もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフ初心者・中級者がスライスしないでドライバーショットするコツ

2017/10/08|ゴルフウィズ編集部

ゴルフではほとんどのホールで1打目にドライバーを使用します。ドライバーは一番飛距離の出るクラブですので、1打目で正確にフェアーウェイを捉えることができると2打目以降は楽にショットができます。しかし飛距離がある分だけ、右や左に曲げてしまうとOBになってしまう危険性もあるのです。

特にゴルフ初心者はドライバーショットすると球が右に曲がりがちです。これを「スライス」と呼びます。同じように右に曲がる球筋にフェードというものがありますが、弾道の勢いがまったく異なります。風に流されているようにどんどん右に曲がっていくのがスライスです。ドライバーショットがスライスしていると、なかなかスコアアップできません。慢性的なスライスに悩まされている初心者ゴルファーも多いのではないでしょうか。

今回はスライスの原因と修正の仕方についてご紹介していきます。

スライスが起こる原因


ドライバーショットもアイアンショットもスライスが起こる原因は基本的に同じです。簡単にいうとスイングが「手打ち」になっているのです。

もちろん手を使わないとスイングはできません。ゴルフでいう手打ちとは、腕だけを使ってスイングすることを指します。つまり体の回転が不十分であり、下半身をまったく使えていない状態です。

このような状態は「力んでいる」ときになりやすいです。ドライバーショットで飛ばそうという気持ちが強すぎると、力んで手打ちになるケースがよくあります。

朝一番のスタート最初のホールでも同じようなことがいえます。身体がうまく動かないときにも下半身が止まり手打ちになりやすいのです。最初のホールのドライバーショットが一番難しいショットといえるでしょう。

手打ちになるとクラブヘッドが走らないスイングになります。ショートアイアンであれば大きな問題になりませんが、一番長いドライバーでヘッドが走らないスイングをすると、フェイス面がオープンな状態で球にインパクトすることになり、強いスライス回転がかかり飛んでいきます。

スイングのときに身体が早く開く癖がある場合も似た現象になります。身体が早く開く分だけヘッドが遅れてくるからです。結果としてフェイスが開いた状態でのインパクトになるのです。

スライスを改善する方法


それではどうすればドライバーショットのスライスを治すことができるのでしょうか。これについては毎日の素振り、練習場でのショットから意識して改善していかなければなりません。

まずはアドレスの際に両脇は締めます。右足に体重を乗せてゆっくりとバックスイング、左腰を回しながらダウンスイングです。身体全体が回っている状態でインパクトを迎えます。フォロースイングまでしっかりと振り抜きます。これを一定のリズムで行うことです。左腰が回ることで身体全体を使ったスイングができるようになります。

ドライバーショットでヘッドを走らせるコツは、いかに力を抜けるかです。バックスイングの際、トップの位置にきたときにヘッドの重みを感じられるようになればヘッドが走るようになります。中途半端なスイングでもヘッドは走りませんので、一気に振り抜く勇気が必要です。

強制的に修正する場合は、スタンスはクローズにとり、フェイスはやや閉じ気味でアドレスします。これはフック系の球筋を打つ時のアドレスになりますが、すぐ右がOBになっている場合など、絶対にスライスできないときにはお勧めです。朝一番のスタートホールでも有効的な方法になります。

インテンショナルスライスとはどのようなものか


ゴルフではスライスは球に力が伝わりにくく、飛距離が出ません。弱々しい弾道になるために風の影響を受けやすいという面があります。ですからよほどのことがない限り、わざとスライスに打つようなことはしないのです。

ゴルフの上級者になると、スタイミーな状況の際にあえてスライスに打つ場合があります。真っすぐ打つと目の前の木に当たるときなどです。左に打ち出し、右に曲げます。目標と球を結んだラインに戻ってくるわけです。これを「インテンショナルスライス」と呼びます。

スタンスはオープンです。左足を少し引いたアドレスになります。そのままスイングするとアウトサイドインとなり、カット気味にインパクトします。手首を返すとスライスにならないので、フェイスはそのままの向きでフィニッシュすることになります。スライスの曲がりの大きさは左足の引き方でコントロールします。

こういうスイングをするとスライスになるのかということは知っておいた方が有利です。これはフックにも同じことがいえます。そのためにも練習場でわざとスライスを打つ練習もしておいた方がいいでしょう。自分のショットがスライスになる原因も把握しやすくなり、本番のラウンドでも修正がしやすくなります。

ドライバーがスライスしなくなるとゴルフのスコアが飛躍的に向上します。飛距離よりもまず方向性を重視して練習をしてみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

話題のクラブが続々、キャロウェイってどんなメーカー?

話題のクラブが続々、キャロウェイってどんなメーカー?

ゴルフクラブのメーカーは多数ありますが、アメリカのメジャーメーカーといえばテーラーメード、タイトリスト、ピン、そしてキャロウェイを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。今や日本でもアメリカのメーカ …

2020/09/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフは飛ばないとスコアにならないのか

ゴルフは飛ばないとスコアにならないのか

ゴルファーなら誰しも少しでも遠くに飛ばしたいと思うもの。これは初心者からプロまで変わることはありません。特に日本のゴルファーは飛ばしに対する欲求が強いようで、ドライバーやボールの宣伝文句は「飛びます」 …

2021/06/03|ゴルフウィズ編集部

ラインの読み方総まとめ

ラインの読み方総まとめ

パットを打つ際、ラインを読まずに打つ方はいないと思います。誰しもラインを読むのですが、ラインの読み方は人それぞれです。 ここでは様々なラインの読み方を羅列していきます。   まずは山がどこに …

2017/09/29|ゴルフウィズ編集部

初心者でもたった4本のゴルフクラブでスコア98を叩き出す戦略は?

初心者でもたった4本のゴルフクラブでスコア98を叩き出す戦略は?

ゴルフをする上で戦略は欠かせません。コースの長さに合わせどうすれば打数を減らせるのかを考えるのは楽しいですよね。それで、100以下のスコアを出せれば最高です。 ただ、戦略が立てられるほどゴルフクラブを …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったクラブを選んでみよう。ドライバー編

自分に合ったクラブを選んでみよう。ドライバー編

この時期になると各メーカーが新製品を発表し始め、ゴルファーとしては楽しい時期になってまいりました。 見ていて楽しいのはもちろんですが、自分のアイテムと比べ、性能が勝っているとすれば買い替えも検討するこ …

2017/10/08|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでアイアンがシャンクしてしまう主な原因と対策は?

ゴルフでアイアンがシャンクしてしまう主な原因と対策は?

ショットの際に、シャンクしてしまうことは多いです。特にしっかりとアイアンが振れない初心者にはよく起こります。シャンクが起こってしまうと、あらぬ方向にボールが飛んでしまい、厳しい状況になってしますことも …

2017/08/31|ゴルフウィズ編集部

ライが悪い時のアプローチについて

ライが悪い時のアプローチについて

スコアを作る上でもっとも重要といっても過言ではないのがアプローチです。通常のショットでもゴルフ場では練習場と違って斜面やラフなど難しいシチュエーションに遭遇することが少なくありませんが、特にグリーンを …

2021/07/15|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの上達を邪魔してるちょっとしたこと

ゴルフの上達を邪魔してるちょっとしたこと

一生懸命に練習をしているのになかなか上達しない。この前できたはずのことが今日はできない。ゴルフをはじめた方は皆さんそのような感想をお持ちになるのではないかと思います。自分にはセンスがないのかな、と思わ …

2020/09/07|ゴルフウィズ編集部

パターでフックかスライスか悩んだ時のチェックポイント

パターでフックかスライスか悩んだ時のチェックポイント

パターのラインがフックなのかスライスなのかわかりづらい。 そこでもしラインが正しく読めなかったとしても、パターを迷いながら打つのだけは避けたいところです。 迷っても決めて打つことが大事。 そこでどう打 …

2022/05/12|ゴルフウィズ編集部

ドライバーは重め軽めどっちがいいのか重量問題を考えてみる

ドライバーは重め軽めどっちがいいのか重量問題を考えてみる

このところ、アスリートブランドのドライバーでも軽量モデルが増えて、振りやすく「飛ぶ」といううわさも広がっています。 ゴルフクラブは軽い方が速く振れそうという印象もありますが、それで当たり負けしないのか …

2022/11/24|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ