もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

コースでのパッティングのタッチの合わせ方

2021/06/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフではショートゲームが重要だと良く言われます。とりわけパッティングの重要性は言われるまでもなく痛感していることでしょう。ドライバーが曲がって林に入っても、2打目がトップしてもパターで入れてしまえばすべて帳消しです。
逆にせっかくナイスショットをつないでも3パットしてしまうとスコアにならないばかりかショックも大きいですよね。3パットしないために一番重要なのは距離感。ではコースで距離感、タッチを合わせるにはどうしたら良いのでしょうか。

なぜ距離感が合わないか

10mのパットが3mも4mもショートしてしまったり、逆に5mのパットを2mもオーバーさせてしまったりということは誰しも経験することだと思います。
これが1mくらいに収まってくれれば、スコアはずいぶん縮まってきますがこれが簡単ではありません。そもそもなぜ距離感が合わないのでしょうか?いくつか原因をあげてみたいと思います。

・練習不足
これが一番大きいでしょう。パッティングの練習というのはドライバーなどと違ってかなり地味です。爽快感があるわけでもなく、同じ姿勢を続けるので腰にも負担がかかります。
パッティングの練習が楽しいという方はあまり多くはないでしょう。
練習しなくても空振りはしませんから、少しでも長いクラブという気持ちにもなります。
それに第一練習する環境がありません。自宅のパターマットがせいぜいです。

・芯に当たらない
パターの芯は昔のパターに比べて随分と大きくなりましたが、実は芯に確実に当てるのはそんなに簡単ではありません。芯から外れてしまうと当然転がりに影響が出ます。

・フォームが狂う
長いクラブではスイングフォームを気にして一生懸命直しますが、パッティングフォームではそういう作業をしない方がほとんどでしょう。
普段グリーンでパッティングをしていないアマチュアが感覚で距離を合わせようとすると大オーバーや大ショートといったことがおきます。

距離感を合わせるには

では距離感を合わせるにはどういう方法が有効なのでしょうか。コースでの調整の前に普段の練習で心がけていただきたポイントをますあげてみます。

・芯に当てる練習
これは距離感だけでなくショートパットにも有効な練習です。距離は無視してます確実に芯に当てられるように練習を繰り返しましょう。

・手先を使わない練習
簡単にいうとパッティングのインパクトのあとに左手が甲側に折れないようにします。右手で距離を調整しようとするとインパクトのあとに左手が甲側に折れます。これをなくすよう両腕の三角形を最後まで崩さないようにストロークするようにします。

さて、では次に実際にコースに行って朝の練習グリーンで距離感を合わせるおすすめの方法をふたつご紹介します。

・得意な距離を打つ練習
3mでも5mでも構いません。普段自分が得意とする距離を打つ練習をしてその日のグリーンの速さをつかみます。カップに入れる練習ではないので、カップが無いところでもできます。

・得意な強さで打つ練習
逆に自分が一番気持ちよくストロークできる強さでボールを転がしてみるという方法もあります。
一番気持ちの良い振り幅というのは再現性も比較的高いので、これを繰り返してある程度ボールが同じ距離転がるようになったら、その距離が何メートルなのかを歩測します。今日のグリーンなら7m、今日は5mといった感じで一番振りやすいストロークでどれだけ転がるのかを把握していき、本番でアジャストしましょう。

まとめ

なかなか100を切れないという方はパッティングの距離感をうまく合わせられない方が多いようです。普段我々アマチュアがラウンドするグリーンはスピードもそれほど速くないですし、あまり極端にアンジュレーションがあるところにピンを切ることは多くありませんから、そこそこ寄せておけばなんとかなります。
最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが是非参考にしていただき、パット数を減らしていきましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

選ぶのが楽しい!自分にあったキャディバッグを探そう

選ぶのが楽しい!自分にあったキャディバッグを探そう

キャディバッグはウエアと並んでおしゃれができ、好きなものを選ぶことができるアイテムです。クラブはどうしても使えるもの使えないものがありますが、キャディバッグは初心者でも上級者同様好きなものを選べます。 …

2020/05/29|ゴルフウィズ編集部

万能過ぎる!7番アイアンのゴルフでの使用用途は?

万能過ぎる!7番アイアンのゴルフでの使用用途は?

アイアンの中には初心者ではなかなか扱いが難しいものもあります。 さらに数が多いので何から使い始めたら良いのかと悩んでしまいますよね。 そこでオススメしたのは7番アイアンです。 私自身、このアイアンを主 …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

パターの選び方はどうしたよいの?レディースの場合はこれ!

パターの選び方はどうしたよいの?レディースの場合はこれ!

キーワード:パター、選び方 大カテゴリ:ゴルフクラブ・用品 中カテゴリ:パター レディースのパターの選び方はどのようにしたら良いのでしょう。 アイアンやウッドはレディースのセットなどで購入しますよね! …

2019/07/02|ゴルフウィズ編集部

欠点、クセとのつきあい方について

欠点、クセとのつきあい方について

最近はあまり使いませんが、無くて七癖なんて言葉もあります。 ゴルフに関しては「無くて」どころか一人ひとり非常に強いクセがあるのが普通です。 ゴルファーなら誰しもクセや欠点を直して良いスイングをしたいと …

2021/03/11|ゴルフウィズ編集部

パターのサイトラインはいらない?気になる時はこうしよう!

パターのサイトラインはいらない?気になる時はこうしよう!

パットの方向性をより高めるために付いている、パターのサイトライン。 重要な役割を担ってくれる一方で、イップスなどパッティングに悩みがある時にサイトラインが気になってしまう場合もあります。 そのラインを …

2021/05/03|ゴルフウィズ編集部

これであなたもバックスピンをかけることができる

これであなたもバックスピンをかけることができる

プロゴルファーのプレーをテレビで観戦していると、グリーン上で球がピタリと止まったり、ピン目指してバックスピンがかかって球が戻ってきたりするシーンを見かけて驚きます。 トッププロになるとこのスピン量を自 …

2017/11/21|ゴルフウィズ編集部

アイアンのミスを減らす!ミスに強いおすすめのアイアン3選

アイアンのミスを減らす!ミスに強いおすすめのアイアン3選

ゴルフコースで使用する機会の多いアイアンは、スコアに大きな影響を与えるクラブです。ミスに強いアイアンを使用することは、スコアを縮めることにも繋がりますし、何より思い通りのショットが打てることはゴルフを …

2017/12/02|ゴルフウィズ編集部

自宅で上達。パター練習法

自宅で上達。パター練習法

ゴルフのパーは72。コースにより少し変わりますが基本的には72でコースは設計されています。この72という数字、半分はショットの数、残りの半分はパッティングの数だというのはご存知でしたでしょうか?それく …

2019/10/09|ゴルフウィズ編集部

車が無い!キャディバッグの運び方

車が無い!キャディバッグの運び方

ゴルフに行くのに車が無いのはかなり不便ではあります。なかでもキャディバッグをどうやって運ぶかは頭を悩ませるところです。そこで今回は車が無い方のキャディバッグの選び方、運び方についてアドバイスをさせてい …

2020/11/16|ゴルフウィズ編集部

風の日のゴルフ はどうプレーする?

風の日のゴルフ はどうプレーする?

ゴルフは自然の中でおこなうスポーツですから天候の影響は非常に大きいものになります。中でも雨はいろいろと注意が多いのですがスコアということだけを考えればむしろ風のほうが注意点が多いと言っても良いでしょう …

2020/06/25|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ