もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

スコアアップが目指せるゴルフグッズの選び方

2018/07/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフを上達させるためには、打ちっぱなし練習場などで練習することになりますが、練習の状態が良くないと上手になりません。スコアアップできる練習をするためには、ゴルフグリップ選びにこだわり、しっかりクラブを握るのが大切です。

自分に最適なグリップがスコアアップに繋がる

クラブを購入しますと、すでに純正グリップが付いています。これが自分に合っていて、スィングしやすいなら、問題ないかもしれません。ですが、このグリップの部分は、交換することができます。ご存知ない方も、いらっしゃるのではないでしょうか?特にゴルフビギナーの方は、最初から付いている、純正グリップでいいと思ってしまいます。

ですが、自分に合っているグリップに交換することで、飛距離を出せるスィングができるのであれば、グリップを付け替えた方がいいです。付け替えることで、ゴルフビギナーの方でも、飛距離を出すスィングができてくる可能性があります。勿論グリップに頼りすぎず、練習を一生懸命することが、一番大切になってきます。

グリップがしっかり握れることで、クラブのスィングが安定してきます。グリップがなかなか上手く握れない、何回練習してもフィット感が無いため、スィングがブレてしまう人が少なくありません。いつまで経ってもグリップが、しっくり手になじまないなら、迷わずグリップ交換がおススメです。グリップはいろんなタイプの、製品が販売されています。

種類としては2つあり、ラバータイプとコードタイプがあります。ラバータイプは素材感が柔らかく、摩擦が強いグリップになっているので、握力が弱い人でもしっかり握ることができます。逆にコードタイプは硬めなので、握力が強い人や柔らかめグリップは、触った感触が苦手な人などに向いています。ビギナーの頃はラバータイプだったけど、握力も腕の力も付いてきたので、コードタイプに変更しようというパターンも有りです。

グリップを選ぶ際は太さ・重さ・バックラインを見る

グリップの口径が太さの部分になりますが、M/L58・M/L60・M/L62があります。この数字は内径を表しており、M58は内径0.58インチ、M60は内径0.60インチ、M62は内径0.62インチの意味になります。Mはメンズで、Lはレディース表記です。M/L58はゴムの厚みが厚く、M/L60は標準、M/L62は細めのタイプです。飛距離を出したい人はM/L62を、方向性を安定させたい人にはM/L58がおススメですが、M/L60を選ぶ人が多い傾向です。

グリップの重さは、重めと軽めの2タイプありますが、操作性を良くしたい人には重め、飛距離を出したい人には軽めが最適です。バックラインはグリップの裏側が、少し盛り上がっている製品で、フェースの動きを制御したい人が選んでいます。球を打ち分けたい人は、バックラインが無いグリップでいいでしょう。

いろんな色やデザインのグリップがありますので、華やかな雰囲気の製品や、スポーティーでスタイリッシュなデザインなど、バリエーションも豊かです。スィングの練習が楽しくなるような、自分好みの色を選べます。又、1年~2年ぐらい使用しますと、劣化したり磨り減ったりしますので、早めに交換し手になじませておきます。

まとめ

スコアアップのためには、グリップ選びにこだわることが、すごく重要だと理解して頂けたのではないでしょうか?クラブをしっかり握れるかは、グリップと手のフィット感がポイントです。自分に合うタイプの製品を探してみて、スコアアップに繋げていって下さい。消耗品でもあるので、早めの交換も心がけましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

アイアンのミスを減らす!ミスに強いおすすめのアイアン3選

アイアンのミスを減らす!ミスに強いおすすめのアイアン3選

ゴルフコースで使用する機会の多いアイアンは、スコアに大きな影響を与えるクラブです。ミスに強いアイアンを使用することは、スコアを縮めることにも繋がりますし、何より思い通りのショットが打てることはゴルフを …

2017/12/02|ゴルフウィズ編集部

no image

アプローチでスコアはまとまる!場面に応じたアプローチ

1打目、2打目と調子よくきて、残り50yぐらいからミス連発。終わってみればダブルボギーなんて方。結構多いんじゃないでしょうか。グリーン周りのアプローチがどうも苦手でいつもスコアを崩してしまうという方。 …

2017/11/28|ゴルフウィズ編集部

スライサーにおすすめのドライバー!「ヤマハ inpres UD+2」

スライサーにおすすめのドライバー!「ヤマハ inpres UD+2」

ドライバ―ショットがスライスしてしまう悩みは、多くの方が抱えている悩みの1つです。スイングの練習をすることでスライスを抑えたショットが打てるようになりますが、仕事をしている方にとっては練習時間を確保す …

2017/12/15|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のドライバーショットの飛距離の伸ばし方

ゴルフ初心者のドライバーショットの飛距離の伸ばし方

ゴルフは1打目のドライバーショットが成功すると2打目は楽な距離で無理なく打つことが可能になります。これはパー4の通常のミドルホールでも、パー5のロングホールでも同じことがいえるでしょう。飛距離がでない …

2017/11/01|ゴルフウィズ編集部

スコアも気分もアップ!グリップを交換してみよう!

スコアも気分もアップ!グリップを交換してみよう!

皆さんクラブのグリップは交換したことがありますか? 買ってかたそのまま、という方も結構いるのではないでしょうか。 グリップは体とクラブの唯一の接点なので意外とデリケートなパーツです。 劣化していると滑 …

2018/04/25|ゴルフウィズ編集部

シャフトの調子って?~自分に合ったシャフトの選び方~

シャフトの調子って?~自分に合ったシャフトの選び方~

夏も中盤となりつつある8月は新製品の発表が次々と行われていきます! 1年ごとのモデルチェンジとなるシャフトはこの時期新製品の試打会が多く開催されています。 USTマミヤさんからはアッタスシリーズ9代目 …

2017/10/26|ゴルフウィズ編集部

これであなたもバックスピンをかけることができる

これであなたもバックスピンをかけることができる

プロゴルファーのプレーをテレビで観戦していると、グリーン上で球がピタリと止まったり、ピン目指してバックスピンがかかって球が戻ってきたりするシーンを見かけて驚きます。 トッププロになるとこのスピン量を自 …

2017/11/21|ゴルフウィズ編集部

中古ゴルフクラブを高価買取してもらうポイント

中古ゴルフクラブを高価買取してもらうポイント

中古のゴルフクラブは、ポイントを押さえ売りに行けば、高価査定で買い取ってもらえます。売ったお金を基にして、新しいゴルフクラブや他のゴルフ用品など購入できます。趣味でゴルフをしている人が多いため、買取も …

2018/08/10|ゴルフウィズ編集部

ウェッジでリカバリー!2017年おすすめのウェッジ3選

ウェッジでリカバリー!2017年おすすめのウェッジ3選

バンカーやラフなどから脱出する際に使用するウェッジは、リカバリーしやすいものを選ぶことが大切です。リカバリーしづらいウェッジを使い続けたりバンカーやラフに合っていないクラブを使い続けたりすると、失敗経 …

2017/12/06|ゴルフウィズ編集部

フェアウェイウッドのダフリとトップを改善しよう

フェアウェイウッドのダフリとトップを改善しよう

ゴルフコースは、パー3、パー4、パー5があります。もちろん、クラブはどの場面でも使用することができます。その中でもフェアウェイウッドを使う場面は、距離が少し長めのパー3のティーショット、パー4のティー …

2018/01/17|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ