もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフで100切りするための考え方

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ 初心者

ゴルフには100切りの壁というのが存在します。

初心者に立ちはだかる最初の壁ともいえるでしょう。

全18ホール全てボギーで終えることが出来れば18オーバー=90(ゴルフ場により異なる)で上がることができます。

前半9ホール全てダブルボギー、後半全てボギーであれば99。そう考えるとなんだか達成できそうな気がしてきますが何故100をきれないのでしょうか。原因、対処法を以下に述べていきたいと思います。

 

1.ミスを取り返そうとしてしまう

 

先に述べた100切りの例はほんの一例。後半全てボギーで上がるなんてのはほとんど実現不可能でしょう。

どこかしらで波が生じるものです。良い波ならいいものの、悪い波も当然訪れます。

そこで、そのミスを取り返そうとすると100切りへの道が遠くなって行きます。普段なら3オンするところを2オンで狙ってしまう。

その結果大失態を犯してしまい、取り返しがつかなくなる。林に入れてしまい、いつもならレイアップするところを無理にグリーンを狙ってとんでもない方向へ。

ゴルフはメンタルのスポーツ、頭のスポーツと言われる所以がここにあります。ミスを取り返そうとして普段ではしないようなプレーを試みてしまう。

もしくは練習場ですら打ったことのない球を打ってみようとする。冷静な判断ができずにそう言った行動に走ってしまうことが多々あります。

 

まさに自分との戦いです。どう対処すれば良いのか。

 

改善方法1

 

プレー前にあらかじめ今日はミスを複数回すると自分に言い聞かせる。

そう言い聞かせるだけで変わってきます。ミスはしないぞ。と意気込んでプレーするといざミスをした時に冷静でいられなくなります。プロでもミスはするものですから、寛容にプレーを楽しんでみましょう。

改善方法2

 

パーを自分の中で一打増やしてプレーする。

パー3.パー4.パー5と一定の基準を一打増やすのです。どういうことかというと、そのホールがパー3であればパー4としてプレーしてみる。

すると無理してグリーンを狙わず堅実なプレーをすることができる可能性が高まります。パー3ではどうしても一打で乗せてワンオンを狙いたいですよね。

そうであればパー4.パー5だけ基準を一打増やしてみるのも良いでしょう。パー5では特に効果が出るでしょう。余計な怪我をしなくなるので大叩きするホールが少なくなります。

これだけでグンと100切りに近づけるはずです。

 

改善方法3

 

ティーショットでドライバーを握らない勇気を持つ。

同伴者の目がありますからこればかりは難しいこともあります。え?ドライバー使わないの?なんてことを言われることもしばしば。

ですがドライバーを使わないことで相当スコアを減らせます。なぜか。それはアマチュアが回るコースでは前進4打という特別ルールが設定されていることがあります。

円滑にプレーヤーをラウンドさせるための特別ルールなんですが、これが100切りを難しくしています。ドライバーはクラブの中で一番長く、ボールがどうしても左右に散らばってしまいます。

 

ティーショットをユーティリティ、もしくはアイアンで打つことで無駄な一打を減らすことができます。ドライバーで打たないというのは空気を読んで実行してみてください。

 

改善方法4

 

無理な攻め方をしない

無難にプレーをするというのが一番賢い方法でしょう。プレーに派手さはなくても堅実にプレーする。

池越えのショットを無理して打つ、林の中からわずかな隙間を狙って戻そうとする。イチかのショットを減らしていけば確実にスコアを減らしていけます。
以上が100切りのためのコツになります。まとめていくと、ミスを取り返そうとして普段ならしないプレーを試みないこと。

 

プレー前に今日は何回かミスをするだろう。と、言い聞かせて余裕を持っておくこと。ホールごとの胃底打数を自分の中で一打増やしてプレーしてみる。

 

プロの真似をせず、自分のゴルフをする。ティーショット=ドライバーと、ならないようにする。

 

以上の点をいくつか意識するだけで100切りはグンと近づいてきます。楽しんでプレーができる範囲で実行してみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

バンカーショットを上達させるためには

バンカーショットを上達させるためには

ゴルフのラウンドをすると、つま先上がりの傾斜だったり、左足下がりの傾斜だったり、なかなか平らな地面でショットをさせてもらえません。その中でも練習場と大きく異なるのが「バンカーショット」です。 ゴルフの …

2017/11/20|ゴルフウィズ編集部

ボールが上がって止まる!お勧めレディースショートウッド3選

ボールが上がって止まる!お勧めレディースショートウッド3選

みなさんのセットには5番のフェアウェイウッド(以下FW)の次には何が入っていますか? 多いのは5番ユーティリティ(以下UT)で次に6番アイアンか6UTの組み合わせだと思います。 しかし小柄な方だと5U …

2018/06/12|ゴルフウィズ編集部

ルーティンを取り入れているか

ルーティンを取り入れているか

ゴルフスイングにおいて、理想は「ロボットになることだ」と、言われることがあります。この言葉の意味は毎回同じスイングができることがよいとされていることからきている言葉かと思います。 しかし、打つのは人間 …

2017/09/30|ゴルフウィズ編集部

スイングの力を抜く、を覚えよう

スイングの力を抜く、を覚えよう

ボールを打つ時に力が入る。どうしてもリキむ。アマチュアゴルファーの多くが抱える悩みですね。 また、自覚がなくても明らかにリキんでしまっている、というケースもあります。 昔からいろいろな格言もありますが …

2019/12/27|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ場ではよく「トップしたー」とか「しまった、ダフった」という悲鳴をよく耳にします。ゴルフは止まった球を打つだけのスポーツなのですが、実はこれが難しいのです。飛ばそうと力が入ったり、右にいったらOB …

2017/10/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場のベテランキャディーさんも驚いた!ニコンの距離測定器

ゴルフ場のベテランキャディーさんも驚いた!ニコンの距離測定器

手振れ機能を搭載したレーザー測定器は世界初! 測定する距離が長ければ長い程、照準を合わせにくくなりますが、この「ニコンCOOLSHOT 80i VR」は、扱いやすいコンパクトサイズなのに手振れ補正機能 …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

初心者のレディースゴルフクラブ選び方

初心者のレディースゴルフクラブ選び方

基本的にゴルフクラブは、14本を持ってラウンドします。14本もあるので初心者には、自分に合った製品を、選ぶことさえ難しいと感じるでしょう。何を基準にして選べば、初心者にも扱えるクラブを探せるのか解説致 …

2018/07/25|ゴルフウィズ編集部

ウェッジ選びのポイント!リカバリー率を上げるウェッジの選び方

ウェッジ選びのポイント!リカバリー率を上げるウェッジの選び方

バンカーやラフからのリカバリーがうまくいくかどうかは、ウェッジによるところが大きいといえます。「ダフってしまう」「飛距離が出ない」といった悩みは、スイングではなくウェッジに原因があるかもしれません。こ …

2017/12/05|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

アイアンセットとひとくくりに言っても形状は様々で、それぞれ特徴があります。種類で分けていくとMB(マッスルバック)CB(キャビティバック)など色々あります。今日ではこの概念に当てはまらないアイアンセッ …

2017/10/07|ゴルフウィズ編集部

アプローチショットがシャンクするには理由がある

アプローチショットがシャンクするには理由がある

グリーンにのせるアプローチショット。100ヤード以内の短い距離にも係わらず、打球がとんでもない方向に飛んでしまうことがあります。おそらく誰もが一度は経験したことがあるだろう「シャンク」です。 スライス …

2017/11/22|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ