首の3つの首を温めること。 ここを意識して温めれば、ただたくさん着込むより断然防寒の効果があります。 また必要以上に着こまなくて済むので …

2022/01/03|ゴルフウィズ編集部

初心者必見!ゴルフバッグの選ぶ際のポイントは?

初心者必見!ゴルフバッグの選ぶ際のポイントは?

ゴルフバッグにはさまざまな種類があります。それぞれの種類にメリットがあり、何を選べばいいのか迷ってしまいます。初心者でまだゴルフコースを回ったことがないのなら、何を基準に選ぶのが一番いいのかさっぱりで …

2017/10/14|ゴルフウィズ編集部

no image

レディースゴルファーのラウンドの持ち物を総まとめしてみる

ゴルフのラウンドではどれだけの持ち物が必要なのでしょうか。 キャディバッグの中の整理整頓もゴルフの実力の一部と思われるかもしれませんね! 特にレディースゴルファーは必要な荷物が男性より多くなりがちです …

2020/07/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフウェアの「パーソナルカラー診断」を参考にした選び方

ゴルフウェアの「パーソナルカラー診断」を参考にした選び方

シンプルなコーディネートなのに華やかで目を引くゴルファー。 もしかしたらその人は「パーソナルカラー診断」を取り入れているのかもしれません。 自分に似合う色がわかるとコーディネートの幅も広がります。 ご …

2021/04/26|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ