もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

2017/10/29|ゴルフウィズ編集部

グリーンにパーオンすると最高に気持ちのいいものですが、遠い距離からグリーンを捉えるのはゴルフ初心者には難しいショットになります。必然的にグリーンを捉えることができず、ピンまで残り50ヤード以内というケースが多くなるでしょう。

ゴルフのスコアはこのグリーン周りのアプローチショットが上達するだけで飛躍的に上がります。逆にドライバーの飛距離がどれだけ凄くても、アプローチショットが苦手だとなかなか100というスコアをきることができません。

アプローチショットは、力は必要ありません。必要なのはテクニックです。練習することでどんどん上達することが可能です。今回はアプローチショットのポイントについてお伝えしていきます。

アプローチショットに使うクラブ

クラブにはロフト角というものがあります。クラブフェイスが球に対してどのくらい傾いているのかというものです。ロフト角が小さい。つまりフェイスがほとんど傾いていない場合、打球は低くなります。逆にロフト角が大きくなると球は上がりやすくなります。

グリーン周りでピンに寄せる際にはこのロフト角の大きなクラブを使用していくことになるのです。球を転がしたいのか、上げたいのかによってクラブ選択も変わってきます。50ヤード以内であれば9番アイアン(9I)、ピッチングウェッジ(PW)、アプローチウェッジ(AW)、サンドウェッジ(SW)の4種類のクラブになるでしょう。

ただし同じクラブでもロフト角が変わってきます。PWであれば48度もあれば40度もあります。48度のPWの方が球は上がりやすくなります。飛距離が出るのは40度のPWの方です。AWになるとさらにロフト角が大きくなり、52度になります。SWでは56度、または58度です。プロゴルファーによっては使い分けるために2本のSWを入れていることもあります。

ちなみにセットでゴルフクラブを購入した場合、AWは含まれていないケースが多いです。絶対に必要なクラブというわけではありませんが、SWでは届かない、PWでは超えてしまうという距離を補ってくれます。スコアアップのために別途購入するのもいいかもしれません。

球を上げて寄せるテクニック

球を上げて寄せるアプローチショットはゴルフ初心者の頃はとても難しいです。特に20ヤードくらいの距離を、SWを使用してハーフショット気味にスイングし、球を上げて寄せるのはゴルフ上級者の腕前が必要です。

SWはロフト角が大きい分、しっかりとフェイスにあたらずにトップしたり、球を上げようと力が入り過ぎてダフったりすることが多いのです。ですからゴルフ初心者であれば、バンカー以外ではSWはあまり使用しない方がいいかもしれません。

目の前にバンカーがあって、そこを超えないとグリーンに乗らないといったケースでは球を上げなければなりません。球を上げたいときは、球は左足寄りです。スクエアには立たずにオープンスタンスになります。手首のコックを使ってクラブを上げます。手打ちにならないように注意してください。距離が近くても膝を使う感覚でスイングすれば下半身は止まりません。

球を転がして寄せるテクニック

易しいアプローチショットはやはり球を転がすことです。パターのようにスイングするだけですからあまり難しいテクニックは必要ありません。ロフト角が大きすぎると転がすのには向いていないのでSWは使いません。PWやAWを使用します。9Iでも可能です。PWよりもAWの方がやや高く打ち出されます。

アドレスも球を上げるときと違い、目標と球のラインにスクエアに構えます。後はパターを打つようにスイングすれば球は転がっていきます。距離感は練習の際にしっかりと確認しておきましょう。「これぐらいクラブヘッドを上げて打てば、これくらい飛ぶ」ということを認識しておけば自信をもってスイングすることができます。

アプローチショットは距離が短いと、大きく超えていくことを恐れてインパクトの瞬間にクラブを止めがちになります。中途半端なスイングになりますので、シャンクして横に飛んでいったり、トップして遠くまで飛んでしまう可能性が高まります。フォロースイングも振りかぶった分だけはするということを意識しましょう。

ゴルフ初心者の頃は、アプローチショットはクラブを使い分けせずに、なるべく同じクラブを使用した方がいいかもしれません。ロフト角の小さな方が転がしやすいので、9IやPWを使い続けた方がスコアは上がります。PWでも練習を積めばランニングでもピッチエンドランでも打ち分けができるようになります。

球を上げて寄せる場合でも、球を転がして寄せる場合でも目標ばかりが気になって、最後まで球を見ないでショットしがちです。先に頭が上がってしまう「ヘッドアップ」という状態になり、ミスショットにつながります。顔を残すイメージでアプローチショットをしてみましょう。ナイスショットの可能性が高まります。

練習場でもドライバーやロングアイアンの練習ばかりせず、アプローチショットの練習も欠かさず行うことが大切です。必ずスコアは良くなっていきます。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

バンカーショット克服のコツは?

バンカーショット克服のコツは?

初心者の方が苦手にしているもののひとつが、バンカーでしょう。グリーンそばまで来たのに、そこから2打も3打も打ってしまったなんて経験はみなさんお持ちと思います。しかしバンカーショットは本当に難しいのでし …

2019/07/25|ゴルフウィズ編集部

考えるゴルフの大切さを学ぼう!

考えるゴルフの大切さを学ぼう!

ゴルフの一番の魅力は何ですか?「仲間と楽しくワイワイできる」「年をとってからも続けられる」「大自然の中でボールを打つ感覚が最高」などなど。人によって色々あると思います。 私の場合は、「自分で考えて、攻 …

2017/11/26|ゴルフウィズ編集部

自分の飛距離を知っていますか?

自分の飛距離を知っていますか?

7番アイアンで150ヤード、ドライバーは250ヤード。と、自分の飛距離を把握している方! その距離はどこで把握したものでしょうか。コースでの飛距離と自分の持っているポテンシャルが引き出す飛距離には誤差 …

2017/10/11|ゴルフウィズ編集部

ドライバーの選び方!初心者におすすめのドライバー3選

ドライバーの選び方!初心者におすすめのドライバー3選

初心者がドライバーを選ぶ際に意識すべきポイントは「自分に合うドライバー」であるかどうかです。「スライスしてしまう」「飛距離がでない」といった悩みをカバーしてくれるドライバーを選ぶことで、短所が改善され …

2017/11/02|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ距離測定器を便利に使う方法

ゴルフ距離測定器を便利に使う方法

ゴルフ距離測定器はあくまでサポート商品ではありますが、スコアアップを確実なものとする商品です。ゴルフコースで何ヤードか、分かっている人であっても、天候や朝と夕方では見る景色が違い、距離感が掴めなくなる …

2019/03/18|ゴルフウィズ編集部

パターに強くなる!2017年おすすめのパター3選

パターに強くなる!2017年おすすめのパター3選

自分に合うパターがいまいち分からず、どれを選べばいいのか迷ってはいないでしょうか。パターにはいろいろなヘッドの形があり、それぞれには違った特徴があります。以下ではヘッドの形ごとに有している特徴と、それ …

2017/12/13|ゴルフウィズ編集部

迷ったら参考にしてほしい!オススメゴルフバッグ5選

迷ったら参考にしてほしい!オススメゴルフバッグ5選

ゴルフバックはゴルフコースを回るために絶対必要です。ゴルフバックがないとクラブが運べませんからね。ただ、ゴルフバックにはさまざまな種類があります。一体どんなものを選べばいいのかわかりません。今回は、ど …

2017/10/22|ゴルフウィズ編集部

自宅でもできる!アプローチの練習方法を見つけて上手くなる

自宅でもできる!アプローチの練習方法を見つけて上手くなる

ゴルフのグリーン周りのアプローチを強化したい時に、いつでも練習できるような環境があるとよいですよね! わざわざ練習場へ行かなくても、パターのように毎日自宅で練習できたなら! アプローチも練習方法さえ見 …

2019/08/22|ゴルフウィズ編集部

万能過ぎる!7番アイアンのゴルフでの使用用途は?

万能過ぎる!7番アイアンのゴルフでの使用用途は?

アイアンの中には初心者ではなかなか扱いが難しいものもあります。 さらに数が多いので何から使い始めたら良いのかと悩んでしまいますよね。 そこでオススメしたのは7番アイアンです。 私自身、このアイアンを主 …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

一番長くて難しいドライバーを打つコツ

一番長くて難しいドライバーを打つコツ

ドライバーで悩みを抱えている方は多いと思います。「もっと飛ばしたい」「もっと捕まった球を打ちたい」もっと多様な悩みがあるかもしれませんが今回はこの2つの悩みについて改善のコツを話していきます。 &nb …

2017/10/01|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ