もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

新作も古株もツアーを席巻中のオデッセイのパターは常に進化中

2022/05/23|ゴルフウィズ編集部

世界のゴルフツアーでナンバー1の使用率を誇るオデッセイのパター。
現在ブレード型からネオ・マレット型まで多種多様な形と異なるフィーリングを備えたものが登場しています。
オデッセイのパターが注目されてから20年。
常に進化を続けるこのパターを追っていきます。

オデッセイのパターはどのようなもの

身近にあって注目を浴び続けるオデッセイのパター。
どのようなものなのか、あらためて見ていきます。

【バリエーションが豊富】
オデッセイのパターはブレード型、マレット型、ネオ・マレット型、L字型など多くの形状があって、それぞれのデザインも色々。
フェースインサートのバリエーションも豊富です。

真っすぐ引いて真っすぐ出すだけの、ヘッドがストレートに動きやすいタイプや、イン・トゥ・インに動きやすいタイプなど、ゴルファーそれぞれのクセに合うパターを提案しています。

【薄型ウェイトを新開発】
オデッセイのパターの、ソール中央に円形で搭載していたウェイト。
それが現在は薄い楕円型となって、前方よりの浅重心設計に合わせた形状になっています。
スチールやタングステンなどモデルごとに素材や重量も異なっています。

【グリップは細めに回帰】
太目のウレタン製のグリップが多かったオデッセイのパターですが、最新モデルではやや細身のタイプへと回帰する傾向に。

【ロフト角やライ角】
芝へ沈んだボールをインパクトで浮き上がらせ、スムーズに順回転を与えられるようにパターにはロフト角があります。
オデッセイの現行モデルは3°に統一されています。

また、シャフト軸線と地面との間の角度であるライ角は、用品規制では最大79°まで。
市販パターの多くは70~72°で、オデッセイはややフラットな70°が基準(一部モデルは71°もあり)となっています。

進化を続けるオデッセイのパター

オデッセイのパターは、過去のレガシーを継承しながらも常に進化を止めないのが特徴です。
最新のオデッセイのモデルには浅重心設計という共通したテーマがあります。
その狙い、効能はどこにあるのでしょうか。

【オデッセイの重心へのこだわり】
オデッセイの開発チームは、重心の深さと慣性モーメントの関係を数値化しました。
すると重心が浅いほどボール初速が速く、深くなると遅くなること、重心が浅いブレード型はヘッドがブレやすく、重心が深いマレット型はブレにくいことを立証しました。

ヘッドがブレやすいと言われる「重心が浅いパター」の特徴は次の通り。

・ インパクトでのパワーロスが少ない
・ ボール初速が速く操作性もある
・ 構えた時の安心感は控えめ

以上の特徴を踏まえた上で、重心が深い大型マレット型でありながら、あえて浅重心設計のものが登場。
その一方、重心が浅いブレード型でありながら、マレット型並みのブレない性能を目指したモデルもあります。

それぞれ型のメリットを生かしながら、デメリットを感じさせないモデルが登場しています。
その結果、新作が出ると話題になって、多くの選手が切り替えるという状況です。

【ノンインサートにも最新テクノロジー】
ツアーでの勝率ナンバー1を誇るオデッセイですが、その多くは「ホワイトホット」などのインサートパターが占めています。
ノンインサートの削り出しパターにおいては、他社製モデルというイメージがあったかもしれません。

「トゥーロン」シリーズは、その状況を踏まえて導入された高級削り出しパターです。
ポイントは大きく2つ。
ひとつはオデッセイの最新テクノロジーの投入。
浅重心化テクノロジーを投入し、最先端のやさしさを与えつつ、さらにふたつめの革新として従来ラインナップになかった大型マレットを投入。
この大胆な変革がツアーを沸かせています。

まとめ

ツアープロの使用率も高く、操作性が抜群のオデッセイのパター。
ヘッドの形状にいろいろな選択肢があるので、自分に合ったものを見つけやすいのが魅力です。
それぞれの形状のメリットを生かしつつ、様々な形で進化を遂げています。
これからもオデッセイのパターの進化に目が離せないですね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

アイアンセットとひとくくりに言っても形状は様々で、それぞれ特徴があります。種類で分けていくとMB(マッスルバック)CB(キャビティバック)など色々あります。今日ではこの概念に当てはまらないアイアンセッ …

2017/10/07|ゴルフウィズ編集部

こっそりレベルアップ!?オススメの自宅練習グッズ3選

こっそりレベルアップ!?オススメの自宅練習グッズ3選

みなさん上達のために練習が必要なのはわかっていても、何かと時間がかかったりで足が遠のいてはいませんか? 特に暑い日は汗や虫がうっとうしいし、冬は寒くて億劫になるのも事実ですよね。 そこでオススメしたい …

2018/05/29|ゴルフウィズ編集部

迷ったら参考にしてほしい!オススメゴルフバッグ5選

迷ったら参考にしてほしい!オススメゴルフバッグ5選

ゴルフバックはゴルフコースを回るために絶対必要です。ゴルフバックがないとクラブが運べませんからね。ただ、ゴルフバックにはさまざまな種類があります。一体どんなものを選べばいいのかわかりません。今回は、ど …

2017/10/22|ゴルフウィズ編集部

目指せ!最短コースデビュー!ビギナーはドライバーから始めよう!

目指せ!最短コースデビュー!ビギナーはドライバーから始めよう!

とにかく早くコースに出ればゴルフの楽しさを感じられる! これからゴルフを始めようと考えている人は、レッスンに通ったり、近くの練習場に行ったり、知人に教えてもらったりと様々な選択肢が用意されています。オ …

2017/08/25|ゴルフウィズ編集部

ウッドで差をつける!2017年おすすめのウッド3選

ウッドで差をつける!2017年おすすめのウッド3選

「自分にはどのウッドが合うんだろう」と悩んでいないでしょうか。ドライバーに次いで飛距離を稼げるウッドは、距離が出る分、扱うのが難しいクラブです。「曲がってしまう」「飛距離が出ない」「弾道が低い」このよ …

2017/12/09|ゴルフウィズ編集部

車が無い!キャディバッグの運び方

車が無い!キャディバッグの運び方

ゴルフに行くのに車が無いのはかなり不便ではあります。なかでもキャディバッグをどうやって運ぶかは頭を悩ませるところです。そこで今回は車が無い方のキャディバッグの選び方、運び方についてアドバイスをさせてい …

2020/11/16|ゴルフウィズ編集部

よく見る「パターを吊るす行動」はグリーンの何を知るため?

よく見る「パターを吊るす行動」はグリーンの何を知るため?

ゴルフのグリーン上で、パターを吊るす行動をプロがやっているのを見たことがあると思います。 気になるけれど自分には関係なさそうですよね。 読み解くのが難しい芝目。 もしかしたら私たちにも参考になることが …

2021/10/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでパット数はどれくらいを目指す?減らす方法と考え方

ゴルフでパット数はどれくらいを目指す?減らす方法と考え方

ゴルフはパット数によってスコアがかなり変わりますよね。 アイアンでは慎重になるのに、パターとなると簡単に3パットしてしまうことも。 それなのに、つい練習でもドライバーやアインに力を注いでしまいます。 …

2020/01/06|ゴルフウィズ編集部

9番アイアンで練習!球が曲がらないインパクトゾーンの作り方

9番アイアンで練習!球が曲がらないインパクトゾーンの作り方

ゴルフでもっとよいショットが打てるようになりたいなら、インパクトゾーンを作る練習をするのが効果的。 その練習には、ドライバーよりも9番アイアンを使うのがオススメ。 ショットが左右に散らばっていた人も真 …

2022/07/04|ゴルフウィズ編集部

これであなたもバックスピンをかけることができる

これであなたもバックスピンをかけることができる

プロゴルファーのプレーをテレビで観戦していると、グリーン上で球がピタリと止まったり、ピン目指してバックスピンがかかって球が戻ってきたりするシーンを見かけて驚きます。 トッププロになるとこのスピン量を自 …

2017/11/21|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ