もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ウェッジの王様!「タイトリスト SM6」

2017/12/08|ゴルフウィズ編集部

芝や砂などの障害物ごとショットする機会も多いウエッジは、苦手とする方が多いクラブの1つです。「可能であれば使用したくない」と思う方もいるかもしれませんが、コースでのウェッジ使用率は高く、スコアを縮める上では技術の向上が必須の課題といえます。

とはいえ「練習場の人工芝とコースでは全然違う」と感じる方も、少なからずいるのではないでしょうか。そこで今回ご紹介したいのは、アプローチやバンカーショットを楽にさせてくれるウェッジです。

少ない練習量でも理想的なショットが打てるようになるウェッジと、なぜアプローチやバンカーショットに強いのかという理由をご説明しますので、ウェッジが苦手な方はぜひ参考にしてみてください。

ミスに強いウェッジとは

ミスに強いウェッジとは、地面に刺さりにくい、ダフりづらいウェッジのことをいいます。「自分はトップしてしまうミスが多いから関係ない」と考えた方もいると思いますが、トップしてしまうミスが多い方にもダフりづらいウェッジが有効です。

そもそもトップしてしまうミスというのは、ダフることを避けようとして発生してしまいます。トップするミスの場合、ボールをすくうようなスイングをしてしまうため、フェースの下部だけがボールに当たってしまうのです。

しかし、ラフやバンカーなどからのウェッジショットでは、少しダフるくらいがちょうど良く、ボールを打ち込んでいくイメージでスイングするのが適した打ち方です。つまり、トップのミスをしてしまう方でもダフりに強いウェッジを使用した方が、今後の上達を考えたうえでも良いといえます。

話を戻しますが、ダフりに強いウェッジの特徴としては、ソール幅が広いウェッジもしくはバウンス角の大きいウェッジがそれにあたります。ソール幅やバウンス角が広く大きいウェッジは、地面へ刺さってしまうことを防ぎつつボールをとらえてくれるので、ダフりを避けようとしてトップすることもありません。

アプローチにもバンカーショットにも対応したウェッジ「タイトリスト SM6」

今回、ご紹介するおすすめのウェッジは「タイトリスト SM6」です。ツアープロからの人気も高いこちらのウェッジは、ロフト角ごとに異なった重心設計がなされているのがその特徴。

ロフト角に合わせてスイングを変える必要がないので、オートマチックに安定した距離感で打つことが可能です。また、フェースの溝もロフト角ごとに調整されており、溝と溝の間にはスピンをかけやすくする「パラレルミーリング」が施されているため、スピンコントロールの面でも優秀です。

4種類あるソールからは、最も幅が広い「Kグラインド」を選ぶことをおすすめします。「Kグラインド」のソールは両端が丸みを帯びているので、アプローチやバンカーショットの際、芝や砂の中をヘッドが滑るようなスイングができます。

アプローチやバンカーショットでは、ダフり気味にショットするのが適した打ち方です。ダフることやトップすることでウェッジを苦手だと感じているのであれば、オートマチックにスイングできる「タイトリスト SM6」を使用してみることをおすすめします。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフ初心者・中級者がスライスしないでドライバーショットするコツ

ゴルフ初心者・中級者がスライスしないでドライバーショットするコツ

ゴルフではほとんどのホールで1打目にドライバーを使用します。ドライバーは一番飛距離の出るクラブですので、1打目で正確にフェアーウェイを捉えることができると2打目以降は楽にショットができます。しかし飛距 …

2017/10/08|ゴルフウィズ編集部

飛距離が伸びるアイアン!「ヤマハ inpres UD+2」

飛距離が伸びるアイアン!「ヤマハ inpres UD+2」

アプローチのイメージが強いアイアンですが、ロングホールの2打目やショートホールのティーショットなど、アイアンで飛距離を出したい場面は多くあります。ところが、「ドライバーやウッドでは飛距離が出過ぎてしま …

2017/12/04|ゴルフウィズ編集部

ウッドで差をつける!2017年おすすめのウッド3選

ウッドで差をつける!2017年おすすめのウッド3選

「自分にはどのウッドが合うんだろう」と悩んでいないでしょうか。ドライバーに次いで飛距離を稼げるウッドは、距離が出る分、扱うのが難しいクラブです。「曲がってしまう」「飛距離が出ない」「弾道が低い」このよ …

2017/12/09|ゴルフウィズ編集部

バウンス角はクラブのソールの抜けを左右する重要ポイント!

バウンス角はクラブのソールの抜けを左右する重要ポイント!

ゴルフクラブのソールの抜けを左右する重要ポイント「バウンス角」。 ウェッジでよく耳にしますが、他のアイアンでも、バウンス角はソールの抜け具合に影響します。 その効果はクラブの形状だけでなくフェースの開 …

2022/03/10|ゴルフウィズ編集部

ウェッジ何本入れますか?

ウェッジ何本入れますか?

アイアンはセットで購入するものですが、だいたい6番アイアンからPWまでのセットというのが今の主流のようです。実際にラウンドする場合最低限これにSWが必要になりますが、それPW、SW以外にもウェッジを追 …

2021/04/29|ゴルフウィズ編集部

パッティング上達のコツ

パッティング上達のコツ

ゴルフのスコアの半分はパッティングの数です。初心者、初級者の方ですとグリーンに到達するまでにかなりの打数を打ってしまうこともあるので、あまり重要には感じないかもしれませんが、ゴルフの上達にパッティング …

2020/08/31|ゴルフウィズ編集部

ドライバーのヘッドはなぜチタン製なのか

ドライバーのヘッドはなぜチタン製なのか

今、特殊なものを除けばドライバーのヘッドというのは、ほとんどがチタン製です。普段なんの疑問もなく使っていらっしゃるかもしれませんが、そもそもなぜチタンでできているのでしょうか?チタンだと飛ぶからでしょ …

2020/05/26|ゴルフウィズ編集部

便利なはずのユーティリティが上手く打てない場合の対策は?

便利なはずのユーティリティが上手く打てない場合の対策は?

ゴルファーにとって使いやすくて応用範囲も広い「ユーティリティ」。 ところが便利で万能なはずのクラブなのになぜか上手く打てないという悩みも出てきますね! ユーティリティはフェアウェイウッドとアイアンの中 …

2020/05/14|ゴルフウィズ編集部

とにかくまっすぐドライバーで飛ばしてフェアウェイキープ!

とにかくまっすぐドライバーで飛ばしてフェアウェイキープ!

「ゴルフは飛ばし合いではない」とわかっていても、ドライバーを手にするとつい飛距離が気になりますよね。 しかしスコアを求めるなら、ボールをまっすぐ曲げないことが重要になってきます。 ドライバーでまっすぐ …

2020/11/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場のベテランキャディーさんも驚いた!ニコンの距離測定器

ゴルフ場のベテランキャディーさんも驚いた!ニコンの距離測定器

手振れ機能を搭載したレーザー測定器は世界初! 測定する距離が長ければ長い程、照準を合わせにくくなりますが、この「ニコンCOOLSHOT 80i VR」は、扱いやすいコンパクトサイズなのに手振れ補正機能 …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ