もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

池越えショットの心構え

2020/05/13|ゴルフウィズ編集部

池越えのショットが好き!という方はなかなかいらっしゃらないでしょう。特に初心者の方は池があるというだけで緊張してしまうかもしれません。
今回はそんな池越えショットの心構えについてお話してみたいと思います。

冷静になることが一番大切

例えばパー3の池越えのホールを思い出してみてください。
150ヤードのパー3としても、一般的なコースではグリーンの中央までが150ヤードです。
では池を超えるまでは何ヤードだったでしょう?
せいぜい100ヤード少々ではありませんでしたでしょうか?
もちろん中には名物ホール的なパー3で浮島グリーンみたいなホールもありますから、そういったところはギリギリまで池があるでしょうが、普通はそこまで池がグリーン近くまで作られていることはありません。
池が無ければ、100ヤードなどまったく問題なく超えていくクラブを持っているはずです。
ですから、普通に振れば池はまったく関係ないのです。
ところが、いざ池越えホールを目の前にすると、池に打ち込んでしまう恐怖にかられます。手持ちのボールが、あと1個、2個などというときは、その恐怖も倍増します。
入れたくない、池は越さなければ、という過度の緊張でリキんでしまいスイングがバラバラになって大トップや大ダフリで池、となってしまうのではないでしょうか。
まず、池を超えるには何ヤードキャリーすれば良いのか冷静に考えてみましょう。
150ヤードのホールで7番を持っていたとします。普段なら当たりが悪くても130ヤードくらいはキャリーするのではないでしょうか?
自分の7番の普段の弾道を思い出してみてください。100ヤードで越える池が問題になりますか?
その冷静さが保てれば池なんか怖くないはずです。

セカンドショットが池越えになるパー4の場合

池越えのパー3であれば、ティーアップもできますしティーイングエリアから打つのでライの問題もありません。普段通りのスイングができればピンに絡む絡まないは別として池くらいは軽々越えるはずです。
一方難しいのセカンドが池越えになるパー4やサードショットが池越えになるパー5です。
パー3と違いティーアップもできませんし、ラフに入っている場合もあるでしょう。フェアウェイでもディボットということも考えられます。
このような場合は、とにかく安全策です。
ライが良く自信があればグリーンを狙えば良いのですが、不安があればまず池を避けることだけを考えましょう。
この時、よくあるのはグリーンの左手前に池があるから右に逃げようとしたのにフックして池といったパターンです。
避けるのであれば、大前提として池まで届かないクラブを持つことが必要です。池まで届かないクラブであれば右に逃げるつもりで狙った球がフックしても池の手前で止まります。
池は避けたいけど、なるべくグリーンに近づけたいといったように二兎を追うと失敗することになります。
どのみちレイアップするのであれば、確実にトラブルを避けるような安全策をとりましょう。

パー4、パー5のティーショットが池越えの場合

これも基本的には池越えのパー3と同じです。特殊なホールでなければ180ヤードもキャリーしなければ池に入るなどという作りはありません。
ティーイングエリアの前に広がる池は本来なんの関係もないはずの池です。
目線を遠くに向けて目標地点だけを見るようにして打ちましょう。
ドライバーをやめてフェアウェイウッドで打つ、という手はあまり賛成できません。どのみち気持ちの問題なので、ドライバーをフェアウェイウッドにしてもそれほど安全性が変わることはないでしょう。度胸一番で振りぬいてしまうしかありません。

まとめ

戦略的に入りされたパー4やパー5の池は別として、ティーイングエリアの前にある池は本来は入るわけの無い距離の池です。
池が気になると目線が池を向いてしまい、強く意識してしまいます。
ティーショットの目標を定めたら、目標地点に集中し弾道をイメージして弾道に目線を合わせるようにして視界から池を消しましょう。
技術の問題ではありません。普通に当たれば必ず越えます。自分を信じてクラブを振りましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフ初心者・中級者がスライスしないでドライバーショットするコツ

ゴルフ初心者・中級者がスライスしないでドライバーショットするコツ

ゴルフではほとんどのホールで1打目にドライバーを使用します。ドライバーは一番飛距離の出るクラブですので、1打目で正確にフェアーウェイを捉えることができると2打目以降は楽にショットができます。しかし飛距 …

2017/10/08|ゴルフウィズ編集部

キャディバッグのネームタグは必要?

キャディバッグのネームタグは必要?

ゴルフ場に行くのに必ず必要なキャディバッグ。非常に目立つものなのでオシャレしたいアイテムでもあります。新品を買うとキャディバッグにネームタグがついていますが、これは必ずつけておかなければならないものな …

2020/03/25|ゴルフウィズ編集部

1ラウンドで一番多く使用するパターの打数を減らす方法とは?

1ラウンドで一番多く使用するパターの打数を減らす方法とは?

1ラウンドゴルフをプレーしていて一番多く使用するクラブはどのクラブはご存知ですか?この質問に対してドライバーと答える方が多いのですが、使用頻度が一番多いクラブはパターです。使用頻度が多いということはス …

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

林の中に打ち込んでしまったら

林の中に打ち込んでしまったら

ゴルフをやっていて、林の中に打ち込んだことが無いという方は一人もいないでしょう。上級者、シングルさんも打ち込みます。タイガー・ウッズだってローリー・マキロイだって打ち込みます。 打ち込むのは当然なので …

2020/08/28|ゴルフウィズ編集部

初心者が動画を参考にスライスを直そうとはしてはいけない理由

初心者が動画を参考にスライスを直そうとはしてはいけない理由

ゴルフをはじめたての初心者は、ほぼ例外なくスライスに悩まされるものです。 地面にある硬いボールを遠くに飛ばそうとするとスライスするような振り方になるのがある意味自然なので、これは仕方がありません。 し …

2021/09/06|ゴルフウィズ編集部

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

ゴルフのスイングは下半身主導、体の回転がポイントになります。腕だけでコントロールしようとするとトップやダフリ、シャンクやスライスなどのミスショットにつながる可能性が高まります。 しかし下半身主導を意識 …

2017/11/18|ゴルフウィズ編集部

進化を続けるボール。ボールの科学のお話

進化を続けるボール。ボールの科学のお話

ゴルフはボーリングと並んで自分が使うボールを自分で選ぶことができるスポーツです。しかしいざ選ぼうとするとメーカーの説明を読んでいるだけでちょっと眩暈がしてきます。いくつかのボールの説明を読んでいるとも …

2020/09/15|ゴルフウィズ編集部

セルフプレーに便利!サブバッグ

セルフプレーに便利!サブバッグ

最近のゴルフといえば、もっぱらセルフプレーが主体です。料金はキャディさんつきにくらべかなり抑えられますし、カートにはいろいろな情報が表示され便利になってきています。一方プレイに関わることは全部自分でや …

2020/08/20|ゴルフウィズ編集部

アイアンのミスを減らす!ミスに強いおすすめのアイアン3選

アイアンのミスを減らす!ミスに強いおすすめのアイアン3選

ゴルフコースで使用する機会の多いアイアンは、スコアに大きな影響を与えるクラブです。ミスに強いアイアンを使用することは、スコアを縮めることにも繋がりますし、何より思い通りのショットが打てることはゴルフを …

2017/12/02|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでのサンドウェッジの使い道を紹介

ゴルフでのサンドウェッジの使い道を紹介

  ゴルフしていく上で使用頻度がドライバーやパターと同等に高いサンドウェッジ。ゴルフには欠かせない存在となっています。さまざまな使い道があり、チャンスを舞い込むために利用したり、ピンチを脱す …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ