もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

パターと重さのお話

2020/09/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフクラブは進化の速度が速く、特にドライバーとパターの進化速度の速さは目を見張るものがあります。特に「速く振る」必要のないパターは形状の自由度とあいまって以前は想像もできなかったようなパターが次々と登場しています。
その特異な形に注目が集まりがちですが、実は重さもずいぶんと変化してきています。
今回はパターの重さのお話です。

パターは重くなっている

ゴルフクラブの進化は基本的には軽量化の道を進んでいます。もちろん競技に出る方やプロのように「趣味」の域を越えるアスリートの場合は身体を鍛えて競技力をあげるので、必ずしも軽いものが良いわけではありませんが、一般のアマチュアが余暇の楽しみとしてプレーする場合は軽いクラブのほうが速く振ることができ、疲労も怪我のリスクも少なくなります。古いもので公式なデーターが見つかりませんでしたので筆者の手元にあるPINGのアンサー2を計測した数値ですが総重量は458gでした。それに対してテーラーメイドのスパイダーはメーカー公表値で537gと相当に重くなっています。
形状が違うので重さが違うのでは?という疑問もあるでしょうが、たとえばPINGのHEPPLERシリーズのアンサー2はメーカー公表値でヘッドだけで350gあります。シャフトとグリップを合わせれば500g近い重さになっていきます。
もちろんブランドによって差はありますが、パターは全体的に重くなる方向になっているのは間違いないでしょう。

パターの重さが与えるストロークへの影響

パターの重さは当然ストロークに影響を及ぼします。これは総重量だけではなく「スイングバランス(単にバランスとだけ呼ぶこともあります)」が重要な要素となります。
総重量が全体の重さだということはおわかりになると思いますが、では「スイングバランス」とはいったい何でしょうか?
これは簡単にいえば「持った時(振った時)にどれくらい重さを感じるかの値」です。一応計測方法は決まりがありますが、要は先端がどれくらい重いかということです。
野球をやったことがある方なら想像がつくかと思いますが、野球のバットを普通にグリップを持って振った時と逆に太い方を持って振った時では振った時にどちらが軽く感じるかというと、太い方つまり重いほうを持って振った時です。
パターの場合はヘッドを重く感じる度合をバランスとして表します。理屈の上ではうんと軽いものを振るよりも、ある程度の重さをもったもののほうがストロークは安定します。またバランスがあまり軽いものよりもある程度重さがあるほうが振り子の先が重いわけですから安定します。
ただし、あまり重いと今度は始動するのが大変になってしまい、無理に力を入れて動かさなくてはならなくなるので、逆にストロークは不安定になってしまいますから、この辺は自分にどれくらいの重さがあるのかを見極めなくてはなりません。
さて、ではストロークを安定させるためにパターは昔よりも重くなっているのかというと必ずしもそれだけが目的では無いといえます。

パターの重さとボールの転がり

パターが重いほうと軽いほう、どちらの方がボールが転がるのかといえば物理の教科書的に考えれば当然のことながら重いほうです。
しかし、不思議なのはPGAのツアープロが重いパターを使っていることです。
普段我々アマチュアがプレーするグリーンはだいたい9フィートから10フィートくらいの速さで、リゾートコース的なところですと8フィートくらいが多いようです。
いっぽうマスターズが開催されるオーダスタナショナルですと14フィートくらいと言われています。
数字だとイメージしにくいかもしれませんが、下りだと軽く触っただけで10m以上転がってしまうようなこともあるような速さです。
そんなグリーンでプレーするプロが、なぜわざわざ重いパターを使うのでしょう?
これは実際に軽いパター、重いパターを打ち比べていただくと良くわかりますが、重いパターのほうが圧倒的に転がりません。
軽いパターだと、どうしても手でパチンと打ってしまったりストロークスピードが速くなったりしてしまうので軽いほうが転がってしまいます。

まとめ

日本でも人気のパターは、ほとんどアメリカのメーカーのものです。ピン、オデッセイ、テーラーメイド、スコッティキャメロンなどですね。
しかし日本の比較的遅いグリーンでプレーする場合はパターが少し重すぎることもあります。必ずしも重いほうが良いわけではないのです。
パターを何本か持つ方も多いでしょうが、重量に着目して2本目、3本目を選ぶのも良いかもしれませんね。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

次々発売される新製品!ついつい欲しくなるけれど

次々発売される新製品!ついつい欲しくなるけれど

ゴルフメーカーは毎年春に新製品を発売します。各社の新製品が出揃い、マスターズが開催されて一気に盛り上がるのが例年のゴルフ用品市場です。大手メーカーは魅力的な宣伝文句で自社の新製品を売り出します。宣伝を …

2021/01/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでは右手は使ってはいけないのか?

ゴルフでは右手は使ってはいけないのか?

ゴルフのスイングでは右手を使うな、までストレートな表現ではなくても右手を使う弊害について書かれた記事やレッスン動画を目にしたことはあるのではないでしょうか。しかし右利きの人にとって右手は左手よりも力も …

2020/09/25|ゴルフウィズ編集部

バンカーショットが苦手なのは

バンカーショットが苦手なのは

初心者、初級者の方の苦手なショットの代表格ともいえるのがバンカーショットではないでしょうか?またレディースゴルファーの方も苦手にしている方が多いようです。いろいろとバンカーの打ち方を勉強しているはずな …

2021/04/15|ゴルフウィズ編集部

アマチュアがパッティングラインを読むには

アマチュアがパッティングラインを読むには

最近はセルフプレーのゴルフが主流で、多くの方がセルフでラウンドをなさっていることと思います。コースの各種の情報はカートに積まれているナビシステムであったり、GPSタイプのナビで見ることができます。また …

2020/04/10|ゴルフウィズ編集部

パターの選び方!ゴルフの初心者にオススメな方法はこれだ!

パターの選び方!ゴルフの初心者にオススメな方法はこれだ!

パターはグリーンの上でボールを転がすだけの道具。 ですが、実際は上手く使えばスコアで大きな助けになるクラブです! 他のクラブより種類が様々なので、ゴルフを始めたばかりでは選ぶのもとまどいますよね。 そ …

2019/10/31|ゴルフウィズ編集部

【初心者必見】コースを回るのに最低限必要な4本のゴルフクラブとは?

【初心者必見】コースを回るのに最低限必要な4本のゴルフクラブとは?

ゴルフクラブの種類は多いです。初心者だと何を使えばいいのかわからず悩んでしまいますよね。だからといって全部使おうとすれば、使い方を覚えなくてはならず、全部使えるように夏までにかなりの時間がかかってしま …

2017/02/17|ゴルフウィズ編集部

パターの距離感はセンスの問題?うまくつかんでスコアアップ

パターの距離感はセンスの問題?うまくつかんでスコアアップ

パターで大切なのは「距離感」と「方向性」ですね。 パターは比較的練習しなくても打ててしまうので、つい練習が足りなくなってしまいます。 そして肝心の、これが入ればバーディやパーとなる場面で失敗してしまう …

2020/02/03|ゴルフウィズ編集部

初心者におすすめのアイアン!「キャロウェイ BIG BERTHA BETA」

初心者におすすめのアイアン!「キャロウェイ BIG BERTHA BETA」

「初めに持つアイアンはどれがいいのだろう」と悩んではいないでしょうか。毎年新しいモデルが登場するアイアンは、初心者が選ぶには種類が多すぎるものです。そこで今回は、数多くあるアイアンの中から、初心者にお …

2017/12/03|ゴルフウィズ編集部

飛距離の悩みを解決!女性にオススメのドライバー3選!

飛距離の悩みを解決!女性にオススメのドライバー3選!

女性ゴルファーの方から、ドライバーの飛距離アップに悩んでいるという声を良く聞きます。 それはもしかすると、自分に合っていないドライバーを使っているからかもしれません。 今回は女性にやさしいドライバーを …

2018/02/20|ゴルフウィズ編集部

初中級者のボール選びアドバイス

初中級者のボール選びアドバイス

数ある球技の中でも、自分で自分の使うボールを選ぶことができるスポーツはそれほど多くありません。特にゴルフはボールの重要性が高く、プロはめったにボールを変えませんし、変える場合はオフシーズンに何度も何度 …

2020/11/09|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ