もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ドライバーの選び方!初心者におすすめのドライバー3選

2017/11/02|ゴルフウィズ編集部

初心者がドライバーを選ぶ際に意識すべきポイントは「自分に合うドライバー」であるかどうかです。「スライスしてしまう」「飛距離がでない」といった悩みをカバーしてくれるドライバーを選ぶことで、短所が改善された理想的なドライバーショットが打てるようになります。

この記事では、ドライバーショットの悩みに合わせたドライバーの選び方や、初心者におすすめのドライバーなどをご紹介していますので、ドライバー選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドライバー選びで初心者が見るべきチェックポイント

ドライバー選びで最初に考えるべきことは「どんな悩みをもっているか」です。以下ではドライバーショットの代表的な悩みと言える3つの悩みについて、改善が期待できるドライバーの選び方をご紹介していますので、自分はどれに該当するのかを考えながら見ていきましょう。

スライスしてしまう場合

スライスしてしまう場合の選び方としては、ボールとの接触面であるフェースが、外側から内側へ返りやすいドライバーを選ぶことがポイントです。具体的には、ドライバーの柄であるシャフトとフェイスとの角度が大きく、重心がシャフト寄りにあるものを選ぶようにしましょう。

また、ドライバーを構えたときに作られる、シャフトと地面との角度が大きいドライバーも、フェースが返りやすくおすすめです。ただし、最初からフックするようにフェースが作られているドライバーは選ばないようにしてください。

基本ができていない状態でフックフェースのドライバーを使用すると、構え方におかしな癖がついてしまうことが考えられます。今後上達していきたいのであれば、フックフェースのドライバーを使うことは控えるようにしましょう。

飛距離が出ない場合

飛距離が出ない場合の選び方としては、普段と変わらないスイングで、ヘッドスピード上がるドライバーを選ぶようにしましょう。選ぶ際のポイントは、シャフトが長く、シャフトの先端が柔らかいドライバーであることです。

シャフトの長さは、1インチ長くなるごとにヘッドスピードが毎秒1m早くなると言われています。ヘッドスピードが上がることで飛距離が伸びるので、飛距離を伸ばしたい場合はシャフトが長いものを選ぶと良いです。

ただし、シャフトが長くなれば長くなるほど、ヘッドコントロールが難しくなるため、初心者の方は少し長めの46インチ程度のドライバーを選ぶようにしてください。

次に、シャフトの先端が柔らかいドライバーを選ぶことについては、シャフトの真ん中や手元が柔らかいドライバーに比べて、ヘッドスピードが上がりやすいという特徴があるためです。

スイングスピードが早い方は別ですが、スイングスピードが遅い初心者の方は、ヘッドスピードを上げやすいシャフトの先端が柔らかいドライバーを選ぶのがおすすめです。

芯に当たらない場合

芯に当たらない場合の選び方としては、ヘッドの容積が大きく、スウィートスポットの広いドライバーを選ぶのがポイントです。ルールで定められているドライバーヘッドの容積上限が460ccであるため、可能な限り上限値に近いものを選ぶようにしましょう。

また、ドライバーの芯であるスウィートスポットは、ドライバーによってその広さが異なっています。最近のドライバーはどれもスウィートスポットが広いものばかりですが、なるべくスウィートスポットの広いドライバーを選ぶことで、より芯を捉えやすくなります。

初心者の悩みに合わせたドライバー3選

上記で上げた選び方をもとに、それぞれの悩みに合わせたドライバーを3本ご紹介します。どのドライバーも悩みを改善するのにおすすめのドライバーですので、ぜひ参考にしてみてください。

スライスしづらいドライバー

スライスしてしまうことに悩んでいる方におすすめするのは「Gドライバー ALTA J50」です。左右へ曲がりづらい高い直進性がその特徴であり、ドライバーに安定感を求める方にはもってこいの1本といえます。

また、高弾道・低スピンのショットが打ちやすくなっているため、スライスによるOBを恐れることなく、飛距離を稼ぐことが可能です。

飛距離が出やすいドライバー

飛距離を出したい方におすすめするのは「キャロウェイゴルフ GBB エピック スター ドライバー」です。飛ばすならこれ、とも言えるこちらのドライバーは、打ち出したボールの初速が速いことがその特徴。

力強いボールが打ち出せるため、飛距離とともに爽快感も得られます。飛距離で悩んでいるのであれば、ぜひとも試して欲しい1本です。

芯で捉えやすいドライバー

ボールを芯で捉えるのが難しいという方におすすめするのは「テーラーメイド M2 ドライバー 2017」です。ヘッド容積が上限の460ccあり、フェースも大きいため、広くボールを捉えられます。

ボールを打ち上げてしまう方や転がしてしまう方でも、しっかりと高弾道の打球が打ち出せるドライバーなので、気になった方はチェックしてみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

グリーンにパーオンすると最高に気持ちのいいものですが、遠い距離からグリーンを捉えるのはゴルフ初心者には難しいショットになります。必然的にグリーンを捉えることができず、ピンまで残り50ヤード以内というケ …

2017/10/29|ゴルフウィズ編集部

レディースのドライバーは長めと短めではどちらがおすすめ?

レディースのドライバーは長めと短めではどちらがおすすめ?

レディスのドライバーの長さはどれくらいが良いのでしょうか。 レディス用のクラブは、軽い、シャフトが柔らかい、グリップが細いなどが特徴ですね。 その中でシャフトの長さが選べます。 単純に身長によって長い …

2019/08/09|ゴルフウィズ編集部

高弾道を実現するドライバー!「ダンロップ XXIO9」

高弾道を実現するドライバー!「ダンロップ XXIO9」

ドライバ―ショットの飛距離に悩んではいないでしょうか。「ドライバーが飛ばないから、後に続くプレーがきつい」「2打目を最初に打つのはいつも自分だ」などなど、ドライバ―の飛距離が出ないことで抱えているその …

2017/12/14|ゴルフウィズ編集部

飛距離でドライバーを選ぶならこれ!「ピン G400」

飛距離でドライバーを選ぶならこれ!「ピン G400」

今回、ご紹介するドライバーは「ピン G400」です。2017年7月11日に発表されたこちらのドライバーは、直進性能と飛距離性能の両方を兼ね備えたドライバーです。「ピンのドライバーはヘッドの投影面積が大 …

2017/12/16|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで100切りするための考え方

ゴルフで100切りするための考え方

ゴルフには100切りの壁というのが存在します。 初心者に立ちはだかる最初の壁ともいえるでしょう。 全18ホール全てボギーで終えることが出来れば18オーバー=90(ゴルフ場により異なる)で上がることがで …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

女性ゴルファーのドライバーの平均飛距離と自分の目標飛距離

女性ゴルファーのドライバーの平均飛距離と自分の目標飛距離

女性は男性と比べてボールの飛距離が短く、経験が多い女性ゴルファーでも、ドライバーでは男性と飛距離がだいぶ違います。ある程度練習もラウンドも重ねた女性ゴルファーは、どれくらいの飛距離をめざすのでしょうか …

2019/06/06|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者の基本に忠実なアドレスとは

ゴルフ初心者の基本に忠実なアドレスとは

ゴルフはアドレスが重要だといわれます。アドレスとは「構え」のことです。ゴルフのスコアアップのためには理想的なスイングを安定してリピートできることが大切です。スイングを安定させるうえで欠かすことができな …

2017/10/28|ゴルフウィズ編集部

ボールが上がりにくい女性必見!高弾道レディースドライバー3選

ボールが上がりにくい女性必見!高弾道レディースドライバー3選

レディースゴルファーの皆さんの中には、低い弾道になってしまい距離も出ないという方は多いのではないでしょうか。 ドライバーである程度飛ばないと2打目が距離が残って大変ですし、何しろ気持ちよくないですよね …

2018/06/21|ゴルフウィズ編集部

グリーン周りのアプローチどうしてる?

グリーン周りのアプローチどうしてる?

今回のお題はグリーン周りでのアプローチ。冬場、夏場。気の抜ける季節はありません。冬場は芝が短く、枯れているところもあり、ダフリやトップを誘発してきます。 また、夏場は夏場で芝が一本一本強く、抵抗が強く …

2017/08/26|ゴルフウィズ編集部

再ブームの兆し!?アイアン型ユーティリティーの魅力とは?

再ブームの兆し!?アイアン型ユーティリティーの魅力とは?

最近密かに注目されているアイテムをご存知でしょうか。タイトルにもある通りアイアン型ユーティリティーが脚光を浴び始めています。 脚光を浴び始めているというのは使用者が増えているということもございますが、 …

2017/10/27|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ