もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

固いバンカーと薄い芝から上手く寄せられるかどうかは工夫次第

2022/10/27|ゴルフウィズ編集部

多くのゴルファーが苦手な固いバンカーと薄い芝からの寄せ。
早く抜け出したいからと、あまり考えずに打ってしまうかもしれませんね。
それだとどうしても思い通りのところにボールはいきません。
これらの場所から寄せるには工夫次第!
ご紹介しますので参考にしてみてください。

固いバンカーからの寄せ方

通常のバンカーショットは砂をしっかりとります。
砂が軟らかければフェースを大きく開いて、バンス(ヘッドを接地した際にできる地面とクラブのソール部分)を効かせるエクスプロージョンショットで打ちます。
砂が多く取れて高くボールが上がりますね。
ところが固いとそうはいきません。

【固いバンカーは飛びすぎに注意】
固いバンカーが難しいのは、本来利用したいクラブの「バンス」が砂に弾かれてしまうから。
そのためボールがトップして脱出ができなかったり、反対にホームランになってしまったり。

上手く打つためにはバンスの跳ね返りを小さくすること。
ヘッドスピードが速くなりすぎないようにふり幅を小さくしてみましょう。
アプローチの距離感よりも少し大きいくらいでOKです。
フェースもあまり開かず、いつもよりボールに近いところにヘッドを入れる工夫が必要です。

【固いバンカー攻略のコツ】
固いバンカー攻略のコツは、フェースは少し開いて、ボールの近くにヘッドを入れること。
通常のバンカーショットでヘッドを入れる位置ではなく、ボールすれすれを狙って入れます。
ただそれだとホームランになりやすいので、ヘッドスピードの加速をおさえて、クリーンには打たないことです
フィニッシュもコンパクトにするなど、全体的に小さなふり幅で打つのが鉄則だと覚えておきましょう。

薄い芝からの寄せ方

一方薄い芝の場合もやっかいです。
ここでミスしやすいのは、ボールと地面の間に隙間がないから。
芝が生えそろっているライならボールは浮いた状態になりますが、薄い芝のライはボールの下にリーディングエッジが入る余地が少ないので、ざっくりやトップのミスが出やすいのです。

【薄い芝ではハンドアップに構える】
地面に刺さらないようにするにはトゥよりで打つこと。
フェース中央よりも先寄りで打つとトゥ側のソールを滑らせて打てます。

芝が生えそろっていない薄いライも、ウェッジの刃が入る隙間が少なくなるので難度が上がります。
薄い芝のライからはウェッジのヒール側を浮かせてハンドアップに構えて打つ。
ヘッドが地面に刺さる時は、ほぼヒール側が刺さるので、そこを浮かせて地面との接地面を減らすのが工夫です。

インパクト時の打点もフェースの少しトゥ寄りにします。
一番滑りやすいのはソールのトゥ側。
ここを滑らせれば、ざっくりやトップが防げます。

【薄い芝ではシャープに払い打ち】
薄い芝では鋭角に打ち込みたくなっても、それはNGです。
芝が薄いライだと、ボールを右に置きハンドファーストを強めにして、ボールにぶつけるような打ち方をしたくなる人が多いでしょう。
これはクリーンにヒットしたいがための打ち方です。

ところが、こうすると刃が地面に刺さりやすく、出球が強くなりすぎて距離感が合わなくなってしまいます。
ボールにぶつける打ち方は、芝が薄くボールも沈んでいるなどの超難ライでの一か八かの非常手段と覚えておいてください。

簡単なのはノーコック気味でシャローな軌道で打つ寄せ方です。
入射角を緩やかにして、ソールを滑らせながら払い打ちます。
それには地面をほうきで履くようなイメージで振ってみましょう。

まとめ

固いバンカーでは、次のことに意識してみましょう。

・ 腰を落とさないで構える
・ 緩くグリップを握る
・ 飛びすぎに注意する
・ 低い球で寄せる

同じように難しい薄い芝では、次のことを意識します。

・ ハンドアップに構える
・ ノーコック気味で打つ
・ トゥ寄りで打つ

以上のように固いバンカーと薄い芝をひと工夫して攻略すれば、いままでよりゴルフが難しく感じなくなるかもしれませんね!
より楽しくゴルフをするために、是非取り入れてみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

セルフプレーに便利!サブバッグ

セルフプレーに便利!サブバッグ

最近のゴルフといえば、もっぱらセルフプレーが主体です。料金はキャディさんつきにくらべかなり抑えられますし、カートにはいろいろな情報が表示され便利になってきています。一方プレイに関わることは全部自分でや …

2020/08/20|ゴルフウィズ編集部

少ない練習量と分かりやすい練習方法でゴルフを上達させよう!

少ない練習量と分かりやすい練習方法でゴルフを上達させよう!

ゴルフの上達に近道はなく、とにかく練習を重ねるしかない。 ところが実際、練習をしなければゴルフは上手くなりませんが、練習したからといって上達するとも限らないですね。 そこで少し立ち止まって、少ない練習 …

2021/07/08|ゴルフウィズ編集部

ゴルフはボールで変わる!弱点カバーのエースボールの選び方

ゴルフはボールで変わる!弱点カバーのエースボールの選び方

ゴルフで弾道を変えたいと思った時。 クラブを変えるよりボールを変えた方が即効性があります。 ゴルフボールには様々な要素があるので、選びきれない部分もありますね。ボールを選ぶには、今の弱点を知って何を第 …

2020/12/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで100を切りたかったらスコアを伸ばすより叩かないこと

ゴルフで100を切りたかったらスコアを伸ばすより叩かないこと

ゴルフで100切りを目指して飛距離アップの練習をする。 その後実際コースに出ると、飛距離は伸びたのにスコアがついてこないということがあります。 そのような場合、スコアを伸ばす努力にエネルギーを費やすよ …

2021/09/09|ゴルフウィズ編集部

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

ゴルフで意外と難しいのがフェアウェイウッドではないでしょうか。 ドライバーショットと違って芝の上から直接打つことが多いので、ダフってしまいミスショットなんてことも。 正しいスイングのコツをつかみながら …

2020/09/01|ゴルフウィズ編集部

まだまだ速く強く飛ばしたい!ドライバースイングの作り方

まだまだ速く強く飛ばしたい!ドライバースイングの作り方

ドライバーの飛距離をまだまだ伸ばしたいゴルファーは、この方法で限界突破! ゴルフのスコアは飛距離だけではないとはいえ、飛べばゴルフはもっと楽しくなります。 もっと強く飛ばせる打ち方をマスターすると、飛 …

2022/06/09|ゴルフウィズ編集部

正しいハンドファーストを身につけてアイアンでもうダフらない

正しいハンドファーストを身につけてアイアンでもうダフらない

秋から冬にかけてのゴルフコース。 芝がどんどん薄くなっていくのが気になります。 そうなると怖いのが、アイアンでダフリが出てミスショットを連発してしまうこと。 これを解消するために、アイアンのヘッドの入 …

2021/09/30|ゴルフウィズ編集部

ウェッジでスピンをかけたいならフェースの溝に注目しよう

ウェッジでスピンをかけたいならフェースの溝に注目しよう

ゴルフクラブに見られるフェース面の溝(スコアライン)。 ドライバーでは消えつつある中で、ウェッジのフェース面はスコアライン+ミーリング仕上げがほぼ標準仕様となっています。 溝で性能の違いが出るのか出な …

2021/11/25|ゴルフウィズ編集部

女子でも飛ばせる!ドラコンプロの飛距離の出し方を参考に!

女子でも飛ばせる!ドラコンプロの飛距離の出し方を参考に!

レディースゴルファーがもっとドライバーで飛ばしたいなら、ドラコンプロの飛ばし方を参考にしてみましょう。 彼女達は並外れた体格でもないのに驚くような飛距離を出します。 力がない、体格に恵まれていないと諦 …

2021/02/01|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのアプローチの微妙な距離!打ち分けで意識することは

ゴルフのアプローチの微妙な距離!打ち分けで意識することは

ゴルフのアプローチで、微妙な距離の打ち分けはどのようにしたらよいでしょうか。 ついスイングを緩めてしまう30~80ヤード。 そういった距離でも上手にコントロールしたいですよね! ポイントはショットのス …

2020/07/13|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ