もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフで今すぐやってみたい飛距離アップの裏ワザをご紹介!

2021/08/26|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで飛距離アップを簡単にできる方法はあるのでしょうか。
クラブを変える、スイングを変えるなど王道の方法ももちろんありますが、それは簡単ではないですね。
ここでは労せずに飛ぶと噂される飛距離アップの裏技をご紹介します!
参考にしてみてください。

すぐに取り入れられる飛距離アップの裏技

ゴルフで飛距離アップさせたい時に試したい、簡単なオススメの裏技をご紹介します。

【ハイティー】
ティーを高くして軌道を少し変えることで飛距離アップさせるというシンプルな裏技。
高ければ高いほどよい、というわけではないですが、アマチュアならボールの半分がヘッドのクラウンから出るくらいの高さにティーを調整してみましょう。

ティーを高くした分、アッパーブローの軌道を意識して打つと飛距離が伸びます。
成功の秘訣は、スイングの最下点を意識することです。
アッパーブローで描く円弧を右側にズラして、最下点の位置を、ボールの下ではなく15センチくらい手前にする。
そこから上昇する軌道でヒットすると、打ち出し角が上がってキャリーが伸びます。
とてもシンプルな上に効果を感じられるのでオススメです!

【プチプチをカカトに入れる】
ランニングでよく耳にする厚底シューズのイメージをプチプチで作るという裏技。
カカトにプチプチを入れると、不思議と構えやすく振りやすくなります。
足が使いやすくなるので飛距離が伸びるのです。
ダウンスイングで左へ踏み込み右つま先で蹴って、左足を伸ばしていく「地面反力」を使って飛ばせるようになるので、フットワークが使えない人には特にオススメです。

【軽いもので素振り】
素振りで効果があるものといえば「逆さ持ち素振り」でしょう。
人は無意識に早く振れるスピードの限界を作っています。
そのリミッターを外すには、ドライバーよりも軽い物を振っていつもよりも速いスピードを体感することが有効なのです。

ドライバーのネック側を持って、できるかぎり速いスピードを出す。
打つ前に10回程度素振りをしてみてください。
そして元に戻してさっきと同じスピードのイメージで打つと飛距離が伸びています!

ちょっと怪しいかもしれない裏技

次は条件付きで飛ばすことができる裏技を参考までにご紹介します。

【マウスピースを装着】
曲がるリスクもありますが、飛ばす効果があるのがマウスピースを装着すること。
スイングは脱力することが大切と言われていますが、力の入れ方次第で飛ぶということです。

コツは、インパクトの時に一瞬強く噛むということです。
タイミングを誤るとミートが難しく曲がるリスクがありますが、力の入れ方次第では、驚異的に飛距離が伸びます。
曲がるということで心配もありますが、試してみる価値があるかもしれません。

【舌を出して打ってみる】
噛んで力を入れるのとは逆の「力を抜いたらどうか」。
舌を出して脱力することは、余分な力を入れないという意味で効果がありそうですね。
実際は飛距離は伸びないようですが、脱力することで目標に向かってポーンと振る感覚が持てます。
飛距離よりも方向性を優先したいときには効果があるかもしれませんね。

【リップクリームを塗る】
フェースにリップクリームを塗ると飛ぶ、という噂があります。
効果を知るにはクリーム類をべったり塗って打ってみると、高打ち出し、低スピン弾道となって、飛距離がアップします。
バックスピン過多で飛ばない人にとってはすごい裏技となりますが、残念ながら競技では違反となるのでご注意を。

まとめ

ゴルフで飛距離を簡単に伸ばす方法をご紹介しました。
ティーを高くして軌道を変える、クラブを逆さに持って素振りをする、などはすぐにやってみることができますね。

それ以外のマウスピースを装着することや、プチプチを入れるのは準備が必要ですね。
また、実際コースで使うかな?という裏技もあります。
取り入れるかどうかは別として、簡単に飛距離を伸ばせる方法があるのはとても興味深いですね。
個々の裏技を組み合わせると更に飛距離が伸びるので、機会があったら試してみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

はじめてのスループレー

はじめてのスループレー

日本ではコースを回るとき9ホールで昼食休憩をはさんでプレーするのが普通です。 しかし実はこれは世界的には珍しいラウンドスタイルです。 また日本でも北海道ではスループレーを採用していますが、その他の地域 …

2020/06/16|ゴルフウィズ編集部

自宅でもゴルフスイング練習!それなら短尺クラブが便利!

自宅でもゴルフスイング練習!それなら短尺クラブが便利!

ゴルフを始めたばかりで自宅でもゴルフの練習がしたい。 パターはマットなど使用してすぐにできそうですが、アイアンを振り回すのはちょっと・・・。 そのように考えたなら、スイングの矯正ができて室内でスイング …

2019/12/20|ゴルフウィズ編集部

女性ゴルファーが自宅で練習する方法

女性ゴルファーが自宅で練習する方法

自宅での練習環境が充実していれば、打ちっぱなし練習場に行く回数も少なくて済み、低コストで上達できます。休日だけでなくちょっとした暇な時間があれば、練習ができ便利です。お金をかけずに練習環境を、自宅に作 …

2018/07/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでロストボールしないちょっとした工夫とした時の対処

ゴルフでロストボールしないちょっとした工夫とした時の対処

2019年のゴルフルール改訂で、ボールがラフや林などに入って探せる時間が5分から3分になりました。 時間短縮の意味ではとてもよいですが、3分で探すにはとざっと見て終わりのようです。 絶対あるはずと思っ …

2020/04/06|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場の芝にも種類があります。芝の種類を知ろう

ゴルフ場の芝にも種類があります。芝の種類を知ろう

トップシーズンのゴルフ場に行くと、その緑の美しさに思わず息をのむことがあります。この自然の中を1日歩けるだけでも来たかいがあったと感じるほどですが、そのゴルフ場の芝生にはいくつか種類がありいろいろな工 …

2020/01/24|ゴルフウィズ編集部

海外では当たり前?エンターテイメント型ゴルフ練習場

海外では当たり前?エンターテイメント型ゴルフ練習場

「TOP GOLF」という名前のゴルフエンターテイメント企業をご存じでしょうか? 2016年にアメリカツアーとの提携が発表され、アメリカ国内で21箇所展開する、エンターテイメント型ゴルフ練習場です。 …

2018/01/03|ゴルフウィズ編集部

ドライバーのリシャフトをしてみたいけど自分で出来るの!?

ドライバーのリシャフトをしてみたいけど自分で出来るの!?

ゴルファーの中には、ドライバーでもっと真っ直ぐ、そして飛距離を出すためにリシャフトを検討する方もいるでしょう。 工賃が高いのもあって、自分でリシャフトが出来るならば、やってみたいですよね。 そこで、気 …

2019/11/05|ゴルフウィズ編集部

女性や初心者にオススメ。河川敷コースへ行こう!

女性や初心者にオススメ。河川敷コースへ行こう!

河川敷コースとは大きな川の河川敷を利用して作られているゴルフコースのことです。 パブリックという会員制ではないコースが多く気軽に楽しめる上に、運営母体が市町村などで比較的低料金でプレイすることができま …

2018/03/12|ゴルフウィズ編集部

持っていますか?グリーンフォーク

持っていますか?グリーンフォーク

2020年の調べによるとゴルフをプレーする若い人が増えているそうです。先細りが心配されていたゴルフ業界にとってはとっても明るいニュースです。 プレー料金の値下げや一人予約、予約サイトによるビジターだけ …

2020/11/19|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースをラウンドする際の花粉症対策

ゴルフコースをラウンドする際の花粉症対策

思ったより完治が難しいのが花粉症で、抑えたつもりでも再び発症したり、悩まされている人が多い症状です。そのため、症状を軽減することで、ゴルフにも日頃の生活にも、気にならない症状にしておくことが懸命です。 …

2019/02/27|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ