もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

アプローチが上手に!ウェッジで覚えるスピンコントロール

2022/07/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのアイアンショットを思いのままコントロールしたい。
それならショットを曲げたり止めたり、ランを使ったりするスピンのコントロールが必要です。
しかしスピンを身につけるのにいきなりアイアンでは難しいので、ウェッジでボールを「止める」ことから習得しましょう。

スピンコントロールに必要な3要素

アイアンで狙ったところにボールを運ぶのに必要なのがスピンコントロール。
スピン量を左右する3つの要素は次の通りです。

【インパクトロフト】
インパクト時のロフト角。
インパクトロフトを立てて打てばスピン量は減り、適正な角度で当たればスピンがかかります。
「どう当てるか」を最優先に考えます。

【ヘッドの入射角】
インパクトに向かうヘッドの入射角。
入射角はヘッドの最下点がボールの手前、真下、先、のどこになるかで変わってきます。
最下点がドライバーでは手前、アイアンでは先、フェアウェイウッドは真下に近い感じになると、スピン量が最適になって番手通りのボールが打てます。

【ヘッドスピード】
ヘッドスピードは速ければスピン量が増えますが、遅くてもスピンはかかります。
アマチュアゴルファーの多くは「スピンをかける=速く振る」と考えてボールを切るように速く振りますが、それは間違いです。
スイングスピードは人それぞれでOKで、インパクトに向けて急加速しないことが大事です。

スピンをコントロールする方法

スピンのコントロールは、ロフトを立てて入射角を緩やかにしたり、ロフトを寝かせてヘッドを上から入れたり、と「インパクトロフト」「入射角」の組み合わせで行います。

【スピンコントロールは手首を使う】
インパクトロフトのコントロールはフェースの開閉で行います。
ボールを包むように打てばロースピン、フェースに乗せながら打つとハイスピンになります。
フェースの開閉は手首でコントロールします。

「ノーマルスピン」は手首の動きを抑え、左手の甲が上を向いたまま左に動いていきます。
フェースターンは少なめにして、体の回転で打ちましょう。
グリップエンドの回転は少ないです。

「ハイスピン」は左手の甲を上に向けたまま左に回します。
そうするとフェースが閉じずにターンし、フォローまで左手の甲が上を向きます。
グリップエンドは右に回転させましょう。

「ロースピン」は左手の甲が目標を向いていくことでインパクトロフトが立ってロースピンに。
左手の甲を目標に向けます。
グリップエンドは左に回転させましょう。

【ヘッドの入射角のコントロール】
ヘッドの入射角をコントロールするには、まずスイング時のヘッドの最下点をイメージ。
最下点がボールの手前ならロースピン、ボールの先になればハイスピンのボールになります。

同じボールの位置でリリースのタイミングに変化をつけて打ってみると、ヘッドの最下点とスピン量の関係がわかります。
ここにインパクトロフトの変化を加えることで、多彩なスピンコントロールが可能になります。

【身につけるポイント】
インパクトロフトと入射角について、簡単にできる次の方法で体に覚えこませましょう。

インパクトロフトをコントロールするには、埋まったボールとティアップしたボールを打って違いを体感しましょう。
前者はロフトが立ってロースピン、後者はボールがフェースに乗るのでハイスピンになります。

入射角をコントロールするには、ボールを2つ並べて2種類の打ち方を。
打つボールの右にボールを置いて、右のボールに当たらないように打つと入射角が鋭角になってハイスピンに。
ロースピンを打つにはボールの左にボールを置いて2つとも打ちます。

まとめ

アイアンショットを自由自在に操りたいならスピンのコントロールは必須。
これには「インパクトロフト」「入射角」をどう組み合わせるかがポイントです。
その組み合わせでボールがどう止まるのかを体感してみてください。
クラブが長くなるほど難しくなるので、まずはウェッジから。
わかりやすく体感するために、シャフトを短く持って練習するのもアリです。
自由自在にスピンのコントロールができると、ゴルフがもっと楽しくなるはずですね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

インテンショナルフックを打ってみてゴルフの幅を広げよう!

インテンショナルフックを打ってみてゴルフの幅を広げよう!

ゴルフのショットを意図的にフックさせる「インテンショナルフック」。 これが打てるようになるとプレーの幅が広がります。 今までボールを曲げて目標を狙うということをしていなかったとしても、コツがわかると打 …

2020/07/31|ゴルフウィズ編集部

気になるドライバーのフェースの傷消しのやり方はこうする!

気になるドライバーのフェースの傷消しのやり方はこうする!

ドライバーのフェースに傷が付くと、手元から遠くてもやっぱり気になりますよね! その傷は家にあるもので消せるかもしれません。 そしてもし仕上がりが気になるようだったら、新品同様にするために工具や研磨剤を …

2020/04/16|ゴルフウィズ編集部

ティーショットで使うティーの長さの使い分けはこうしよう!

ティーショットで使うティーの長さの使い分けはこうしよう!

いつもより飛距離が出るといいな!ティーショットで誰もが思うことですよね。 ゴルフではティーの使い分けとティーアップの仕方を見直すだけで、飛距離アップがのぞめます。 打つ前の準備を少し変えてみるだけでそ …

2021/04/12|ゴルフウィズ編集部

飛ばすゴルフから運ぶゴルフへ!レイアップ理論から学ぼう!

飛ばすゴルフから運ぶゴルフへ!レイアップ理論から学ぼう!

ゴルフの基本でもあるレイアップ。 バスケットボールでリングにボールを置くように運ぶことと考え方は同じです。 ターゲットにボールを運んで止めるというこの理論は、ゴルフにおいては一見消極的とも取られるかも …

2020/12/07|ゴルフウィズ編集部

女子でも飛ばせる!ドラコンプロの飛距離の出し方を参考に!

女子でも飛ばせる!ドラコンプロの飛距離の出し方を参考に!

レディースゴルファーがもっとドライバーで飛ばしたいなら、ドラコンプロの飛ばし方を参考にしてみましょう。 彼女達は並外れた体格でもないのに驚くような飛距離を出します。 力がない、体格に恵まれていないと諦 …

2021/02/01|ゴルフウィズ編集部

ゴルフはボールで変わる!弱点カバーのエースボールの選び方

ゴルフはボールで変わる!弱点カバーのエースボールの選び方

ゴルフで弾道を変えたいと思った時。 クラブを変えるよりボールを変えた方が即効性があります。 ゴルフボールには様々な要素があるので、選びきれない部分もありますね。ボールを選ぶには、今の弱点を知って何を第 …

2020/12/09|ゴルフウィズ編集部

キャビティアイアンは飛距離よりやさしさを追求していた!?

キャビティアイアンは飛距離よりやさしさを追求していた!?

ゴルフの現在のアイアンの主流とも言える「キャビティバック」。 外観はバックフェースが削られていているものですが、対するマッスルバックアイアンも人気は上昇中です。 どちらにも魅力があるので、選ぶとなると …

2020/06/24|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの歩測のやり方を知ってコースの距離感を身につけよう

ゴルフの歩測のやり方を知ってコースの距離感を身につけよう

ゴルフでは距離感が大切です。 近頃は距離測定器やGPSナビを使用する方法もありますが、それらは便利な分設定や準備に手間取ることも。 そこで自分の足で測る「歩測」ができれば、様々な条件や場面で対応できま …

2021/09/28|ゴルフウィズ編集部

スコアに出る!1メートルのショートパットを確実に決めるコツ

スコアに出る!1メートルのショートパットを確実に決めるコツ

ゴルフでは、ドライバーやアイアンで思い通りに飛ばせても、スコアが伴わないことがしばしばあります。 どうやらパターでたった1メートルの距離を外してしまっている、ということも。 そこでスコアを5打縮めるた …

2022/04/04|ゴルフウィズ編集部

迷うゴルフシューズ選びはスイングを基準にしてみるのが正解

迷うゴルフシューズ選びはスイングを基準にしてみるのが正解

ゴルフの必需品のひとつ、ゴルフシューズは見た目やコスパ重視で選びがちですが、その性能は高く、スイングに及ぼす影響も小さくありません。 しっかり選ぶことで、なかなか直らなかったスイングの弱点を補ってくれ …

2022/08/29|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ