もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

着込むと着ぶくれる…スッキリしたい!ゴルフスタイリングテク

2018/12/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルファーの方にとって、着ぶくれは見た目だけの問題にとどまらず、飛距離との問題にも及ぶ問題でもあります。
着ぶくれしてしまうことによって、腕が服にぶつかってしまったり、腕全体が動きにくくなってしまうことで影響してしまいます。
ですので、着ぶくれはできればスッキリさせたいですね。
そんな着ぶくれをスッキリさせる、ゴルフスタイリングテクをご紹介します!

外側に着ぶくれないようにするテク

真冬であれば、寒さ対策は必須となりますし、上でも触れた飛距離に関してもそうですが、冷える中で運動を行うことで腰痛や手首を痛めてしまったりなどにまで影響してしまうこともあります。

着ぶくれないようにすることも大切ですが、それで薄着して体温を下げてしまっては、本末転倒となってしまいます。
ですので、効率的に対策することがポイントとなってきます!

ゴルフウェアにおいて着ぶくれないように、防寒対策するには「体温を逃がさないようにすること」と「冷たい風の侵入をさせないようにすること」がポイントとなってきます。

それぞれについて、より詳しく見ていきましょう。

体温を逃がさないために

体温を逃がさないためには保温ですね。着ぶくれしないためにも、大きなポイントとなります。
着ぶくれにも繋がらないようにするには、インナーやカットソーでの工夫が必要です。

ぜひ、保温機能つきの薄手インナーを使っておきましょう。
この時には、スポーツ用の汗を吸いやすく、発散させやすいタイプがおすすめです。
冬でもじんわりとかいてしまう汗は、体を冷やしてしまうからです。

もし可能であれば、タートルネックになっているタイプがより保温しやすくなります。
単純に丸首などのものよりも、範囲が広くなるというのもありますが、首元を温めると体全体を温めやすくなります。
マフラーするから不要と思っても、マフラーをより密着させてくれる役目も果たしてくれますので、ぜひ取り入れておきましょう!

また、女性の強い味方となってくれるのがタイツです。
最近では保温機能が付いているタイプや、裏起毛になっているタイツなどもあります。

そして、着ぶくれしやすくなってしまいやすいのが、タイツを着用した上に、パンツを履く場合です。
この場合には着圧タイプなどの、タイツの表面が少しつるっとしている硬いタイプがより履きやすくなります。
服とタイツの摩擦が少なくなるようにしておきましょう!

冷たい風が侵入しないように

冷たい風は、ちょっとの隙間からも侵入してしまいます。
とにかく、服を密着させておくことがポイントではありますが、全身を密着させ続けるというのも、なかなかに大変です。

ですので、ゴルフを行う時にポイントとしておきたいのは、外側との接点でもある首、手首、お腹、足首です。

・首は、上でも少し触れましたが機能性インナーのタートルタイプで、少しでも密着させておきましょう。
タートルネックが苦手な方でも、柔らかい素材などにしておけば違和感を感じにくくできます。

・ 手首の対策としては、リストバンドが風の侵入を防いでくれますし、着ぶくれしにくいです。
もし機能性インナーを着ている場合には、インナーの上からリストバンドをすることでズレを防ぎつつ使えます。

・ お腹は、意外にショットを打つ時にかがんだりしたりする時にも、お腹周辺がアウターから出てしまったりして、冷えやすい場所です。
薄手の機能性の腹巻などがおすすめですが、少々面倒に感じたらタイツの中に機能性インナーを入れ込む方法もあります。
ダサく感じますが見た目には分かりませんし、機能性インナーもしっかりズレないようにしてくれます。

・ 足首への対策はレッグウォーマーが便利です。
特にニットなどではなく、ナイロンなどの風を通さないタイプがより使いやすいです。
ジップがついていて、着脱しやすくなっているタイプもありますので、暑くなったらすぐに外せるのも利点です。

これらを使って、着ぶくれを防ぎつつスッキリと防寒対策をしておきましょう!

まとめ

寒さは、筋肉を縮こませてしまいますし、寒いこと自体に気を取られてしまったりと、ゴルフの大きな壁となってしまいます。
ですがしっかりと対策をして、少しでも快適に楽しめるように工夫することで、少しでも良い方へ向かわせることができたら良いですね。

ぜひ参考にしてみてください!

朝の冷え込み対策に関することは以下の記事で詳しく紹介しています。こちらも併せてご覧になってみてください。
レッグウォーマーは朝の冷え込み対策に◎マナー違反にはならない?

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

【2019年春夏】おすすめレディースゴルフブランド4選をご紹介♪

【2019年春夏】おすすめレディースゴルフブランド4選をご紹介♪

ゴルフウェアブランドは以前に比べて、オシャレなアイテムも非常に多くあります。また、機能性があったり、便利なアイテムも増えています。 オシャレなアイテムがたくさんあるのは嬉しいですが、どのブランドにしよ …

2019/04/05|ゴルフウィズ編集部

ゴルフウェアの「パーソナルカラー診断」を参考にした選び方

ゴルフウェアの「パーソナルカラー診断」を参考にした選び方

シンプルなコーディネートなのに華やかで目を引くゴルファー。 もしかしたらその人は「パーソナルカラー診断」を取り入れているのかもしれません。 自分に似合う色がわかるとコーディネートの幅も広がります。 ご …

2021/04/26|ゴルフウィズ編集部

この冬ゴルフで活躍する1着!買い足したい暖かなアイテム

この冬ゴルフで活躍する1着!買い足したい暖かなアイテム

今年の冬のゴルフウェア、メインアイテムもう決まりましたか? 昨年の冬は予想に反して暖かい冬でしたが、ドカ雪も降りましたよね。 突然の雪や低気温でも怖くない、この冬ゴルフで活躍するアイテムをご紹介。 今 …

2017/11/07|ゴルフウィズ編集部

いつものゴルフウェアに新しい風をプラスする!ちょっとしたテク

いつものゴルフウェアに新しい風をプラスする!ちょっとしたテク

何となくいつもと同じようなコーデになって来ちゃったな。と思ったり、新しいゴルフウェアを買った事あるけど、今持っている物とほとんど同じ。と感じたりした時には、もしかしたら既にゴルフウェアを選ぶ事に慣れて …

2018/05/02|ゴルフウィズ編集部

東京オリンピック米国女子選手も!襟なしゴルフウェアを投入

東京オリンピック米国女子選手も!襟なしゴルフウェアを投入

ゴルフウェアのトップスはポロシャツが定番。 そんな中、東京オリンピックでの米国選手のトップスは襟なしでとても新鮮に見えましたね。 コンセプトは「風・林・火・山」という斬新なものでしたが、親しみやすくて …

2021/09/20|ゴルフウィズ編集部

今旅行に行けないならゴルフウェアでリゾート気分を味わおう

今旅行に行けないならゴルフウェアでリゾート気分を味わおう

長らく旅行できていなくても、グリーンいっぱいのゴルフ場に行けば非日常。 ゴルフウェアを工夫すればさらにリゾート気分も味わえます! 探してみるとゴルフウェアには日常着とはまた違うデザインもたくさんありま …

2022/03/17|ゴルフウィズ編集部

意外と知らない!ゴルフでのベルトに関するマナーはあるの?

意外と知らない!ゴルフでのベルトに関するマナーはあるの?

PHOTO:アスリスタゴルフ ゴルフウェア選びで気になるものの1つが「ベルト」ではないでしょうか。 必要のような気がしますが、レディースの場合ワンピースだったりトップスをインしないデザインのウェアがあ …

2020/07/21|ゴルフウィズ編集部

2018年秋冬の新作ウェアが気になる!レディースおすすめブランドとは?

2018年秋冬の新作ウェアが気になる!レディースおすすめブランドとは?

紳士淑女のスポーツとも言われているゴルフですが、スポーツの中でもとってもオシャレにも重きをおいている、素敵なスポーツです。ドレスコードの中で自分らしさを出すのは、選びがいもあって良いですね。 そんなゴ …

2018/09/21|ゴルフウィズ編集部

ゴルフウェアは着回しボトムス&ハイコスパなトップスが最強

ゴルフウェアは着回しボトムス&ハイコスパなトップスが最強

たくさん汗をかく暑い時期のゴルフ。 ハーフでトップスを着替えることも多くなります。この時期どんな状況でも着回せるボトムスがあれば安心ですね。 そしてハイコスパなトップスを合わせれば最強のコーディネート …

2022/05/16|ゴルフウィズ編集部

春先のゴルフウェアの注意点!天候が変わりやすい春のウェアをチェック!

春先のゴルフウェアの注意点!天候が変わりやすい春のウェアをチェック!

やっとゴルフシーズンがやって来ましたが、春先は天候が変わりやすいです。特に山あいのゴルフ場では注意が必要ですね。 薄着で体が動かしやすいからと言って、天候が変わった時の準備をせずにいると、急な雨に降ら …

2019/03/15|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ