もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

池越えショットの心構え

2020/05/13|ゴルフウィズ編集部

池越えのショットが好き!という方はなかなかいらっしゃらないでしょう。特に初心者の方は池があるというだけで緊張してしまうかもしれません。
今回はそんな池越えショットの心構えについてお話してみたいと思います。

冷静になることが一番大切

例えばパー3の池越えのホールを思い出してみてください。
150ヤードのパー3としても、一般的なコースではグリーンの中央までが150ヤードです。
では池を超えるまでは何ヤードだったでしょう?
せいぜい100ヤード少々ではありませんでしたでしょうか?
もちろん中には名物ホール的なパー3で浮島グリーンみたいなホールもありますから、そういったところはギリギリまで池があるでしょうが、普通はそこまで池がグリーン近くまで作られていることはありません。
池が無ければ、100ヤードなどまったく問題なく超えていくクラブを持っているはずです。
ですから、普通に振れば池はまったく関係ないのです。
ところが、いざ池越えホールを目の前にすると、池に打ち込んでしまう恐怖にかられます。手持ちのボールが、あと1個、2個などというときは、その恐怖も倍増します。
入れたくない、池は越さなければ、という過度の緊張でリキんでしまいスイングがバラバラになって大トップや大ダフリで池、となってしまうのではないでしょうか。
まず、池を超えるには何ヤードキャリーすれば良いのか冷静に考えてみましょう。
150ヤードのホールで7番を持っていたとします。普段なら当たりが悪くても130ヤードくらいはキャリーするのではないでしょうか?
自分の7番の普段の弾道を思い出してみてください。100ヤードで越える池が問題になりますか?
その冷静さが保てれば池なんか怖くないはずです。

セカンドショットが池越えになるパー4の場合

池越えのパー3であれば、ティーアップもできますしティーイングエリアから打つのでライの問題もありません。普段通りのスイングができればピンに絡む絡まないは別として池くらいは軽々越えるはずです。
一方難しいのセカンドが池越えになるパー4やサードショットが池越えになるパー5です。
パー3と違いティーアップもできませんし、ラフに入っている場合もあるでしょう。フェアウェイでもディボットということも考えられます。
このような場合は、とにかく安全策です。
ライが良く自信があればグリーンを狙えば良いのですが、不安があればまず池を避けることだけを考えましょう。
この時、よくあるのはグリーンの左手前に池があるから右に逃げようとしたのにフックして池といったパターンです。
避けるのであれば、大前提として池まで届かないクラブを持つことが必要です。池まで届かないクラブであれば右に逃げるつもりで狙った球がフックしても池の手前で止まります。
池は避けたいけど、なるべくグリーンに近づけたいといったように二兎を追うと失敗することになります。
どのみちレイアップするのであれば、確実にトラブルを避けるような安全策をとりましょう。

パー4、パー5のティーショットが池越えの場合

これも基本的には池越えのパー3と同じです。特殊なホールでなければ180ヤードもキャリーしなければ池に入るなどという作りはありません。
ティーイングエリアの前に広がる池は本来なんの関係もないはずの池です。
目線を遠くに向けて目標地点だけを見るようにして打ちましょう。
ドライバーをやめてフェアウェイウッドで打つ、という手はあまり賛成できません。どのみち気持ちの問題なので、ドライバーをフェアウェイウッドにしてもそれほど安全性が変わることはないでしょう。度胸一番で振りぬいてしまうしかありません。

まとめ

戦略的に入りされたパー4やパー5の池は別として、ティーイングエリアの前にある池は本来は入るわけの無い距離の池です。
池が気になると目線が池を向いてしまい、強く意識してしまいます。
ティーショットの目標を定めたら、目標地点に集中し弾道をイメージして弾道に目線を合わせるようにして視界から池を消しましょう。
技術の問題ではありません。普通に当たれば必ず越えます。自分を信じてクラブを振りましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフで約1mのパットの成功率を上げる練習法とは?

ゴルフで約1mのパットの成功率を上げる練習法とは?

パットをする上で一番緊張する距離が約1mです。カップから離れているわけではないのですが、近いわけでもなく非常に微妙な距離です。なので、力加減も難しく、外せないという緊張感も相まって、外しやすいです。 …

2017/09/05|ゴルフウィズ編集部

ユーティリティの飛距離を伸ばすためのコツ

ユーティリティの飛距離を伸ばすためのコツ

クラブ選択でユーティリティを入れるべきか悩んでいるゴルファーは多いでしょう。比較的最近開発されたクラブで、改良も続けられているので、必要なのかどうかを検討されているゴルファーもいると思います。 ユーテ …

2017/11/24|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでアイアンがシャンクしてしまう主な原因と対策は?

ゴルフでアイアンがシャンクしてしまう主な原因と対策は?

ショットの際に、シャンクしてしまうことは多いです。特にしっかりとアイアンが振れない初心者にはよく起こります。シャンクが起こってしまうと、あらぬ方向にボールが飛んでしまい、厳しい状況になってしますことも …

2017/08/31|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでやりがちなミス!パターの際注意すべきポイントは?

ゴルフでやりがちなミス!パターの際注意すべきポイントは?

グリーン上での多くのマナーやルールが存在しています。パターショットをする際、気をなければ、スコアにも響く場合があります。 ただ、初心者だと何がダメで何がいいのかなんてわかりませんよね。私自身、わかって …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

グリーン周りのアプローチどうしてる?

グリーン周りのアプローチどうしてる?

今回のお題はグリーン周りでのアプローチ。冬場、夏場。気の抜ける季節はありません。冬場は芝が短く、枯れているところもあり、ダフリやトップを誘発してきます。 また、夏場は夏場で芝が一本一本強く、抵抗が強く …

2017/08/26|ゴルフウィズ編集部

ウッド初心者におすすめ!「アダムスゴルフ XTD Ti」

ウッド初心者におすすめ!「アダムスゴルフ XTD Ti」

「アイアンが打てるようになり、ドライバーもそこそこ飛ぶようになってきたけれど、ウッドだけは上手くいかない」そう感じている初心者の方は多くいます。長いシャフトにドライバーよりも小さなヘッドでは、上手くい …

2017/12/19|ゴルフウィズ編集部

良いクラブ、ってどんなクラブ?

良いクラブ、ってどんなクラブ?

ゴルフというスポーツは他のスポーツに比べて道具に対する依存度が非常に高いスポーツです。そのためより良いクラブを求めていろいろなクラブを試したり買い替えたりすることが多くなりますね。メーカーも毎年のよう …

2020/03/03|ゴルフウィズ編集部

打球が上がりやすいウッド!「キャロウェイ Steelhead XR」

打球が上がりやすいウッド!「キャロウェイ Steelhead XR」

ウッドの打球が上がらないことに悩んでいないでしょうか。スコアが100を切る辺りから使用する必要が出てくるウッドは、使いこなすのが難しいクラブの1つです。「当たらない」「上がらない」など、人によってさま …

2017/12/10|ゴルフウィズ編集部

迷ったら参考にしてほしい!オススメゴルフバッグ5選

迷ったら参考にしてほしい!オススメゴルフバッグ5選

ゴルフバックはゴルフコースを回るために絶対必要です。ゴルフバックがないとクラブが運べませんからね。ただ、ゴルフバックにはさまざまな種類があります。一体どんなものを選べばいいのかわかりません。今回は、ど …

2017/10/22|ゴルフウィズ編集部

ヘッドカバーの手作りは意外と簡単!?挑戦してみると楽しい

ヘッドカバーの手作りは意外と簡単!?挑戦してみると楽しい

近頃、自分の持ち物にこだわってハンドメイドされる方も多いですね! ゴルフのグッズでも、ドライバーのヘッドカバーなら手作りできそうです。 もちろん市販でかわいいものはたくさんありますが、オリジナリティが …

2019/08/23|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ