もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

1枚でも重ね着してもサマになるハイネックをゴルフで着回し

2022/12/08|ゴルフウィズ編集部

寒い時期のゴルフに欠かせないウェアのひとつがハイネックシャツ。
1枚で着る時もアウターの下に着る時もサマになるし快適でラクなアイテムですよね。
また春夏大活躍のポロシャツの代役もしっかり果たしてくれます。
ハイネックシャツの魅力と着回しについてご紹介します。

大人カラーの無地ハイネック

シンプルなデザインのハインネックシャツは、誰でも着やすくきちんと見えます。
無地だったら大人カラーを選びたいですね。

【ポロシャツ代わり】
ハイネックシャツはポロシャツの代わりとして大活躍。
ただ襟がないので、ルーズに見られないようにしたいところです。
ベーシックカラーで胸や腕にワンポイント程度のデザインなら、きちんと感もあるので安心して着られます。

もしアウターを羽織らずに1枚で着こなすなら、スタイルにメリハリを効かせるためボトムスを工夫。
遊び心のあるデザインやカラーのパンツやスカートを合わせたいですね。

【裏起毛が付いた張りのある素材】
裏起毛が付いた、やや厚手で張りのある、機能的な素材の白ハイネック。
シンプルなハイネックシャツでありながら、タートルセーターとのイイトコ取りのような感覚で、これ1枚で着こなしが決まります。
アウターを着なくても心細い感じはしません。

【意外とスマートなベージュ】
黒、白なども素敵ですが、ベージュのハイネックには、大人カラーらしいこなれた印象があります。
ここでも起毛素材を選べば心強いですね。
パンツやキャップをネイビーにすると、ゴルフに限定したくないスマートな見た目になります。

柄やロゴが目立つハイネック

一方、柄やロゴが目立つハイネックを選ぶと、重ね着してチラ見せの着こなしもアリとなります。

【シンプルが物足りないなら柄物】
シンプル系のハイネックシャツは、それだけだと少し面白みに欠ける。
そう思うなら、最近目につき始めた大胆プリントやロゴ入りハイネックの出番です。
スウェットシャツやTシャツの感覚でスポーティに着こなしたいですね。
少し派手かな、と思うならシンプルなアウターを羽織ればこなれたインナーという役目も果たしてくれます。

【流行りのブランドロゴ】
ハイネックに限りませんが、胸のブランドネームを強く打ち出すのがこのところの流行り。
デザインだけでなく、吸水速乾に対応した機能素材や、ソフトで艶のある発色など、着心地、見た目ともに満足度が高くなります。

【ハイネックの新ジャンル】
厚手で袖口にリブ入り、腰回りに大きなポケットのついたハイネック。
ハイネックでありながら、フードのないスウェットパーカーの感覚で着られるのがユニークです。
胸ではなく肩の部分にロゴが入って入ればうんと個性的ですね。

【柄物ハイネックの着回し力はデザイン次第】
シンプルなシルエットのハイネックを着回すには、首周りのデザインも重要。
例えば幾何学模様を斜めに切り替えた大胆なデザイン。
1枚で着るとシャープなアスリート感が出る一方、インナーとして着れば、首周りにニュアンスを添えてくれます。
アウターを脱いだ時に「そんなデザインだったの?」と驚かれるのも楽しいですね。

【ハイネックと合わせやすいのはベストとブルゾン】
スポーティでモダンなスタイリングに欠かせないハイネックシャツ。
最近のハイネックは、インナーになったとしても存在感たっぷりな素材や機能を持ち合わせています。
ポロシャツの下に着るという着こなしもありますが、存在感を出すにはベストやブルゾンと合わせるのがしっくりきます。

まとめ

このところ目立つ、機能性もデザインも豊富なハイネックシャツ。
日中アウターを脱いでプレーしても、ラフなアンダーウェアには見えません。
無地だったらきちんと見えてスポーティ。
無難になりすぎないようにボトムスを工夫したいですね。
また大きめロゴやプリントは大人カラーを選べばカジュアル感も気にならないし、存在感があります。
ただのインナーでないハイネックシャツを着こなして、寒い時期のゴルフを楽しみましょう!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

東京オリンピック米国女子選手も!襟なしゴルフウェアを投入

東京オリンピック米国女子選手も!襟なしゴルフウェアを投入

ゴルフウェアのトップスはポロシャツが定番。 そんな中、東京オリンピックでの米国選手のトップスは襟なしでとても新鮮に見えましたね。 コンセプトは「風・林・火・山」という斬新なものでしたが、親しみやすくて …

2021/09/20|ゴルフウィズ編集部

パンツでもストイックに見られないゴルフのコーデが知りたい

パンツでもストイックに見られないゴルフのコーデが知りたい

レディースのゴルフウェアで、ミニスカートはちょっと避けたい派。 ならばパンツが無難ですが、それだとコーデによってはストイックすぎて近寄りがたい感じに見られるかもしれません。 ストイックすぎない、パンツ …

2022/06/23|ゴルフウィズ編集部

サンバイザーをかぶる時の髪型は?小顔効果も狙えるかぶり方!

サンバイザーをかぶる時の髪型は?小顔効果も狙えるかぶり方!

ファッションのポイントにもなりますし、普段着とは一味違う雰囲気を楽しめるゴルフファッション。その中でもサンバイザーはゴルフウェアの中でも少し難易度が高いアイテムでもあります。 普段着ではあまり使わない …

2018/05/14|ゴルフウィズ編集部

グローブは片手派?それとも両手派?

グローブは片手派?それとも両手派?

女性ゴルファーに増えている、グローブの両手着用。 なぜ、両手にゴルフグローブをする人が増えているのでしょうか? 今回は両手グローブのメリットについてご紹介します。 特に非力な女性や初心者には、両手グロ …

2018/01/02|ゴルフウィズ編集部

春先の帽子事情!ニット帽の時期はいつまでOK?お手入れ方法とは?

春先の帽子事情!ニット帽の時期はいつまでOK?お手入れ方法とは?

まだまだ寒さは続いていますが、春先に迷いやすいのがニット帽を被る時期です。 だんだんと、日差しが暖かくなって来るころには「まだ被っていて大丈夫かな」と思うこともしばしばあります。 普段着とは違って、ド …

2019/01/23|ゴルフウィズ編集部

年齢が高い女子ゴルファーでもスカート履いていいの?

年齢が高い女子ゴルファーでもスカート履いていいの?

女子ゴルファーが年を重ねる中で、着用するゴルフウェアに変化がでたり、露出に抵抗が出てきてしまう人は、少なくはないですよね?今回は、ゴルフウェアの中でもそれが顕著に現れる、スカートを履いてゴルフファッシ …

2019/07/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフウェアとしてガウチョパンツはアリ?気になるマナーを解説!

ゴルフウェアとしてガウチョパンツはアリ?気になるマナーを解説!

ガウチョパンツを普段に履くことはありますか?裾が程よく広がっていて、腰回りはぴったりとしているタイプも多くあるので、全体をスッキリバランス良く見せてくれるのが魅力のガウチョパンツ。数年前トレンドとなり …

2018/07/11|ゴルフウィズ編集部

ハンドウォーマーはただの手袋ではない!あったか便利グッズご紹介!

ハンドウォーマーはただの手袋ではない!あったか便利グッズご紹介!

寒い中でゴルフをするには、防寒対策によってスコアが影響されてきますね。 そこで、ゴルフウェアコーナーに、冬になると現れるハンドウォーマーは使っていますか? これから真冬を迎えるにあたって、とっても便利 …

2019/01/11|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで使える、保温性抜群のアンダーウェア

ゴルフで使える、保温性抜群のアンダーウェア

ゴルフは屋外で行うため、冬には防寒対策を万全にしたいですよね。 寒さ対策のために、モコモコのウェアを着ていては、スイングが出来ず困ったことに・・・ スッキリとした着心地の防寒アイテムを求めるなら、動き …

2017/11/11|ゴルフウィズ編集部

名門コースでのファッションマナーを事前に理解しておこう!

名門コースでのファッションマナーを事前に理解しておこう!

ゴルファーにとって憧れである、名門コース。 TPOに合わせて、コースを選ぶ人も増えています。 以前は接待専門だったゴルフ場も、ビジター客を歓迎してくれるようになってきています。 今回は名門コースを訪れ …

2017/11/12|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ