もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ドライバーの選び方!初心者におすすめのドライバー3選

2017/11/02|ゴルフウィズ編集部

初心者がドライバーを選ぶ際に意識すべきポイントは「自分に合うドライバー」であるかどうかです。「スライスしてしまう」「飛距離がでない」といった悩みをカバーしてくれるドライバーを選ぶことで、短所が改善された理想的なドライバーショットが打てるようになります。

この記事では、ドライバーショットの悩みに合わせたドライバーの選び方や、初心者におすすめのドライバーなどをご紹介していますので、ドライバー選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドライバー選びで初心者が見るべきチェックポイント

ドライバー選びで最初に考えるべきことは「どんな悩みをもっているか」です。以下ではドライバーショットの代表的な悩みと言える3つの悩みについて、改善が期待できるドライバーの選び方をご紹介していますので、自分はどれに該当するのかを考えながら見ていきましょう。

スライスしてしまう場合

スライスしてしまう場合の選び方としては、ボールとの接触面であるフェースが、外側から内側へ返りやすいドライバーを選ぶことがポイントです。具体的には、ドライバーの柄であるシャフトとフェイスとの角度が大きく、重心がシャフト寄りにあるものを選ぶようにしましょう。

また、ドライバーを構えたときに作られる、シャフトと地面との角度が大きいドライバーも、フェースが返りやすくおすすめです。ただし、最初からフックするようにフェースが作られているドライバーは選ばないようにしてください。

基本ができていない状態でフックフェースのドライバーを使用すると、構え方におかしな癖がついてしまうことが考えられます。今後上達していきたいのであれば、フックフェースのドライバーを使うことは控えるようにしましょう。

飛距離が出ない場合

飛距離が出ない場合の選び方としては、普段と変わらないスイングで、ヘッドスピード上がるドライバーを選ぶようにしましょう。選ぶ際のポイントは、シャフトが長く、シャフトの先端が柔らかいドライバーであることです。

シャフトの長さは、1インチ長くなるごとにヘッドスピードが毎秒1m早くなると言われています。ヘッドスピードが上がることで飛距離が伸びるので、飛距離を伸ばしたい場合はシャフトが長いものを選ぶと良いです。

ただし、シャフトが長くなれば長くなるほど、ヘッドコントロールが難しくなるため、初心者の方は少し長めの46インチ程度のドライバーを選ぶようにしてください。

次に、シャフトの先端が柔らかいドライバーを選ぶことについては、シャフトの真ん中や手元が柔らかいドライバーに比べて、ヘッドスピードが上がりやすいという特徴があるためです。

スイングスピードが早い方は別ですが、スイングスピードが遅い初心者の方は、ヘッドスピードを上げやすいシャフトの先端が柔らかいドライバーを選ぶのがおすすめです。

芯に当たらない場合

芯に当たらない場合の選び方としては、ヘッドの容積が大きく、スウィートスポットの広いドライバーを選ぶのがポイントです。ルールで定められているドライバーヘッドの容積上限が460ccであるため、可能な限り上限値に近いものを選ぶようにしましょう。

また、ドライバーの芯であるスウィートスポットは、ドライバーによってその広さが異なっています。最近のドライバーはどれもスウィートスポットが広いものばかりですが、なるべくスウィートスポットの広いドライバーを選ぶことで、より芯を捉えやすくなります。

初心者の悩みに合わせたドライバー3選

上記で上げた選び方をもとに、それぞれの悩みに合わせたドライバーを3本ご紹介します。どのドライバーも悩みを改善するのにおすすめのドライバーですので、ぜひ参考にしてみてください。

スライスしづらいドライバー

スライスしてしまうことに悩んでいる方におすすめするのは「Gドライバー ALTA J50」です。左右へ曲がりづらい高い直進性がその特徴であり、ドライバーに安定感を求める方にはもってこいの1本といえます。

また、高弾道・低スピンのショットが打ちやすくなっているため、スライスによるOBを恐れることなく、飛距離を稼ぐことが可能です。

飛距離が出やすいドライバー

飛距離を出したい方におすすめするのは「キャロウェイゴルフ GBB エピック スター ドライバー」です。飛ばすならこれ、とも言えるこちらのドライバーは、打ち出したボールの初速が速いことがその特徴。

力強いボールが打ち出せるため、飛距離とともに爽快感も得られます。飛距離で悩んでいるのであれば、ぜひとも試して欲しい1本です。

芯で捉えやすいドライバー

ボールを芯で捉えるのが難しいという方におすすめするのは「テーラーメイド M2 ドライバー 2017」です。ヘッド容積が上限の460ccあり、フェースも大きいため、広くボールを捉えられます。

ボールを打ち上げてしまう方や転がしてしまう方でも、しっかりと高弾道の打球が打ち出せるドライバーなので、気になった方はチェックしてみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

飛距離の悩みを解決!女性にオススメのドライバー3選!

飛距離の悩みを解決!女性にオススメのドライバー3選!

女性ゴルファーの方から、ドライバーの飛距離アップに悩んでいるという声を良く聞きます。 それはもしかすると、自分に合っていないドライバーを使っているからかもしれません。 今回は女性にやさしいドライバーを …

2018/02/20|ゴルフウィズ編集部

初心者でもたった4本のゴルフクラブでスコア98を叩き出す戦略は?

初心者でもたった4本のゴルフクラブでスコア98を叩き出す戦略は?

ゴルフをする上で戦略は欠かせません。コースの長さに合わせどうすれば打数を減らせるのかを考えるのは楽しいですよね。それで、100以下のスコアを出せれば最高です。 ただ、戦略が立てられるほどゴルフクラブを …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

ルーティンを取り入れているか

ルーティンを取り入れているか

ゴルフスイングにおいて、理想は「ロボットになることだ」と、言われることがあります。この言葉の意味は毎回同じスイングができることがよいとされていることからきている言葉かと思います。 しかし、打つのは人間 …

2017/09/30|ゴルフウィズ編集部

これであなたもバックスピンをかけることができる

これであなたもバックスピンをかけることができる

プロゴルファーのプレーをテレビで観戦していると、グリーン上で球がピタリと止まったり、ピン目指してバックスピンがかかって球が戻ってきたりするシーンを見かけて驚きます。 トッププロになるとこのスピン量を自 …

2017/11/21|ゴルフウィズ編集部

初心者必見!自分に合ったアイアンの選び方

初心者必見!自分に合ったアイアンの選び方

ゴルフをする上で、もっとも使用頻度が高いクラブの種類はアイアンです。自分に合っていないアイアンを使用すれば、スコアが悪化してしまうかもしれません。それほど、ゴルフにおいてアイアンは重要な役割です。 な …

2017/10/16|ゴルフウィズ編集部

ドライバーで弾道が低い原因は?上がるようにするにはこれ!

ドライバーで弾道が低い原因は?上がるようにするにはこれ!

ひたすら練習しても、ドライバーでなかなかボールが上がらない! 低いボールが上がるようになればもっと飛距離が出そうなのに。 これは、多くのゴルファーが悩むことのひとつですね。 原因を見つけて対策をとれば …

2019/09/18|ゴルフウィズ編集部

これであなたも理想のドローボールが打てる

これであなたも理想のドローボールが打てる

スピン量が違うものの、打球が左に曲がるボールを「ドロー」または「フック」といいます。一打目のドライバーショットで左に大きく曲がってOBになったとしたらそれはフックでしょう。 ドローだと最上空に達した時 …

2017/11/16|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでドライバーの調子が悪い!コース中にできる応急処置方法とは?

ゴルフでドライバーの調子が悪い!コース中にできる応急処置方法とは?

ゴルフをしていると、1打目というプレッシャーなどで、ドライバーの調子が悪くなることは頻繁に起こります。コース中にその不調が出てしまえば、早急に対処しなければ、みるみるスコアが下降線になってしまいます。 …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでアイアンがシャンクしてしまう主な原因と対策は?

ゴルフでアイアンがシャンクしてしまう主な原因と対策は?

ショットの際に、シャンクしてしまうことは多いです。特にしっかりとアイアンが振れない初心者にはよく起こります。シャンクが起こってしまうと、あらぬ方向にボールが飛んでしまい、厳しい状況になってしますことも …

2017/08/31|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のパッティング上達方法

ゴルフ初心者のパッティング上達方法

ゴルフでラウンドすると一番使用頻度の高いクラブはどれになるのでしょうか。ドライバーは14回くらいでしょうか。ピッチングウェッジやサンドウェッジだってそれぞれ10回くらいかもしれません。そんな中でパター …

2017/11/05|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ