もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

とにかくダフらない!アプローチに特化したチッパーという選択

2022/03/31|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのアプローチのミスを劇的に減らしてくれる「チッパー」。
アイアンとパターを足したような作りをしたこのクラブは、とにかくダフらないのが特徴。
アプローチに自信がない人や初心者の方にはこのチッパーという選択肢があるのです。
ご紹介しますので参考にしてみてください。

チッパーはこんなクラブ

アプローチが苦手な人のために、やさしいウェッジというものもあるのですが、さらにミスを減らしたい人にオススメなのがチッパーです。

【チッパーの構造と使用するメリット】
チッパーというのはウェッジとパターを足したような作りで、グリーン周りのアプローチショット用に設計されたクラブのことです。
アプローチの際、少しボールをキャリーさせてから転がす、いわゆるチップショット専用のクラブです。

チッパーの構造をみると、やさしいウェッジ以上の幅広ソールです。
芝や砂の上をすべるようなインパクトになるので、アプローチにありがちなダフりの心配がありません。

そして、ライ角、クラブ重量や長さ、グリップがパターに近いです。
軌道について、例えばロフトが35~45度のチッパーは球の高さが出にくく、転がして寄せる軌道になりやすいためウェッジよりも距離感のズレが少なくなります。

【チッパーのデメリット】
もし苦手なウェッジショットをなんとかしたい場合にチッパーはとても役立ちます。
ただしチッパーには、ウェッジに比べてスピンが効かないという面があります。
なので、グリーンから離れたところからチッパーで打つと、グリーンでは「乗せるだけ」に。

もし70台を目指すようなゴルファーだったら、アプローチの場面でただグリーンに乗ればよいというわけにはいきません。
状況によってはウェッジでないと寄せきれないケースがあります。
ともあれ、その日のウェッジショットの調子が悪かったり、ダフリの恐れがある時、チッパーが選択肢の一つとなることは間違いなしですね。

【ルール上のチッパー】
このチッパーはルール上競技でも使用できるのでしょうか。

チッパーはアイアンに属していて、アイアンの規定に合っていれば競技の際も使用できます。
ちなみにチッパーに似たクラブで「シガー」がありますが、この二つのクラブは正確に違いを定義されているわけではなく、最近ではシガーのこともチッパーというのが一般的です。

チッパーをこう利用する

優しいチッパーだからといって、ただ打つのだけではもったいないことになります。
ポイントをしっかりおさえましょう。

【チッパーの嬉しいポイント】
チッパーはウェッジよりもロフトが少ない分、ピッチ&ランのような軌道に自然になるので、球の高さとスピンのばらつきが抑えられ、距離感のズレも減少します。
グリーンに確実に乗せる、というだけでなくチップインも可能です!
思い切って狙ってみましょう。

【パターと同じ打ち方で】
パターと同じ打ち方でオートマチックにボールを運べるのがチッパーの特徴。
その打ち方は、ボール位置はスタンスの中心で、スタンス幅もグリップもパターと同じでOK。
ロフトがある分パターよりも距離が出ないので、振り幅を大きくするのがコツです。

アイアンのようなグリップできっちり狙う方法もありますが、まずはパターと同じ打ち方でトライしてみましょう。
50ヤード以上の距離が求められる場合はウェッジなどのクラブを選択。
やさしいウェッジもあります。

【やさしいウェッジ】
ちなみにやさしいウェッジというのは、チッパーよりも重量が軽く、ソール幅も広すぎない、打ち方によって球筋を操作することができるクラブです。

ただし、ウェッジはチッパーよりボールから離れて立つ分、ヘッド軌道が大きくなるので、ミート率はどうしても落ちますね。

まとめ

アプローチに苦手意識があったり初心者の方の助けになる、とにかくダフらない「チッパー」。
パターの延長として捉えればとても心強いクラブとなります。
ゴルフバッグに入っているだけで安心感を持てるかもしれませんね。
アプローチでお悩みがある方は選択肢の一つとしてみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ティグラウンドから見えないドッグレッグホールはこう攻める

ティグラウンドから見えないドッグレッグホールはこう攻める

ゴルフでやっかいなホールのひとつがドッグレッグホールですね! 正確なショットが求められるのはもちろん、攻め方がスコアのカギになります。 最短距離で攻めるのか、思い切って刻むのか。 大きな失敗を避けるた …

2021/01/08|ゴルフウィズ編集部

正しいハンドファーストを身につけてアイアンでもうダフらない

正しいハンドファーストを身につけてアイアンでもうダフらない

秋から冬にかけてのゴルフコース。 芝がどんどん薄くなっていくのが気になります。 そうなると怖いのが、アイアンでダフリが出てミスショットを連発してしまうこと。 これを解消するために、アイアンのヘッドの入 …

2021/09/30|ゴルフウィズ編集部

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

ゴルフで意外と難しいのがフェアウェイウッドではないでしょうか。 ドライバーショットと違って芝の上から直接打つことが多いので、ダフってしまいミスショットなんてことも。 正しいスイングのコツをつかみながら …

2020/09/01|ゴルフウィズ編集部

固いバンカーと薄い芝から上手く寄せられるかどうかは工夫次第

固いバンカーと薄い芝から上手く寄せられるかどうかは工夫次第

多くのゴルファーが苦手な固いバンカーと薄い芝からの寄せ。 早く抜け出したいからと、あまり考えずに打ってしまうかもしれませんね。 それだとどうしても思い通りのところにボールはいきません。 これらの場所か …

2022/10/27|ゴルフウィズ編集部

女子でも飛ばせる!ドラコンプロの飛距離の出し方を参考に!

女子でも飛ばせる!ドラコンプロの飛距離の出し方を参考に!

レディースゴルファーがもっとドライバーで飛ばしたいなら、ドラコンプロの飛ばし方を参考にしてみましょう。 彼女達は並外れた体格でもないのに驚くような飛距離を出します。 力がない、体格に恵まれていないと諦 …

2021/02/01|ゴルフウィズ編集部

パッティングで昔も今も小声でつぶやく「チャーシューメン」

パッティングで昔も今も小声でつぶやく「チャーシューメン」

ゴルフのパットで大事な要素はいくつかありますが、まず気を付けたいのが「テンポ」。 アイアンやドライバーのショットに比べると、大きな動きではないので意外と難しいかもしれませんね。 安定したストロークはど …

2022/03/07|ゴルフウィズ編集部

絶対入れたいパター!真っ直ぐ強めではなくて斜めに狙おう!

絶対入れたいパター!真っ直ぐ強めではなくて斜めに狙おう!

ゴルフで絶対入れたいパター。 パッティングは真っ直ぐ強めのタッチが鉄則のようですが、50㎝を越える距離なら真っ直ぐ強めに打つのは意外と外れやすいです。 絶対入れたいパットはカップの正面ではなく斜めに狙 …

2020/12/22|ゴルフウィズ編集部

まだまだ速く強く飛ばしたい!ドライバースイングの作り方

まだまだ速く強く飛ばしたい!ドライバースイングの作り方

ドライバーの飛距離をまだまだ伸ばしたいゴルファーは、この方法で限界突破! ゴルフのスコアは飛距離だけではないとはいえ、飛べばゴルフはもっと楽しくなります。 もっと強く飛ばせる打ち方をマスターすると、飛 …

2022/06/09|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったキャディバッグの選び方

自分に合ったキャディバッグの選び方

ゴルフのギアの中で、スコアになんの影響も及ぼさない、ショットに影響がなにもない唯一のものと言って良いのがキャディバックです。 ゴルフギアというよりも、むしろウェアに近い選び方ができるものですので、初心 …

2020/08/27|ゴルフウィズ編集部

都心部で車が無い方必見!バスツアーでゴルフに行ってみた

都心部で車が無い方必見!バスツアーでゴルフに行ってみた

ゴルフに行くときに車が無いのはなにかと不便です。仲間同士のラウンドであれば誰かが車を出してくれることもあると思いますが、最近流行りの一人予約でゴルフに行こうとするとちょっと困ってしまいます。 電車でゴ …

2020/08/12|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ