もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

腰を痛めるスイングを知り予防対策

2019/05/07|ゴルフウィズ編集部

腰痛を経験した人に聞いてみれば分かりますが、腰を痛めますと本当につらいです。人間の身体は腰が丈夫でないと、思うように動くことができないと実感します。そのため、腰を痛める前に防ぐことが大切になってきます。

腰に力が入っていると腰を痛める原因に繋がる

誰でも上達したいと思いながら、スイングの練習をしていますので、一生懸命なため腰に力が入ってしまいます。腰をひねって素振りを行うのが、ゴルフクラブをスイングする基本ですが、腰をひねる際に腰に力を入れて、左右にひねっていると、何百回も練習を積んでいくうちに、腰を痛めてしまいます。

腰は腰痛が全く無い人でも、ある日突然ギックリきて、本当に辛い腰痛を抱えてしまいますので、油断は大敵と思っておきましょう。自分は腰が強いのでと、過信している人ほど腰を痛めます。腰痛の1番の原因は、腰に力を入れてスイングしているためです。そのため、スイングは腰に力は入れずに、遠心力を利用してクラブを素振りして、インパクトの際はトップスピードの瞬発力で、クラブにゴルフボールを当ててスイングして、飛ばすようにしましょう。この方法は、飛距離を伸ばすこともできます。

要は腰をひねってクラブをスイングするのではなくて、クラブを腕で左右に振ってみますと、自然に腰が回っています。この感じで縦に円を描くように、スイングしますと力を入れずに素振りできます。

移動中は軽くウォーミングアップ

ラウンドをする前は、体操かストレッチを行い、筋肉を柔らかくしておくと、腰痛も防ぐことができます。ラウンド中もカートに乗って、移動する人が多いと思われますが、座っている姿勢を続けますと、身体が硬まってしまうため、なるべく歩いて移動するか、歩きながら膝を屈伸したり、手を上に上げてみたり、腰を左右にひねったりして、軽くウォーミングアップしながら、移動するといいでしょう。

筋肉が柔らかい状態を保てますし、腰への負担も少なくなります。又、筋肉が温まっていますので、腰を温めることができていますので、腰痛を引き起こしにくい状態にできます。いつでも動き出せる体制を整えておくことで、クラブのスイング動作もスムーズになり、腰に負担をかけずにすみます。

腰を温めて腰痛を防ぐ

腰をすぐ痛める癖がついている人は、意識して腰痛対策を行う必要があります。ストレッチなどをして改善しても、癖がついているため、再び腰を痛める可能性があります。そのような場合は腰にカイロを貼ったり、腰巻きをして腰を冷やさないようにするといいでしょう。真夏の暑い季節以外は、ほぼ年中腰は温めておいて丁度いい状態です。

腰に巻く整体用のサポーターもありますので、腰を温めることもできますし、腰をサポートすることでスイングも楽にできます。ですが腰を痛めた場合は、やはり整体用のサポーターをしてまで、ゴルフをプレイするのはやめて、休養して腰痛を治療するのに専念した方がいいです。腰痛がそれほど酷くないのであれば、整体用のサポーターをしてゴルフでも大丈夫です。

又、冬の季節はゴルフを控えた方がいいでしょう。寒さで冷えてきますと、筋肉が硬くなり腰痛を引き起こしやすいです。冬の季節は暖かい、ゴルフ練習場などで練習するのみにしておくか、国内でも暖かい地域に移動してゴルフをプレイする、海外の暖かい国でゴルフを楽しむなど、ゴルフをする環境を工夫して、調整するといいでしょう。

まとめ

腰を痛める前に、ぜひ腰痛対策を行って、ゴルフをするのがおススメです。ゴルフに夢中になったあまり、日常生活に不便が感じられる状況になってしまっては、ゴルフが楽しくなくなります。腰痛対策をしておくと、普段の生活にも役立ちます。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフ場にやさしいプレーヤーになろう!紳士淑女に必要な配慮とは?

ゴルフ場にやさしいプレーヤーになろう!紳士淑女に必要な配慮とは?

私たちゴルファーにとって、無くてはならないゴルフ場。 しかし、ゴルファーの中には“お客様は神様です”神話をいつまでも引きずっている人も少なくありません。 ゴルフ場あってこそのゴルファーということを、忘 …

2017/12/31|ゴルフウィズ編集部

プレー直後のケアが分かれ道!?ニットのゴルフウェアのケア方法!

プレー直後のケアが分かれ道!?ニットのゴルフウェアのケア方法!

屋外で行うスポーツだからこそ、防寒のために暖かい服装をするのは、とっても重要です。冬の定番であるニットは、セーターであったりカーディガンだったり、または帽子だったりと幅広くアイテムとして使われています …

2018/12/10|ゴルフウィズ編集部

庭があれば自宅に設置できる練習スペース作り方

庭があれば自宅に設置できる練習スペース作り方

自宅にゴルフの練習スペースがあれば、いつでも練習できますし、友達を招いて一緒に練習しても楽しいでしょう。無料で何回も練習できるのは、ゴルフ好きな人にとって、すごく楽しい趣味にもなります。手作りでも設置 …

2018/12/19|ゴルフウィズ編集部

ゴルフは脳を活性化できる最適なスポーツ

ゴルフは脳を活性化できる最適なスポーツ

脳とは言ってもいろんな部位に分かれていますが、特に前頭連合野を鍛えることが、脳を活性化させるポイントです。ゴルフも上手くなり、頭も良くなりますので、役立つスポーツの種類と言えますし、いつでも実践できま …

2019/05/15|ゴルフウィズ編集部

実戦的な練習におすすめ!ゴルフのショートコースへ行こう!

実戦的な練習におすすめ!ゴルフのショートコースへ行こう!

みなさんはショートコースは利用したことはありますか? その名の通り1ホールが80ヤードから150ヤード程度と距離が短く、ホール数は9ホールが多くそれを2周まわるコースです。 普通のコースと比べると短く …

2018/04/03|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのスイングで意識するポイントは?

ゴルフのスイングで意識するポイントは?

ゴルフでスイングを上手に行うことは良いスコアを出すには重要な点です。上手にスイングができれば、ゴルフボールにミートさせやすくなり、ショットが安定するようになります。ショットが安定すれば、狙った場所や方 …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

ホールインワン保険は入っておくべき?

ホールインワン保険は入っておくべき?

ゴルフを一緒に楽しむ人が多いのであれば、ホールインワン保険が出る確率も低くないので、入っておくのもいいかもしれません。仲間にセミプロに近い上手な人がいれば、ホールインワンプレイが出る可能性もあります。 …

2019/02/04|ゴルフウィズ編集部

よく分からない「ゴルフ場利用税」を解説

よく分からない「ゴルフ場利用税」を解説

「ゴルフ場利用税」は基本的に、ゴルフ場を使用する人は支払う必要はありますが、非課税対象の方もいますし、課税されても軽減してもらえる都道府県もあります。課税される人と課税されない人と、違いは何か覚えてお …

2019/01/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのコーチになる方法

ゴルフのコーチになる方法

ゴルフコーチの仕事は、実は資格が無くても、コーチをしていい職業です。ですが資格を取得している方が、生徒を集めるために説得力がありますし、ゴルフ場やゴルフ練習場、スポーツクラブなど、どのような形態の職場 …

2018/12/04|ゴルフウィズ編集部

無料クラブ試打レンタルサービス

無料クラブ試打レンタルサービス

自分に合っているゴルフクラブを選ぶのは、なかなか難しいものです。例えば靴を選ぶのに、すぐに合う靴を探すことができないようなものです。無料レンタルを利用して、クラブが自分に合っているか、フィッティングを …

2018/12/21|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ