もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

新しいパターの定番となった「ツノ型」はどのようなもの?

2021/12/30|ゴルフウィズ編集部

つては奇抜なイメージだったパターの「ツノ型」も、今では多くのメーカーが最新モデルの形状として採用しています。
どうしてここまでツノ型が定番化できたのか。
それは、パターに必要なあらゆる要素がツノ型にはバランスよく詰め込まれているからといいます。
見ていきましょう。

ツノ型はマレットとブレードのいいとこどり

マレットのモデルのひとつのような「ツノ型」パターですが、実はブレードのように感性を生かしやすい要素も含まれています。
パターとしての性能を考えると、様々な面で「ど真ん中」なモデルなのです。
その特徴はつぎの通りです。

【FP小でシャフトの動きとフェース向きが同調しやすい】
ツノ型はシャフトの中心線の延長線上とリーディングエッジの幅を示すFP(フェースプログレッション)がゼロに近いものが多いのが特徴です。
シャフトの延長線上に芯がある感覚になるので、方向性が整いやすく、繊細なタッチが出せます。

【慣性モーメントが大きくミスヒットに強い】
ヘッドに奥行きがあって芯が広く、慣性モーメント(ヘッドの水平方向へのボールの回りにくさ)の大きさと相まって、ミスヒットした時の寛容性に優れています。

【2つのラインはボールの転がりがイメージできる】
ツノの内側に平行かつ真っすぐな2本のラインがあることによって、ターゲットに向かって抜群に構えやすくなります。
また、ボールの大きさに近い幅になっているので、ボールが打ち出される真っすぐなラインもイメージしやすいです。

【お尻の上がった形なのでほどよいアッパー軌道で打てる】
ヘッドの後方に大きく伸びたツノによって、視覚的に適正なアッパーブローに打つイメージがわきます。
また、反るようにお尻が上がっているので、ヘッドの後方がグリーンに当たるミスも出にくく、安定して強い転がりのボールが打てます。

形状についていうと、ツノ型は真っすぐ構えやすく、マレット的形状で安定感もあります。
一見、形としては奇抜ですが実はパターとしてはど真ん中な形状なのです。

さらにストロークとの相性を考えても万能なパター。
ツノ型はヘッド後方にかけてツノが狭まっていくのがポイントです。
ツノの内側を見て直感的にも打てますし、外側を見て弧の軌道でも打てます。
どんな打ち方にも対応できる形状ということですね。

感性を活かすなら軽めで重心角小がいい

万能的な性能を持つツノ型ですが、モデルごとにしっかり個性もあります。
総重量と重心角でパターを分類すると自分に合った最適な打ち心地とモデルがわかります。

【重心角】
フェース開閉のしやすさに直結するのが重心角。
重心角が小さければ、ブレード感覚でストロークしやすく、90度に近いほどまっすぐな挙動になります。

【総重量】
総重量はクラブ全体の慣性モーメントに影響します。
重ければオートマティックに打ちやすく、軽ければ自分で強さをコントロールできるので感性が生かせます。

たとえば重心角が大きくて総重量が重いパターだったら、ゆったり振ってしかりラインが出せるので、ストローク中の挙動は抜群に安定する。
逆に重心角が小さくて総重量が軽かったら、しっかり自分でターンさせられるのでボールが捕まりやすくなる。
これは右に打ち出すミスが多い人、感性を大切にしたい人にオススメです。

以上のような総重量と重心角を見つつ、現在の使っているエースパターを基準に選ぶのがオススメです。

今ブレードパターを使っているなら、重心角の小さいモデルをまず試すことです。
そのうえで、安定感を高めるなら重いモデルを、感性重視なら軽めを試していくと、最適なモデルが見つかります。

まとめ

「ツノ型」のパターは意外にも性能的にど真ん中なので、マレット型からでも、ブレード型からでも、替えやすいのが最大のメリットです。
そしてモデルごとにしっかり個性があるので、総重量と重心角を見て自分に合った最適な打ち心地とモデルを見つけていきましょう。
最後は構えた感じで「これだ」と思えれば愛用のパターとなること間違いなしですね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフでは右手は使ってはいけないのか?

ゴルフでは右手は使ってはいけないのか?

ゴルフのスイングでは右手を使うな、までストレートな表現ではなくても右手を使う弊害について書かれた記事やレッスン動画を目にしたことはあるのではないでしょうか。しかし右利きの人にとって右手は左手よりも力も …

2020/09/25|ゴルフウィズ編集部

3番ウッドのメリットとデメリットとは?

3番ウッドのメリットとデメリットとは?

ゴルフをしていると意外と使用頻度の高い3番ウッド。形はドライバーの縮小版のような見た目となっています。ただ、ドライバーと違うのは、重心がヘッドの後ろに寄っているため、高い弾道のショットが打てるのも魅力 …

2017/08/21|ゴルフウィズ編集部

セルフプレーに便利!サブバッグ

セルフプレーに便利!サブバッグ

最近のゴルフといえば、もっぱらセルフプレーが主体です。料金はキャディさんつきにくらべかなり抑えられますし、カートにはいろいろな情報が表示され便利になってきています。一方プレイに関わることは全部自分でや …

2020/04/15|ゴルフウィズ編集部

転がり伸びるパター!「オデッセイ O-WORKS#7」

転がり伸びるパター!「オデッセイ O-WORKS#7」

「パターの距離感を掴むのが難しい」と悩んではいないでしょうか。芝の状態や傾斜、風の影響など、パターでは距離感をつかむために多くの情報を考慮しなければいけません。ゴルフを始めたばかりの初心者はもちろんの …

2017/12/11|ゴルフウィズ編集部

冬メンテの定番!グリップ交換の注意点

冬メンテの定番!グリップ交換の注意点

冬場はラウンドを控えて少し暖かくなるのを待つ方も多いのではないでしょうか。 トップシーズンにはできないスイングの改造などとともに道具のメンテも冬場にやってしまいたいですね。 そんな冬メンテの定番といえ …

2021/01/25|ゴルフウィズ編集部

シャフトの調子って?~自分に合ったシャフトの選び方~

シャフトの調子って?~自分に合ったシャフトの選び方~

夏も中盤となりつつある8月は新製品の発表が次々と行われていきます! 1年ごとのモデルチェンジとなるシャフトはこの時期新製品の試打会が多く開催されています。 USTマミヤさんからはアッタスシリーズ9代目 …

2017/10/26|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のためのクラブの種類と特徴

ゴルフ初心者のためのクラブの種類と特徴

ゴルフでは必ずクラブを使用して球を飛ばさなければならないというルールがあります。ですから1本のクラブは絶対に必要です。ドライバーを含めたウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジ、パター大きく分けても …

2017/11/04|ゴルフウィズ編集部

パターの選び方!ゴルフの初心者にオススメな方法はこれだ!

パターの選び方!ゴルフの初心者にオススメな方法はこれだ!

パターはグリーンの上でボールを転がすだけの道具。 ですが、実際は上手く使えばスコアで大きな助けになるクラブです! 他のクラブより種類が様々なので、ゴルフを始めたばかりでは選ぶのもとまどいますよね。 そ …

2019/10/31|ゴルフウィズ編集部

自分にあったボールを選ぶコツとは?

自分にあったボールを選ぶコツとは?

クラブを購入するときにはじっくりと試打を行い、候補の中で最大限自分に合ったクラブを選び抜く方が多いと思いますが、果たしてボールはどうでしょうか。どうせ無くしてしまうからなるべく安いボールを購入しよう。 …

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

まだまだ速く強く飛ばしたい!ドライバースイングの作り方

まだまだ速く強く飛ばしたい!ドライバースイングの作り方

ドライバーの飛距離をまだまだ伸ばしたいゴルファーは、この方法で限界突破! ゴルフのスコアは飛距離だけではないとはいえ、飛べばゴルフはもっと楽しくなります。 もっと強く飛ばせる打ち方をマスターすると、飛 …

2022/06/09|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ