もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフ初心者のドライバーショットの飛距離の伸ばし方

2017/11/01|ゴルフウィズ編集部

ゴルフは1打目のドライバーショットが成功すると2打目は楽な距離で無理なく打つことが可能になります。これはパー4の通常のミドルホールでも、パー5のロングホールでも同じことがいえるでしょう。飛距離がでないよりも、飛距離がでる方が有利です。ドライバーの飛距離はスコアアップにも繋がります。

ですから毎年のように新しく開発されたドライバーが発売されます。どうしてもそのスペックの高さに惹かれて購入したくなりますね。今使用しているドライバーにしても、これから使用したいドライバーにしても、自分の力にマッチしていなければ性能を活かすことはできず、さらにショットが難しいものになってしまいます。

もちろんこれからゴルフを始める人は、ドライバーの購入から始めなければなりません。いろいろなメーカーからドライバーが発売されていますが、何がどう違うのか判別が難しいですね。どこを基準にして決めていけばいのでしょうか。シャフがポイントともいわれますが、はたしてどんな違いがあるのでしょうか。

今回はドライバーの性能について、そしてさらにドライバーショットの飛距離を伸ばす方法についてご紹介していきます。

ドライバーのシャフトについて

ドライバーを選ぶときのポイントは長さと重さと硬さです。ドライバーによってずいぶんと異なりますので、まずはゴルフショップで試打してみるのがいいでしょう。球の弾道などもチェックできますし、ヘッドスピードも計測してくれます。自分の能力を把握しておくこともドライバー選びの大事なポイントになります。

シャフトの長さは自分の身長に合せます。身長が高いのであれば短いシャフトになりますし、身長が低いのであれば長いシャフトになります。身長とシャフとの長さは反比例するのです。170cm以上の身長があるのであれば、45インチ未満が目安です。短い方がコントロールしやすく、長い方が飛距離はでます。

シャフトの重さはヘッドスピードに合せるのが一般的です。ヘッドスピードがあるのであれば重いシャフトを使用したほうがより力強い打球を放つことができますが、非力なのに重いシャフトを使用するとヘッドが走らないスイングになってしまいます。

シャフトの硬さはSとRに分かれます。Sは硬めでRは軟めとなり、シャフトのしなり具合に影響します。Sは力がある人用になります。あまりしならない分だけコントロールしやすいです。球は上がりにくいですが、低く強い弾道になります。Rは力に自信がない人用です。しなる分だけヘッドが走り飛距離も出ますが、コントールはやや難しくなります。球を上げやすいという特徴もあります。

ヘッドスピードを上げる

ドライバーショットはヘッドの重みを利用し最大限にシャフトをしならせることで飛距離が出ます。この状態を「ヘッドが走っている」と呼びます。ゴルフを始めたばかりだと実感するのが難しいのですが、ヘッドが走るようになると飛距離が飛躍的に伸びます。

ヘッドを走らせるために両腕に力を入れてスイングしがちですが、ヘッドを走らせるスイングがしたいのであれば逆です。両腕の力をできる限り抜き、下半身主導の体の回転で振ることが重要になります。

バックスイングからトップの位置にきたときにヘッドの重みを感じることができれば、ヘッドの走ったスイングがしやすくなります。あとは左腰を回して一気に振り抜きます。腕力だけでヘッドスピードを上げようとすると理想的なスイングからそれていきますので注意してください。

下半身を鍛える

つまりドライバーの飛距離を伸ばしたいのであれば腕力を鍛えるよりも、下半身を鍛えるべきなのです。下半身はトレーニングしないと年齢と共に衰えていきますので、自然とドライバーの飛距離も落ちていきます。

下半身を鍛えるトレーニング方法はいくらでも紹介されています。簡単にできるのはスクワットでしょうか。無理のない程度で毎日トレーニングしてみましょう。地道な努力ですが、下半身がどっしりすることで飛距離アップだけでなく安定したショットができるようになります。

手打ちを解消し、下半身を使った力強いスイングをするために野球のバットを使った素振りもあります。空気抵抗の大きい竹ほうきを使うトレーニングもあります。もちろん腕力がなければスイングできませんが、これらの素振りで体の回転でスイングする感覚や下半身の使い方を訓練することが可能です。

このようにドライバーの飛距離を出すのであれば自分の力をよく確認し、それにマッチした性能のドライバーを使用しましょう。また、ドライバーの性能ばかりに頼り過ぎず、しっかりとトレーニングをして下半身中心に鍛えてください。ちなみにシャフトは自分にマッチした硬さよりも少しだけ軟めを使用した方が飛距離は出ます。10ヤード飛距離が変わるだけでゴルフが大きく変わります。スコアアップのためにはドライバーの飛距離を伸ばす工夫と努力が必要です。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

飛距離が伸びるアイアン!「ヤマハ inpres UD+2」

飛距離が伸びるアイアン!「ヤマハ inpres UD+2」

アプローチのイメージが強いアイアンですが、ロングホールの2打目やショートホールのティーショットなど、アイアンで飛距離を出したい場面は多くあります。ところが、「ドライバーやウッドでは飛距離が出過ぎてしま …

2017/12/04|ゴルフウィズ編集部

no image

アプローチでスコアはまとまる!場面に応じたアプローチ

1打目、2打目と調子よくきて、残り50yぐらいからミス連発。終わってみればダブルボギーなんて方。結構多いんじゃないでしょうか。グリーン周りのアプローチがどうも苦手でいつもスコアを崩してしまうという方。 …

2017/11/28|ゴルフウィズ編集部

次々発売される新製品!ついつい欲しくなるけれど

次々発売される新製品!ついつい欲しくなるけれど

ゴルフメーカーは毎年春に新製品を発売します。各社の新製品が出揃い、マスターズが開催されて一気に盛り上がるのが例年のゴルフ用品市場です。大手メーカーは魅力的な宣伝文句で自社の新製品を売り出します。宣伝を …

2021/01/14|ゴルフウィズ編集部

パターの歴史を変えたパター。ピンパターについて

パターの歴史を変えたパター。ピンパターについて

パターの種類というとマレット型、ネオマレット型、そしてピン型といった区分けが一般的です。それぞれパターヘッドの形状を元につけられた名称ですが、ピン型だけはメーカー名が一般名称として使われています。パタ …

2020/11/11|ゴルフウィズ編集部

ドライバーおすすめのメーカー!いろいろあるのでチェック!

ドライバーおすすめのメーカー!いろいろあるのでチェック!

ゴルフを始めた時にフルセットで揃えたゴルフクラブも、慣れてくると変えたくなりますよね。特に一番ボールを飛だすドライバーは、上手くなった自分に合った物に変えたいものです。 ドライバーのメーカーは国内外に …

2019/08/01|ゴルフウィズ編集部

パッティング上達のコツ

パッティング上達のコツ

ゴルフのスコアの半分はパッティングの数です。初心者、初級者の方ですとグリーンに到達するまでにかなりの打数を打ってしまうこともあるので、あまり重要には感じないかもしれませんが、ゴルフの上達にパッティング …

2020/04/21|ゴルフウィズ編集部

ドライバー選びの3つのポイント!レディースの場合はこれ

ドライバー選びの3つのポイント!レディースの場合はこれ

レディースゴルファーのクラブ選び。 レディース用には頼りないイメージがあって、飛ばしたいからメンズを選んだ方がいいのかな、と迷うかもしれませんね。 しかし今どきのレディースクラブには3つのポイントが備 …

2021/01/05|ゴルフウィズ編集部

ボールが上がって止まる!お勧めレディースショートウッド3選

ボールが上がって止まる!お勧めレディースショートウッド3選

みなさんのセットには5番のフェアウェイウッド(以下FW)の次には何が入っていますか? 多いのは5番ユーティリティ(以下UT)で次に6番アイアンか6UTの組み合わせだと思います。 しかし小柄な方だと5U …

2018/06/12|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでのサンドウェッジの使い道を紹介

ゴルフでのサンドウェッジの使い道を紹介

  ゴルフしていく上で使用頻度がドライバーやパターと同等に高いサンドウェッジ。ゴルフには欠かせない存在となっています。さまざまな使い道があり、チャンスを舞い込むために利用したり、ピンチを脱す …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

夏のラフよりやさしい?一発アウトを叶える冬のラフの攻略法

夏のラフよりやさしい?一発アウトを叶える冬のラフの攻略法

ゴルフのラウンドで、ティショットを曲げてしまってボールはラフへ。 冬のラフだったら夏のラフよりも易しく打てるので、必要以上に心配しなくても大丈夫です。 かといって霜がついていたりしていたら安易に打って …

2023/01/09|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ