もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ウェッジ何本入れますか?

2021/04/29|ゴルフウィズ編集部

アイアンはセットで購入するものですが、だいたい6番アイアンからPWまでのセットというのが今の主流のようです。実際にラウンドする場合最低限これにSWが必要になりますが、それPW、SW以外にもウェッジを追加で入れるかたも多いでしょう。ではウェッジは何本くらい入れたら良いのでしょうか?

ウェッジの重要性が増したわけ

以前はウェッジはPWとSWの2本だけどいうアマチュアは珍しくありませんでした。中にはそれ以外にAWというアプローチ用のウェッジを入れている人もいましたが、せいぜいそれくらいの追加です。

しかし、今はウェッジを2本、3本と追加するのが当たり前になってきています。
これはアイアンセットのストロングロフト化と関係しています。もともとPWはせいぜい100ヤードくらいを打つクラブでロフトも寝ていたため、アプローチにも頻繁に使われました。
しかしアイアンのストロングロフト化が進んだため、現在のPWはかつての9番アイアンや8番アインのロフトになっています。少しパワーのある方ですとPWで120ヤードから130ヤードくらい飛びます。

一方、SWはバンカーからの脱出が主目的ですので、むやみにロフトを立てるわけにはいきません。そのためPWとSWのロフトに非常に開きが出てきました。
もちろん個人差はありますが、PWとSWでフルショットが60ヤードくらい違うという方もいます。
そうなってくるとその間が1本のウェッジでは埋まらなくなってきました。そのため、アプローチ用のウェッジを複数入れるのが主流になってきたわけです。

ウェッジの決め方

ではウェッジを何本入れるか?どれくらいのロフトのウェッジを入れるかはどのように決めたら良いのでしょうか?いくつかの例を紹介したいと思います。

・ユーティリティーやフェアウェイウッドで本数を多く使っている場合
ゴルフのクラブはご存じのように、バッグに入れられる上限は14本とルールで定められています。
ミドルアイアンが不得手な方やドライバーの飛距離があまり無い方は、必然的にフェアウェイウッドやユーティリティーの使用頻度が高くなりますので、そういったウッド系のクラブを多く入れているでしょう。
そうなってくると、ウェッジを入れる本数的な余裕が無くなる可能性があります。
とはいえPWとSWだけではショートゲームがかなり難しくなってきてしまいます。本数的に余裕が無くても最低1本はPWとSWの間を埋めるウェッジを入れるようにしましょう。
その場合はPWとSWの中間の距離をフルショットで打てるロフトを入れるのが定石ですが、苦手な距離がある場合には、その距離をフルショットで打てるロフトにするという手もあります。

・本数に余裕がある場合
ウェッジを入れる本数に余裕がある場合は、PWとSWの距離のギャップをもう少し細かく刻むことが可能です。
例えばPWで110ヤード、SWで70ヤードがフルショットの距離だとします。するとこの間は40ヤードあるわけです。この40ヤードを何本で埋めるかという考え方ですが、10ヤード刻みだと3本加算が必要でこれは少し多すぎます。100ヤードはPWの軽めのショットで狙って、90ヤードと80ヤードを追加のウェッジで埋めるといった方法が良いのではないでしょうか。

・苦手克服のものを入れる
例えばバンカーがどうしても苦手という場合、脱出専用を謳ったSWを入れるという方法もあります。こういったSWはソール幅が広くバンスが強いのが普通ですので、フェアウェイではソールが跳ねてしまって使えません。
そのため56度や58度のウェッジをフェアウェイ用に追加するという方法でカバーするのも良い方法でしょう。

まとめ

ゴルフのスコアは100ヤード以内で決まるといっても言い過ぎではないくらいショートゲームというのは重要です。とりわけ100前後でプレーする方は100ヤード以内が上達すればほぼ確実にスコア100は切れます。
そう考えるとドライバー以上に重要なクラブともいえるのがウェッジです。
スコアアップのためウェッジの重要性を今一度見直してみてはいかがでしょうか。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

スイングの力を抜く、を覚えよう

スイングの力を抜く、を覚えよう

ボールを打つ時に力が入る。どうしてもリキむ。アマチュアゴルファーの多くが抱える悩みですね。 また、自覚がなくても明らかにリキんでしまっている、というケースもあります。 昔からいろいろな格言もありますが …

2019/12/27|ゴルフウィズ編集部

ドライバーのヘッドはなぜチタン製なのか

ドライバーのヘッドはなぜチタン製なのか

今、特殊なものを除けばドライバーのヘッドというのは、ほとんどがチタン製です。普段なんの疑問もなく使っていらっしゃるかもしれませんが、そもそもなぜチタンでできているのでしょうか?チタンだと飛ぶからでしょ …

2020/05/26|ゴルフウィズ編集部

サービスホール?それとも。距離の短いホールでの考え方

サービスホール?それとも。距離の短いホールでの考え方

距離が長いホールというのは、それだけで難しさを感じますね。特にドライバーやユーティリティーがうまく当たらない初心者、初級者の方ですと距離が長いというだけでプレッシャーもかかってしまいます。その反動で距 …

2019/09/26|ゴルフウィズ編集部

池があるときの考え方について

池があるときの考え方について

池が好きな方というのはあまりいないでしょう。同じハザードでもバンカーであればコツをつかんでいる方はラフよりマシだという方もいるでしょうが、池は入れたら終わり。 ペナルティーになる上、ボールも無くなりま …

2021/02/18|ゴルフウィズ編集部

実体験に基づくイップスのお話

実体験に基づくイップスのお話

イップスというのをご存じでしょうか? ある動作をしようとしたときに身体が固まってしまって動かなくなる現象です。今ではいろいろなスポーツや、楽器の演奏などについても使われますが、もともとはゴルフについて …

2021/02/11|ゴルフウィズ編集部

マッスル、キャビティ、中空。アイアンのヘッド形状と特徴

マッスル、キャビティ、中空。アイアンのヘッド形状と特徴

アイアンのヘッドにはいろいろな形状があります。マッスルバック、キャビティバック、中空といった言葉はなんとなく聞いたことがあるのではないでしょうか。そしてマッスルバックはなんだか上級者向けっぽい、くらい …

2020/06/03|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

プロゴルファーのドライバーショットを見ていると、大きく分けて「ドローボール」と「フェードボール」に分かれます。極端な「フックボール」や「スライスボール」はOBになる危険性がありますが、プロゴルファーは …

2017/11/03|ゴルフウィズ編集部

ボールもカラフルに。色やデザインで選んでも楽しいゴルフボール

ボールもカラフルに。色やデザインで選んでも楽しいゴルフボール

ゴルフは自分が使うボールを自由に選べるスポーツですが、いざ選ぼうとするといろいろあって迷ってしまいます。メーカーのホームページを見てもコアが何層でカバーはアイオノマーで、初速がスピンがといった説明がた …

2020/08/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者の基本に忠実なアドレスとは

ゴルフ初心者の基本に忠実なアドレスとは

ゴルフはアドレスが重要だといわれます。アドレスとは「構え」のことです。ゴルフのスコアアップのためには理想的なスイングを安定してリピートできることが大切です。スイングを安定させるうえで欠かすことができな …

2017/10/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでアイアンがシャンクしてしまう主な原因と対策は?

ゴルフでアイアンがシャンクしてしまう主な原因と対策は?

ショットの際に、シャンクしてしまうことは多いです。特にしっかりとアイアンが振れない初心者にはよく起こります。シャンクが起こってしまうと、あらぬ方向にボールが飛んでしまい、厳しい状況になってしますことも …

2017/08/31|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ