もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

グリーン周りのアプローチどうしてる?

2017/08/26|ゴルフウィズ編集部

08261

今回のお題はグリーン周りでのアプローチ。冬場、夏場。気の抜ける季節はありません。冬場は芝が短く、枯れているところもあり、ダフリやトップを誘発してきます。
また、夏場は夏場で芝が一本一本強く、抵抗が強く距離感が難しく、また、スピンが中々かからないので止めることも難しい。

と、色々と課題があるグリーン周りでのアプローチですが、今回はグリーン周りでのミスが減るようなポイントを紹介していきます。

 

パターを多用してみよう

08262

グリーン周りでのパターを使用してことがありますか?パターが意外かもしれませんが、グリーン周りでも非常に優秀です。

特に今のような冬場こそパターでのアプローチをおすすめします。

パターをアプローチで使用するメリットはズバリ、ミスを防げるということです。ウェッジでアプローチを行うと、どうしてもトップやダフリといったミスをしてしまいます。しかし、パターはどうでしょうか。毎回芯で打つのは難しいですが、ウェッジほど大きいミスはパターではでません。

しかし、どこでもパターを使用するわけにはいきません。それでは、どのような場所でパターを使用しないのが吉なのかを見ていきます。

 

1、芝が深い場所でボールが埋まっている時

芝が深いところでは、どうしてもパターを使用することが難しいです。フェースとの間に芝が噛んでしまいますし、パターでは球を浮かせることが難しいので、球が沈んでいるライではウェッジを使用しましょう。

 

2、グリーンまで距離のあるアプローチ

実際に打ってみるとわかるのですが、非常に距離感が難しいです。グリーンに乗ればそこからは転がりがスムーズなのですが、そこまでが問題。ウェッジであれば浮かせることができるので、落とし所を決めればあとは打つのみですが、パターでは距離が長ければ長いほど考えることが増えます。

では、距離のあるアプローチはやはりウェッジで打つしかないのでしょうか。
いいえ。しっかり救世主はいます。

 

距離のあるアプローチはユーティリティを

パターの次にオススメするのは、ユーティリティでのアプローチです。パターで打つには距離がありすぎる。そのようなシチュエーションでの使用をお勧めします。

ユーティリティであればパターよりロフトがあるので、少しばかり球を浮かせてアプローチをすることができます。さらにソールはウェッジよりも断然広いので、ダフってしまう可能性も軽減することができます。

球を浮かせてアプローチができるということは、ちょっとした障害物がある場合でも関係なくアプローチをすることができます。(スプリンクラーとか…)

ここでの注意点は、スピンが効かないのでランがかなり出るということをあらかじめ認識して打つことです。

打ち下ろしのアプローチの場合は動くきっかけをボールに与えてあげるだけ。このような心がけで打つと、案外良い距離感で打てるかもしれません。

ユーティリティとパターに共通するのはミスをする可能性が低い。ここにあります。もちろんウェッジでスピンをかけて寄せるというのは見た目も良く、憧れるものがあると思います。しかし、ゴルファー全員がそのようなプレースタイルでなくても良いと思います。

パターやユーティリティでアプローチを行おうとしたら、仲間内から非難の声を浴びることがあるかもしれません。

しかし、プレーしているのは自分自身。試してみる価値はあるとおもうので、まずは、練習場や自宅で練習して見てください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフクラブのアイアン用のカバーは着けるの?着けないの?

ゴルフクラブのアイアン用のカバーは着けるの?着けないの?

大事なクラブを守るヘッドカバー。 ウッドやパターには、あたりまえのようにヘッドカバーがついていますね! アイアンにもカバーを着ける方が良いのでしょうか。 アイアンにカバーを着けている男性のゴルファーは …

2019/07/01|ゴルフウィズ編集部

フェアウェイウッドのダフリとトップを改善しよう

フェアウェイウッドのダフリとトップを改善しよう

ゴルフコースは、パー3、パー4、パー5があります。もちろん、クラブはどの場面でも使用することができます。その中でもフェアウェイウッドを使う場面は、距離が少し長めのパー3のティーショット、パー4のティー …

2018/01/17|ゴルフウィズ編集部

これでミスを防げる!レディースパターの正しい長さの選び方

これでミスを防げる!レディースパターの正しい長さの選び方

みなさんはパターの長さは気にしたことはありますか? パターの長さは1インチ刻みで分かれており、体格や構えによって適した長さが変わります。 しかしレディースパターはそれほど選択肢がないためか、合っていな …

2018/06/04|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

アイアンセットとひとくくりに言っても形状は様々で、それぞれ特徴があります。種類で分けていくとMB(マッスルバック)CB(キャビティバック)など色々あります。今日ではこの概念に当てはまらないアイアンセッ …

2017/10/07|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者がぜったいに知っておくべきスイングの基本を紹介!

ゴルフ初心者がぜったいに知っておくべきスイングの基本を紹介!

ゴルフ初心者の方にスイングの基本について紹介します。 コースデビューする前に、まずは自宅や練習場でしっかりと基本スイングを身につけ、楽しいゴルフライフを送りましょう。そのためには、クラブの握り方から、 …

2017/09/13|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

グリーンにパーオンすると最高に気持ちのいいものですが、遠い距離からグリーンを捉えるのはゴルフ初心者には難しいショットになります。必然的にグリーンを捉えることができず、ピンまで残り50ヤード以内というケ …

2017/10/29|ゴルフウィズ編集部

女性に最適なバンカーショット練習方法

女性に最適なバンカーショット練習方法

バンカーショットを練習する機会は、少ないかもしれませんが、やはり練習しておいた方がいいです。スコアダウンの影響を少なくし、快適にコースをラウンドできます。なかなか脱出できませんと、焦りますし恥ずかしく …

2018/10/30|ゴルフウィズ編集部

ウェッジでリカバリー!2017年おすすめのウェッジ3選

ウェッジでリカバリー!2017年おすすめのウェッジ3選

バンカーやラフなどから脱出する際に使用するウェッジは、リカバリーしやすいものを選ぶことが大切です。リカバリーしづらいウェッジを使い続けたりバンカーやラフに合っていないクラブを使い続けたりすると、失敗経 …

2017/12/06|ゴルフウィズ編集部

アマチュアにうれしい、捕まるブリジストン ツアーB JGA ドライバー

アマチュアにうれしい、捕まるブリジストン ツアーB JGA ドライバー

引用元http://lesson.golfdigest.co.jp/gear/newreport/article.aspx/70267/1/?car=top_nw_t10 「捕まり系の大本命」ブリジス …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

今までのアイアンの常識を覆すワンレングスアイアンとは?

今までのアイアンの常識を覆すワンレングスアイアンとは?

タイトルでもある「ワンレングスアイアン」(もしくはシングルレングスアイアン)こういった言葉を皆さんは聞いたことがあるでしょうか。現在密かに話題になっているアイアンです。まだまだプロで使用している選手は …

2017/10/31|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ