もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

「買う」から「共有」ゴルフクラブにもシェアエコノミーの波

2021/06/07|ゴルフウィズ編集部

買うのが当然だったゴルフクラブにも「シェアリングエコノミー」の波が到来しています。
最近よく聞くシェア(リング)エコノミーという言葉ですが、これは個人や法人などが所持する資産を他の人に活用してもらう経済活性化活動のこと。

ゴルフにどう訪れたのかご紹介します。

シェアエコノミーとは

最近よく聞くシェア(リング)エコノミー。
個人や企業などが有する資産(スキルや時間などの無形資産を含む)を提供したい人が、インターネットのマッチングプラットフォームを介して必要としている人に提供する、経済活性化活動のことです。
経済的なだけでなく、地球環境にも配慮できる消費行動として注目されています。

【シェアエコノミーはどこで見られる】
ゴルフクラブにも波が訪れてきたシェア(リング)エコノミー。

・ カーシェアリング
・ シェアサイクル
・ 民泊
・ レンタルスペース
・ 知識・スキル・経験
・ ファッション
・ 農業
・ 食事

少し考えただけでも、色々な分野で思い浮かびますね。

【ゴルフクラブのシェアは以前から】
ゴルフの世界で広がるシェアエコノミーは実は古くからありました。
その例が、ゴルフ練習場でのレンタルクラブや、ゴルフショップや練習場でクラブを試せる「試打クラブ」。
試打クラブに関しては、メーカーが直接携わっている場合もあれば、試打クラブを専門に扱う企業もあります。
これによって欲しいクラブが自分に合っているのか、実際コースでも確かめることができるようになりました。
練習場を備えた中古ショップで試打をしてから購入するシステムも定着しています。

【シェアが発展「Shade Golf」】
その後発展したのが、ジュニアゴルファーの親世代がきっかけです。
子供の成長に伴って頻繁に買い換えなければならないゴルフクラブ。
「だったらゴルフはいいかな。」という声が始まりと言われています。

ゴルフクラブのシェアリングを始めた「Shade Golf」では、ジュニア用だけでなくゼクシオなど様々なセットが揃います。
その仕組みはこうです。
プラン(クラブ)を選択し1ヶ月単位で定額を支払うと、その間何度でも使用できるようになっています。
クラブは毎回プレーするコースに送られて送り返す形で、ユーザーは毎回手ぶらで出掛けられて自宅に置き場所を必要としないのも魅力となっています。

更に発展したサービス

また長期間レンタルして気に入ればそのまま購入できるサービスもスタートしています。

【クラブ購入のハードルを下げる「ラビシェア」】
新型コロナによる新しい生活様式の中で人との接触が少なく、特に注目されているゴルフ。
ゴルファーを増やす動きが業界で高まっている中で、クラブ購入というハードルを下げるためのシェアリングサービスが登場しています。

「ラビシェア」では2週間から3ヶ月という長い期間レンタルすることができて、気に入ったらその間のレンタル代を引いての購入ができる仕組みを作っています。
多くのレンタル利用者が出れば多くのクチコミレビューが出るので、小売店やメーカー側にとってもユーザの声を聞けるし、クラブを多くの人に知ってもらうきっかけにもなるので利点が見込めるということです。

【ゴルフのハードルを下げるシェアエコノミー】
ゴルフに限らず何をするにも最初は誰でも初心者。
やってみなければ楽しいか分からないので、いきなり道具を購入するのは気が引ける。
そこで手軽に体験してなじんで、欲しくなったらクラブを購入するのが自然な流れですね。
これなら気軽に友人や家族にゴルフを勧められますね!

まとめ

ゴルフ界にも到来したシェアエコノミー。
これを利用すればゴルフをはじめていきなり高いゴルフクラブを購入しなくてもすむので、ゴルフを始めるハードルが下がりそうです。

また初心者だけでなく、今までゴルフクラブの置き場に困っていた方にもクラブ買い換えの時に利用するのもよいのでは。
ゴルフクラブに限らず物を持つのがステイタスだったのは昔の話。
新型コロナの影響で新規や復活のゴルファーが増えた今、クラブのシェアリングサービスのニーズは増えていくかもしれませんね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

ティーアップで球筋が変わる。最適なティーアップを探そう

ティーアップで球筋が変わる。最適なティーアップを探そう

ティーイングエリアでショットするときは、ティーアップをすることができます。 心理的にもすごく楽になるティーアップですが、ティーの高さはどのように決めているでしょうか? ティーの高さというのは意外と重要 …

2020/05/07|ゴルフウィズ編集部

球を左右に打ち分けてみよう

球を左右に打ち分けてみよう

ついつい追い求めてしまうのが一切曲がらない真っすぐなボール。1度打ててしまうと、再現しよう、一度打てたのだからもう一度打てたはず。と、欲はどんどん高まっていきます。 しかし、一方のプロはどうなのでしょ …

2017/10/05|ゴルフウィズ編集部

アマチュアはディスタンス系のボールで良いのか

アマチュアはディスタンス系のボールで良いのか

初心者向けのボール選びの記事は必ずといっていいほど同じスタンスで記事が作られています。初心者はディスタンス系の飛ぶボールを使いましょう、スピン系は上級者向けです、といったスタンスです。 これ自体ある意 …

2021/04/22|ゴルフウィズ編集部

もうバンカーは怖くない!おすすめレディースサンドウェッジ3選

もうバンカーは怖くない!おすすめレディースサンドウェッジ3選

みなさんはバンカーは得意でしょうか? バンカーから出すにはある程度テクニックが必要なので、経験がまだ浅いと苦手だという方も多いでしょう。 そこでバンカーからの脱出専用のウェッジを試したらいかがでしょう …

2018/05/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのバンカーでミスショット!SWの調整でなおるかも!

ゴルフのバンカーでミスショット!SWの調整でなおるかも!

ゴルフのバンカーを得意としていた人でも、クラブを変えたことでバンカーが苦手になってしまうことがあります。 もしかすると今出ているミスショットはそのサンドウェッジによるものかもしれません。 何度も同じよ …

2020/11/06|ゴルフウィズ編集部

これであなたも理想のドローボールが打てる

これであなたも理想のドローボールが打てる

スピン量が違うものの、打球が左に曲がるボールを「ドロー」または「フック」といいます。一打目のドライバーショットで左に大きく曲がってOBになったとしたらそれはフックでしょう。 ドローだと最上空に達した時 …

2017/11/16|ゴルフウィズ編集部

スライサーにおすすめのドライバー!「ヤマハ inpres UD+2」

スライサーにおすすめのドライバー!「ヤマハ inpres UD+2」

ドライバ―ショットがスライスしてしまう悩みは、多くの方が抱えている悩みの1つです。スイングの練習をすることでスライスを抑えたショットが打てるようになりますが、仕事をしている方にとっては練習時間を確保す …

2017/12/15|ゴルフウィズ編集部

飛ばすウッド!「キャロウェイ GBB EPIC STAR」

飛ばすウッド!「キャロウェイ GBB EPIC STAR」

スコアが100を切るまでは使わない方が良いなんて意見もあるウッドは、ゴルフクラブのなかでも特に扱うのが難しいクラブです。ドライバ―並みのシャフトでありながらドライバーよりも小さいヘッドであるため、苦手 …

2017/12/18|ゴルフウィズ編集部

迷ったら参考にしてほしい!オススメゴルフバッグ5選

迷ったら参考にしてほしい!オススメゴルフバッグ5選

ゴルフバックはゴルフコースを回るために絶対必要です。ゴルフバックがないとクラブが運べませんからね。ただ、ゴルフバックにはさまざまな種類があります。一体どんなものを選べばいいのかわかりません。今回は、ど …

2017/10/22|ゴルフウィズ編集部

セルフプレーに便利!サブバッグ

セルフプレーに便利!サブバッグ

最近のゴルフといえば、もっぱらセルフプレーが主体です。料金はキャディさんつきにくらべかなり抑えられますし、カートにはいろいろな情報が表示され便利になってきています。一方プレイに関わることは全部自分でや …

2020/08/20|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ