もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

欠点、クセとのつきあい方について

2021/03/11|ゴルフウィズ編集部

最近はあまり使いませんが、無くて七癖なんて言葉もあります。
ゴルフに関しては「無くて」どころか一人ひとり非常に強いクセがあるのが普通です。
ゴルファーなら誰しもクセや欠点を直して良いスイングをしたいと思うのは当然、そのために日々練習に励むわけですが、これがなかなか直りません。
今回はそんなクセや欠点に対する考え方、つきあい方について考えてみたいと思います。

アマチュアはすべて直すことはできない

スイングのクセは一度ついてしまうと直すのは非常に時間がかかります。本当であれば始めたての初心者の頃にきちんとレッスンプロについてレッスンを受ければ基本がしっかりと身につきますが、多くの方はレッスンにはつかずにはじめると思います。
最初だけゴルフ経験者の友人や会社の上司といった方に教わって、その後自分で練習を積むといったパターンが多いでしょう。
そうやっていくうちにスイングのクセがついていきますが、これをあとから直すのは非常に時間がかかります。

しかし、一般のアマチュアゴルファーは仕事の合間に練習をすることがほとんどでしょう。毎日練習場に行くことができるアマチュアゴルファーはごく一部ではないかと思います。
比較的熱心なアマチュアゴルファーでも週に2回、3回くらいの練習場通いが平均的ではないでしょうか。
残念ながらその練習量ですべての欠点を矯正して、理想的なフォームにするというのは難しいでしょう。まずはそのことを受け入れる必要があります。
つまり、求めるスイングをひたすら追及するというよりも自分が取れる練習量に合わせて矯正する内容を決めていくという考え方が必要になってきます。

ゴルフスイングでなにがもっとも重要なのか

そこで考えていただきたいのは、ゴルフのスイングでもっとも重要なことはなにか?ということです。
肩がきちんと回ること?スウェイしないこと?切り返しで下半身リード?
それらの項目はもちろん大切ではありますが、一番大事なのは「ボールが前に飛ぶこと」です。馬鹿にするなと言われるかもしれませんが、意外とそのことを忘れてしまっていないでしょうか?

コースに出たら多少トップしようが、スライスしようが(極端に曲がれば別ですが)、ドライバーが飛ばなかろうが、前に行っていればなんとかなります。
もちろん競技に出るんだというような方は話は別ですが一般のアマチュアは3発に1発ドライバーが250ヤード飛ぶよりも200ヤードでもそこそこフェアウェイやファーストカットくらいの位置にボールがいっていればスコアになります。十分に80台で回れます。
切り返しがどうの、シャローイングがどうのという練習も、もちろん大切なのかもしれませんが、極端なミス球が出なければフォームが多少人と違っていてもなんの問題もありません。

絶対に直したほうが良い部分を見極める

よく熱心な初級アマチュアの方で情報過多になり、コックの位置がどうで下半身リードがどうでなどスイングの細かい部分ばかり着目してダメだダメだとおっしゃる方がいます。
アマチュアなのですから、そんなにいくつも直す時間はありません。
そこで大切なのは絶対に直すべきひとつのことに的を絞るということです。
それだってアマチュア、特に社会人の余暇ゴルフでは簡単なことではありません。ボールをそこそこ前に飛ばすことを難しくしている部分はどこなのか?を見極めてその一点に集中して練習しましょう。

まとめ

自分のスイングのスローを見ると「あれもダメこれもダメ」と思ってしまいますよね。しかし余暇で楽しむゴルフでは理想的なスイングを作るのは事実上不可能です。
直すべき部分を列挙していってあれもこれもと考えて手を付けても結局虻蜂取らずになってしまいます。
多少の欠点には目をつぶってできる範囲で修正をしていくようにしていったほうが結果的に良いスコアが作れるようになると思います。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ウッド初心者におすすめ!「アダムスゴルフ XTD Ti」

ウッド初心者におすすめ!「アダムスゴルフ XTD Ti」

「アイアンが打てるようになり、ドライバーもそこそこ飛ぶようになってきたけれど、ウッドだけは上手くいかない」そう感じている初心者の方は多くいます。長いシャフトにドライバーよりも小さなヘッドでは、上手くい …

2017/12/19|ゴルフウィズ編集部

ルーティンを取り入れているか

ルーティンを取り入れているか

ゴルフスイングにおいて、理想は「ロボットになることだ」と、言われることがあります。この言葉の意味は毎回同じスイングができることがよいとされていることからきている言葉かと思います。 しかし、打つのは人間 …

2017/09/30|ゴルフウィズ編集部

インサイドから振る、が上手くいかない時は

インサイドから振る、が上手くいかない時は

ゴルフをはじめてなんとかボールに当たるようになってくると、今度はスライスに悩まされます。どんなレッスン書をみても人に教わっても、必ずアウトサイドインのスイングを直しなさいとアドバイスされますね。では頑 …

2020/03/09|ゴルフウィズ編集部

新しいパターの定番となった「ツノ型」はどのようなもの?

新しいパターの定番となった「ツノ型」はどのようなもの?

つては奇抜なイメージだったパターの「ツノ型」も、今では多くのメーカーが最新モデルの形状として採用しています。 どうしてここまでツノ型が定番化できたのか。 それは、パターに必要なあらゆる要素がツノ型には …

2021/12/30|ゴルフウィズ編集部

パターの歴史を変えたパター。ピンパターについて

パターの歴史を変えたパター。ピンパターについて

パターの種類というとマレット型、ネオマレット型、そしてピン型といった区分けが一般的です。それぞれパターヘッドの形状を元につけられた名称ですが、ピン型だけはメーカー名が一般名称として使われています。パタ …

2020/11/11|ゴルフウィズ編集部

あきらめなくても大丈夫!たとえ車がなくてもゴルフはできる

あきらめなくても大丈夫!たとえ車がなくてもゴルフはできる

車を持っていないとゴルフはできないのでしょうか。 ゴルフは車で行くイメージがありますが、その気になれば問題なく練習場やコースにも行けます! 車を持っていないことでゴルフを躊躇するのはもったいないですよ …

2020/08/05|ゴルフウィズ編集部

レディースのセッティングで悩むユーティリティはこうする

レディースのセッティングで悩むユーティリティはこうする

現在レディースのクラブセッティングに欠かせない存在のユーティリティ(UT)。 海外ではハイブリッドと呼ばれていて人気があります。 アイアンでは届かない距離のために組み込んでみたいと思っても、実際選ぶに …

2020/02/27|ゴルフウィズ編集部

飛距離の悩みを解決!女性にオススメのドライバー3選!

飛距離の悩みを解決!女性にオススメのドライバー3選!

女性ゴルファーの方から、ドライバーの飛距離アップに悩んでいるという声を良く聞きます。 それはもしかすると、自分に合っていないドライバーを使っているからかもしれません。 今回は女性にやさしいドライバーを …

2018/02/20|ゴルフウィズ編集部

ゴルフクラブのバランスってなんだろう?

ゴルフクラブのバランスってなんだろう?

ゴルフクラブのカタログにはスペック表のようなものがあり、そこにはクラブの各種スペックが記載されています。 ロフト、全長、総重量。これらはなにを現わしているかすぐに想像がつきますね。 しかし、それらのス …

2019/08/14|ゴルフウィズ編集部

どれが正しい?レッスン記事で迷わないために知っておきたいこと

どれが正しい?レッスン記事で迷わないために知っておきたいこと

ゴルフ雑誌をはじめネット上にはゴルフのレッスン記事が溢れています。スライスの直し方、フックの直し方、ドライバーの打ち方。中には250ヤード飛ばすなんてのもあります。しかしよくよく読んでみるとこっちの記 …

2019/08/30|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ