もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

グリーン上のマナー?お先にとオッケーを再確認しましょう

2018/03/16|ゴルフウィズ編集部

グリーンでプレーしていると遠い人から順番に打つはずなのに、近い人が「お先に」と言って打つことがあります。
また「それオッケーでいいよ」とカップインまであと少しだけども、入ったことにしてくれる場合もあります。
よく見る光景ですが、その意味やどんな時に使えるのか、きちんと理解されていますか?
実はこの2つは使い方を間違ってしまうと、恥ずかしいばかりかヒンシュクを買ってしまうこともあります。
そんなことにならないように、お先にとオッケーを再確認しておきましょう。

スピードアップにつながる「お先に」

ゴルフではティーショット以外ではカップから遠い人から順に打っていくのが原則です。
しかしこれは絶対に外さないであろう距離にボールがあれば、「お先に」と宣言して周りの了解を得て先に打つ事をさします。
絶対に外さない自信があるからお先に宣言をするわけなので、外すとかなり恥ずかしいです。
また宣言をしたら素早く打つのがマナーです。

また明らかに外しそうな距離なのに、早く打ちたいがためにお先にをしている人がいますが、それで外したりするとヒンシュクなので注意しましょう。

自分のボールが他の人のパッティングライン(パットしたボールの通り道)と重なったり、
他の人がパッティングで立つところにマーカーがかかる場合などは特に使われます。

拾ってマークしてまた戻して、という時間が省けるので上手に使えばプレーのスピードアップにもなります。
ちょっと進行が遅れ気味、前の組と空いてしまった場合等は同伴者と了解した上で積極的に使いましょう。

間違って覚えるとかなりヒンシュクなオッケー

これは普通に打てば入るだろうという距離で、パットをして入った事にしていいよと周りの人が言ってくれる合図です。
お先にと違って仲の良い者同士のプライベートなプレーに限って許される場合が多いので注意しましょう。

最も気を付けたいのがオッケーと言われて拾い上げたら、必ず一打プラスすることです。
その先のパットを打って入った事にしていいよ、のオッケーなので必ず追加しましょう。
オッケーの言葉の印象からか結構拾い上げてプラスしない人がいますが、それがわかるとかなりヒンシュクです。

そしてもう一つの注意点はオッケーの距離です
あまりにも遠いのにオッケーばかりしていると、結局は腕前があがりませんし、普段一緒に回らない人たちとプレーする時に苦労してしまいます。
初心者の人ががかなり打数を打っている場合や、進行が遅れ気味で急いでいる場合は少し遠目でも良いと思いますが、なるべくなら50センチ程度にしておいた方が良いでしょう。

また気心が知れた仲では自分から「オッケーでいい?」と周りに聞く事もありですが、あまりに1打では微妙な距離でもオッケーを求めると、真面目にやりたい人からするとちょっとシラケてしまうので気を付けましょう。

プレイファーストとの兼ね合い

ところでゴルフの最も大切なマナーとも言われるプレイファーストはご存知ですか?
自分たちのプレーが遅いと後ろに続く組の人たちを待たせてしまうだけでなく、冬場だと最後尾の組が日暮れで途中でプレーが終わりになってしまう可能性さえあります。
ですのでショットは慎重でもいいのですが、それ以外の行動はなるべくテキパキやってスムーズに進めよう、というのがプレイファーストです。

そこで前の組と間隔が開いてしまい遅れ気味かな、という時は今回のお先にやオッケーを積極的に使いましょう。
あとわずかでカップインする、という時にまでいちいちボールを拾い上げていては時間がかかってしまいます。

ただし本来はそれらを使わなくても遅れないのが理想であり、あくまでスムーズな進行のために特別に許されていることは覚えておきましょう。

まとめ

お先にやオッケーを使うと進行がスピーディーになるだけでなく、プレーがスマートに見えてちょっとかっこいいですよね。
しかし使う場面や周りの人のことを考えないと、逆にイメージダウンになりかねないものでもあります。
今一度しっかり意味やタイミングを見直して、上手に使いこなしましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

女性ゴルファーが自宅で練習する方法

女性ゴルファーが自宅で練習する方法

自宅での練習環境が充実していれば、打ちっぱなし練習場に行く回数も少なくて済み、低コストで上達できます。休日だけでなくちょっとした暇な時間があれば、練習ができ便利です。お金をかけずに練習環境を、自宅に作 …

2018/07/30|ゴルフウィズ編集部

暑いからとやってはいけない!マナー違反のウェアファッション

暑いからとやってはいけない!マナー違反のウェアファッション

まだまだ暑さは続きますが、屋外でのスポーツはこの暑ささえも、楽しみのスパイスになる事もあります。もちろん、体調には十分に注意が必要ですが、ゴルフにはドレスコードがあります。 ウェアファッションにもこだ …

2018/08/06|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの前夜は緊張で眠れない!無理に早寝しなくても大丈夫

ゴルフの前夜は緊張で眠れない!無理に早寝しなくても大丈夫

明日のゴルフのために早く寝よう!ところが緊張のためかなかなか眠れない。 睡眠時間が短くなる状況に焦って頑張って寝ようとしてしまいますが、実はそんなに睡眠をとらなくても翌日のゴルフには影響はないそうです …

2021/06/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場のグルメ事情とは?食事が人気のコースをご紹介!(関東編)

ゴルフ場のグルメ事情とは?食事が人気のコースをご紹介!(関東編)

ゴルフ場の食事は、スキー場と並んで高くてイマイチと思っている人はいませんか?! 実は今、食事に力を入れているゴルフ場が増えてきているんです! 美味しい食事と楽しいゴルフ、両方を楽しめるゴルフ場をご紹介 …

2017/12/27|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで暫定球を使うタイミングとマナーは?

ゴルフで暫定球を使うタイミングとマナーは?

ショットした際、ゴルフボールがどこへ飛んでいったのかを見失うことがあります。もしも、ゴルフボールがOBやウォーターハザードに入ったのに、気が付かずに進んでしまえば、打ち直しなどかなり面倒です。 そこで …

2017/09/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースを回るのに最適なシーズンは?

ゴルフコースを回るのに最適なシーズンは?

ゴルフコースを回るならやっぱり一番快適な時期がいいですよね。気持ちのいい気温で、コースを回れば体力にも余裕が出て、スコアがよくなる可能性もあります。それに、気持ちよく回れれば、またゴルフに行きたいと思 …

2017/08/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフスイングの目に見えない「軸」というものの真相はこれ

ゴルフスイングの目に見えない「軸」というものの真相はこれ

ゴルフのスイング中によく「軸を保って振ること」などと「軸」について言われることがあると思います。 昔からレッスンなどで耳にすることですが、その軸というのは実際には目に見えないものですよね。 自分で感じ …

2022/04/07|ゴルフウィズ編集部

初心者必見!一目置かれるスマートゴルファーを目指していこう

初心者必見!一目置かれるスマートゴルファーを目指していこう

自分はゴルフの初心者。だからコースで大目に見てもらおうと適当に準備すると痛い目をみます。 マナーが重視されるゴルフでは、腕前にかかわらずスマートゴルファーであることも大切ですね。 練習ももちろん大事で …

2021/10/25|ゴルフウィズ編集部

持っていますか?グリーンフォーク

持っていますか?グリーンフォーク

2020年の調べによるとゴルフをプレーする若い人が増えているそうです。先細りが心配されていたゴルフ業界にとってはとっても明るいニュースです。 プレー料金の値下げや一人予約、予約サイトによるビジターだけ …

2020/11/19|ゴルフウィズ編集部

取引先の方や会社の上司とのコンペ。ウェアはどうするべき?

取引先の方や会社の上司とのコンペ。ウェアはどうするべき?

取引先の方や会社の上司とのゴルフは、普段見られない一面が知れたりしてとっても素敵ですが、そういった場で粗相があってしまっては相手のお顔に泥を塗ってしまうかも知れません。 そんな時に気になるのは第一印象 …

2018/03/23|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ