もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

コースでのパッティングのタッチの合わせ方

2021/06/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフではショートゲームが重要だと良く言われます。とりわけパッティングの重要性は言われるまでもなく痛感していることでしょう。ドライバーが曲がって林に入っても、2打目がトップしてもパターで入れてしまえばすべて帳消しです。
逆にせっかくナイスショットをつないでも3パットしてしまうとスコアにならないばかりかショックも大きいですよね。3パットしないために一番重要なのは距離感。ではコースで距離感、タッチを合わせるにはどうしたら良いのでしょうか。

なぜ距離感が合わないか

10mのパットが3mも4mもショートしてしまったり、逆に5mのパットを2mもオーバーさせてしまったりということは誰しも経験することだと思います。
これが1mくらいに収まってくれれば、スコアはずいぶん縮まってきますがこれが簡単ではありません。そもそもなぜ距離感が合わないのでしょうか?いくつか原因をあげてみたいと思います。

・練習不足
これが一番大きいでしょう。パッティングの練習というのはドライバーなどと違ってかなり地味です。爽快感があるわけでもなく、同じ姿勢を続けるので腰にも負担がかかります。
パッティングの練習が楽しいという方はあまり多くはないでしょう。
練習しなくても空振りはしませんから、少しでも長いクラブという気持ちにもなります。
それに第一練習する環境がありません。自宅のパターマットがせいぜいです。

・芯に当たらない
パターの芯は昔のパターに比べて随分と大きくなりましたが、実は芯に確実に当てるのはそんなに簡単ではありません。芯から外れてしまうと当然転がりに影響が出ます。

・フォームが狂う
長いクラブではスイングフォームを気にして一生懸命直しますが、パッティングフォームではそういう作業をしない方がほとんどでしょう。
普段グリーンでパッティングをしていないアマチュアが感覚で距離を合わせようとすると大オーバーや大ショートといったことがおきます。

距離感を合わせるには

では距離感を合わせるにはどういう方法が有効なのでしょうか。コースでの調整の前に普段の練習で心がけていただきたポイントをますあげてみます。

・芯に当てる練習
これは距離感だけでなくショートパットにも有効な練習です。距離は無視してます確実に芯に当てられるように練習を繰り返しましょう。

・手先を使わない練習
簡単にいうとパッティングのインパクトのあとに左手が甲側に折れないようにします。右手で距離を調整しようとするとインパクトのあとに左手が甲側に折れます。これをなくすよう両腕の三角形を最後まで崩さないようにストロークするようにします。

さて、では次に実際にコースに行って朝の練習グリーンで距離感を合わせるおすすめの方法をふたつご紹介します。

・得意な距離を打つ練習
3mでも5mでも構いません。普段自分が得意とする距離を打つ練習をしてその日のグリーンの速さをつかみます。カップに入れる練習ではないので、カップが無いところでもできます。

・得意な強さで打つ練習
逆に自分が一番気持ちよくストロークできる強さでボールを転がしてみるという方法もあります。
一番気持ちの良い振り幅というのは再現性も比較的高いので、これを繰り返してある程度ボールが同じ距離転がるようになったら、その距離が何メートルなのかを歩測します。今日のグリーンなら7m、今日は5mといった感じで一番振りやすいストロークでどれだけ転がるのかを把握していき、本番でアジャストしましょう。

まとめ

なかなか100を切れないという方はパッティングの距離感をうまく合わせられない方が多いようです。普段我々アマチュアがラウンドするグリーンはスピードもそれほど速くないですし、あまり極端にアンジュレーションがあるところにピンを切ることは多くありませんから、そこそこ寄せておけばなんとかなります。
最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが是非参考にしていただき、パット数を減らしていきましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ウェッジ初心者にはこれ!「ブリヂストン TOUR B XW-2」

ウェッジ初心者にはこれ!「ブリヂストン TOUR B XW-2」

ウェッジ選びで悩んではいないでしょうか。アプローチやリカバリーで使用するウェッジは、シャフトが短く比較的簡単にスイングを覚えやすいクラブです。スイングを安定させやすい分ウェッジの性能がパフォーマンスに …

2017/12/07|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ中にイライラした時の対処法は?

ゴルフ中にイライラした時の対処法は?

ゴルフをしていると当然、ミスが起こります。1回だけならいいのですが、何回も続くと徐々にイライラが積もってきてしまいます。すると、周りの空気も悪くなってしまい、せっかくのゴルフが楽しめません。 さらに、 …

2017/09/16|ゴルフウィズ編集部

日本のゴルフクラブ発祥の地ってどこ?

日本のゴルフクラブ発祥の地ってどこ?

突然ですが日本でのゴルフクラブ発祥の地、というのがどこかご存じでしょうか?はじめて日本でアイアンクラブを作ったのはちょっと意外な土地。その後も地場産業のひとつとして発展し日本のゴルフクラブの歴史に名前 …

2020/12/23|ゴルフウィズ編集部

パターの選び方の基本

パターの選び方の基本

ゴルフのスイング、ショットの悩みはつきませんが、ある程度ラウンド経験を積んでいくととにかくパッティングに悩まれる方が多いようです。ドライバーやアイアンと違ってボールがあちこちに散らかってしまってり、ザ …

2019/12/23|ゴルフウィズ編集部

ラインの読み方総まとめ

ラインの読み方総まとめ

パットを打つ際、ラインを読まずに打つ方はいないと思います。誰しもラインを読むのですが、ラインの読み方は人それぞれです。 ここでは様々なラインの読み方を羅列していきます。   まずは山がどこに …

2017/09/29|ゴルフウィズ編集部

パターの選び方!ゴルフの初心者にオススメな方法はこれだ!

パターの選び方!ゴルフの初心者にオススメな方法はこれだ!

パターはグリーンの上でボールを転がすだけの道具。 ですが、実際は上手く使えばスコアで大きな助けになるクラブです! 他のクラブより種類が様々なので、ゴルフを始めたばかりでは選ぶのもとまどいますよね。 そ …

2019/10/31|ゴルフウィズ編集部

飛ばすウッド!「キャロウェイ GBB EPIC STAR」

飛ばすウッド!「キャロウェイ GBB EPIC STAR」

スコアが100を切るまでは使わない方が良いなんて意見もあるウッドは、ゴルフクラブのなかでも特に扱うのが難しいクラブです。ドライバ―並みのシャフトでありながらドライバーよりも小さいヘッドであるため、苦手 …

2017/12/18|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ場ではよく「トップしたー」とか「しまった、ダフった」という悲鳴をよく耳にします。ゴルフは止まった球を打つだけのスポーツなのですが、実はこれが難しいのです。飛ばそうと力が入ったり、右にいったらOB …

2017/10/30|ゴルフウィズ編集部

かわいいし飛ぶ!おすすめレディースゴルフボール3選

かわいいし飛ぶ!おすすめレディースゴルフボール3選

女性ゴルファーのみなさんはボールはどんなものを使っていますか? 男性用の色がかわいいものを使ったり、あるいは気にしたことが無いという方もいるかもしれませんね。 しかしレディースボールには女性に合わせた …

2018/03/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで練習場とコースのスイングが別人になるのはどうして?

ゴルフで練習場とコースのスイングが別人になるのはどうして?

次のゴルフに向けて練習場で一生懸命練習。 そのかいあってナイスショットが出るようになったのに、いざコースに出ると練習場と違って全然ダメ。 そのダメさ加減が「別人並み」となると納得いきませんよね。 そん …

2022/12/19|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ