もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

常識があれば大丈夫!ゴルフのマナーと上手に付き合うコツ

2022/08/18|ゴルフウィズ編集部

マナーが大事と言われるゴルフ。
特にビギナーの方だと戸惑うことばかりかもしれません。
マナーのことが気になって実際のプレーに身が入らなかったりすると、せっかくのゴルフも楽しめないですよね。
どのくらい身に着ける必要があるのか、そのポイントをご紹介していきます。

マナーはすべてを覚える必要はない

ゴルフではマナーが大事とはいえ、ルールとは違って思うほど難しくはないです。
最低限わかっていればOKなのは、他の人に対すること。
 
・ 迷惑をかけない
・ 不快な思いをさせない

これらは社会的な通念とそう変わりはいので、一般的な常識があればほどなくして身につくでしょう。

【プレーファストを心がける】
そうはいってもゴルフ場に限ったマナーというのがあることは抑えたいところ。
ゴルフ場で一番大事にしたいのがプレーファスト。
プレーを楽しむ他の人の時間を奪わない、という考え方が根本にあります。
そのために必要な「手段」は、他の人をせかしたり、自分で焦って走り回ることではありません。

・ 移動の際はクラブを3本持つ
・ スムーズにカートに乗り込む
・ グリーンでスコアは付けない

などどれも合理的なことで、これらは一度行えば覚えてしまうことです。

【やっかいなマナーもある】
一方ゴルフならではのことで戸惑うのは、次のような正しいやり方がわかりづらいもの。

・ 旗竿の抜き差し
・ 目土入れ
・ ボールマーク直し

その中で、旗竿はどのタイミングで誰が抜くのか戸惑うことでしたが、3年前のルール改定後は、立てっぱなしでもよいということになりました。

目土については、バンカーをならすことよりおろそかにしている方が多いようです。
いつもはキャディさん任せとなってしまい、いざセルフで回るとなると芝を削った後に土を埋めるということを忘れがち。

もし実施したとしても、プレーファストを意識するあまりスコップでどさっと目土を落としてそのまま、ということもありますがそれはダメです。
目土の目的は、芝の修復はもちろんですが、他の人がディポット跡につかまって打ちづらくなることを防ぐということにあります。
足で踏んでシューズの跡が残らないようにサッと払うくらいで大丈夫です!

マナーは固くならずに雑にこなす

実はマナーというのは「雑にこなす」のがオススメです。

【マナーはサッとすます】
例えば洗面台を使ったら、手を拭いたペーパータオルなどでサッと台の周りの水滴をふき取る、というマナーがありますが、この感覚が大事なのです。

親切丁寧に水気を完璧にふき取る必要はなくて、時間をかけることもありません。
この感覚をラウンド中のマナーに取り入れてみるとスムーズにこなせるでしょう。
ただし雑にサッとすますには抑えるポイントがあります。

【ゴルフでのサッとすますポイント】
目土の場合だと必ず行いたい「踏みならす」のように、ボールマーク直しの場合だと「手早く周辺の芝を刺す」という行動に慣れたいところ。
最初は時間がかかりますが、次第に急いで「雑にこなせるようになる」ということでしょう。

ボールマーク直しはパットの打球に影響が出ない程度に直せば十分です。
それをサッとこなすには、よくある2本足のグリーンフォークではなく、1本足のもの、もしくはロングティを使うのがオススメです。

ボールマークはボールが芝をへこませているのではなく、周辺に芝土を押しのけているだけ。
なのでボール跡の底を持ち上げるのはダメで、周辺からかき集めて戻すのが正しいです。
その際2本足のグリーンフォークは刺してから軽くひねると簡単に芝土を寄せられる反面、根を切って芝草を枯らす原因にもなりやすいのです。

その点1本足のものだと周辺をサクサクと刺せばちょうどよくボールマークが埋まるし、根は切れません。
パターでならすのも含め1つ8秒ほどで直せればちょうどよいですね。

まとめ

ゴルフのマナーは難しそうですが、他の人を不快にさせないことを意識すれば複雑なことはありません。
さらにちょっと面倒な目土の処理やボールマーク直しがスピーディにできるようになれば一目置かれること間違いなしですね。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

女性もゴルフウェア は襟付きが必須?マナーに抵触しないためには

女性もゴルフウェア は襟付きが必須?マナーに抵触しないためには

最近ではゴルフを楽しむ女性も増えて来て、ゴル女なんて言葉も出て来ています。そして、女性向けのゴルフウェアもどんどん増えて来ています。ゴルフでは服装のマナーも重視されているスポーツだけに、服装のマナーも …

2018/06/13|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのラウンドで耳にするプレーファストのヒントはこれ!

ゴルフのラウンドで耳にするプレーファストのヒントはこれ!

ゴルフのラウンドでよく耳にする「プレーファスト」。 時間がかかりすぎるのは、他のプレーヤーへのマナー違反となるので気をつけましょう、ということですね。 だからといってバタバタと慌ただしくプレーするのは …

2020/02/18|ゴルフウィズ編集部

ビジターゴルファーの自分に合ったゴルフ場選び

ビジターゴルファーの自分に合ったゴルフ場選び

最近はメンバーコースを持たないゴルファーが多く、ビジターとしてゴルフ場を利用している人が多数。 一昔前はメンバー同伴でなければラウンド出来なかったゴルフ場も、近頃はビジターのみの受入もしてくれる場所が …

2017/09/24|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコンペに参加してゴルフのエンタメを楽しむ

ゴルフコンペに参加してゴルフのエンタメを楽しむ

ゴルフといえばコンペという催し物があります。ゴルフのエンタメ性を大いに楽しめるイベントです。 もちろん友人たちとプレッシャーなくラウンドするゴルフも楽しいのですが、緊張感のあるゴルフコンペもまたゴルフ …

2017/12/22|ゴルフウィズ編集部

ゴルフバッグをスマートに積める軽自動車

ゴルフバッグをスマートに積める軽自動車

軽自動車はいろいろありますが、ゴルフバックをスマートに積むことを、目的にした場合ダイハツ「ウェイク」がおススメです。ゴルフバックを縦にして、積むことができます。車内の作りも工夫されていて、使い勝手がい …

2019/01/09|ゴルフウィズ編集部

海外旅行をかねた海外ゴルフツアーの魅力をお伝えします。

海外旅行をかねた海外ゴルフツアーの魅力をお伝えします。

ゴルフ場は日本国内だけでもかなりの数がありますが、もちろん海外にも無数のゴルフ場があります。景観も日本とはまったく異なり、新鮮さに溢れています。 海外旅行をかねて「全米オープン」などの海外のメジャー大 …

2017/10/20|ゴルフウィズ編集部

はじめてのキャディ付きゴルフ

はじめてのキャディ付きゴルフ

今のゴルフはセルフプレーが多く、ゴルフをはじめてからずっとセルフプレーで回っているという方も少なくないのではないでしょうか。キャディさんがいてもいなくてもゴルフはゴルフですが、はじめてキャディさんが付 …

2020/10/08|ゴルフウィズ編集部

no image

海外でプレーする時女性のゴルフウェアは?日本との違いをチェック!

日本のゴルフ場は、最近はドレスコードに関しても寛容な場合も多くあります。ですが、海外のゴルフ場は、どのようなドレスコードを設けているのでしょうか? ここでは、日本のゴルフ場と海外のゴルフ場のドレスコー …

2019/03/08|ゴルフウィズ編集部

色んなゴルフ場を堪能出来るゴルフ遠征!準備に必要なことを教えます

色んなゴルフ場を堪能出来るゴルフ遠征!準備に必要なことを教えます

近場のゴルフ場に飽きてしまった人におすすめ! ゴルフ遠征の醍醐味は、ちょっとした旅行気分が味わえるところ。 また、普段は逢えない遠方の友達と合流してラウンドするのも楽しいですよね。 今回は遠征ゴルフの …

2018/01/05|ゴルフウィズ編集部

接待ゴルフの心得やポイント

接待ゴルフの心得やポイント

ゴルフの接待は趣味性が高いので、普段より沢山会話を交わすことができ、取引先企業の方と親しい雰囲気になり、今後の仕事もスムーズになります。慣れていない人の方がいい緊張感を持って、接待できますので心配いり …

2019/01/22|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ